f0147413_22353422.jpg

タイトルは1~4話ですけど、実はまだ3話を終わったところ。面白いらしいと聞いていて、楽しみだったんですが、ユナがあまり得意じゃないので大丈夫かな~と不安がありました。(笑)しかし3話の途中です。それまで憎たらしい女だったソン・ユナが、あれはまさに映画「スピード」の心理ってやつですね。(笑)一緒に命の危険を味わうと惚れてしまうというww 危機一髪、死の淵にいた自分を、自分も大けがを負っていて血だらけの男が自分を助けて守ってくれた、そうあの車が爆発する寸前に抱きかかえられたあの時に、ソン・ユナ目線でドラマを見てしまいました。はい、彼女は間違いなく恋に落ちた、、、自分の弱点を握られているはずの、でも生きていてもらわないと不名誉な映像が世に出回るという面倒な存在の彼に。そのシーンで、私の目線が年下男に惚れたソン・ユナに重なってしまった!(笑)

ソン・ユナさん、それを表情だけで表現するあたり、うまいですね~。まあ、その時に重なっただけで、この二人がどうにかなるわけじゃないだろうし、私もずっとチ・チャンウクに惚れ続けたわけではなく(笑)その一瞬だったんですけども。でもその一瞬だけでも、今後の見る原動力になりましたよ。たとえユナと結ばれても。(笑)

下地には浮気ばかりしていて、愛のない結婚をした財閥の女の悲しさがあるのは丸わかりです。お金に興味がないのに自分を命がけで助けてくれた男、しかも年下イケメン。殺されそうになったけど、彼のとった手段は暴力でもなく、ある意味スマート。その時すでに気に入っていたんだろうな。そして「スピード」を一緒に体感してしまったのだから、これはもう決まりです。

秘書に「彼を絶対に死なせてはだめよ」と命じて「かしこまりました」と了承する秘書。彼女が、それは秘書が想像している意味とは違うって心の声をモノローグで流したあたり、すぐに自分の気持ちに気づいたのね。まあ、こっちが主演の二人なら純愛にでも作れそうだけど(笑)相手役は当然ユナですから、おのずのこの後彼はユナと愛し合うようになるだろうし、ソン・ユナさんは嫉妬に狂ったり、色々大変なんだろうな~と想像。(笑)最初にソン・ユナさんに入れ込んじゃっただけに、ますますこの後私はユナとの仲を応援できるのか不安ざます。(笑)ソン・ユナさんが私をすごくげんなりさせてくれる行為をすれば大丈夫かもしれない。(笑)



[PR]
f0147413_2322289.jpg出演:チャン・グンソク、ユナ、キム・シフ、ソン・ウンソ

2012年、KBS、全20話。
監督:ユン・ソクホ(「秋の童話」「冬のソナタ」「夏の香り」「春のワルツ」)、脚本:オ・スヨン(「秋の童話」「冬のソナタ」「イヴのすべて」「スターの恋人」)。根強いファンを持つ純愛ドラマの傑作『冬のソナタ』。あれから約10年、ユン・ソクホ監督と脚本家のオ・スヨンが再びタッグを組み、チャン・グンソクとユナ(少女時代)という日本でも爆発的な人気を誇るふたりが出演することで韓国でも大きな話題を呼んだ。
韓国を代表するヒットメイカーであるユン・ソクホ監督が今回、ドラマの舞台として選んだのは、"1970年代"と"現代"というふたつの時代。監督ならではの細やかな感性とまるで水彩画を思わせるやわらかなタッチの映像美を通して、時代を超えてつながっていく"運命的な愛"を描くことに挑んでいる。
乾いた心に潤いを与え、しっとりと落ち着かせてくれる雨。出会いや別れ、人生のどんなときにもどんな人にも、等しく降り注ぐ雨。そんな雨のイメージを美しくちりばめながら、観る者の心の奥底に愛の意味を問いかける『ラブレイン』。北海道の富良野と旭川でもロケを敢行した今作は、日本でも早くから注目を集めていた。『冬ソナ』から約10年、あの感動が再び...。


