タグ:ヨン・ジョンフン ( 3 ) タグの人気記事

f0147413_23092797.jpg出演:チュ・ジフン、スエ、ヨン・ジョンフン、ユ・イニョン

2015年、SBS、全20話。
「宮 ~Love in Palace」「魔王」のチュ・ジフン2年ぶりとなる主演ドラマ!
チュ・ジフン扮するチェ・ミヌは神経質でクールな御曹司。しかし、ヒロインと恋に落ち、少しずつ心温かい性格へと変わっていく。そのロマンチックな姿に、韓国ではチェ・ミヌファンが続出し、大きな話題に!ヒロインには「野王〜愛と欲望の果て~」の演技派女優スエ。まったく相反する1人2役のキャラクターを上手く演じ分けている。日本でも人気を誇るINFINITEの“演技ドル”ホヤも出演。
韓国で同時間帯視聴率1位を獲得した話題作。巨大な邸宅を舞台に、4人の男女をとりまく競闘や陰謀、復讐、ミステリー…「秘密」の脚本家チェ・ホチョルが描く、繊細でロマンチックなラブサスペンスドラマ。

<感想>

なにより、チュ・ジフンくんの髪形が久しぶりにまともだ、というのが最初の感想でした。(笑)
そして私の苦手女優スエの役はなんとそっくりな二人の女性という役どころ。普通だとこれは、昔生き分かれた姉妹だったということになるのが韓ドラセオリーなのだけど(片方が金持ち、片方が貧乏だし、これも…笑)これはなんとドッペルゲンガーという強引な関係になってました。(笑)なので、この二人が出会った時に、先に気づいたほうが先に死ぬ、という、ちょっと都市伝説的な設定が最初のキーポイントになっていましたよ。
それでもスタッフも「秘密」の脚本家さんだったりするので、ストーリーも良く出来ていて結構面白かった。ヨン・ジョンフンさんが生粋の悪役というのも目新しいところかも。ストーカーのように酷く病んだ男でした。(笑)
もう一度観たいとかそういう気持ちにはなれないけど、サスペンスドラマとしてはなかなか面白かったです。しかしチュ・ジフンくんは、やっぱり何だろう、舌足らずなのかただ滑舌が悪いのか、そのせいでなのか分からないけど、どうもセリフ回しが下手に感じる。でもけっこう一途でシンくんみたいな可愛カッコいい役どころでしたよ。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_23001285.jpg
内容は何も知らないけど、このメンバーからいって、そしてこのタイトルの感じからいって、絶対に蒼のピアニスト以上のドロドロに違いないと思って敬遠していたのに、いつの間にか私のもとへ。(笑)いつもの方が、今一気放送してるみたいで、次々と回ってくるんです~。観るしかない、ジフンくんだしねww

出だし、いきなりすごいシーンからだったけど、私の嫌いな(笑)スエが死にかけてますが、この段階で主演が死ぬわけないと思ってるんで、ちょっと引き込まれました。

そしていきなり2日前にさかのぼったとたん、ジフンくんが登場するわけですが、この奇妙な設定はいったいww
妄想癖?潔癖症?あ~~「大丈夫愛だ」の彼みたいな統合失調症?見た目はめっちゃカッコいいのに、妙なものが見える精神を病んだ人のようだけど、描き方がすごくコミカル・・・。(笑)

スエも、いつもプライドの高い、男を振り回す気が強い出来る女ではなく、貧乏だけど野心など持ってない一生懸命働いてお金をかせいでる女性。ただお金に困っていて、そのことで頭はいっぱいの、ちょっと抜けた女です。あれ、なんか珍しい役。ひょっとして「野王」で、出演断ったのに出ることになったから、イメージ回復のために、可愛い役柄を求めたのかしら。(笑)なんかちょっと間抜けな可愛い女性ですよ。

話は、ありえないでしょ、っていう韓ドラらしいものだけど、ちょっと毛色の違う感じがします。

彼女は同じ顔をした女性と出会い、普通ならこれは行き分かれの双子?って思うけど、ドラマではドッペルゲンガーとなっています。(笑)そんなん有り?(笑)

ヨン・ジョンフンさんがかなりの悪役だとか。あり得ないくらい悪役とかって。(笑)「野王」のスエもあり得ないくらい悪役だったけど・・・(笑)

そんな中、ジフンくんの変てこりんな設定は、何だか一服の清涼剤になるかもしれません。(笑)いや、本当はお母さんが死んだ時の心の傷が関係してるようなので、可哀想なはずなんだけどもね。(笑)

[PR]
f0147413_2343538.jpg出演:ハン・ジヘ、ヨン・ジョンフン、イ・テソン、キム・ヒョンジュン(マンネ)、パク・ソジュン

2013年、MBC、全50話。
最高視聴率22%を記録した最新話題作。
夢に向かって頑張るヒロインが、ある日、財閥一家の嫁を代行契約!?
上流層を熱望して生きていく中流層の虚勢と実情を風刺的に描きながら、結婚と家庭の意味を問うヒューマンドラマでもありつつ、“本当の宝物とはなにか”を教えてくれるサクセスラブストーリー。
一人二役を演じるハン・ジヘの熱演が光る。露天商をしている明朗快活な「モンヒ」と財閥家の嫁でありながら幸せではない「ユナ」。相反する2人のキャラクターを完璧に演じている。


<感想>

BSJAPANで観ました。
例によって何も知らず、ハン・ジヘさんとヨン・ジョンフンさんが出て、SSのマンネ・ヒョンジュンも出るんだな~というくらいの認識で見始めたのですが、出だしはけっこう面白くて、毎日放送があったんですが、そんなにストレスなく(笑)見れていました。しかし、まあこういうドラマはストレスなく見続けられるはずはないんですよね。(笑)
なんていうか、題材とタイトルに「お金」となってるだけに、すごく浅ましい感じのお母さんに苛立ちさえ覚えたり、正妻が出て行ったあとの家をお妾さんが仕切っているお金持ちの家も、後継ぎ問題がえげつなくて(笑)最後の方は腹立たしく毎日見ていました。(笑)
とはいえ、腹立たしいのは親ばかり(または嫁)で、主人公たちはお金より愛、という人ばっかりで、良い子たちなのだけど、そこは韓国、親には逆らえない国ですから、振り回されて、またイライラが募るという。(笑)
とにかく、イライラしました。こういうドラマらしいイライラ度です。でも、最後の3話くらいって、まったく必要ないんじゃないか、と思える内容で、人気で延長したわけでもないのに、なんでこんなに最後のほうは話に中身がないんだろう~、と不思議でした。2~3話早く終わっても全く問題ない最後でした。
ホームドラマ系のラブエッセンスなんかも交えたイライラドラマが好きな人にはお勧めかもしれません。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]