人気ブログランキング |

大祚榮 第131~132話と第3~4話。

いよいよ大祚榮もあと残すところ2回となってしまいました~~;;
終わる日が来るのがさびしかった私ですが、再放送が始まったせいで、寂しい度が少し癒されました012.gif

最後が近づくにつれ、チェ・スジョンssiがかっこ良く見えます。
「海神」が、たぶん私の初スジョン(笑)だったと思いますが、あれも主役だったけど、カッコいいと思うことがなかったので(笑)私の中でまさかチェ・スジョンssiをカッコいいと思う日が来るとは思ってませんでした。
やはり痩せて頬がコケ気味で、ヒゲというのがポイント高いんだなぁ~。(*^_^*)

あ、そういえばTVで「初恋」を遠い昔に見たことがあって、その時ペ・ヨンジュンssiのお兄さんを演じていたのがスジョンssiでしたっけ。正確にいえば、それが初スジョンですが、あのドラマ、わりと早くに挫折してしまったし、もともとスジョンssiのようなハッキリした顔が苦手なので、即、却下だったんですよね。私的に。(笑)
だから尚更、今自分がジョヨン姿のスジョンssiをカッコいいと思っちゃうことが、けっこう不思議です。
これも韓ドラマジックの一つなんでしょうねぇ~016.gif



すぐ書かないと、細かい部分を忘れてしまうトリ頭の私なので、すでに131~132話の内容は印象に残った部分しか覚えていないという情けない状態ですが・・・(^_^;)

f0147413_22494526.jpg
とりあえず、契丹兵の中では、最初からチョリン付きだった丸顔の、最後までイヘゴに付いていって生き残った彼と、ソル・ゲドゥだけは憎めないキャラでした。ゲドゥは戦うたびに頭を犬みたいにブルブルッと振る仕草が笑えましたが、人気があったのか、フクスドルと最期に友好を交わし、ジョヨン本人の手にかかって死ねるという、案外幸せものかも~と思いました。(笑)私はてっきりコルサビウに殺されるのかと思ってましたもん。主役に殺して貰えるっていうのは、直接ライバル関係だった人たち以外では、そんなに多くないんじゃないかしら。

f0147413_22531771.jpg
そして、とうとうこの日がやってきましたねっ047.gif死ぬ前に、ジョヨンの作戦(発案はミモサっぽい気はしますが)に引っ掛かって、守りたかったイヘゴの居所をわからせてしまう失態をしたのは気分が良かったですが、どうせここまで引っ張るなら、主人・イヘゴがジョヨンの手にかかって死ぬのを目の前で見て、もっと苦しんでから死ねばよかったのに・・・と、更に意地悪いことを考えた私でした。(笑)先に死んでしまいましたね~。ま、イヘゴの居所を知らせてしまった時点で、シンホンが殺したようなものだから、まあいいか~(←ナニ様?な私/笑)

f0147413_2314944.jpg
イヘゴの死は、2話(131~132回)にわたって放送となりましたね。やっぱりジョヨンの宿敵、好敵手という役割でしたからね。
でも、死に際の言葉にビックリしました。「もう少しでテジョヨンではなく、イヘゴの新しい国が建つはずだったのに」みたいなこと言ってましたよね!?じゃあ、やっぱり1対1のマジマグロな戦いを挑んだのは、圧倒的不利を100万に一つの可能性でひっくり返す作戦だったのかい?005.gif若干、戦うのを見ながら、コレ、そんなことにはならないと分かってはいても、イヘゴが勝ったらどうなるのかしら?なんて思っていたんだけど・・・だけど前夜、チョリンがイヘゴに毒を一緒に飲みましょうって見せてるんだから、戦ってる最中にチョリンが先に毒で死んでしまう可能性もあったことを考えると、あの言葉「もう少しで」というのはジョヨンとの一騎打ちのことじゃなくて、天門嶺へ攻め込んだ今回の戦い全体のことを言ってるんですよね、きっとね。だから、この一騎打ちは、やっぱり自分が死ぬ覚悟で戦ったんですよね・・・多分・・・?(^_^;)
そんなわけで、とうとうイヘゴも死んだし、結局イヘゴの父を殺したのが自分の父だったという巡りあわせを、ジョヨンは知らずに終わりそうな感じですね~。なんとなく、そこはちょっと理不尽さを感じるんだけども・・・。

