愛の温度

f0147413_21420818.jpg
出演者:ソ・ヒョンジン、ヤン・セジョン、キム・ジェウク
星評価:5(満点6)
ドラマの種類:ラブロマンス ホームページ

感想:私がハマッた「ドクターズ」の脚本家さんのドラマなのね。最近ソ・ヒョンジンさんのドラマを見ることが多いけれど、彼女は見ている人を自分と同化させることができる、とてもうまい女優さんなのかなぁ~と思います、最近。「また?オ・ヘヨン」の時も感じたことだけど、彼女が一途に愛すると、相手の男性が素敵に思える。本当にじっくりと見たいし、見た恋愛ドラマで、すごく印象的でしたね。観てすぐ忘れるドラマもたくさんあるんだけど、ものすごく面白かったと感じるほどストーリー展開に富んでいるわけではないのに、忘れられない面白さがある気がします。
ただの三角関係のもつれが、戻ったり離れたりする話なんだけど、これだけじっくりと恋愛だけを描くというのは、実は目先を事件性のあるものと同時進行するドラマよりも難しいんじゃないかな。平坦といえば平坦なストーリーだし、でも私はすごく面白かったです。
ヤン・セジョンくんは、ちょっと影がある実直な子というこの役どころをうまく演じていたし、すごく合ってたようにも思えます。久々(私は)のキム・ジェウクさんの典型的二枚目役も、ちょっと意地悪く、ちょっと照れ屋で、ちょっと大人子供で魅力的だったと思います。
それでもやっぱり三角関係を飽きずに見れたのはソ・ヒョンジンさんのお陰なんじゃないかな~。彼女はすごいですね。ある意味パワフル。
そして周りの人たちにも恋愛があったりするんですが、それも結構良かったです。特にホンアとウォンジュン、この二人の展開は最後までどうなるか分からなかったけど、ラストとても胸キュンでした。
みんなの、揺れ動く感情がこの物語を面白く展開していったという、他に逃げのないがっつり恋愛ドラマ、こういうのたまに良いですね~。そして各人が話す言葉(セリフ)の選び方とかが、とても印象的。セリフも深いしおしゃれ感もある。がっつり恋愛ドラマを見たい方にお勧めしてみたいです。

[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-03-15 23:34 | あ行 | Trackback | Comments(0)

揺れながら咲く花

f0147413_22370896.jpg

出演者:イ・ジョンソク、キム・ウビン、チャン・ナラ、チェ・ダニエル
星評価:5(満点6)
ドラマの種類:学園を舞台にした人間ドラマ ホームページ

感想:人気だったKBSの「学校」シリーズが10年ぶりに復活したんだそうで、金八先生のようですね。あ、古すぎて若い人にはわからないかww
とはいえ、復活した金八先生は見なかったのでわからないんですが、このドラマは学生のドラマもありつつ、担任として臨時の先生を演じたチャン・ナラさん、チェ・ダニエルさんのドラマ(恋愛にあらず)でもあったし、この副題もセンスありますよね。この副題は劇中にチャン・ナラ先生が落ちこぼれの生徒たちに教える詩の一説で、この言葉で救われる生徒のエピソードもあったりします。(それがメインではないですが)
学生がメインの話だから思い入れも持てないし気も乗らない感じだったんですが、ジョンソクくんの出るドラマだからと見始めたら面白かったです~~
ジョンソクくんが全編を通じて主役のわけではなく、でも中盤あたりは主演でした。ジョンソクくんとクラスの落ちこぼれと転校生のキム・ウビンくんが生徒なりの葛藤によって仲たがいし、キム・ウビンくんとは実はこの前の学校で問題を抱えた同士で、ここで再会してぶつかり合いながら過去を清算して仲直りをする流れなのですけど、彼らの物語はもう少し詳しく観たかったな、みたいなとこがありましたよ。(笑)ただ全16話で他の生徒の話もあるでしょうし、他の生徒の話も意外に面白いんです。よくある学生の問題と言えばそうなのですが、とても面白かったですね。
先生2人、特にチェ・ダニエルさんが演じる先生は、これも過去を抱えていて、それが原因でとてもクールで深く生徒と関わらない先生になったのですが、チャン・ナラさんとともに生徒と接することで、先生になったばかりのころの気持ち、昔の自分を思い出して変化していく感じがすごく上手でした。
チャン・ナラさんがそれを無意識に手伝う形になっていて、それは先生だけじゃなくて生徒にとっても同じで、臨時の先生でありながら、一番生徒に寄り添って暖かく見守るまっすぐな先生役をとても熱演していたのも印象的。心に残るドラマという感じでとても良かったです。

[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-03-15 23:10 | や行 | Trackback | Comments(0)

揺れながら咲く花 1~12話

f0147413_19281488.jpg

だいぶ前にBS民放で放送された時、すでにジョンソクくんに注目していたので見ようかとも考えたのですが、その時たまたま他にも見るドラマが重なっていて、しかも学生の話だと思ってきもちがあもうひとつ乗らなかったせいで、録画したけど見ないうちに削除してしまったんですよ、このドラマ。

それがどういうめぐり合わせか、いつも私にドラマを録画して貸してくださる方から回ってきまして、まあ私がこのドラマに縁があったのかもしれませんね。

というわけで今回、今頃ですが見ています。そして、面白い~!

