タグ:ユン・ウネ ( 8 ) タグの人気記事

f0147413_21451042.jpg出演:カン・ジファン、ユン・ウネ、チョ・ユニ、ソンジュン、ホン・スヒョン、リュ・スンス、クォン・セイン

2011年、SBS、全16話。
「快刀ホン・ギルドン」「コーヒーハウス」のカン・ジファンと「宮~LOVE in Palace」「コーヒープリンス1号店」などのユン・ウネが、大逆転マリッジ・カップルを熱演。
演出は、驚異の37.9%を記録した「シークレット・ガーデン」のクォン・ヒョクチャンと、名作「グリーンローズ」のキム・スリョンが担当。脚本は東方神起ユンホ主演の「No Limit~地面にヘディング~」のキム・イェリ、「三姉妹」のチェ・ユンジョン」など、ラブコメの第一人者たちが一堂に集結した話題作がいよいよ登場。


感想

BS11で放送していたのを撮りためしていて、今夜ようやく最後まで観終わりました~。
ユン・ウネちゃんは好きなのですが、このドラマの評判が今ひとつだったので、ちょっと、観ようと思うまで時間がかかりました。(笑)ついつい後回しにしちゃったりして。でも、良い評判を聞かなかったせいで、私の中のハードルが極端に低くなったせいか、つまらなかった、と切り捨てるほどではなかったです。(褒め言葉?笑)
途中で少しだけ、カテゴリ「視聴中、気になるドラマなど」の雑談の中で語ったことがあるのですが、まあ…正直、つまらないというほどじゃないけど、観て良かったと改めて思うほどでもなく、可もなく不可もなく、毒にも薬にもならないドラマの中のひとつかなぁ~。ラブコメの陥りやすいパターンのひとつですよね。制作の「攻め」の方向が見えなかったというんでしょうか。不快になるようなドラマではないので、見なきゃ良かったということではないけれど、ありふれた感じの、しかも終始大した盛り上がりもない感じかな~。
ひとつだけ私が気にいったとこを言わせてもらうと、最近BSで観るドラマがホームドラマが多いせいだと思うんですが、ヒロインがお金持ちだったり、極端に貧乏だったり、主婦だったり、または職業が横文字の職業だったり、メインカップルが若過ぎて異様にカジュアルだったりが殆どで、ヒロインの衣装があまりに普段の自分とかけ離れている服装ばかりなのが、最近の私が観る韓ドラだったんです。それが今回初めてといってよい、ウネちゃん演じるアジョンの職業が公務員なんです。家族構成も母はいないけど、けっこう中流な感じで、そのせいか衣装がとてもシンプルでカジュアルすぎない、身近な感じだったんですよね。初めて参考にしたいかも、と思える服装でした。(笑)それがすごく目新しい感じで収穫だったな~。(笑)
この二人に関しては、私がカン・ジファンさんにあまり興味がないせいでそう思うのかもしれませんが、ウネちゃんとのカップルが、ちょっとしっくりこなかった感じもしました。まあ好みの問題かもしれませんけどね♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆(2.5に近い3)
[PR]
f0147413_22425860.jpg出演:ユン・ウネ、ユン・サンヒョン、チョン・イル、ムン・チェウォン

2009年、KBS、全16話。
豪華絢爛なお城でお姫様のように暮らすヘナと、すごく貧しかったため、彼女の執事に転落したドンチャン。この二人の主人公が、喧嘩して憎んで愛して別れる過程を通じて、本当の価値と幸せを見つけていくロマンチックコメディ。
主演は、大ヒットドラマ『コーヒープリンス1号店』から2年ぶりのドラマ復帰となるユン・ウネ。彼女の相手役として『僕の妻はスーパーウーマン』のヒットで一躍トップ俳優となったユン・サンヒョン、そして『思いっきりハイキック』、『美賊イルジメ伝』などで人気を集めるチョン・イルがわきを固める。
視聴率は初回17.4%で水木ドラマ1位をとり、その後も平均的に15%前後をキープし、最終回はシリーズを通して最高の19%を記録、有終の美を飾った。


