人気ブログランキング |

カテゴリ:大祚榮( 20 )

大祚榮、再放送だ・・・

f0147413_2256356.gif今日の「大祚榮」では、久しぶりに悪役復活のイムンに笑いました。いや、民を皆殺しにしろ~!という酷い命令をするんで、笑えないはずなんだけど、もうイムンは笑えるキャラになってしまって・・・(笑)そして、ヤンソウィもやっと死んでくれたし、イムンがチャンソヌでしたっけ、ヤンソウィの手下、ヤツをバッサリ殺した時には気分爽快。(笑)イムンとイヘゴは、テジョヨン憎し、という共通点がありますが、執念が違いますよね~。イムンはプライドを傷つけられただけ(と言ったらイムンに怒られそうだけど)だけど、イヘゴには積年の恨みつらみがありますしね~。やはりイムンのほうが、可愛げがあります。(笑)

まあ、コム絡みのときのイヘゴには同情しますが。親の敵だし、チョリンも奪ったし、イヘゴいはく、自分の持ってたものすべてを奪った、そうですからねぇ。逆恨みな部分も多いんだけど・・・(^_^;)コムが、イヘゴの敵がジョヨンだと知れば、イヘゴが頑なにジョヨンを恨む気持ちを少しは分かるでしょうけど、それは知らせたくないんでしょうかね~。高句麗の血筋だということもね。

それから、コルサビウ。だから、コムに拘りすぎだってば~~~;;
正妻の子供が2人もいるのに、あんなにコムに入れ込む理由は、いったいナニ?(^_^;)
チョリンのことだって、どっちかというと嫌っていたのに。コムが有能だから?そうじゃなさそう・・・
正妻の子がいるんだから(しかも息子!)コムは契丹に、チョリンに、イヘゴに、返してあげればいいのに。
確かにコムはジョヨン似の、出来た子ではあるけどもねぇ・・・
コルサビウが拘るのは、ジョヨンがコムをことのほか大切に思っているのが分かるからなのかもしれないけども、同じ理由で、ジョヨンがコムにこれ以上拘りすぎると、子供達とスギョンが不憫になってくる~;;
今はまだ、ある程度距離を保っている感じがするけどね~。自制してるのが分かるから、コルサビウが却って、自分がコムをジョヨンのもとに戻さなければ~~とか張り切っちゃうのかしら・・・;;


ところで、BS日テレさん、4月の第1月曜日から、午前10時、大祚榮再放送をやってくれますね~~

いや~、最初のほうをすっかり忘れているので、嬉しいです。また見ようっと。(笑)
by himeka_kisaragi | 2009-03-27 23:16 | 大祚榮 | Trackback | Comments(5)

大祚榮 114話

f0147413_145811.jpg


終盤へきて、まだまだ面白い大祚榮。
以下、ネタばれ全開で書いております~~

■続きはMoreをクリック!
by himeka_kisaragi | 2009-03-18 01:04 | 大祚榮 | Trackback | Comments(2)

大祚榮 第110話

※大事なネタばれ全開で書いてま~す(笑)

■ネタばれOKな方はMoreをクリック!
by himeka_kisaragi | 2009-03-12 00:21 | 大祚榮 | Trackback | Comments(4)

大祚榮101話

観てゆけば、ゆくほどに、コムはなんて凛々しくて勇敢で正義感溢れる真っ直ぐな子なんでしょう?と思ってしまいます。どちらかというと、私は得意な顔ではないこのコム役のチョン・テウさん。
コムの年齢が今いくつの設定なのか分からないけど、チョン・テウさんは日本の年齢でもうすぐ27才らしいです。思えばこのドラマ、役者本人にはさして興味もないけれど、役柄が好き、という人が、どれだけ多いか。(笑)コムも、その一人です。残りの回数、コム贔屓で観てしまいそう〜

f0147413_23145629.jpg
f0147413_23152278.jpg


■続きはMoreをクリック♪
by himeka_kisaragi | 2009-02-26 23:46 | 大祚榮 | Trackback | Comments(2)

