タグ:ユ・アイン ( 14 ) タグの人気記事

f0147413_21495055.jpg出演: ユ・アイン、シン・セギョン、キム・ミョンミン、ピョン・ヨハン、ユン・ギュンサン、チョン・ホジン

『2015SBS演技大賞』最優秀演技賞(ユ・アイン)、優秀演技賞(ピョン・ヨハン、シン・セギョン)余技大賞(ユ・アイン、パク・ヒョックォン)、ベストカップル賞(ユ・アイン&シン・セギョン)、特別演技賞(パク・ヒョックォン)、10大スター賞(ユ・アイン、シン・セギョン)、ニュースター賞(ユン・ギュンサン、ピョン・ヨハン、コン・スンヨン)受賞。
朝鮮王朝の歴史が、今、幕を開ける! 腐敗した高麗に革命を起こし、新たな理想国家を建てるため立ち上がった6人の生き様を描くエンターテインメント時代劇。舞台となるのは『大風水』『鄭道伝』など数多くのドラマで描かれてきた高麗滅亡~朝鮮建国という激動の時代。開国の祖イ・ソンゲ、その立役者チョン・ドジョン、のちに3代王・太宗となるイ・バンウォンという実在の人物に、個性豊かな想像上のキャラクターを加え、朝鮮建国の歴史を壮大なスケールで描く。人気時代劇『根の深い木』の演出家&脚本家が再びタッグを組み、史実とフィクションを絶妙に織り交ぜた一級の娯楽作に仕上げている。主人公のイ・バンウォン役を演じるユ・アインは『トキメキ☆成均館スキャンダル』『チャン・オクチョン』など時代劇でも定評のある若手実力派。相手役となるプニに扮するシン・セギョンも『根の深い木』で物語の鍵を握るソイ役を好演し、時代劇との相性のよさは証明済みだ。偶然に出会ったふたりの愛の行方からも目が離せない。また、チョン・ドジョン役の“カリスマ”キム・ミョンミンをはじめ、ベテラン陣が作品を支える。そして、人気急上昇中のピョン・ヨハン、『君を愛した時間』でピアニストのソフ役を好演したユン・ギュンサンら、魅力的なキャラクターを瑞々しく演じる新鋭俳優たちにも注目したい。