感想

途中の感想などは、ページ右側のカテゴリ「お嬢さんをよろしく」に何回か記事をあげていますが、とりあえず、物凄い期待を抱いて見たわけではないドラマなので、すごく気楽に見始めました。(笑)
今この感想の記事をあげるために視聴率を調べたら、けっこう良かったんだな、と知って意外だったくらいなんですが、私がそう思うくらい、少し地味目なドラマではなかったでしょうか。そうでもない?(笑)実は逆に、大コケしたのでは、と思っていたくらいなんです、私。だって、そんなに…話題にはのぼってなかったですよね・・・?ウネちゃんの新作のわりには・・・?
まあとにかく、気楽に見始めたので、それが良かったのか、けっこう面白く見れました。見る前は、サンヒョンssiにそんなに魅力を感じていなくて、彼がウネちゃんの相手役か~と、少し年齢差のあるカップルだったので、頭の中で彼女のオ・マンソクssiとのドラマとダブッたんです。ラブコメだし。まああれも、そこそこ面白かったですが、このドラマで良かったことは、私が魅力を感じていなかったサンヒョンssiを素敵だと思えたことでしょうか。
あ、それより良かったのが、「華麗なる遺産」で大イメージダウンしたムン・チェウォンさんが、かなり好きになったことのほうが大きいです♪このドラマの彼女は本当に良かったvv可愛くて潔くて性格良くて、ラスト、彼女も幸せをつかみそうな雰囲気で終わったところが、また良かったvv彼女のラストで☆評価をひとつ上げました。(笑)
ドラマの展開としては、だいだい予想通りに進んでいく、捻りのない展開なので(笑)こういうのを毒にも薬にもならない、と言うんだと思ったドラマなんですが、ちょっと軽くロマンティックラブストーリーを見たいな、という気分の時は、16話と短いし、良いのではないでしょうか。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23403836.jpgん~~、面白くなってきました~!
そして、やっぱり木村に似てます、サンヒョンssi。(笑)ほら、このサジンとかも。(笑)

似てるからというわけじゃないですが、中盤から後半にかけて、どんどんサンヒョンssiが切なくて良くなっていくんですよ~。完全にサンヒョン派になってしまいました。イルくんも可愛いんですけどね~。やっぱ一番手と二番手の役柄の違いは、如何せんともし難いところです。(笑)

話の展開としては、いつクライマックスがきて終わってもおかしくないんだけど、意外にしぶとく色々と事件があるみたいで、まあそりゃそうですよね、まだあと5話もあるんだし・・・。

ウネちゃんは、本当に我がままお嬢様です。でも純粋なんですよ、突っ張ってるけど。ありがちな人物設定ではありますが、小憎たらしいと思える時もありつつ、それも含めて、でも可愛いです。
ただそれは、もしかして私が「宮」や「コーヒー~」でウネちゃんを気に行っているからかもしれません。そうではない人が見ると、ちょっと我がまま過ぎるシーンとか、ムカ付く人もいるかも。(笑)でもそう思わせるんだから、それもまた演技のなせる技?(笑)

イルくんは、終始可愛い男性です。でもやはり二番手ですね。少し魅力に欠ける、物足りなさのようなものがあって、でもそれは仕方がないところなんですよね。今がちょっと嫉妬とかあってキツいあたりなんですが、多分最終的には橋渡しくらいまでしてくれそうな、人の良さのあるキャラです。

f0147413_235145100.jpgそして二番手女性のムン・チェウォンさん。「華麗なる遺産」から続けて彼女の二番手ぶりを見ているわけですが、もう断然こっちのほうがいいです。というか、比べるなよ、ってくらいです。今回も一番手男性(サンヒョンssi)に一途なところは、「華麗なる~」と同じですが、ウジウジしてないし、言いたいことは言うし、腹黒い嫌味とか言わないし、策略もめぐらさない。とても潔い女性で、だけど一途だから、とても可愛い女性なんです。だけど仕草とか言動がオトコマエなので、尚更魅力的なんですよvv
どうせだから(?)イルくんとくっついて欲しいくらいです。(笑)それはないだろうけど。(笑)
彼女もきっと最後には、気持ちよくサンヒョンssiを送り出してくれそうな感じがします。

残り、あと5話。どんな展開が待っているのかしら。思っていたより、面白く見ております。(笑)
[PR]
f0147413_23221589.jpgうん!予想通り、だんだん面白くなってきました~!

