カネの花

f0147413_22420162.jpg
出演者:チャン・ヒョク、パク・セヨン、チャン・スンジョ、イ・ミスク
星評価:3.5(満点6)
ドラマの種類:復讐劇&人間ドラマ&シリアスラブサスペンス  カネの花ホームページ

感想:全24話なんですが、本当個人的には20話くらいが良かったかな~って。でもけっこうおもしろかったです。
財閥を舞台に、権力争いと復讐、哀しい愛を描くラブサスペンスってことですが、復讐ドラマのドロドロ感はあるので、私も本来はあまり得意じゃないんですが、なにせ久しぶりにちゃんと回ってきたドラマなので(笑)早送りも殆どせずにちゃんと見たけれど、チャン・ヒョクがね、もうチャン・ヒョクの変な高笑いとかがない(笑)久しぶりにずっとしぶくてカッコいいキャラが良かったんじゃないですかね。狂気も復讐ものにしてはかなり抑えた演技でしたしね。
抑えた感じでもっと良かったのが彼の内なる気持ちの動きですね。パク・セヨンさんに対する気持ち、弟のようなチャン・スンジョさんへの思い、危険な香りがするイ・ミスクさんへの態度。どれも表に出さない気持ちがふとした瞬間に垣間見えるのが何ともセクシーでした。チャン・ヒョクの復讐ものとか、わりと突き抜けちゃってるキャラクターになることが多かった気がするのね。なんとなく私のイメージだけど。(笑)今回はとにかくその抑えた演技が印象に残りました。
ラストがねぇ、、、(笑)ラストの前の展開でちょっと予想しちゃったわけなんだけど、ああやはり、みたいな、ちょうど「ファッション王」を見た時を思い出してしまいましたよ。(笑)あ、もうこれ書いたらネタバレみたいになっちゃうかなぁ。でも韓ドラってわりと多いよね。そしてとても抽象的な終わり方で、そこは「ホン・ギルドン(カン・ジファンのほう)」を思い出しました。(笑)とりあえず、全体的に面白かったです。




[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-06-14 23:13 | か行 | Trackback | Comments(0)

雑談です。

f0147413_19401997.jpg
「いとしのクム・サウォル」は、序盤の、あまりにひどい人ばかり登場する展開に嫌になってしまい早くも挫折ですww

さて、なんかエキサイトブログがちゃんと続行されるのか怪しくなってきたとユーザーさんが書いていて、うーん、大して更新もしてないけど、今までのデータが消えるのは何だか勿体なくもあり。

でもそれをどこかに移すという大作業に手をつける自信もないし(途中で面倒になる気がする)困った話ですなぁ。

ま、そうなると決まったわけではないけど。他にどこのブログがいいかとか調べたことないから分からないし~。出来ればこのまま置いておけるといいな~

[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-06-09 19:39 | その他もろもろ… | Trackback | Comments(4)

さっそくBSをチェックしてみた

実は見ている途中だった「家族なのにどうして」も21話のあと回ってきていません。(笑)
しかし偶然ですね。BSのDlifeで来週からちょうど21~あたりから放送があるのです。観てみようかしら。

それと普段は見れない有料チャンネルFOXスポーツ&エンターテイメントが、韓ドラを無料で放送してるのですね。
その中で「約束のない恋」は、なんだかおもしろそうです。これも6月18日からだから見れそうですね。
家門の栄光のユン・ジョンヒさんがヒロインなところが惹かれます。男性キャストがイマイチな気もするけど(笑)見てみようかなあ~

そしてこれは完全にBS派の方に後れをとってますが「いとしのクム・サウォル」の再放送があるようです。
これは明後日金曜日からBS11ですね。これもタイミングが良いかもしれません。

BSは、とりあえずタイミングよく観れるのは、こんなところでしょうか。

dTVの配信は、まあ配信が終わらない限りはいつでも見れるし一気に見れるので、見損ねたドラマとかでもあれば見れそうですよね。
そっちはぼちぼちチェックするとしましょう。
懐かしいバラエティ「私たち結婚しました」の古いカップルとかもあったりするんですよ~
でもやはり「3食ごはん」の続きがあったらいいなぁ~

[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-05-31 00:23 | その他もろもろ… | Trackback | Comments(0)

状況が変化

この春くらいから、韓ドラ視聴に大きな変化が起きています。

いつも録画してくれていた方の体調がすぐれないために、めったにドラマが回ってこなくなりました。
逆に最近余裕ができて有難い部分もあったりしますが(笑)何年もずっと見てきたドラマがあまり見れなくなるのは、やはり少し残念。
自分でまたBSとか、最近はdocomoなのでdTVが安いのでDAZNとセットで入っているから、最新は無理だけど、そこそこ見れそうな気はします。

ただ、今までは回ってくるがまま見ていたけれど、自分で見るとなると、どれが面白そうとか自分で調べないとならないww
雑誌とかネットの人気とかチェックしてないから、話題のドラマとかもわからない始末。なので最近あまり見ていません。

そして実は我が家にも変化がありまして、まあ母の具合なんですが、ざっくり書くと韓ドラに興味をしめさなくなってきて、今まで一緒に夜を韓ドラで過ごしてきただけに、これは大きな痛手。一緒に部屋にいる人が同じテレビを見てるのに興味をしめさず、つまらなそうにしてたり居眠りしたりされると、私も集中できず、だんだん別に見なくてもいいか~~な気持ちになってしまうのです。

この二つが重なったために、どうも今後韓ドラをあれこれ新しいものを見る機会は激減しそうな気がします。
ちょうど今年も来月で半年なので、上半期のベスト5かベスト10くらいは書くかもしれませんが、そこから先の更新はどうなるか未定ですね。