<感想>
珍しく始まる前から注目していたドラマで、後付けでSBS大賞などを総ざらいしたことを知ったのですが、観てみてなるほど納得です。そんじょそこらの史劇ではたちうち出来ない演技、配役、演出、脚本だと思いました。ええ、もう大絶賛です。ニュースターともいえるピョン・ヨハンさんもご多分にもれず超カッコ良かったです。でもブレイクした「未生」を見てないのだけど、画像だけ観るとこちらのイ・バンジ役のほうが数百倍カッコよく見えるのは、私が未生を見てないからなのか、それとも史劇は3倍カッコよく見えるお約束だからなのか。(笑)
でも私がこのドラマについて言いたいことは、そういう私の心に湧いたミーハー心の話ではなく(笑)純粋にこのドラマの出来に心酔したことだったりするのです。録画してくれたのをお借りしてる身としては何度も見る時間もなく、観たらすぐ返すため、分かってないというか、難しい場面とかもあるので、出来る事ならもう一度観たいドラマですが、それにしてもこのドラマのキャラクターがブレない普遍性、そしてセリフの最初から終わりまでの整合性、ま、つまりはつじつまが見事に合っていることに感服。普通の事のようでありながら、韓ドラにおいてそれは普通のことではなく、視聴者の意向が反映されて途中でキャラや方向性が変わっていくなんてことは、よくあるんですが、50話という長い話の中で見事に筋が通っていて、本当に素晴らしかったです。脚本はこのドラマの時代の後を描いた「根の深い木」の方だそうですが、あれもそういえば難しかった・・・。今となってはもう一度観返したくなります。レンタルしちゃおうかなぁ。まあするかしないかは置いておいても、そう思わせるこのドラマでした。同じくこのドラマの後を描いた大作であり、私の星評価満点ドラマ「大王世宗」も、本当に脚本と演出が素晴らしかったので、この時代を描いているドラマは制作スタッフに恵まれているのかもしれません。(笑)とはいえ、ちょっと前の「シンドン」や「龍の涙」は観てないのですが、特に「龍の涙」は長いけれど史劇好きな方には人気が高いドラマでしたよね。ああ、感想が横道にそれてしまいました。(笑)
悪名高い朝鮮王朝3代目の王になったイ・バンウォン、ともに開国にかかわったチョン・ドジョン、配役が本当に素晴らしいです。バンウォンのユ・アインくんの熱演、純粋に開国に関わりたいと願う青年が変わっていく様はスリリングだし、ユ・アインくん自身、癖のある役柄を演じてきている俳優さんなのでまさにジャストフィット。チョン・ドジョンのキム・ミョンミンさんもさすがとしか言えない演技だし、何気にいつもわき役なのに印象的なチョン・ノミンさんは、今回もホン・インバンという悪役を演じていて、なんだかんだ主演のバンウォンにもっとも影響を与えた人物なので美味しい役を怪演していました。ドラマ「ピノキオ」で強烈に印象的だったユン・ギュンサンも、ムヒュル役が何とも意外な展開で変化していくキャラだったので、またしても印象的で美味しい役。人気はピョン・ヨハンさんのほうが出たかもしれませんが、役柄としては相当すごい役です!ファンの方必見ですね。
あまりに好きで、いつまでも感想が終わりませんが、総括として、この時代に馴染みがない人にとっては、実は少し難しい部分があるかもしれません。宮中の役職名とかも朝鮮王朝時代と違いますし、専門用語もバンバン出てきますし、当時の高麗~朝鮮の周りの国の勢力図とかも多少頭にないと「???」となる場面もあったりします。
でもそういうのは、その時に分からなくても、サラッと流して先に進んでいくと、だんだん雰囲気で分かってくるようになっていくので、史劇好きな方はあまり気にせず、敷居を低くして、ぜひご覧ください。
細かい感想は、またこれからカテゴリ「六龍が飛ぶ」に書き足してしまうかもしれません。(笑)私がどのへんがツボだったのかとか、書かずにはいられない。すでに何回か書いていますが、ネタばれ全開で。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆


[PR]
f0147413_21495055.jpg
いや~~もう本当にめちゃめちゃ面白いっす。
キャラクター設定が素晴らしくて、ゆえにセリフにも説得力がある。素晴らしい!

後に時代を変えて、国をおこしたイ・ソンゲ将軍とイ・バンウォンが、時にものすごい策士である三蜂先生の予想を超える発想と行動力を見せた時、奇跡が奇跡ではなく必然のように時代が動いていくのがすごく面白い。

時代の終わりと始まりといえば、私が満点をつけた「大祚榮」もそうでした。乱世は日本の明治維新もそうだけど、時代が変わる時がやっぱり本当にドラマティックですね。

そして更に、すでに有名であるイ・バンウォンの善悪入り混じったキャラが、そこにアクセントとなってます。
とても頭が良く、洞察力に優れて、人を見る力があるバンウォン。拷問を受けてる時に、父が戦で亡くなったという嘘をつかれた時にも、誰よりも父という人を理解しているからこそ、それが嘘であるという事を見抜くシーンはゾクゾクするほど面白かった。

三蜂先生が、そのバンウォンの才能を見抜いて、でも爆豆と称して、危険なものも同時に持ち合わせていることを知りつつ、自分の元に置くことを決めたところで続くなのですが、おそらくは今の段階では彼を何とか制御してうまく育てれば、イ・ソンゲ将軍の後を継ぐ器になれると思ったのかな~と想像。よもや有名なやり方でそうなることになるとは、さすがの三蜂先生もこの時には想像もつかなかったのではないかしら。(笑)

そのバンウォンの父であり、後の李氏朝鮮王朝時代の太祖イ・ソンゲ将軍もまた、カッコいい一面を見せました。
バンウォンにして「山のように動かない」意志。それが息子の危機で、子を思う親の立場がその山を動かす動機となるとは素敵。そして動くからには利害が一致した三蜂先生と組んで政治に参加する、その行動力!カッコいい!