ていうか、やはり主演の相手役らしく、サンヒョンssiがやっと魅力的に思えてきましたわん。
正直「僕の妻は~」では、そんなにいいとは思わなかったサンヒョンssi。
でも、こっちはやっぱり主演のウネちゃんの心がサンヒョンssiに動くので、見てる私も一緒に魅力を感じるようになってくるというわけです。

それと・・・これには異論がある人も多数いるかとは思いますが・・・(笑)
サンヒョンssiって、韓国のキムタク、と呼ばれているんですよね?
「僕の妻~」では、いったいどこが?と思っていたんですけど、おや?「お嬢さん~」を見ていたら、なんと不思議なことに「似てるかも?」と思ってきたじゃないですか。
いやいや、本当に。キムタク好きな人も嫌いな人もいると思うけど、表情とか、横顔とか、おっ?と思うくらい、似てる瞬間があるんですよ~。私自身は木村に対しては微妙な感情ですが(笑)色々文句をつけながらも、最終的には憎めない部分もありつつ、CMの木村は可愛くて好きなんですよ。
だから、私が「似てるかも」と書くのは、当然、悪い意味ではないですが、異論のコメントは特にいりませんので・・・(笑)それについて、ああでもない、こうでもない、と語るほどの興味ある論点ではないので。(笑)ちょっと思ったから書いてみただけって感じです。(笑)

このドラマ、チョン・イルくんが出てるんですけど、チョン・イルくんて主演もやったことがあるでしょう?だから、サンヒョンssiとチョン・イルくん、ウネちゃんの相手役はサンヒョンssiだと聞いてはいるけど、実はその情報は間違いだったりして?なんて思っていた序盤なんです。だって「僕の妻~」でしかサンヒョンssiを見てないから、あのドラマでは彼は二番手男でしたし。

でも、このあたりまできて、扱いがやっぱり違いますね。サンヒョンssiを、より魅力的に描こうという演出具合が見えてきて、間違いなくラストはウネちゃんとサンヒョンssiですね。(笑)

ただ、まだ8話なのに、けっこういいところまで来てる印象があって、でも実はまだ半分なんですよね、驚いたことに。今後、いったいどうなってあと半分も物語があるんでしょう。(笑)
そんなことが気になる、8話までの視聴でした。(笑)


あ、そうそう、「華麗なる遺産」ではうんざりしたムン・チェウォンさんですが、このドラマでも二番手女性ではあるんだけど、感じは全然イイです。オトコマエな女性で、好きですvv
ウネちゃんは、我がままお嬢さんなんだけど、やっぱり可愛いですね。(笑)我がままぶりが、可愛く見えちゃうという。(*^_^*)
[PR]
f0147413_0244856.jpg「お嬢さんをよろしく」を見始めました~。

「華麗なる遺産」を見終わって、TVでは最近少ししか見てないので比較的時間の余裕があるので(アメリカドラマは見てるんですが~)またDVDの在庫を何か見ようと思いまして。
最初はイ・ピョンガンでも見ようかな~と思ったんだけど、とりあえず一緒に見てる母のリクエストを聞いてみたところ(笑)ザ・韓ドラみたいな、恨みを晴らすとか、そういう系はちょっと疲れたと言うので(今も「君は僕の運命」を見ているくせに~笑)明るいのがいいということから、ウネちゃんは母も知ってるし見やすいかなと思って「お嬢さん~」を選びました~。

それにすると決めた時、母に「明るいラブコメだと、時に明るすぎて軽くて付いていけない可能性もあるかもよ」と注意を促した私ですが、「お嬢さん~」の内容をちゃんと知っているわけじゃないんだけど、なんとな~くそんな香りがしたんですよね。(笑)そしたら、やっぱり・・・(笑)

正直、出だしとかバカバカしさもあります。(笑)テンションも異様に高いし。(笑)
でもまあ、母も「バカバカしいけど、面白い」と言っていたので、このまま見進めることに~。

