風の国 第10話

トジン~~~~~(泣)007.gif
(ネタばれしてます~)





f0147413_22322221.jpg


前回のときは記事は書いたっけ?・・・前回、トジン(パク・コニョン)の可哀想な過去という設定が明らかになって、最初から気になっていたトジンというキャラが、ますます魅力的に思えたんですよ~。そう、まるで「太王四神記」のホゲのように・・・設定は全然違いますけどね~(^_^;)

トジンという人は・・・・・・・

プヨ国の王様直轄の暗殺部隊プギョンに所属。能力が高く、リーダー的存在でもある。
父母はテソ王に反逆して捕まり、毒殺され、そのためトジンも王族の地位をはく奪された・・・なんだ、元・王族なんだね。どうりでヨンとタメ口だと思いましたよ。ヨン(チェ・ジョンウォン)って、テソ王の甥の娘だから王族なのよね~。王族の反逆だから、まあ謀反ですよね。その謀反を起こした両親を持つために、本人には直接罪はないのに、小さいころからプギョンとして生きてきて、テソ王からは、プギョンとして仕事を全うしても中々認めてもらえずに、辛い思いをしています。
ただ、テソ王って単に嫌な王様という感じだけではなく描かれていて、トジンのことは本当は認めているような素振りがあるんですよ。でも言動では、それを絶対に表さない。だからテソの前ではトジンは絶対に逆らえず、ひたすら両親の罪の許しを請うて生きているという部分と、これは私の想像だけど、自分に厳しいテソのことを、どこか慕っている風な感じもしたんですよね~。このへん、どうなのかな~。主従萌え。(笑)

それと、幼いころに謀反があって、トジンがその身を任せたのがヨンの父で、テソの甥タクロク。プギョンの責任者なんだけど、冷酷な暗殺部隊のわりに、タクロクは良い人なのよね~。で、タクロクの娘ヨンと一緒に育ったので、自然とトジンはヨンをずっと好きなのだけど、どうやらありがちですが、ヨンのほうはトジンに対して兄妹のような気持ちなのかな~という気がします。

このプギョンに紆余曲折あって入ってきたムヒュルと、よきライバルとして、最初は信頼関係を築くんだけど、ヨンとムヒュルが惹かれあってしまうために、徐々に対立を深めていくらしいです。
ムヒュルとは、今は一緒の部隊にいるけど、実際はプヨ国の元・王族と高句麗の王子だしね~


で、ようやく今回の第10回の話ですよ。

プヨ国には内部で派閥争いをしている部分があって、その一派のサグという男がタクロクを陥れるんです。
テソ王はサグの言葉に乗せられてタクロクが自分に謀反を働いたと思いこみ、プギョンを集めてタクロクを暗殺することをひそかに実行。その選ばれたプギョンの中にトジン(とムヒュル)が・・・
トジンにとって、タクロクは育ての親も同然で、愛するヨンの父親。でもテソ王の命令は絶対で、泣く泣く実行。
タクロクは事前にサグに嵌められたことを知り、ヨンを逃がすのだけど、自分は死ぬ覚悟で待っていると、そこにトジンが。ヨンを頼む、と言い残すと、トジンは恩人タクロクを斬るんですね~~;;

ここがもう、すでに可哀想設定でしょ~~;;
ヨンにとっては、トジンは父の敵のようになってしまうわけですよ。
トジンも、王命とはいえ愛するヨンの父を殺したことを、きっと重く背負うんじゃないかな・・・;;
しかも、逃げたヨンを更にサグが殺すように命じて、危機一髪なところを助けるのがムヒュル・・・
トジンは、自分がタクロクを殺す使命を請け負うから、ムヒュルにはヨンを頼む、と言っていたとはいえ、美味しいところをかっさらっていくのは、主役のムヒュルだなんて、なんだか更に可哀想なトジン~~;;
おかげで、最初から好印象だったのに、さらにこれからヨンはムヒュルに惹かれていっちゃうのよ~~007.gif


ただでさえ映画「ダンサーの純情」で気に行っているパク・コニョンが、お気に入りのキャラクターを演じているので、今後心配なのは、主人公ムヒュルと敵対していくために、かなり嫉妬に燃えたりとか、強烈なライバル関係になるっぽいので、せこい意地悪とか、キャラが崩壊していくんじゃないかということ。(笑)