どうやらしばらくはイ・ソンゲはまだ王にならずに、そこまでの色々を引っ張るらしいですが、それもまた面白そうです。それにどこまで描くか分からないけど、そこからバンウォンが非道の人へと変わっていくのが歴史ですからねぇ・・・。でもきっとユ・アインくんなら相当リアルに演じそう・・・。(笑)

しかしピョン・ヨハンさんは、まだ直接この親子や三蜂先生と深くは関わっていないせいで出番が多くはないですが、たまに出るシーンのカッコいいことったらwwこのピョン・ヨハンさんのカッコ良さというのは、上記に書いたイ・バンウォンやイ・ソンゲのように言動がカッコ良いのとは違い、本当に普通にキャラがカッコいいww

あと妙に笑える悪人(?)キル・テミも、剣をとらせると異様に強くて、そのアンバランス具合がGood!!でもなんでこんなヘンテコなキャラ設定にしたんだろう~と、そこは謎です。しかも双子だし。(笑)

こんなに充実感ある史劇、久々だわ~~。続きも楽しみです。




[PR]
f0147413_00411409.jpg
いきなり、面白い~~~!!

時代は高麗末期、李氏朝鮮王朝時代へと移り行く激動の舞台。
ユ・アインくんが有名なイ・バンウォンを演じるのですが、若いイ・バンウォン。どこまで描くのかな。

この舞台は有名ではあるけど、実はそんなに私は見たことがなくて、どちらかというと世宗大王の時代を描く時に、過去も一緒に出てくる話っていう程度の知識なので、今回ガッツリ観れそうなのも嬉しい。

しかもキャストが豪華だな~。2話でキム・ミョンミンさんには、いきなり泣かされたっすよ~~~
ユ・アインくんも、わりと最近悪役とかひねくれた役とか多かったけど、久しぶりに爽やかな役。(笑)とはいえ、なにせ演じるのはイ・バンウォンですから、だんだん変わっていくのだろうなぁ~。ちょっと切ない。

ヒロインはすっかりおなじみ、シン・セギョンちゃん。あの「ファッション王」以来の共演かしら。(笑)
ユ・アインくん、いい感じです。とても好感が持てます。しかし周りもすごくいい。最近の注目株が揃っているようで、ユン・ギュンサン、ピョン・ヨハンあたりはすご~く美味しい役だと思うな。特にピョン・ヨハンさん、私は「ミセン」を見てないので知らなかったけど、めっちゃカッコいいやん。役どころとか。ナニモノ?(笑)

で、六龍とは、イ・ソンゲ、イ・バンウォン、チョン・ドジョン、プニ、イ・バンジ、ムヒュルの6人なのね。
すごいワクワクするドラマなのよ~。しかも20話とかじゃなく、がっつり50話あるって嬉しいねぇ~。


[PR]
いや~、ある意味どんな終わり方をするのか、ちょっと楽しみでしたよ。(笑)
なんでかって、観た人がちゃぶ台をひっくり返したくなる、っていうラストだと聞いていたので。(笑)

以下、ネタばれ全開ですよ~。
いちおう、more機能を使いますね。

More
[PR]
f0147413_2392379.jpg毎日、暑いですねぇ~。
でも新潟は西日本とか関東とかに比べれば、まだけっこうマシなんですけどね。でも、暑い・・・。

という話とは関係なく(笑)BS11で始まった「ファッション王」を観ています。
やはり毎日放送だと、ドラマに入り込みやすいですね。それに、こういう成り上がりものって、見やすいというか、分かりやすいというか、すっかり韓ドラパターンが見やすいと思うようになったんでしょうね。(笑)

ただ、それにハマるかどうかっていうのは、まったく別の問題ですけどね~。
事実、成スではかなり好きだったユ・アインですが(必殺チルでも、けっこう好きだった)この主人公とも言えるキャラの彼は、あまり私好みのタイプではありません~。主役のひとりがあまり好きになれないとなると、まずハマる要素は格段に減りますね。多分、それなりにイライラしながらも面白く観ると思いますが、ハマらない予感がします。(笑)

ただ、主演の相手役とも言えるシン・セギョンちゃんは、好きです。「根の深い木」でも良かったけど、この役もなかなか可愛らしく、賢い。おバカな男性陣より、女性陣のほうが輝いているかもしれませんね。