もちろんジョンソクくんが出ている楽しみというのは大きい存在です。特にこのドラマのジョンソクくん、見た目がイケてますww見てるだけでも楽しいww

でも、もちろんそれだけではないです。
時に学生ものは、日本でも人気出たりしますが、クラスメイト、先生なども魅力的。ストーリーも、わたし本来学生の話には興味ないんだけど、これ面白いんどよね~。

先生役のチャン・ナラさんとチェ・フィリップさんも非常にいい!キャラクターがいい!特にチェ・フィリップさんはかなりハマってますよね。魅力的です。

キム・ウビンくん、病気療養中ですよね。それが、ちょっと切ない。このドラマでのジョンソクくんとウビンくんの仲がとてもいい感じなだけに、なおのこと切ないわ。早期発見の初期ステージらしいので、健康になって戻ることを祈ります。

この揺れながら咲く花は、人気の学校シリーズなんですよね。今まで学校シリーズは見たことなかったけど、やはり人気があるドラマシリーズは面白いですね。

[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-03-09 19:28 | 視聴中、気になるドラマなど | Trackback | Comments(0)

愛の温度 5~16話

f0147413_21420818.jpg
わーー、なにこれ、なにこの濃厚な恋愛ドラマは!しかもプラトニックなのに大人の恋愛ドラマ。いや、親との関係のせいで心が子供から抜け出れない事がうまくいかない要因なのは明白だから、そういう事を考えると大人の恋愛ドラマとは言えないのかもしれませんね。

このドラマの説明をすると、男女の三角関係を描いた恋愛ドラマ、となるし、ありふれた設定であるようなところがミソ。なのに描き方ひとつで、こんなに心の動きを細かく描いた上品なドラマになっちゃうなんて、恐るべし韓ドラ。

キャラクターがとても複雑な人達ばかりで、しかも皆がとても繊細だから、お互いに傷ついて傷つけられて我慢して相手を思いやって、でも傷が深くなって、環境の変化や他人の揺さぶりで、痛い、辛いという前にパンクして心がバラバラになってしまう。その寸前で揺らいでる関係の途中です、今ww

くーるーしーいーーーwww
故に、ストレートでワガママで奔放なお嬢さんである友達であり揺さぶりかける女の子が、時にものすごくサッパリして魅力的に思えたりもする不思議ww

ちなみに脇役さんたちの恋もストレートにはいかなくて、そこも複雑な人の友達はやっぱり複雑かつ繊細くんて感じで面白いのです。(笑)脇役さんたちは、それでも本筋よりもライトに悩んでるので、わりと息抜きになりますね。

このドラマは、早送りや、何かをしながらとか横目で見ると普通すぎてつまらないんじゃないかな。
主人公たちの顔色や表情、少しの動きを感じ取れるくらいじっくり見ると、彼らの表現したいことがズンズンと伝わってきて、息苦しくなりながらも仮想恋愛みたいに楽しめる(笑)、そんな魅力あるドラマです、私にとってはww

[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-02-26 21:41 | 愛の温度 | Trackback | Comments(0)

怪しいパートナー

f0147413_22480422.jpg
出演者:チ・チャンウク、ナム・ジヒョン、チェ・テジュン
星評価:3(満点6)
ドラマの種類:ラブロマンス&法廷事件もの  怪しいパートナー・ホームページ

感想:なんか、まずはチ・チャンウクくんが普通の人を演じているのが久しぶりでした。(笑)なんか始末人みたいなのとか、時代劇、元軍人のSPみたいなのとか、ちょっと現代人離れした役ばっかりだったので、たとえエリート検事といえども、とても普通の職業の人っていう感じがして新鮮です。(笑)しかもコメディっぽい役どころだったんです、最初は特に。え、チャンウクくんが普通のラブコメ!?っていうのも不思議な感じさえしました。
そしてどうやら相手役が驚きのナム・ジヒョンちゃん。ほかのドラマでも大人になってからも見てはいるものの、チャンウクくんみたいないわゆる人気スター一人者が主演のドラマのヒロイン役って初めて見たので面くらいました。ちょっと、言い方は悪いけど格が合わないんじゃ、、、みたいな。それに彼女といえば、時代ものでヒロインの子供時代を演じていたのを何度も見てるので、その彼女が相手役とは~~と、正直違和感いっぱい。まあでも見始めてみると、慣れるものですね。キスシーンもちゃんと普通にあるけれど、見慣れていきました。(笑)
物語はコメディな雰囲気で始まるものの、彼女が突然殺人事件に巻き込まれ、弁護士でありながら殺人容疑者になってしまうという変わった設定から、事件の内容が広がっていって、明るいラブコメシーンもあるのだけど、特に終盤にかけてはどんどん切なさが増していく展開で、そうなるとチ・チャンウクくんの本領発揮という感じ。
彼が苦しんで涙をホロリとみせる、胸を詰まらせる、もうそうなるといつものチャンウクワールド全開。二人の関係は結局禁断に近いものだったわけで、彼女を愛する気持ちが彼を苦しませるわけです。
ちなみに脇役の方たちもわりと個性的で、そんなところはちょっとキムタクの「HERO」を彷彿させるような感じもあります。面白かったです。まあ何回も見たいと思わせるものは私にはなかったけど、面白いドラマでした。贅沢を言えば、ヒロイン……もう少し違う人が個人的には良かったなぁ、、、。ごめんなさい。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る

[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-02-06 23:10 | あ行 | Trackback | Comments(1)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