大祚榮 第93話についての、つぶやき・・・(笑)

f0147413_054129.jpg
いや~則天武皇、すごいわ・・・

突厥の使者である王子から脅迫めいた取引を持ちかけられて、条件を飲むしかないかと思っていたら、突厥でも營州でもなく、ジョヨン達の本拠地を探して攻めろと言うなんて~~
一気に立場が優位に変わっちゃったじゃないの。
確かに、ジョヨン達の本拠を攻めれば、彼らは營州から戻らなくてはならなくなり、營州は一気に唐の敵じゃなくなって、すぐに突厥にも出兵できるわけだ・・・
それにしても、唐は皇帝がこれだけ優秀なのに、周りはポンツクばっかりねぇ・・・(^_^;)
しかし、ミモサやシンホンは、そのへんは考えなかったのかしら・・・
シンホンは本拠地はよく知らないだろうけど、ミモサ、女帝に読み負けしてるぞ~(笑)
さてさて、ジョヨン達はこの危機にまだ気づいてないけど、どうするのかしら。スギョン姫が、何らかの対策をたてて、ジョヨン達の手を煩わせないようにがんばるのかな~。



f0147413_0122023.gif
さて・・・今回もイムンは涙をこぼしていました。(笑)
でも前回ほどじゃなかったんで、今日はそんなにほだされなかったわよ~~(笑)
だけど、助けてくれたソリンギに対して、大感謝のうえ、忠誠誓っちゃったねぇ~~
この不届き者をお許しください。
将軍は私を生まれ変わらせました。
これから残る命を将軍にささげます。

でもソリンギって、100人のイヘゴよりイムンが大事だ。イムンは、部下ゆえ我が事一緒だ。わが子を捨てる親はいない。とか言ってたけど、確か元々はイヘゴが死ぬとジョヨンが楽になる、それはマズい、ということでイヘゴとイムンの交換に応じたんだよね・・・?に・・・二枚舌・・・?(^_^;)
そんなソリンギの心を知らず、感動して忠誠を誓うイムンは、やっぱ単純で可愛い。(笑)



■記事トラックバック先 大祚榮 テジョヨン 第93話
by himeka_kisaragi | 2009-02-17 00:30 | 大祚榮 | Trackback | Comments(2)

大祚榮病は、けっこう重いかも・・・

最初にヒゲの爺さんばかりに感動してたときもヤバめだと自分で思っていましたが(笑)第92回だったかな・・・見たら、あの悪役(でも、だんだん情けなさが漂うのが味になってきている)唐のイムン将軍にまで、ググゥ~と引き込まれたというか、心を持っていかれそうになって危なかったでした。(笑)

f0147413_2347710.gif f0147413_23473935.jpg

だってだって、何かというと「モ~ラッ!?」と言って登場し、「おのれ、テジョヨニィ~!!」と睨みをきかせて怒るのが定番の芝居となっているくらい、宿敵・唐軍の意地悪い将軍が、縄でぐるぐる巻きにされ、木につるされ、屈辱のあまり、涙をボロボロとこぼすんですもの~~;;なんだか、とっても可愛そうになってしまって、母性本能が・・・(笑)
いやいや、涙一筋くらいだったら、どうってことはなかったのだけど、あんなにボロボロこぼすのを見たら、可愛そう~~!って、つい思ってしまったのよ~~。これは重症の大祚榮病だ。(笑)
でも、今日続きを見たら、普通に見れて、ちょっと可愛いかも、って思った程度で(え!やっぱり?)トキメキとかはなかったので(笑)あの大粒の涙にほだされただけだったのかも。(笑)



by himeka_kisaragi | 2009-02-13 23:53 | 大祚榮 | Trackback | Comments(4)

大祚榮の謎・・・

f0147413_23544340.jpg


本日、BS日テレにて第89話を見終わりました。残りもあと、たった45話!!(笑)
会社の人とも毎日見て色々話しているんですが、大祚榮が終わってしまったら、日々の楽しみがなくなってしまう~;;と、お互い今から嘆いている始末です。ホロリ・・・

昨日なんか、久々に妄想で突っ走ってしまったわ。それもこれも、コルサビウがクムランの頬を指で・・・指で・・・あぁ~~~~私も頬をなぞられたいっ!!(←パボ/爆)

普段はドラマを見てるとジョヨンがカッコイイなぁ~と、普通に思っているのですが、ジョヨンのいわゆるラブシーン(といっても、抱きしめるとか、軽いチュー程度ですが)を見ても特に何も思わずに、うんうん、思いが通じてよかったよかった、くらいの気分で見てるんです~