ところが、すでに観終わっている他の方のをサラッと読むと、どうやらその女性陣もいまいち、終わり方は唖然呆然(?)で、かなり終盤から終わりにかけての評判が良くないみたいですね。賢いセギョンちゃんも、二人の男を振り回す中身のない女みたいに変貌していくみたいで・・・。どうやら焦点が、私が今感じているドラマの方向(サクセスストーリー)から、違う方向(泥沼恋愛もの)へと変わってしまうせいみたいですね。

脚本がバリ出来のかただとか?私、あの人気ドラマ、まったく合わなかったんですよ。
というか、けっこうリタイアを知らない韓ドラ視聴初期のころに、何度も10話くらいまでいっては挫折して、とうとう諦めた過去があるんですよ。(笑)破滅型のドラマは嫌いではない私ですが、どうしてもあれは無理だったみたい。もしもまた観返すとすると4回目になるんですが(笑)今なら観れるのかしら・・・。(笑)

というわけで、まあ短いドラマだし(20話)毎日放送なので、あっという間に終わるでしょうから、この「ファッション王」は挫折することはないと思うけど、果たして自分の感想がどうなるか、ちょっと興味あります。(笑)

なにせ、過去にも評判の悪いドラマを評価したり、良いドラマがダメだったりしたこと多数なので・・・。
でも、主人公がダメだと、たぶん高評価になることはないとは思うんですけどね。(笑)
[PR]
f0147413_23531491.jpg出演:ユチョン、パク・ミニョン、ユ・アイン、ソン・ジュンギ

2010年、KBS、全20話。
韓国中が彼らに恋をした。2010年KBS演技大賞最多受賞獲得!
女子禁制の名門校「成均館(ソンギュンガン)」に入学した男装ヒロインとイケメンエリートたちが繰り広げる恋と友情の胸キュン・ラブストーリー。そしてJYJこと、ジェジュン、ユチョン、ジュンスが歌う主題歌「見つけた(チャンジャッタ)」をはじめとした挿入曲も物語を盛り上げる。
原作:チョン・ウングォル、小説「成均館儒生たちの日々」/「奎章閣閣臣たちの日々」、脚本:キム・テヒ「偉大な遺産」「大王世宗(テワンセジョン)」、演出:キム・ウォンソク「大王世宗(テワンセジョン)」「パートナー」「シンデレラのお姉さん」


感想
BS JAPANで放送中のこのドラマ、一足先にDVDで見終わりました!すごい面白かった~~vv
ユチョンやユ・アインくんが出ているけど、すご~く期待して見たわけではなかったんですよ。例によって、他の方の感想とかもそんなにチェックせず、内容もあまりチェックせず観たので。(笑)そしたら、ヒロインは可愛いし、ユチョンはカッコいいし、アインくんは切ないし、ジュンギくんは愛すべキャラだしで、すごく楽しかった。
時代はイ・サンが王様のころ。イ・サンの片腕はホン・グギョンではなく、そのあとに出てきたチョン・ヤギョン。
イ・サンの時代が終わりに近い頃ですね~。華城遷都を実現させようとしていたあたりで、そのへんの流れはドラマ「イ・サン」で観ていたので、サド世子のこととか、時代背景とかも分かりやすくて良かったです~vv
今、この記事を書くにあたって調べたら、な~んとこのスタッフ、私が大感動した「大王世宗」のスタッフではないですか!!そこに原作まであるわけで、ちゃんと作ってあるのも当然という感じですね。なるほど納得です。
とにかく原作があるものって、キャラクターもストーリーもブレないんですよね。セリフもいいし。
私がもっともダメなのは、ストーリー展開を重視するあまり、展開によってキャラクターが変わってしまったりすることなんです。そんなことあるの?って普通は思うかもしれないけど、韓ドラって長いせいか、意外によくあるんですよね。どうしてもストーリーをこうしたい、こうだったけどこうしたほうが盛り上がる、みたいな脚本変更によって、キャラクターが変わってしまうんですよね。でも原作があると、途中で話の方向が変わったりすることもないし、キャラクターも原作者がきちんと考えているから、そういうことがないところがいいです~。
ただ、終盤ちょっと展開が読めた部分があって、まあ大団円ですから、ある程度予想が当たるのは仕方がないところではあると思うんですが、そのせいで少しだけスリルが足りなかったかな~と感じました。
なので本当は星評価満点と考えていたんですが、マイナス0.5って感じかな。(笑)
途中の私の叫び(笑)や感想は、カテゴリ「トキメキ☆成均館スキャンダル」をご覧くださ~い。ただしネタばれ、ありますので、ご注意を。
胸キュンで、イケメンたくさん出てきて、ストーリーも面白いですvv史劇が苦手な人でもイケると思います♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆-0.5
[PR]
やんわりとネタばれが、あちこちにあります。(笑)

