秘密

f0147413_23453696.jpg出演:チソン、ファン・ジョンウム、ペ・スビン

2013年、KBS、全16話。
2012年KBSミニシリーズ脚本公募優秀賞を受賞したチェ・ホチョル作家の作品で、『剣と花』の後続として放送される『秘密』は、自分の恋人を殺した女性と恋に落ちる物語で、今年の秋を熱く彩る正統派メロドラマ。昨年放送されて好評だったKBS2TVの『(世界のどこにもいない)優しい男』に継ぐ、KBSの正統メロの真髄を見せてくれる作品と評価されている。
チソンは優しいソフトなイメージから脱皮して、凄絶な復讐をする魔性の男を演じる。その復讐の対象であるファン・ジョンウムは、今までの軽快で溌剌としたイメージに、か弱さをプラスした内面演技で、メロクイーンの座に挑戦する。また、愛する男の心を射止められないセヨン役のイ・ダヒと、貧しい恋人より価値の高い権力の味を知った、ファン・ジョンウムの恋人役のペ・スビンも見逃せない。


<感想>

これまた全く知識のないドラマを録画したDVDをお借りして観ました。
観る前に少しだけブロ友さんのところをチェックしたら、かなり面白いと書いてあったので、けっこう期待値高かったのですが(笑)ミニシリーズということもあって、あっという間に観終わってしまったことからも、次へ次へと見てしまった事が分かって貰えるかと思います。面白かった~~。
ただし、チソンが可愛かったのですけども、ペ・スビンさんが私的にもともとあまり…な方(笑)なもので、ひょっとして違う方が演じていたら、また違う結果になっていたのかもしれないけど、もう普通に酷い男って感じで終始してしまったので、チソンにもドハマリというわけでもないので、心を持っていかれるほどまでには行きませんでした。まあでもチソンファンの方には、可愛いチソンが観れてお勧めですよ~♪
タイトルの「秘密」が、少しずつあばかれていくのですが、最初はその秘密のせいで、色んな人が可哀想なことになってしまうので、ちょっと辛い感じが続きまして、5~6話くらいから、ようやく息が吐ける感じになるかな。
チソンが可愛く思えるのも、そのあたりからかと思います。基本お坊ちゃんなんですが、ヤケクソ坊っちゃんでして、途中から可愛い坊っちゃんになっていく、という感じなんですよね~。(笑)
ファン・ジョンウムさんは熱演ですね。大役といった感じの役どころで、頑張ったな~って感じがしました。
復讐劇であり、サスペンスみたいなメロドラマです。お好みの方にはお勧めしたいです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
トラックバックURL : https://kandorabox.exblog.jp/tb/22953952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by himeka_kisaragi | 2014-09-18 00:07 | は行 | Trackback | Comments(0)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