タグ:パク・ユチョン ( 3 ) タグの人気記事

f0147413_23443568.jpg出演:パク・ユチョン、シン・セギョン、ナムグン・ミン

2015年、SBS、全16話。
アジアNo.1スター、パク・ユチョン主演最新作。
もしも匂いが見えたら―!
?恋の微粒子が運命の2人を引き寄せる、超感覚ラブコメディ。パク・ユチョン×『屋根部屋のプリンス』脚本家イ・ヒミョンによる奇跡の再タッグが実現。
『会いたい』『スリーデイズ~愛と正義~』など作品ごとに新たな魅力を発揮し、今やアジア圏のみならず世界中を魅了しているパク・ユチョンの入隊前最後の主演ドラマ。
相手役を『男が愛する時』『アイアンマン~君を抱きしめたい』など活躍目覚ましい人気女優シン・セギョンが演じる。さらに『私の心が聞こえる?』で人気の実力派ナムグン・ミンが、物語の重要な鍵を握るシェフ役を怪演。
同名人気ウェブ漫画を原作に、『屋根部屋のプリンス』のイ・ヒミョンが脚本を担当。回を追うごとに謎を深め、切なさが増し、物語に引き込んでいく秀逸なシナリオは、イ・ヒミョンの前作『屋根部屋のプリンス』でも証明済み。連続殺人事件にまつわる悲しい因縁で繋がっているチョリムとムガク。ふたりに幸せは訪れるのだろうか?

<感想>
最近、SBSのドラマが面白いですねぇ。最初のころはドラマはMBCって感じだったのに。
このドラマ、なんたって出演者が魅力的。とはいえ、ユチョンはここのところ出ても出ても、私の琴線に触れないドラマばかりで、「成均館スキャンダル」が特別良かっただけで、他は合わないのかなぁ~なんて思っていたところだし、シン・セギョンちゃんは面白いドラマに出るんだけど、「根の深い木」以来「男が愛する時」はドラマがめっちゃ好きだったからそんなに気にならなかったけど、ずっと男性を振り回す役ばかりで、ちょっと印象があまり良くない感じだったので、ナムグン・ミンさんは単純に楽しみでしたが、この二人は若干不安ありでした。
ところが、ユチョンもセギョンちゃんも、どっちもこのドラマでは可愛い!!なんなんでしょ、この可愛さは。セギョンちゃんなんか、もう本当にキュートで、女の私が観てもキュンてするほど可愛かったです。(笑)
ドラマも、ナムグン・ミンさんの悪役ということで、うまいですねぇ~。冷たい視線だけじゃなく、ちょっと猟奇的な雰囲気とかもハマってました。ユチョンも良い意味ですごく普通の男の子の役で好感が持てた役柄です。
ドラマ展開も、途中で事件の犯人がナムグン・ミンさんだということが視聴者には分かるのだけど、それをうまく利用して、それが暴かれていく様子をハラハラドキドキ見ることが出来て、面白いサスペンスでした。いや、ラブコメもあってのサスペンスで、どっちの要素が強いかというと6:4でラブコメ?いや、だってね、ラスト30分は必要ないんじゃ~~って感じだったんですけど、そのラスト30分がほぼずっとラブコメ。ラブコメで終わったので、きっとこのドラマのメイン路線はラブコメなんだろうな、と。可愛かったですけどね。あそこまで長くラブコメ部分を引っ張らなくてもいいんじゃないかと。惜しかったかな~。でも面白かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_23172082.jpg出演:パク・ユチョン、ハン・ジミン、イ・テソン、チョン・ユミ、チョン・ソグォン、イ・ミノ、チェ・ウシク

2012年、SBS、全20話。
アジアで高い人気を誇る、JYJのパク・ユチョン主演のドラマがいよいよスタートする。ユチョンが演じるのは、嬪宮(ピングン)の死の真相を追う途中で300年前から現代にタイムスリップする朝鮮王朝の世子(セジャ)イ・ガク。現代の韓国で嬪宮に酷似した女性ホン・セナと出会うが、その妹パク・ハに恋をしてしまうというファンタジックなラブコメディとなっている。300年前の事件の真相に迫る謎解き要素も魅力だ。ハを演じるのは、ドラマ「イ・サン」や「カインとアベル」などに出演したハン・ジミン。世子、嬪宮とその妹には300年後の現代に生まれ変わりがおり、ユチョンらは1人2役を熱演している。さらに、強烈な存在感を放つ悪役イ・テソン(「イタズラなKiss〜Playful Kiss」)、チョン・ユミ(「千日の約束」)との壮絶な争いや、イケメン臣下3人組イ・ミンホ、チョン・ソグォン、チェ・ウシクの抱腹絶倒コメディも見逃せない。韓国で話題となった、宮廷衣装に現代のジャージを組み合わせたガクらのファッションにも注目。


