人気ブログランキング |

大祚榮 第23話

大膜離支の心が痛い~~007.gif057.gif057.gif





・・・録画してあるんだけど、TVを点けたらちょうどやっていたシーンで、そのまま見てしまったので、この回全部は見てないんだけど・・・

遼東がクーデターを起こすと思い込み、ヤン・マンシュンの討伐に出ようとした平壌軍の前に、立ちはだかるテジョヨン。そして先頭の大膜離支に、命をかけて訴えるのです。敵はヤン・マンチュン将軍ではない、と。

いや~~~~もう~~~~超~~~~~いいシーンだったわ~~~~007.gif

ジョヨンが「誰も申し上げないことを、私が大膜離支にお話しいたします」と言って、誰もが今、疲弊している高句麗は唐と戦うべきではないことを知っています、大膜離支以外は、と。

そして、今、そんなことをすれば、高句麗は滅んでしまうでしょう、と。
この言葉が、多分、もっともヨン・ゲソムンにダメージを与えたことは明白。057.gif

「このヨン・ゲソムンが高句麗を滅ぼすというのかっ!!この、ヨン・ゲソムンが!!」

誰よりも高句麗を思い、高句麗のために命を捧げて戦いぬいてきたヨン・ゲソムンにとって、自分が高句麗の元凶であると言われることほど、辛いことはないです。間違いなく。(号泣)←(笑)


そして、最後は倒れたヨン・ゲソムンを、厳戒態勢の中、ヤン・マンチュンが見舞うシーン・・・
ナムセンがヤン・マンチュンを殺す!と脅したのに、ヤン・マンチュンは一括。刀や言葉で脅すより、こぶしで殴ったところが、愛情を感じるじゃないですか・・・;;お前が子供のころは、この背におぶったのだ!と・・・
親友が自分を恨んだまま、あの世へ行くのは、自分が、ではなく、ヨン・ゲソムンが辛いだろうと言うヤン・マンチュンが、本当にカッコいい。まさに漢(オトコ)だっ!!


そのうち、もう一度ちゃんと見直しますけど、なかなか死にそうで死ななかったヨン・ゲソムン(笑)の最期が近づいている、このあたりの回。涙なくしては見れないワタシなのでありました・・・007.gif037.gif



トラックバックURL : https://kandorabox.exblog.jp/tb/10999146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by himeka_kisaragi | 2009-05-07 00:33 | 大祚榮 | Trackback | Comments(0)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る