f0147413_23215367.jpg
さてさて、渤海をいよいよ宣布。この地のすべての民は出身に関係なく渤海の民であり、身分も関係ない、皆が平等な暮らしをし、必要ならば平等に罰も与えられることを、王として語ったジョヨン。そのためか、世継ぎが世襲とは限らないかもしれないと不安がるスギョン皇后。そんな時に、突蕨と手を組む話し合いにコムを行かせたジョヨン。スギョンはますます勘ぐるけど、私はジョヨンはコムに手柄をたてて、いずれ契丹を渤海の中の自治区として統治させたいという気持ちで送り出したんだと思うのよね~。だけど、それを口に出してやらないから、周りが色々と勘ぐってしまうんだと思うの~。私も渤海は、旧高句麗の王族の血が入っているスギョンとの息子が継ぐべき、というミモサと同意見でございます。(笑)意地悪くクールにスギョンの嫉妬を指摘するミモサの態度が好き037.gif(笑)ともかく、いたずらにスギョン皇后を不安がらせるジョヨン王が悪い~013.gif

そんなわけで、突蕨と交渉をしに行ったコムと鉢合わせするイムン・・・(^_^;)
今度こそコムを亡きものに~!と息巻くイムンですが、返り討ちに合うような予感が~(笑)
残りの2話、どんな風に終わるんでしょう~~(^_^;)


あ、そうそう、第4話ですが、例の安市城の戦いで、山が崩れるシーンがありました。
そして海から大軍を引き連れてヨンゲソムンが進軍です!本当にこのころのヨンゲソムンは、悪者キャラそのものという感じで、知らなかったとはいえ、とても高句麗の英雄とは思えませんでした。(笑)
それが後に、あんなに感動させて貰えるとは・・・ヨンゲソムンの良さは、自分が高句麗そのものというくらい、強い高句麗を愛していることでした。熱烈に高句麗を愛するヨンゲソムン。この気持ちは、ジョヨンからですら感じきれないくらい強いものだったように思えます。やっぱりヤンマンチュン、テジュンサンらと、高句麗を戦って守ってきた爺さん’Sの高句麗への思いは、一味違うんですよ006.gif
トラックバックURL : https://kandorabox.exblog.jp/tb/10776564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りんご飴 at 2009-04-12 07:23 x
おはようございます

チェ・スジョンssi、濃い顔が苦手で、ドアップになる度にちょっと~!って思ってたものですが、目に力があって、さすがに天下を取る主役は違う。そして、クールなのかと思いきや結構人間くさくて、素敵だなぁ。と思うようになりました。(74話から見たので最初は怖いクールな濃い顔の人だった)
最近は本当にビジュアル的にもカッコイイ。って思えるのもうなずけますね。やっぱり髭はあった方がいいですよねー。

ソル・ゲドゥも味のあるキャラでしたね。
私最初に見たこの坊主、カメラにぐわ~っと寄ってきてドアップ、カメラ目線でセリフを吐いて、はけていったんですよ。ええ?いいの?おもいっきしカメラ目線じゃん!コント?と、思いましたからね。すんごい印象的でした。

ソル・ゲドゥとフクスドルたちの笑えるやり取り、フクスドルの最期に酒を持ってきてお互い嫌いじゃなかったぜと言い合ったあの印象的なシーンではすごく泣きました。愛すべき悪役でしたね。

Commented by りんご飴 at 2009-04-12 07:24 x
それから、イヘゴの「もう少しで」というのはジョヨンとの一騎打ちのことじゃなくて、天門嶺へ攻め込んだ今回の戦い全体のことを言ってるんですよね。 って、言うのは私はそうだと思ってました。
チョリンがイヘゴについて行ったのは良かったなぁ。と、思いましたね。なんだかんだいいながら、イヘゴもちょっと気の毒だったので。

再放送の5話まで見ました。
5話からは私初めて見ます。
ヤンマンチュンはすでに、かっこいい!と、思いながら見てるんですが、ヨンゲソムンは今のところ、えぇ?はっきり言ってぶちゃいくなふてぶてしいおっちゃんやん。って感じです。でも、とても評判が良いみたいなので、今後の展開を楽しみに再放送を見るつもりです。