まあ「太王~」のホゲも、後半は崩壊しっぱなしだったけど、でもホゲはどんなに壊れても、根底に可哀想という気持ちがあったので嫌いにはならずに済んで良かったんですが、このトジンも、そうだといいなぁ~~
嫌いにはなりたくないキャラなので・・・・とにかく、今後が注目です、私的には。(笑)
[PR]
トラックバックURL : https://kandorabox.exblog.jp/tb/10758871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by りんご飴 at 2009-04-11 19:28 x
こんにちは

>トジンという人は・・・・・・・
説明、ありがとうございます。 
「風の国」今一つ、のめり込めなくてぼんやり見ている事が多かったので、ドジンの悲しい過去があまり記憶のないままでした。そうだったんですね。^_^;

兄弟のように育ってきたのは知ってたんですが、ちゃんと知ると悲しい宿命を背負っていたんですね。
タクロクを殺すシーンはつらかったですね。
親をも同然のタクロクに手をかけるという辛く苦しい思いを経験したら、あとは怖いものもなくなってくるのかもしれませんよね。

「風の国」の番宣の映像に仮面をしてる人が出てくるけれど、あれってドジンですよね?
後半ドンドン悪役になっていくのかな?
ホゲも確かに可愛そうな部分があって、悪役だったけど気の毒な感じがして、憎めなかったけど、サテッキルもかなり崩壊した悪役ですよね。
私はサテッキルには同情できなかったんです。
ドジンはどっちのタイプなんでしょうか。気になります。そろそろ、本気で見てみようと思います。

そういえば、BSは相当時間が短いですよね。本来は1時間ちょっとあるので、20分位はカットされてるんじゃないでしょうか。残念ですよね。
Commented by himeka_kisaragi at 2009-04-11 22:13
りんご飴さん、こんばんわ~vv
私も吹き替えということもあって、画面に集中しなくても流れが分かるせいか、けっこう油断(?)しながら見たりしていたんですが、前回、トジンがただの暗殺部隊の人じゃなかったのが分かって、一気に興味が増しました~。ムヒュルは何となく・・・私にとっては今のところ気合が入らないキャラになってるのが残念ですが、トジンのお陰で楽しめそうです。(笑)でも後半、悪役になっていったら悲しいな~。ライバルくらいだったら全然オッケーなんですが、卑劣な手をつかったりするようなキャラになっちゃったりしないことを祈りたいです。(笑)
あ、私もホゲは大好きですが、ギルにはあまり同情できませんでした。どちらも気の毒だし、ホゲも残酷なことしたりしているんですが、何なんでしょうね。単に私の好みの問題なのかな。(笑)もともとギル顔よりホゲ顔のほうが好きなせいかも・・・(笑)
Commented by Petulia at 2009-04-15 05:13 x
はじめまして♪
トジンのことを熱く語って下さっている記事に反応してしまいました(笑)
私はこのドラマでイルグク氏堕ちしたくらいだし、
この後、一応ムヒュル目線になっていくんですが、
キャラとしてはトジンの方が好きだったかなあ。。
(ほんと、ムヒュルは美味しいトコどりですよね~^^)
ムヒュルから「兄同然だから」とネックレスをもらったときの嬉しそうな顔・・・私はあのシーンが大好きです!
またトジンのこと、書いて下さいね~