f0147413_23383260.jpg思わず、ユチョンはまた次のドラマは決まっているのだろうか?と検索しちゃいました。(笑)そしたら、もう決まっていたんですね~。やっぱり、もともとネームバリューがあるのに、このドラマでの演技で他のお誘いがないはずないですね♪しかし次はベタなメロドラマらしいので、どうなんだろう~~と少しだけ心配ですが。(笑)

ま、それはさておき、17話までと書きましたが、実は18話の半分くらいまで観たんです。コロも切ないですが、ソンジュン・・・・切ないじゃないですかーーーー;;でも、そんな時でもめっちゃ潔い態度で、ウジウジせずに、父と対立してでも愛と友情を守る決意がカッコいいです~vv
ユニとソンジュン、家柄だけでなく、派閥や親同士の関係までもが二人の障害で、これでどうやって終わるんだろう~~~と心配になっちゃいます。きっときっとハッピーエンドだと信じてるんですが(笑)そうなるには、あまりに大きい障害がたくさん・・・;;かといって、この障害が簡単に片付いてしまうと、あまりにご都合主義になっちゃいそうなので、納得できる形でのハッピーエンドを望むとなると、どうなるのか想像がつきません~;;

f0147413_01325.jpg私のささやかな希望として、出来ればチャンイも含めて、死人だけは出さないでほしいんですよねぇ…
いや、親たちは別ですよ。(笑)じいさんたちはいいんですが、成均館のみんなは、チョン・ヤギョンを含めて、みんな無事で終わりを迎えてほしい~~。特にコロ・・・・。既に失恋しているようなものですが(笑)幸せとはならずとも、苦しみから解放されるラストだといいなぁ・・・。ヨンハと幸せな余生を・・・(笑)はい、そんなことにはならない、ならない。(笑)でも絶対、このドラマの裏設定って、ヨンハはコロにマジですよね。(笑)そして、それをコロも知ってるという・・・なにやら腐女子的な二人の関係が見える気がするのは、私だけではないはず。(笑)ヨンハはコロへの気持ちをカモフラージュするために、いつも女性をはべらせている、というのは間違いないと勝手に思っています。(笑)この画像のコロ、むっちゃイイわ~vv
あ、それにチョソンの行く末も心配ですね~。チョソンだけは(爺さん以外)命の保証はない感じの予感が。ま、成均館の学生ではないので、死なないでほしいメンバーには入れていないからいいですが。(笑)


さて、真面目に今後ですが(笑)「イ・サン」で、華城遷都は叶わなかったことは分かっているので、これから終盤、サド世子の名誉回復とか、ノロンの爺さんたちの派閥とか、もろもろに巻き込まれていく成均館の学生たちどうなっていくのか楽しみです。

今、ソンジュンとユニは親の関係を知ったばかりでぎこちない最中ですが、ソンジュンがあまりに直球勝負でユニと相対するので、案外ユニは早くにソンジュンを再び受け入れるような気がするんだよなぁ~vvあんまり酷くはこじれないような予感。私の希望でもあるけど。本当に、イイヤツだ・・・ソンジュン・・・(^_^;)
[PR]
うきゃ、うきゃ、うきゃーっ!!016.gif053.gif

物語も面白いんだけど、そして、セリフがいちいちイイんだけど、やっぱこのドラマの魅力はナムジャ!(笑)

いつもならコロにコロ~ッと(………)ヤラれている二番手キャラなのに、今回、強烈に私を引きつける主役ナムジャ、ユチョーーーン!!