BS日テレに数か月前、再放送のお願いのメールを出してたのが、通じたのかなぁ。テジョヨンは火曜日で終わっても、私にはまだこれから楽しみが続くので、嬉しいです~。


コメントが長すぎて一度に投稿できませんでした^_^;
Commented by futonlove at 2009-04-12 09:54
確かに最終話が近づいているのに、再放送のおかげで寂しさが減ってますよね。というか、私の場合、再放送を待たなくてもいつでも全話みれる状況なんですが、そのいつでも見れるというのが意外と見ない理由になっちゃうので、やっぱりいいきっかけになってまたまた見ちゃってます♪
ところで、イヘゴの最期。確かにまさかあの状況で本気で勝てるとは思ってないですよね~。もし本当にジョヨンが負けそうになったらビウたちが黙って見ているはずはないことをイヘゴも知っているだろうし。無様に生き延びたり、処刑されるよりは武将として死にたかったのかな~。
テジュンサンがイヘゴの父を殺したこと・・・これっていつも思うんですけど、イヘゴの中でジョヨンを憎むきっかけではないですよね、たぶん。だってこの事実を知る前から、チョリン絡みでジョヨンに敵対心バリバリだった気が・・・。どちらかというとシンホンにより後から付け加えられた大義名分っぽいですよね。まあ、そんなことはジョヨンは全く知らず・・・。シンホンの最期はもっとひどい目に遭わせて~と思ったけど、とりあえず死んでスッキリでしたよね~。
あと残り2話。どんなラストになるのか楽しみですよね。
Commented by himeka_kisaragi at 2009-04-12 23:06
りんご飴さん、こんばんわ~
>おもいっきしカメラ目線じゃん!コント?
もう~、大祚榮といったら、まずコレですよね。(笑)
私も最初のほうは、いちいち「だからこのアップの見栄切りは、誰に向かって言ってんじゃい!」と突っ込んでいたものですが、不思議なことに、やはり人間慣らされてくるんですね。(笑)

ゲドゥは、最初はふざけたヤツだな~と思っていたんだけど、だんだん何だか愛着がわいてきて、きっとそういう風に描いたんだとは思いますが、やはりフクスドルとのあの最後のエピソードは、よもやとも思っていなかっただけに、虚を突かれて泣かされました~~;;
フクスドルに「仕える主が違っただけで、嫌いじゃなかった」って言ってたけど、本当にジョヨンの部下だったら、もっと愛すべきキャラだっただろうな~と思いますよね♪

イヘゴは、嫌いでしたが(笑)確かに気の毒なキャラでしたね~
あまりに感情、しかも私怨で動き過ぎるところが、大軍を率いる者としてはふさわしくないと思うのですが、生い立ち、そして部下(何はなくともシンホン)などに恵まれなかった不運というのもありますしね。
Commented by himeka_kisaragi at 2009-04-12 23:11
私も長くなって、追加投稿。(笑)

私、チョリンはねぇ・・・つねにコムにとって、どうするのが一番良いのか、ということを踏まえて生きてきた、といった印象があるので、もちろん最後にイヘゴとともに死を迎えたのは、イヘゴにとっては救われたと思うんで良いんですけども、あそこまでの気持ちが本当にあったなら、何があってもイヘゴと共に・・・くらいの一途さを見せてくれればよかったのにな~と思ったりします。まあ、でも彼女は契丹の民を託された身でもあるから、民を置き去りにしていったイヘゴを裏切ったと思っても仕方なかったのかもしれませんが・・・(^_^;)

第5話は、実はさっきやっと見返しました!ヨンゲソムン、強~~い♪
そうですよね、カバみたいだし(失礼…笑)意地悪い表情をしたり、実際、テジュンサンに対しても、追い詰めたりしますものね、ジョヨンのことで。ヨンゲソムンは、前の王様をクーデターで廃位してポジャン王を擁立したらしいので、王の気運を持つ子という存在を見過ごすことができなかったんだと思います。ヨンゲソムンの良さが感じられるのは、もうちょっとしてからでしょうね~(笑)
Commented by himeka_kisaragi at 2009-04-12 23:44
futonloveさん、こんばんわ~vv
そうですよね、イヘゴの「もう少しでイヘゴの国が・・・」というのは、天門嶺への攻撃のことを言ってるんですよね。まさかあの1対1で、勝ち目があるなんて思ってませんよね。愚問でした。(^_^;)

>シンホンにより後から付け加えられた大義名分

そうですね~。イヘゴにとっては、記憶にもない父親だし、自分が高句麗の人間だと言われても、大した反応もなかったですもんね;;
私としてはそのへんでもっと苦悩して欲しかったんですけど(笑)結局イヘゴにとって大事なのはチョリンであり、自分を育ててくれた国、契丹であるという、そこだけなんですね~。
でも、まさかジョヨンが知らない状態で終わるとは思ってなかったんですよ。(笑)脚本家さん、監督さん、なんか忘れてませんか?みたいな。(笑)そんなわけないですけども。(笑)まあ、テジュンサンとイヘゴの問題であって、その子であるジョヨンまで巻き込んで恨みつらみを並べるのが良いかっていうと、そんなわけないので、これで良かったのかもしれませんね。(笑)
by himeka_kisaragi | 2009-04-11 23:38 | 大祚榮 | Trackback | Comments(6)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る