愛の温度 3~4話

f0147413_22374335.jpg

ん~~、好きかもぉ~~~このドラマの全体から醸し出す雰囲気づくり。
それにはやはりソ・ヒョンジンさんが大きなウェイトを占めていますね。いや、普通はナムジャが大きな影響を受ける人が女性視聴者には多いのかもしれないけれど、恋愛ドラマって、いかに自分が主人公の気持ちに共感できるか、ということが私にはキーポイントで、ソ・ヒョンジンさんは最初のころはあまり感じなかったのだけど、だんだん色んな役どころを見ていくにつれて、私にとってのコン・ヒョジンさんに近づいてきているような気がします。

コン・ヒョジンさんは自分が観ていて彼女の役に入り込みやすい女優さんで、だから彼女がメロメロだったり、反発したり、恥ずかしがったり、駆け引きしたり、そういう気持ちがすごくわかりやすくて、ドラマを見てると相手役の俳優さんが演じる役どころがどんどん素敵に思えてくる女優さんなんです、私にとっては。

ソ・ヒョンジンさん、徐々にそういう雰囲気を持ってきたんじゃないかなって、このドラマを見て感じました。直接の影響を受けたのは「また?オ・ヘヨン」ですが、これは恋愛ドラマだしヒロインなので当然といえば当然。なにげに良かったのが「三銃士」の世子嬪役。一途で可愛い役でした。「ドクターキム・サブ」も主演男優の相手ヒロインでしたね。この役はエキセントリックな彼女の一面がよく出ていていい役だとは思いますが、やはりあのドラマはキムサブがメインを張っていたため、どうしてもちょっと存在感が薄れるというか、強い影響を持った役という感じは私はしなかったですね。でも役としては面白い役だったかなと。

今回の役はもう「また?オ・ヘヨン」の役にすごく近く、またドラマ作りも少し似てる感じがするので、彼女の真骨頂という感じもします。二人の男性に愛されますが、揺れ方に嫌みがないというか、ストレートにぶつかっていく気持ちよさという持ち味が爽快で、悩んだりしていても鬱陶しくなくて胸キュンしてしまうのだから、そこが彼女の色というか魅力かなと感じます。コン・ヒョジンさんよりも豪快というか爽快というか。(笑)でも二人とも好きで好きで好きで仕方がないとう愛情表現が共通点なんですよね~。だから私も相手役がだんだん好きで好きで、みたいな感じがしてきて、一緒に胸キュン。(笑)

2人の男性はヤン・セジョンくんと、キム・ジェウクsii。セジョンくんは彼女より年下という役でもあるので可愛くて爽やかで、出過ぎずに彼女との距離を縮めてくる。キム・ジェウクsiiは大人で仕事もできてお金や地位もあり自信に溢れているカッコいい男性。けれど軽くなくて、程よく強引。それプラスご両親が早くに亡くなっているために、両親の愛情に飢えている一面があって、彼女がご両親の愛に恵まれて育ったことでジェウクsiiへの同情心、彼の弱みを見てしまって母性が揺れるみたいな、そんな男女の危ない揺れなんかもありますね。彼女はセジョンくんが好きなのは自覚しているので、おそらく一直線だとは思うけど、どの程度揺れるのかがこれからのお楽しみという感じでしょうか。

ところで両親との問題といえば、セジョンくんも実はありますね。母親には今も悩まされているし、ご両親の愛に包まれて育った彼女とは、ジェウクsiiと同じく全く違う育ち方をしたせいで、年齢よりも大人びている考えを持った青年という一面もあります。セジョンくんもジェウクsiiも、ご両親に愛されて育ったまっすぐな眩しさみたいなものを彼女から感じていて、そこに惹きつけられるという設定なのかなぁ~なんて、勝手にキャラクター設定を想像してみたりしていますww

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「韓流・華流」をもっと見る

[PR]
トラックバックURL : https://kandorabox.exblog.jp/tb/29262788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by himeka_kisaragi | 2018-01-15 23:17 | 愛の温度 | Trackback | Comments(0)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