彼の何がいいのか?・・・・目、ではないかい?013.gif053.gif
ユチョンの色っぽい視線がユンシク(ユニ)を見つめる時、むちゃむちゃ萌えるんですけどーーっ!?
ていうか、上手いよね、ユチョン。とても初めての演技とは思えない。
私的には、ユチョンはもともと色っぽいキャラの人なので、素でもこんな?とか思ったりもするけど。(笑)
でも戸惑いとか、細かい心の動きとか、目で上手く表現してるな~って。ほら、クールなキャラだから、表情はそんなに変わらないのよね。でもちゃんと気持ちが伝わるのよ。

ユンシク(ユニ)から、ここを卒業しても忘れない、って言われて、ニタァ~って喜ぶんだけど(笑)直後に、それはユチョンだけに言われた言葉じゃなくて、同室の人ひとくくりで言われた事が分かってガッカリ、みたいな、瞬時の心の動きとかが、すごく上手に伝わってくるんだよね~~。本当、こんなに上手いとは意外でした。

いやん、もう、離島での雰囲気なんて、こっそりチューしろ~、って思ったけど、まだ我慢、我慢、って、己を律するとこが、また萌えでして。(笑)今から、耐えられなくなった彼がチューするのが楽しみ。(笑)
でも、きっとチューは、ユンシクが女だと分かってからなんだろうなぁ~、と予想する私。どうかしら?
彼は道理、倫理に厳しい人なので(笑)男だと思ってるうちは、ギリギリ耐えるのではないか、と。(笑)

問題はいつ、どういう形で知るのかってことよね~~。(*^^)v

コロも超可愛いんですけども、そして魅力的なんですけども、今回は私、正統派で主役LOVEのようです!
「美男ですね」「太王四神記」「チェオクの剣」「オーバー・ザ・レインボー」「プラハの恋人」などで二番手萌えが得意な私だったんですが、今回は見事に主演ナムジャにストライクでした。(^_^;)

花の四人集、まあ、実際はナムジャ3人ですが、三人三様に魅力的で、それが超楽しいです。(笑)
ドラマ観るまで、そんなに期待してなかったんだけど、終わりまで非常に楽しみで~すvv
[PR]
うっきゃ~(← またかい?)037.gif053.gif

トキメキますね~。間違いなく、このドラマ、私の好きな感じです。(笑)
キャラクターが男女ともに、みんな私のツボをつきまくっている上、セリフもすごくいいし、展開も面白い!やっぱり原作があると違うなぁ~。ブレがないっていうか。

ただ、男装した女の子が有名なキーセンに気に入られるという設定は、ちょっと「風の絵師」に似過ぎているのが気になりました。「風の絵師」も、たしかイ・サンの時代じゃなかったでしょうか。違ったっけ?ただイ・サンの右腕がチョン・ヤギョンではなく、それより少し前のホン・グギョンだったかも・・・。

しかし、それ以外は、ありがち風なキャラクターの人間関係ではあるものの、どの人も非常にツボッ!(笑)

f0147413_23293942.jpgf0147413_2330981.jpgf0147413_23303125.jpgf0147413_2332445.jpg

ユチョンは、主演にありがちな正義感あふれる高官の息子。私はちょっと捻くれたところがあって、正義を無下に振りかざす頑固者は、特に主演だった場合、すごく反感をもったりすることがよくあるんです。(笑)
でも、自分でどこが違うのか分からないけど、ユチョンのソンジュンはすごく好き!(笑)こういうキャラって、私にとっては紙一重なんだな~と分かりました。ユチョンがもともと好きだから、ということも影響してるかもしれないけど、それでも純粋にこのソンジュンという役は好きなキャラです!しかも、かなり好き好き!(笑)

主演をこれくらい好きなのに、ヒロインのパク・ミニョンちゃんのユニがまた、めっちゃ可愛くて大好きー016.gifとにかく最初からまったく気に入らない部分がなく(笑)顔も可愛くて、嫌なところがまったくない~!(笑)こんだけヒロイン好きになれたら、ユチョンとの仲も応援しやすくていいわ~~vv自分が楽。(笑)
ここだけの話(嘘)、イケメンですね、でも、脇役に入れ込んでしまって、グンちゃんも好きだけど、主演カップルを応援出来なかったことが、私の中ですごく残念な部分になっているので、このドラマはその二の舞にはならなさそうなところが、また嬉しい部分です~~(*^_^*)