ウネちゃんのラブコメだから、きっと途中から切ない感じとかあると思うんですけど、とりあえず見始めましたのご報告まで。(笑)これ、評判はどうなのかな~。ほぼリサーチしてないんだけど…

男性陣がいいですね。サンヒョンssiとチョン・イルくん。(*^_^*)
[PR]
f0147413_23343491.jpg出演:コン・ユ、ユン・ウネ、イ・ソンギョン、チェ・ジョンアン

2007年、MBC、全17話。
「コーヒープリンス 1号店」は、コーヒーショップを舞台に青春の恋と夢を描いたドラマ。序盤から注目を集め、最終回には視聴率が30%に迫る高さを記録した。
ドンイン食品の後継者で頭がよく、気もまわるが、一つの仕事に定着できず、浮き草のようにただよう個人主義者ハンギョルを、「乾パン先生とこんぺいとう」「ある素敵な日」のコン・ユ、父親が死んでから家長として8年間、母と妹を支えてきた、男の子のような外見と純真で明るいウンチャンを、「宮〜Love in palace〜」「ブドウ畑のあの男」のユン・ウネが演じ、そこにハンギョルの従兄弟チェ・ハンソン(イ・ソンギョン)、密かにハンギョルが思いを寄せ、従兄弟のハンソンの恋人ハン・ユジュ(チェ・ジョンアン)が、四人四様の恋愛を展開。主演2人の爽やかな恋に、ハンソンとユジュの大人の恋、そしてタイトル名となっているコーヒー店「コーヒープリンス」で働く魅力的な男性従業員たちが、脇を盛り上げている。また、普通ならハンギョルが思いを寄せているユジュは、過去の韓国ドラマだったら意地悪で嫉妬深く描かれるが、彼女は違う。登場人物に悪役がいないのは、今どきの韓国ドラマの特徴かもしれない。
後半はハンギョルとウンチャンの思いが通じた上で、2人で色々な問題をクリアしていく設定のため、2人は思い切り超ラブラブ。思わず見ていてニヤけてしまう人続出です。


感想
先に見終わった周り全員に好評なうえ、もちろん本国でも高視聴率だったというので、ウネちゃん大好きな私は、とっても楽しみでした〜vv
いや〜、なんつーか、後半なんて2人があまりにラブラブなので、見ていて恥ずかしくなること数十回。(笑)こっちが照れるくらいなんて、すごいドラマだ。(笑)
でもそれだけじゃなくて、ハンソンとユジュの関係も同じくらい山あり谷ありで、この2人は何だか映画を見ているような感じがした不思議な絆の描かれかたをしていて、こちらの関係もすごく面白かった。最後のほうで少し胸が痛む部分もあったりしたから、なお印象的だったのかも・・・。この2人のシーン、とても好きでした♪
コーヒープリンスの店員達は、みんなホストみたいに魅力的で、私が近所だったら、やっぱりここの店に行くだろうな、と思う。(笑)誰かに入れ込むということはなかったけど、それぞれにキャラクターを立たせているところが、ドラマの魅力を広げたんだと思った。
ユちゃんは、可愛くて格好良くて、ウンチャンに対するときは子供っぽいくらいなのに、他の人にウンチャンとのことを話すときは、ちゃんと大人として彼女を見守っている態度が、過去の私が見たどのドラマの役よりも良かったです。相変わらずスタイルは抜群だし。あ〜、どうしてこんなにスタイルいいんだ、この人は。カッコ可愛い♪
ウネちゃんは、もう、序盤は特にめっちゃ可愛くて、後半はちょっと意地とプライドが出るところが、こちら側も色々考えさせられるキャラクターで、とてもグッド♪
2人が出会って惹かれて、成長していく過程がリアルで微笑ましかったです。
可愛くて、笑えて、微笑ましくて、ちょっと切なく、そして幸せなドラマ。
私個人的には、ラブラブ過ぎて、恥ずかしくて直ぐは繰り返し見れないけど…(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23543082.jpg出演:ユン・ウネ、オ・マンソク、キム・ジソク、チョン・ソヨン