しかし、昨日の私は嫉妬と羨望の眼差しで大変でした。(笑)
ジョヨンがスギョン姫を抱きしめたり、チョリンにチューしたりしても、私も彼女たちに成り代わりたいとは、これっぽっちも思わないのだけど、コルサビウのアレ(笑)には、クムランに成り代わりたい~~と強烈に思ってしまいました。(笑)
ということで、ジョヨンは英雄として憧れを抱いているけれど、コルサビウにはナムジャとしての魅力を感じているのね、ワタシ・・・と、生々しいことを再発見した日でありました。(笑)


さて、記事タイトルはこれとは全然関係ないのです。
ずっとずっと、最初から「大祚榮」で疑問に思っていたことがあるのです。

ナゼ「大祚榮」に出てくる唐の人たちは韓国語を話しているのでしょうか?????

今まで色々韓国の歴史モノドラマを見てきましたが、その時代によって、現在の中国の呼び名は当然変わってきますが、どれもが、中国が舞台になって、そこに住む人たちが話す場合、中国語を話しているんです。
「チャングム~」は吹き替えで見たので分かりませんが、「海神」もそう、「商道」もそう、「朱蒙」もそう、フュージョンの「ホン・ギルドン」でさえも、そうだし・・・「ソドンヨ」はちょっと前に見たので記憶がないですが、とにかく中国人は中国語を話しているのです。それが当たり前だと思って見てきた私としては、なぜ「大祚榮」だけが、唐の人間までもが韓国語を話す設定にしたのかがサッパリわかりません。何か訳があったのかしら。

そんなわけがないのに、ひょっとしてこの「大祚榮」の時代だけは唐の人も韓国語を話していたのかしら?なんてことまで考えてしまいましたが、そんなはずはないし。(笑)

これが、見初めてからずっと抱いていた疑問です。謎です。誰か教えて~~(笑)
by himeka_kisaragi | 2009-02-11 00:09 | 大祚榮 | Trackback | Comments(4)

大祚榮、また爺さんに・・・

最初の頃はテジョヨンの父の時代から始まるせいか、本当にムサい爺さんたちばかりが登場してましたが、世代がチェ・スジョンの世代になってから、それなりにまぁ若い人も活躍しているんですよ。(笑)

なのに、泣かされるのは、爺さん同士の会話って、どういうこと~?(笑)

最初は、この2人。
高句麗の英雄、ヨンゲソムンと、ヤンマンチュン。

f0147413_0145494.jpg
f0147413_0145972.jpg


そして、だいぶ回は進んで今回はこの2人。
契丹族から唐の将軍になったソリンギと、テジョヨンのお父さんのテジュンサン。

f0147413_0165653.jpg
f0147413_0171187.jpg


ドラマ初期の頃に、一度手を組んで助け合った仲。というか、テジュンサンがソリンギを助けたんですよ。そのあと逆にソリンギがテジュンサンを助けて、これで借りは返した、というような事になっていたんだけど、初めて腹を割って話す機会があって、テジュンサンの息子テジョヨンへの深い愛情を、ソリンギがちゃんと受け止めてくれたシーンにジィ~ン;;
だって、ほんのこの前まで殺し合いをしていた敵同士だったのですよ、この2人は・・・
それなのに、心の底には理解しあえるものがあったなんて・・・感動・・・・;;

どうもこのドラマ、主演のテジョヨンたちよりも、爺さんたちに泣かされることのほうが、圧倒的に多い私です。(笑)

現在の舞台は、唐の都、長安。中国史に残るような悪女の一人といわれている、初の女帝となるはずの則天武后が力を見せはじめていて、これからの展開はそれに左右されそうな感じで、かなり面白いです。
by himeka_kisaragi | 2009-01-17 00:27 | 大祚榮 | Trackback | Comments(2)