感想

評判、良くなかったですね~。人気の制作陣、キャストだけに、早々と見た方も多かったようだけど、少なくとも私の周りのブロガーさんには不評のほうが多かったように思いました。まあ、周りのブロガーさんは、どちらかというと、今も冬ソナの世界が好き、という方のほうが少ないので、そういう反応でもおかしくはないのですが、私はわりと今もソクホ監督のドラマは好きなのと、そうでないのと分かれてはいるものの、冷めた目で見ているほうではないんですよ。特に「夏の香り」は映像美とか、世界観とかけっこう今も好きです。
ま、それはさておき、不評を買っていたドラマの私の感想は、う~~ん、もうひとつ何か物足りない、というものでした。世の不評の原因のひとつとされている母や父世代の70年代時代の話は、私は意外に嫌いじゃなくて、昔の少女漫画をほうふつとさせる感覚が、すごく郷愁を誘った感じだったんです。だから印象も残っているし。そして現代になってからも、途中までは現代も現代で普通にそこそこ面白く見ていたんですが、だんだん内容が堂々巡りになっていってる気がして、結局20話もいらなかったのでは?という感じがしたんです~。
ただ、私が観たのはBSフジの吹き替え&カット版で、しかも放送が週に一回ということだったので、そのへんも乗りきれない理由のひとつだったかもしれません。もともと坦々としたドラマの作りなだけに、翌週の視聴意欲が上がり切らなかった回が多かったです。
収穫は、グンちゃんの演技は意外に悪くなかったのと、苦手だったユナが苦手というほどじゃなくなったこと。(笑)特別好きだったわけでもなかったグンちゃんですが(でもホン・ギルドンの若様役は激ツボでした)ベートーベン・ウィルスあたりのころまではお気に入りで、少しその頃に近づいたかもしれない。ユナは「君は僕の運命」で、本当~~に嫌いだったんだけど(笑)今回の役は悪くなかったことで、苦手感が薄まりました。(笑)
ところでタイトルの「ラブレイン」。ドラマの内容と、あまりリンクしてない感じがしました。なんでラブレインなんでしょう・・・。最初の親世代の出会いでは雨が有効に使われていたけど、現代の二人にはあまり関係したシーンがあったようには思えず・・・。タイトルにもってくるほど、雨が印象的だったわけじゃない気がして…。
途中、挫折してもいいな~と思ったんですが、なんとかラストまで観ることが出来ました。会社の同僚が、意外にこのドラマを気に行っていたせいだと思います。完走は同僚のお陰だな・・・。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆(2.5くらいかな)
[PR]
by himeka_kisaragi | 2012-12-27 23:49 | ら行 | Comments(2)
f0147413_2246429.jpg


関東などの「韓流α」の枠では一足早く始まった(らしい)「ラブレイン」。
新潟ではその枠はないので(そのうちやるかもしれないけど)今日から始まったBSフジの放送を観ました。

何と言っても、主演チャン・グンソク、ユナ(少女時代)、スタッフが冬ソナなどのスタッフということで、まずもって最初から日本をはじめとしたアジアマーケットを意識して制作されているよな~と思えるこのドラマ。それゆえに、最初から斜め目線で見られてしまったり、逆にものすごく素直に、すごい期待を抱いて見始めたりと、多分両方のパターンの人がかなりいるのではないでしょうか。(笑)でも私は意外に中間かな。(笑)もともと韓流スターと言われる、日本で人気の人たちに対しても、別に悪い感情もないし、冬ソナは最初にハマッた韓ドラだけど、四季シリーズすべてを好きなわけではないので、過大な期待というのもないし、グンちゃんはそこそこ好きでユナは苦手なので(笑)そのへんも微妙だし。ということで、ほどよく普通~~のスタンスで見始めました。(笑)

で、私の感想ですが・・・・(以下、moreをクリック)

More
[PR]
f0147413_22563870.jpg出演:ユナ、パク・ジェジョン、イ・ジフン、コン・ヒョンジュ

2008年、KBS,全178話。(1話30分)
韓国の平日の夜に毎晩放送される“日々ドラマ”。「頑張れ!クムスン」のカン・ジファン、「19才の純情」のク・ヘソン、「空くらい地くらい」のパク・ヘジンなど、スター俳優の登竜門としても知られている。このドラマも初回から24%という驚異的な数字をあげ、その後も人気は衰えず、最高視聴率は43.6%を記録した。特に40代以上の主婦層を中心にした視聴者から熱い支持を得て、28話分の延長がなされた話題作です。アイドルグループ少女時代のユナが演じる、天真爛漫なヒロイン、セビョクの恋を中心に、彼女を取り巻く人々の姿を描くハートフル・ラブコメディ。

感想

見る前はすごく期待していたんです~。だいぶ前にBSでセルDVDのCMをしていて、その時に視聴率が凄く良かったと宣伝していたから、いつか見たいなと思っていたので、放送が決まった時には、やった~!って感じだったんです。だって長いからDVD買うのはちょっと、って感じだったし。
しかし、見始めてから、DVDを買わなくて良かった…と思いました・・・。ものすごくフラストレーションのたまるドラマだったんです。全てが悪いほう、悪いほうへと展開して、ヒロイン・セビョクが大変な目にあいつつ、苦労を乗り越えて幸せを掴んでいく話なんですが、そのヒロインに全く思い入れが出来ず、しかも相手役のホセというキャラにも、まったく思い入れが出来ず、終始イライラさせられっぱなし。本当に、自分一人で観てたらとっくに挫折したと言いきれるくらい嫌いなドラマでした。(笑)でも母が最後まで見たいというので、仕方なくつきあって見ることに・・・。
それが、ようやく今日終わってホッとしています。(苦笑)☆評価は最低にするつもりでしたが(笑)ラストの20話くらいは、少しどうなるのかな?と展開を気にして見たこともあったので(でもヒロインへのイライラは変わらず…)少しだけ評価をおまけしました。(笑)
本当に嫌いなドラマでした。(爆)でも韓国ではこういうのがウケるのねぇ・・・。いや、実は私の周りにも、すごく面白いと言っていた人もいたので、そういう人もいるんだ、やっぱり?と驚いた一面も。(笑)主人公が苛められながらも、強く生きていく、みたいなドラマがお好きな人には、楽しめるのかもしれません。私はあまりにセビョクが嫌いで、演じたユナ本人も嫌いになってしまいました。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]