2006年、KBSにて放送。全16話。
ドラマ『宮』での好演によって女優としても大きく成長したユン・ウネ、そしてミュージカル俳優出身のオ・マンソクが息の合った演技を見せている。特にオ・マンソクはドラマの中で歌詞を作り変えた歌を披露し、また特有のスタイルで方言を使うなど俳優としての実力を見せつけ高視聴率をマークした。
ソウルっ子で、デザイナーを夢見るイマドキの女の子ジヒョンと、ぶどう畑で勤めるダサい農村男テッキのラブストーリーで、一年間ブドウ畑で働けば畑を相続出来るという約束のためにソウルからやってきたジヒョンが、嫌で嫌でたまらなかった田舎暮らしに徐々に染まってゆき、すっかり見た目までもが田舎娘に変わっていく姿も面白いが、次第にブドウの樹に愛情を持つようになると同時に、同じようにブドウに愛情を注ぐテッキに惹かれていく過程が心温まる。



感想

「宮」のあとのドラマ出演というユン・ウネちゃんと、「恋するハイエナ」の直前に撮っていたオ・マンソクのラブストーリーという、私には馴染みのある2人が主演だったので、安心して見始めることが出来ました。
最初はかなりドタバタコメディという感じが強くて、正直面白くなかったんですが(あまりドタバタ過ぎるのは好みではないようです…;)途中からジヒョンが変化して、ブドウの樹への愛情を示すようになってきたあたりから、同時にテッキへも惹かれていくので、面白く見れました!特に、怪我をしたテッキに服を縫ってあげて、テッキが感動するシーンや、山でのテントの一晩のあと、朝ご飯でテッキの生い立ちを聞いて涙するウネちゃんは、すごく可愛かった♪
ドラマ評では、「宮」のチェギョン役とカブる、とかっていうのを良く目にしましたが、確かにケンカするとすぐ「ボラグヤ〜?!」と突っかかるあたり、似てましたけど(笑)私はチェギョンよりかなり素直じゃないかと…。(笑)可愛かったですよvv
あと、ラスト、心が通じ合うシーンでは、ちょっと「宮」でのシン君と初めて気持ちが通じるシーンに似ていた気もしましたが、彼女には好感を持ってるので平気でした。(笑)
ちなみに、オ・マンソクは、私はけっこう良かったです。周りでは「あの顔がどうも苦手で…」という方もたくさんいるんですが(笑)ジヒョンと一緒に隣で眠る時の寝顔とか、綺麗系に見えたけど・・・(^^; あと髪型も普通で、好きだし。

ラスト、ほのぼのと心温まる感じで良かったです。そんな、何回も観たいというほどではなかったですけどね。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_055713.jpg

出演:チュ・ジフン、ユン・ウネ、ジョンフン、ソン・ジヒョ

「もしもまだ、韓国に王室が続いていたら…?」という設定で大ヒットし、ミリオンセラーになった韓国のコミックが原作のドラマ。
作品の世界観と完成度の高い衣装と、60億ウォンを超えるセットデザインが「色彩溢れる」見事なドラマに結実した。

最高視聴率28.8%を記録してラストを迎えた同作品は、アジア10カ国で放送され、DVDが発売された今なお、日本のローカル局できそって放送権を争奪するほど人気に。

感想

最初は高校生(設定)が主役?(凹)と思って見始めたドラマでしたが、見ていくにつれ、どんどんハマッてゆき、いつの間にか大好きなドラマになっていました。
寝ても覚めてもシン君(皇太子・チュ・ジフン)が頭の中を闊歩。(笑)
こういう人を「宮廃人」と呼ぶそうな・・・
最初の4話くらいは、韓国の皇室の結婚行事を再現しているのが見どころですが、ドラマの内容としては5話以降からがグッと面白さが増してきます。
4話まででハマれなくても、そこで挫折するなかれ。(笑)ラストまで見てみてね♪
いかにも少女マンガな展開は、少女マンガ世代の奥様たちにも人気のようです。(笑)
宮廷での陰謀あり、四角関係あり、祖父同士の決めごとで結婚するはめになった皇太子シンと一般市民だった皇太子妃チェギョンが、最初は反目したりぎこちなく接しながらも、だんだんお互いに惹かれていく過程が、不器用に表現されていくのが若さゆえの眩しさで、とても可愛くて胸キュンドラマなのです♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]