Commented by himeka_kisaragi at 2009-04-15 22:14
Petuliaさん、初めまして&いらっしゃいませ♪
トジン~、私、熱かったですか、やっぱり。(笑)
私もイルグクssiは他のドラマでも好きですし、見た目は今までのキャラの中では一番お気に入りなのですが、それ以上にトジンというキャラクターが、どうも私のツボをついたようで、つい熱く語ってしまいました。(^_^;)
でもPetuliaさんが、風の国でイルグクssiに堕ちたということをお聞きして、今後の展開も楽しみになってきました♪
今後の2人を注目したいと思いますvv(*^_^*)
Commented by おるれあん at 2012-11-04 11:10 x
アンニョンハセヨ  トジンは、国の重大な仕事、タグログを苦悩の上殺し果たしている時ムヒュルは、ヨンを助け、後タグログの形見をヨンに届けるなど、芸が細かい、戦の中ヨンの隠れ家に、毎日通う、情熱的?に恋の成就、トジンは,実の濃い立て続けの戦に、ヨンとムヒュルに無防備。後タグログの汚名を晴らしたトジンの功績ヨンに対してあまりに質が違う。抱きしめるうまさより、トジンのほうがエレガントで、インテリジェンスがある。黒影戦術書、周到なトジンは、敵国ムヒュルに葛情報を渡した、戦術も、ムヒュル去った後塗り替えたという説、あり得ること
Commented by rondeau at 2012-11-04 12:40 x
はじめましてrondeauです。イルグックさん海神などセクシーでした、でも風の国ムヒュルは女性の口説き方が、ありふれていて、ヨンの恋はこんなに軽いものかと、がっかり。戦のさなか、ヨンを口説きに、馬を走らせたり父タグログの形見を届けたムヒュルと、汚名をテソの前で晴らしたトジンの愛とは質が大きく違う。故国と父への愛を忘れるほどのムヒュルかと、??朱豪のソソノ、プヨン,母ユファを見てのことだから直のこと、腹立たしい。この恋が、妃のいるムヒュル家臣への愛、冷めてしまうことも大。トジンは、他に惑わされない、周到、頭脳明晰、忠誠心のあるほぼ完璧なまでの、リーダー。親友として、ムヒュルや黒影の仲間マロを愛していたけど、助けることはしても、大事な国家機密は渡さない(戦の仕方は教えた)、国への愛は貫く、自死したトジンは外国ででも建国出来る力あるのに。、プヨと高句麗の戦と、ヨンとムヒュルの関係は、トジンの計算外のところで進んでしまった。トジンの頭脳は先を行きすぎて、戦もムヒュル達も後から付いていて、行動していたという感じ スマートさはトジンの完勝      コマプスムニダ
Commented by himeka_kisaragi at 2012-11-04 23:57
おるれあんさん、はじめまして&いらっしゃいませ。
あの・・・・違ったらごめんなさい、ひょっとして海外のかたでしょうか。
ネットの自動翻訳機を使ったのかなぁ~と思いまして。というのは、少し文節が途切れ途切れで、私のつたない文章読解力だと、わかりづらく、コメントのレスが出来ないかんじです。ごめんなさい~。

若干想像すると、ムヒュルよりトジンのほうがお好きなのかな?
私は風の国はムリュルよりトジンのほうが好きなキャラクターでした。(*^_^*)
Commented by himeka_kisaragi at 2012-11-05 00:06
rondeauさん、はじめまして&いらっしゃいませ。
たしかに海神のイルグクさんは、悲しみをふくんだセクシーキャラクターだったかもしれませんね。風の国ではトジンがお好きなんですね。私もムヒュルよりトジンのほうが、いろいろと共感できました。
このドラマ、ヒロインのヨンの存在が今ひとつ好きになりきれなかったことが、ムヒュルとヨンを応援できなかった原因のひとつだったかもしれません。(^_^;)
Commented by おるれあん at 2012-11-06 23:49 x
アンニョンハセヨ、himekaさん 文章が下手でごめんなさい。
私がヨンの友人だったら、またはヨンだったら、ムヒュルはうるさくてトジンを待っていたほうがいい。父タグログの形見を持ってきてくれたり、しっかり抱きしめてくれたり、するムヒュルはその時はいいけど、両方の恋が冷めやすい。トジンは離れた所から静かに愛といとおしさを伝える、全身が私は震え、泡になりそう。ムヒュルは、戦の最中でも、馬を走らせヨンを口説く。トジンは、戦いに専念、そしてプレゼントは、父タグログトヨンの名誉を取り戻す。戦も恋もトジンのほうがエレガントで高尚。友人ムヒュルから首飾りをもらい自分は黒影戦術書を彼に渡したけど、クズの情報という説あり、周到なスマートなトジン、黒影戦術も、敵国のムヒュル去った後中身を塗り替えたという頭の回転の良さ。抱きしめられて、流れてしまう女心もわからないではないけど、エリートはトジ―ン。
朱豪のイルグックさんはとてもよかった!今日のコメントはわかっていただけるかしら、まだまだ文章下手。ごめんなさい
Commented by おるれあん at 2012-11-07 22:03 x
himekaさんまたおじゃまします。毎日朱豪見てます、2年前もイルグックさんに魅せられたけどやはり豪快で彼の胸の厚い体型が益々大きく見せるんでしょうか。騎乗姿が凛々しい。風の国は、トジンがあまりに鋭い刃物のように切れ、かつエレガントでノスタルジーある姿、それに比べムヒュルは軽薄そうに見え、女性への愛の表現もトジンは格段上に感じ、ヨンという女性も、理解できない。目先のこと、(ムヒュルが父の形見を持ってきてくれたりしたこと)で、もろく、あまりクレバーな美しい人でない。幼い頃から、一緒に育ったトジンには、女神に見えたんだから悲恋になったような、、でもホドンが生まれてから、自然体で、夫婦関係があったように見えました。自然に流れたなら、懐妊してから数年間、トジンの私邸で穏やかな夫婦であったのかな、という映像も、、、、、イルグッくさん、ライバルの出現で風の国では、魅了される女性が、何パーセントとられてしまったのかしら?
Commented by himeka_kisaragi at 2012-11-07 22:16
おるれあんさん、こんばんわ♪
ごめんなさい、自分の読解力を棚に上げ、なんか変なことを書いてしまったようで…;;