貸してくださる方の体調が良くなるのも時間がかかりそうですし、我が家の状況は良くなる気配はどうもありませんから。

ただ、人間長く生きていれば、色んな事が起き、生活する上での優先順位というのも、それによって変わってくるものですよね。
それはつくづく仕方のないことだと思ってます。まだ私は今の状況に慣れないのでストレスありますけど、徐々に慣れなければね。


ちなみに、それとは別に言いたいことは、最近の人気と言われる韓ドラの傾向が私と合わなくなってきていることも大きいですね。
あまりに、、、あ~ま~りにファンタジックなものが多すぎです。歴史ものも現代ものもどちらもです。

もう王道の大作榮や大王世宗とか、わくわくした善徳女王みたいな史劇は見れなくなってきているのでしょうかねぇ。
現代ドラマも、最近だと「家族なのにどうして」とかは面白く観れてましたけど、恨みやイライラを増長させるだけの長いホームドラマか、復讐ドラマ、既婚者のドロドロドラマ、そしてファンタジック要素が必ず入ったドラマばっかりが目に付いて、家門の栄光とかソル薬局の息子たち、笑ってトンヘとか、私の心が聞こえるとか、普通に心温まる50話くらいの面白いドラマにあまり出会えない気がするのは、私の見方とかが変わってきているんでしょうかね?

ケーブルTVが視聴率を集めるようになり、刺激的なものが増えた気がします。面白いドラマもたくさんありますが、ケーブルテレビ制作ドラマは私にとっては諸刃の剣的な感じもあるんですよ。(笑)韓ドラにスマートでわかりづらい内容の話を求めてないからなんでしょうね。私が年を取ったからでしょうか。(笑)

これから韓ドラを見る機会が減るにあたり、一応、ご説明くらいはしないとと思って記事をあげました。
ブログは、そこそこBSで放送されるドラマを見る方が検索とかで見に来てくださってるようなので、内容は古くなるでしょうが削除はしない予定です。

それに別にさようなら、みたいなことでもないつもりです。たまに見て面白いのがあれば、またぼちぼち書くとは思いますけれど、激減するとは思います。
ひとまず、そんなわけで現状報告及び、予定でした。

[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-05-28 23:40 | その他もろもろ… | Trackback | Comments(4)

あなたが眠っている間に

f0147413_23313410.jpg
出演者:イ・ジョンソク、ペ・スジ、チョン・ヘイン、イ・サンヨプ
星評価:4(満点6)
ドラマの種類:ラブロマンス&ファンタジーサスペンス ホームページ

感想:なんといってもキレイコンビ、イ・ジョンソク&スジ。そしてなにげにチョン・ヘインくんは「三銃士」でイケメンだと認識したので、目の保養としてはとってもいいドラマですね。(笑)しかも脚本が「君の声が聞こえる」「ピノキオ」「ドリームハイ」の人で、演出が「ドクターズ」って、私が好きなドラマを並べたでしょ?って感じのスタッフになっちゃってるんだもの~。こんなに並べていいんですか?(笑)嫌でも期待は高まりました。(笑)
しかし、唯一の不安はまたしてもファンタジー要素。時間を超えるわけではないけど、未来に起きる特定の人に関する夢を見るという人間が3人集まるありえない設定。ん~、途中の感想でも書いたけど、まあでも結局「君の声が聞こえる」でも心の声が分かったり、「ピノキオ」でも嘘をつくとしゃっくりが出る、なんていう突飛な設定がキーポイントとなるわけで、それと同じと言えば同じなんだけど、未来に起きることが分かるっていうのが、ここのところ色んなドラマで使われてる設定なので(方法が違うだけで)もうそれいいんじゃないの?っていう気持ちもあるわけですよ。ただ見てしまうと、まあさすがにこの脚本家さんはちゃんと作ってあるせいか、そこまで「またか」という感じにはならなかったです。その代わり、私的にはラスト近くの納め方があまり気持ちよくなかったなぁ…。ぶっちゃけ、イ・サンヨプさんの役どころですね。彼は確かに終始悪徳弁護士だったけれど、序盤で検察をやり込めたシーンでは、勝訴は検察の怠慢が招いた結果だ、と詰め寄って、あれは彼の良心が垣間見れる部分を作ったエピソードだっただけに、せっかくのエピソードをもったいないな~と。うん、なんかそこまで狂気にかられる風にしなくてもいいんじゃぁ~って。まあ個人的にね。あれでスッキリしたと思う方もいるかもしれないんでそこは好みですが。あと、精神的に追い詰められて感情を爆発させるジョンソクくん&ともに苦しむスジちゃんの演技に、もうひとつ入り込めなかったのもある。なんでしょうね、状況と感情がうまく合ってない感じというか、表現力が足りないと思うべきなのか。ちょっと残念がな感じも。ちょうど同時進行で「愛の温度」を見ていただけに、ドラマへの感情移入の度合いがかなり終盤差が開いてしまったんですよね、私の中で。ただストーリーは面白かったので、そこまで厳しく言うほどのことでもないんですけどね。(笑)でも正直やはりああいうシーンで見てる側が泣けない、共鳴できないのは残念かな。そしてそして細マッチョが好きな私には、このドラマのジョンソクくんは肉が付きすぎですwwもっとスッキリしてほしいwwネガティブな感想になっちゃいましたけど、普通に面白かったんですよ、ストーリーは。(笑)

[PR]
# by himeka_kisaragi | 2018-03-17 00:01 | あ行 | Trackback | Comments(0)

「宮」以降に見たドラマの感想のみで、それ以前に見たドラマについては、今のところ書いてありません。記事にないドラマについてコメントをくださる場合はカテゴリー「新フリーコメント」の記事にお願いします。※「フリーコメント」はコメントが増えすぎたので変えました


by himeka_kisaragi
プロフィールを見る
画像一覧