感想

このドラマに対しての、私のどこまでも高い期待、わかってもらえます~?(笑)ただでさえ人気のあったドラマだし、ユチョンには「成ス」でメロメロになったせいで、私が観たその年のドラマランキング1位になったし。
このドラマはKNTVを録画したものを入手してみました。DVDだから自分のペースで見れたので、わりと早く見終わりましたよ。面白かったです。世子のお付きの三人組のコミカルな演技には笑わせてもらったし~。
そしてドラマ説明にもあるように、300年前の事件の謎解き要素とかもあるので、最後のほうは、どうなるんだろう~と思いながら見ていました。ユチョン、今回はカッコいいというより、可愛い感じかな~。コミカルだったので。最近良い役が多かったイ・テソンさんが、す~んごい悪い男で強烈でした。(笑)チョン・ユミさんも悪女だし、そういう意味で、善悪のはっきりしたドラマだったんです。そんなところが・・・実はちょっと物足りない感じの原因だったかな~。そう、実は期待以上とはいかなかったです、私の中では。キャラクターがわりと分かりやすくて、ドキドキさせられなかった、というのかな~。面白かったですけどね♪成スみたいに、メロメロ~、とはならなかったな~。全体的に「宮」を思い出す作りなんです。局は違うけど。BGMの選曲の傾向とかも似てる。だからか、知らず知らずに比べている部分もあるのかもしれないし。もちろん「宮」より出来が悪いとかそういう意味じゃなくて、単純に、私は「宮」のほうが面白かったんですね。観た順番が逆だったら、逆の結果になっていたのかな~。それは分からないけど。「宮」のほうがラブラインが強い気がしました。こちらは謎解きのほうが強い印象。それもまた好みの問題なんでしょうね。「宮」の、あのラブラインのドロドロした展開が苦手、という方も当然いらっしゃるでしょうしね。というわけで、またしてもユチョンは「成ス」のほうが好きでした~。でも、彼はやっぱり演技上手ですね~。本当に自然に演技をするな~。目線がしっかりしてるのかもですね。演技が不自然な人って、目線がチラチラ動く感じがするから。声の出し方も自然だし、ユチョン。ただ、私は東さんのときから、ユチョンって童顔なのにすごくセクシー、というイメージがあって、俳優業のユチョンはまだそういうセクシー具合がうまく出てない感じも多少するかも。悶えるほどセクシーなユチョンも見てみたい。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_22422523.jpgKNTV版の録画したものを見始めました。(私は観れないけど、録画したものを入手)今、WOWOWで放送中なんですよね。やはりWOWOWは注目度が高いドラマをゲットしますね~。放送数は多くないけど、そういう印象があります。

「トキメキ☆成均館スキャンダル」でユチョンにヤラれ、「ミス・リプリー」を1話で挫折した私ですが(笑)これはすごく楽しみにしていました。観た人の感想もいいものが多い感じでしたしね~。

さて、見始めてすぐ、やっぱりユチョンは演技うまい~~~~。本当に歌手?(笑)って思ってしまうほど、演技が自然なんですよね~。演じてる感がほとんどしないというか。そこにイ・ガクという世子がいる、という感覚で一気に引き込まれてしまいました。

ハン・ジミンさんは、私は好きな役柄のときと、そうじゃない時にかなり分かれてしまう女優さんで、でもこの役はすごく好きなほうの感じがします。生き生きしていて、朝鮮時代での彼女の演技にもうまさを感じましたし。現代はコミカルで、ユチョンも、お付きの三人も、みんなが面白くて笑える~~;;

そんな中でも、第1話はシリアスでミステリアスな作りになっているので、ラブラインとともに、謎解きも楽しめるんでしょうしね。これは面白そうです。あとなにげに「宮」みたいなBGMで、親しみも感じたりして。

お付きの三人の中で、ソン・マンボ役の人は「太陽を抱く月」の陽明君役(青年)の人ですよね~。実はこのドラマを2話まで観た直後に、NHKBSの放送を観たので、回想シーンでまた出会ってしまいました♪この方好きです~。青年の時のほうが良かった・・・;;あ・・・・チョン・イルさんが悪いわけじゃないんですが・・・;;
それと「根の深い木」のチョン・ギジュン役の青年時代を演じた人とか、「ドクター・チャンプ」とかで私のお気に入りのチョン・ソグォンさんというトリオ(というと漫才みたいですけど…笑)というのも今後が楽しみです~♪
[PR]