おるれあんさんがヨンだったら、ムヒュルよりトジンを選ぶんですね~。ムヒュルも最初は子供みたいだったけど、途中から悲哀が出たりしたんですけどね。色々と哀しい過去を背負って育ったトジンは、最初から大人の男性として登場した雰囲気でしたよね。その差もあるかもしれませんね。
Commented by himeka_kisaragi at 2012-11-07 22:23
引き続き、おるれあんさん、こんばんわvv
「朱蒙」は、どこかTVで放送中なんですか?それともお手元に「朱蒙」があって、それを観返していらっしゃるのかしら。毎日視聴されているんですね。(*^_^*)

私が朱蒙や風の国を見たのがだいぶ前なので、細かい部分を忘れてしまっているんですが、朱蒙で大国、強国だった高句麗が、息子の代になって風の国で弱体化されているのが、妙に残念だったことを思い出します。(^_^;)

風の国では、そうですね、トジンのファンもきっとすごく多かったでしょうね。でもカッコいいライバルがいるドラマって、主演とツートップで、逆に視聴率を引っ張ることも多いですよね。
Commented by おるれあん at 2012-11-08 20:36 x
himeka_kisaragiさんご丁寧にお返事ありがとうございます。朱豪は、衛星、LaLaTV,で月から金午後2:00から土朝9:00から、毎日放映、さすが人気の史劇。私も韓国語少し勉強してみたけど面白さが違いますね! 風の国は、ムヒュル派とトジン派に、ファンが別れるのは、これだけ魅力の個性が違えば当然。視聴率あがったでしょう
Commented by himeka_kisaragi at 2012-11-08 21:53
おるれあんさん、こんばんわvv
なるほど、私はCSは契約してないのですが、二か所で放送中なんですね。さすが人気ドラマですね~。あちこちで、何度でも放送されるんですね。

おるれあんさんは韓国語を勉強されたんですか。私は全然です。
毎日ドラマを見ているけど、やはり勉強しているのとしていないのでは、理解が全然違うんだろうな~と思います。

私、トジンを演じたパク・コニョンさんは、ドラマよりも映画(「ダンサーの純情」)で先に知って、映画ですごく素敵だったので、最初から好感を持っていましたvvトジンも、意地悪で嫉妬深いだけのライバル役じゃなくて良かったですvv
Commented by おるれあん at 2012-11-11 19:33 x
GruB Gott こんにちわ Frau himekaひめかさん パクコニョンさんのダンサー、本当に魅了されました.ファンタステイックという言葉が見事に逢いそう。彼の体型とダンスが調和がとれてるし。ちょっと捨て鉢だったけど、まあ可愛い青年。風の国トジンは、頭脳と武術で巧みに、目的を果たそうとしたけど、運命の神は彼の才能と美しさに嫉妬したのだろうか? ムヒュルを「勝ち」とした、戦いも恋も。私も恋の神だったら、(ヨンをあまり好きではないけど、もし、好きでも》嫉妬して、トジンに恋を与えなかったかもしれない。ムヒュルのキャラは、応援する神は居ても、嫉妬とは、あまり縁がなさそう。Servus!
Commented by himeka_kisaragi at 2012-11-11 22:33
おるれあんさん、こんばんわ。
そうそう、最初ひねくれての登場でしたね、ダンサーの純情のコニョンさん。あれは北から来たムン・グニョンちゃんがめっちゃ可愛くて、可愛いカップルでした。(*^_^*)
私もヨンはあまり好きではないけど、まあ極論を言えば、ムヒュルが主役なので、そんな流れも仕方がないといったら、身も蓋もないでしょうか。(笑)
by himeka_kisaragi | 2009-04-09 23:40 | 風の国 | Trackback | Comments(16)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