今日も「大祚榮」に泣かされた・・・

韓国時代劇をよく見る人なら、イム・ホという俳優は必ず観たことがあるはず。
たいがい、いつも良い人とか、王様とか、とにかく悪い役の印象があまりない人なのです。

ですが、この「大作榮」では初めて彼の悪役を見た、といっても過言ではないでしょう~

高句麗の歴史に残る偉大な英雄とも言える武将ヨン・ゲソムンを父に持つ、ヨン・ナムセン。
このナムセンをイム・ホが演じています。

もともとこの話は高句麗が滅んで、新しい国を建国する話(その建国する人が、チェ・スジョン演じるテ・ジョヨンです)なのですが、紀元前にあの「朱蒙」が建国した高句麗を、最後まで命をささげて戦い、守るヨン・ゲソムンが、物語の最初のほうに出てきて、しばらくして死んでいくのです。
この父の後を継ぐはずの、彼の長男ヨン・ナムセンが、紆余曲折、色々あって、ナゼか大敵・唐の将軍として、高句麗討伐軍に参戦しなければならなくなる運命のいたずら。

自ら望んで唐軍の先鋒を買って戦うナムセンが、側近にヤケ酒を飲んでこうこぼすのです。

「毎夜、父が夢に出てくるのだ。せめて私を叱ってくれるなら良いのだが、父は私にすがって泣くのだ。死を目の前にしても平然としていた父が、私にすがって泣く。私は、このまま朽ち果ててしまいたい」

父、ヨン・ゲソムン役の方は、本当に熱演だったので、高句麗への熱い思いを観てきているだけに、その高句麗を滅ぼそうとしているナムセンの苦悩が、そのセリフでビシバシと伝わってきて、まるでその夢が見えるかのような気持ちにさせられて、涙、涙・・・の私。(笑)

最初は、宿敵・唐に寝返る裏切り者~!と、ナムセンを非難ごうごうで見ていただけに、よもやナムセンに泣かされてしまうとは・・・不覚をとった思いです。(大げさ・・・笑)

これは、最初からこのドラマを観てきて、どんだけヨン・ゲソムンンという人が高句麗にとって凄い人だったのかを知らなければ、こういう思いにはならないだろうな~~と思いました~;;

イム・ホ演じる、ヨン・ナムセンは、この左の人。
右の人は、テジョヨンで唯一(?)私がカッコいいかも?と思う、コルサビウという役の人です。

f0147413_019885.jpg

by himeka_kisaragi | 2008-11-21 00:19 | 大祚榮 | Trackback | Comments(8)

「大祚榮(テジョヨン)」毎日視聴中

f0147413_091771.jpg



BS日テレで平日の午後4時から、ほぼ毎日放送している歴史大作ドラマ「大作榮(テジョヨン」。

最初は朝鮮半島の歴史っつ~か、高句麗の歴史にある「安土城の戦い」から始まりまして、この戦いは、まだ主演のテジョヨンが生まれる直前の出来事なので、登場人物がムサいアジョッシー、いや、アジョッシーならまだしも、ヒゲ面の爺さんたちばかりが登場し、ひたすら戦う、戦うというシーンが続くので、安土城の戦いを知らなかった私には、難しくてどうしようかと思ったのが本音でした~~;;

今まで歴史ものといったら、ま、「太王四神記」は別として、戦いをメインにした物語ではなく、宮廷の陰謀とか、主役の成長&出世物語とか、見やすい題材のものが多かったんです~

なのに、訳も分からず観始めて、カッコいい人も出ず(笑)・・・韓国でも最初は視聴率10%台だったという話ですもんね。とにかく硬いとうか、男臭いというか・・・

だがしかし!!!観ていくうちに、登場人物を覚えてくるじゃないですか。
そうすると、爺さんなのに妙に魅力的(カッコいいとかじゃなく/笑)で人間味溢れるキャラクターとして描かれているせいで、どんどん面白くなっていくんです~~

今日で33話目なんですが、既に、何回も泣かされましたよ~~;;
ヨン・ゲソムンに続いて、ヤン・マンチュンまで死んでしまった~~~~(号泣/笑)
この2人の爺さんがいなくなるなんて、寂しすぎる~~~;;


今では、毎日会社から戻って、録画したテジョヨンを見るのが楽しみな日々です。(笑)
残り・・・あと100話くらいあるから、まだまだ当分楽しめます。(笑)

<一言でいう、あらすじ>
2007年下半期、韓国の時代劇視聴率No.1。高句麗の流れを受け継ぎ、渤海を建国した大祚榮(テジョヨン)。
彼の一代記を描いた本作は、中国の広大な風景をバックに、韓国ドラマ史上最高の歴史スペクタクルドラマとして完成した。
by himeka_kisaragi | 2008-11-19 00:28 | 大祚榮 | Trackback | Comments(2)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る