プラハの恋人

f0147413_0231586.jpg出演:チョン・ドヨン、キム・ジュヒョク、キム・ミンジュン

大ヒットした「パリの恋人」のスタッフが作る、“恋人”シリーズ第2弾。全18話。
正統派のメロドラマとしての構成と、個性的なキャラクター、切れ味のよい粋なセリフで、視聴者の注目を集め好評を得た。 大統領の娘チョン・ドヨンと、末端の刑事キム・ジュヒョクの身分(?)を超えたロマンスと、七転び八起きの末に愛を手にする“愛に堂々たる女”チョン・ドヨン、“ウィバー・セクシュアル”なる新造語を生み出し、多くの女性をときめかせたキム・ジュヒョク、最後までカッコいい男を演じきり視聴者に愛されたキム・ミンジュンらの三角関係は、緊張感を演出し視聴者をひきつける。



感想

「パリの恋人」のスタッフが作るラブストーリーということで、非常に楽しみにしていたドラマでした。で、パリ恋では男のほうが身分(?)が高く、今回はその逆バージョンということで、どんな風になるのかな〜と思ってました。
やっぱりパリ恋は、どちらかというとラブコメの括りに入れられることが多く、それはキム・ジョンウンの明るいキャラだけじゃなく、全体的にコメディタッチな部分が多めだったからだと思うんだけど、そのイメージで見たプラハは、なんとかなりシリアス。
といっても、韓ドラ特有のドロドロ感というのは、そんなに強くないのだけど、パリ恋のような軽やかさはない。その代わり、プラハは夢物語のようだったパリ恋と違って、大人の男女の愛情、血縁者への愛情が、かなり色濃く描かれていて、見応えのあるラブロマンスでした。途中、辛いな〜〜と思ったことも何回かあるけど、面白かった!!
スタッフも、やはり同じパターンでは芸がないと思ったのかもしれないですね。(笑)

ちなみに、私は珍しく主演のキム・ジュヒョクではなく、ライバル役であるヨンウを演じたキム・ミンジュンのほうにハマッてしまいました;
愛する人を守るため、また、愛する人を裁くため、自らの身を落とすことを厭わないヨンウの強さと、頭の良さにメロメロ。(笑)

ただ、パリ恋を“ラブコメ”として好きな人には、そのイメージで見ると辛いかも。
お姫様を守る騎士2人という図は同じだけど、大人の恋愛の駆け引きをお楽しみ下さい♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
トラックバックURL : https://kandorabox.exblog.jp/tb/5827604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by futonlove at 2009-01-29 20:27
なるほど~、このドラマですね・・・。
全18話って、変わってますよね~。たまに17話は見るけど。
最近、この長さは土日2日あれば見れることに気づいたんですよ。正確には金曜日の夜中くらいから見始めてるんですが。(もちろん、他の用事は何も出来ませんが・・・笑)
毎週、週末が待ち遠しくてたまりません・・・。

あと、最近全くラブコメを見てないことに気づきましたよ。
だから、パリより先にこっちを見ようかな~♪
Commented by himeka_kisaragi at 2009-01-30 00:03
futonloveさん
そうそう、コレです。
私、感想アップしてたことを、すっかり忘れていましたよ。(笑)
え~、全18話を3日で見ちゃうんですか~~@@;;;
つ、疲れません?目とか・・・?(笑)私、視神経、弱いほうなので、あまり密度の濃い見方をすると、体調にきます。(笑)
でも、たまに止まらないこと、あるんですよね~。(^_^;)

そっか、最近の感想ではラブコメは、あまり見かけてないですね。
これ見て、インスニ見て、ついでにサムディ見て、はたまたアイルランドも見て、ミンジュン漬けになってみますか?(笑)

でも「パリの恋人」も定番だけあって、私はいわゆる「恋人シリーズ」の3作の中では1番面白かった気がします。(*^_^*)
なんたって韓ドラマジックが凄くて、どう見てもタイプではない銭戦のパク・シニャンが、すごく素敵に見えてしまうドラマでしたので。(笑)
by himeka_kisaragi | 2007-07-08 00:50 | は行 | Trackback | Comments(2)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