タグ:チェ・テジュン ( 2 ) タグの人気記事

怪しいパートナー

f0147413_22480422.jpg
出演者:チ・チャンウク、ナム・ジヒョン、チェ・テジュン
星評価:3(満点6)
ドラマの種類:ラブロマンス&法廷事件もの  怪しいパートナー・ホームページ

感想:なんか、まずはチ・チャンウクくんが普通の人を演じているのが久しぶりでした。(笑)なんか始末人みたいなのとか、時代劇、元軍人のSPみたいなのとか、ちょっと現代人離れした役ばっかりだったので、たとえエリート検事といえども、とても普通の職業の人っていう感じがして新鮮です。(笑)しかもコメディっぽい役どころだったんです、最初は特に。え、チャンウクくんが普通のラブコメ!?っていうのも不思議な感じさえしました。
そしてどうやら相手役が驚きのナム・ジヒョンちゃん。ほかのドラマでも大人になってからも見てはいるものの、チャンウクくんみたいないわゆる人気スター一人者が主演のドラマのヒロイン役って初めて見たので面くらいました。ちょっと、言い方は悪いけど格が合わないんじゃ、、、みたいな。それに彼女といえば、時代ものでヒロインの子供時代を演じていたのを何度も見てるので、その彼女が相手役とは~~と、正直違和感いっぱい。まあでも見始めてみると、慣れるものですね。キスシーンもちゃんと普通にあるけれど、見慣れていきました。(笑)
物語はコメディな雰囲気で始まるものの、彼女が突然殺人事件に巻き込まれ、弁護士でありながら殺人容疑者になってしまうという変わった設定から、事件の内容が広がっていって、明るいラブコメシーンもあるのだけど、特に終盤にかけてはどんどん切なさが増していく展開で、そうなるとチ・チャンウクくんの本領発揮という感じ。
彼が苦しんで涙をホロリとみせる、胸を詰まらせる、もうそうなるといつものチャンウクワールド全開。二人の関係は結局禁断に近いものだったわけで、彼女を愛する気持ちが彼を苦しませるわけです。
ちなみに脇役の方たちもわりと個性的で、そんなところはちょっとキムタクの「HERO」を彷彿させるような感じもあります。面白かったです。まあ何回も見たいと思わせるものは私にはなかったけど、面白いドラマでした。贅沢を言えば、ヒロイン……もう少し違う人が個人的には良かったなぁ、、、。ごめんなさい。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る

[PR]
by himeka_kisaragi | 2018-02-06 23:10 | あ行 | Trackback | Comments(1)

おバカちゃん注意報~ありったけの愛~

f0147413_22502222.jpg出演:イム・ジュファン、カン・ソラ、チェ・テジュン、シン・ソユル

2013年、SBS、全91話。
大ヒットドラマ「屋根部屋のプリンス」を生み出した演出家の“シン・ユンソプ"が、本作でラブストーリーありの“家族を守る"ファミリードラマを手掛ける。登場人物の健気な姿に涙なくして見ることができない、号泣必至のハイクオリティドラマが誕生。
「シングルパパは熱愛中」「マジック」など数々の映画・ドラマに出演し「タムナ~Love the Island」で一躍スターとなったイム・ジュファンの除隊後・初出演ドラマ。除隊前の爽やかな青年のイメージだけでなく、本作ではかけがえのない家族の為に自分の全てを捧げる、ひたむきで頼りがいのあるジュンス役を熱演。「パダムパダム-彼と彼女の心拍音-」「大風水」などのヒット作に出演し人気急上昇中のチェ・テジュン、「屋根部屋のプリンス」のカン・ビョル、「ドリーム・ハイ2」のカン・ソラなど若手人気スターが勢ぞろい。フレッシュな俳優たちが家族を見直し自らの恋愛に積極的になっていくサクセスストーリー。


<感想>
BS11で毎日見続けた全91話。実際は1話30分だそうですが、BS11はCM除くと1話45~6分くらいにして放送していましたね。カットしてあるのか、特別編集なのかまでは分かりませんが、十分楽しめました。
面白いよ、という話は聞いていたので楽しみにしていたら、序盤、これでもかと不幸のてんこ盛りが続き、けっこうめげましたよ。(笑)なんでそこまで不幸に?って思った。(笑)でも、その設定が現在の舞台になった時に、非常に効いてくるというか、幸せになれない、なるための障害というか、そういう関わり方をしてきて、ストーリーもとてもうまく作られているなぁ~と思いました。セリフとかもいいセリフとかたくさんありました。
脚本が私の好きな「家門の栄光」や「星をとって」の方だと知って納得です。面白いドラマを描く人は、やっぱり次も面白いものを描くんですね。(笑)
私は、イム・ジュファンさんの見た目があまり好みではなく(唇の薄い方は総じて苦手なのです)以前から知っていましたが、ほぼ興味なしなのですが、このドラマを観終わった今も、その印象は別に変わってはいません。(笑)ただ、イム・ジュファンさんの演じたコン・ジュンスという男は、こんなに愛情あふれる優しい真面目な人はいないでしょう~と思うくらい素晴らしい人物で、それと対比して、ライバルというよりか天敵として存在するイ弁護士演じるキム・ヨンフンさんも、こんな酷い男が世の中にいるのかってくらい酷い奴で(笑)ある意味熱演だったと思います。大嫌いでしたが。(爆)個人的にナリ役のソリョンちゃんが可愛くて大好きでした♪
毎回、どうなっちゃうの~~?って、過去の秘密がばれていくにつれて、ハラハラドキドキ。別にサスペンスなわけではなく、もしおおやけになっちゃうと、全てがダメになるくらいの秘密だったので、もういっそそこはバレずに終わっちゃえばいいのに、と願ったくらいでした。(笑)でもそう思うくらい、登場人物たちの家族と、そして彼らに関わる人たちに親しみを持って観れたドラマだったと思います。お勧めです。
最後に、どうしてこういうタイトルになったのか、微妙に謎です。(笑)ま、いいんですけどね。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
by himeka_kisaragi | 2015-05-05 23:22 | あ行 | Trackback | Comments(0)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