そして、だからといって二番手に惹かれないということでは全くなく(笑)、ユ・アインくんのコロも、これまた私の二番手のツボを突きまくっているんです~~。もともと気になる俳優さんだったアインくん、最初は線の細い印象だったけど、必殺チルと、この成均館ですっかりイメチェン。特にこのコロは、体格もガッチリして見えるし(鍛えた?)ワイルドで、見守り系で、ユチョンに対しても正々堂々で、ちょっと捻くれてるけど、家族関係で傷を持ってる感じとか、モロ好みの設定です。(笑)主演カップルを応援しつつ、コロとの関係も気になりそうでワクワク~~vv

更に更に、脇からチャチャを入れるソン・ジュンギくんのヨンハがまた、頭の切れる男で魅力的~~~vv
彼もなんか訳有りな感じなんですよね~~。あとで絶対隠れエピソードとかありそうな雰囲気が~~vv
直接恋愛に絡んだりとかはしなさそうだけど、ユニの秘密を知った後に味方をしてくれそうな予感~vv

ちなみにドラ息子たちの親はみんな高官だけど、一番偉いのがソンジュンの親父の左議政、二番目が成均館チャンイのインスの親父の兵判で、三番目がコロの親父さんな感じかな?
陰謀渦巻く朝廷のいろいろは、朝鮮王朝時代モノの基本ですから(笑)それがどうやら、ヒロインのお父さんが関係しているようなので、これからますます楽しみです~~vv

よくよく考えると、全部どこかで聞いたような設定や展開ではあるのだけど、セリフとかすごくいいし、色んなドラマのいいとこどりだとしても、ドラマ自体がうまくまとまっている感じがするので、それも気になりませ~ん!

見終わるまで、しばらく楽しめそうで嬉しいで~すvv
(最近、面白いドラマに出会えて、それが続くので、嬉しいです~)
[PR]
f0147413_23284956.jpg「検事プリンセス」を見終わり、何を観ようかな~~と、またしても悩んだのですが、メリにいく可能性がかなり高かったけど、結局手に取ったのはこれでした。(笑)なんでかなぁ~~。ちょっと史劇が懐かしかったのかも?違うかな?(笑)

最近の私のパターンで、事前情報を殆ど入れずに観る、という感じなんですが、このドラマも、フュージョン史劇であることと、韓国で人気があったことと、主演がユチョンであることくらいは分かっていましたが、詳しい話はまったく分かりませんでした。

見始めてみて、すんげ~~~~目の保養ドラマ。(笑)イケメンばっかり登場するじゃないですか!!
私にとっては「美男ですね」より、こっちのほうがイケメンの数が多いと思えるくらいですよ。(笑)

そもそも、ユチョン、好き。(笑)そして…ユ・アインくん、最初はそんなにいいと思ってなかったんだけど、「必殺最強チル」を観て以来、あの役がツボだったこともあるし、この子ってめっちゃ顔小さくてスタイルいい~!と思ってから気になる存在に・・・。他にもソン・ジュンギくん、この子も最初はどうとも思ってなかったけど、あちこちで見かけるようになって、結果気になる存在に・・・(笑)

それにヒロインのパク・ミニョンちゃん、可愛い~~053.gif出演作を見ると、どれも未見なので、多分私はお初だと思うのですが、本当に可愛い女の子ですね072.gif

お話ですが、簡単に言えば、「花ざかりの君たちへ~イケメン・パラダイス」というドラマが(マンガ原作だけど、私はマンガ読んでないんで)あったけど、あれの舞台を朝鮮王朝時代にした韓国版みたいな感じがします。

でもイケメンがこれでもか、これでもかと出てくるっぽくて、どれもけっこう好きな男優さんばかりなので、それだけでも、なんか楽しくなってくるというのが正直なところ・・・(笑)

時代背景は、あれは王様がイ・サンですね。チョン・ヤギョンが出てきたってことは。
そこも、見終わったばっかりのドラマと同じ時代だから、親しみがあるかもしれないです~。
いまBSJAPANのホームページ観たら、やはりこの時代の出来事、思悼世子(サドセジャ)の死の真相が、ここでもストーリーに関わってくるみたいですから、背景しってるし分かりやすく見れそう~vv

それにユチョンの父がキム・ガプスさんだったり、ヒロイン、パク・ミニョンちゃんに目を付ける兵判大監がチョン・テスさんだったり、他にも脇役のおっさんたちがお馴染みで嬉しくなっちゃいます~vv

これからも楽しめそうな気がします037.gif053.gif
[PR]