タグ:パク・ミニョン ( 14 ) タグの人気記事

f0147413_22591131.jpg出演:チ・チャンウク、パク・ミニョン、ユ・ジテ

2015年、KBS、全26話。
韓国の国民的ドラマ「砂時計」を始め、数々の名作ドラマを手掛けた“キム・ジョンハクプロダクション”×脚本家ソン・ジナが再びタッグを組んだ、「砂時計」時代を引き継ぐ子供世代の物語。
「奇皇后」「ペク・ドンス」「笑ってトンヘ」のチ・チャンウク、「Dr.JIN」「シティーハンターin Seoul」「トキメキ☆成均館スキャンダル」のパク・ミニョン、チェ・ジウと共演した「スターの恋人」以来6年ぶりのドラマ出演のユ・ジテら、演技派たちの名演、光る。
政治や社会正義などに興味を持たないまま生きてきた二人の若者が出会い、そして、愛するようになった。すると、過去に秘められていた真実がその姿を現し始めた。彼らの親世代が残した世の中と対決しながら、自分と世の中を癒していくアクションロマンス。
※「キム・ジョンハクプロダクション」 ・・・韓国ドラマ制作会社の先頭走者に立っているスターPD、キム・ジョンハクが設立したドラマ制作会社。 (代表作:「君の声が聞こえる」「馬医」「ベートベン・ウィルス」「イ・サン」 「太王四神記」「フルハウス」など)

<感想>

副題は、いらないんじゃ・・・。と思って、タイトルに副題は入れませんでした。なんで入れるかな・・・。
この副題とドラマの内容がまったくマッチしてないですよ。悲しい過去を持つ二人が出会い、知らずに愛し合うようになりながらも、過酷な運命に流されそうになりながら、互いに離れられないことに気づくアクションラブストーリー、って感じの紹介文を、私なら付けるかな。(笑)親世代のしがらみが二人を苦しめるのは韓ドラのお約束事項でもあるけれど、悪に立ち向かう二人とユ・ジテの戦う姿は勇敢でカッコいい。チ・チャンウクは、どちらかというと「ペク・ドンス」のようなテイストで、シリアスで切ないキャラクター。ヒロインがパク・ミニョンちゃんなので「シティ・ハンター」を思い起こすような作りです。ドラマの雰囲気も少し似てる気がします。
「シティ・ハンター」も面白かったので、こちらも面白かった私です。ただ、なんの違いなのか分からないけど、やはりチ・チャンウクくんよりイ・ミンホくんのほうが好み。これは仕方ないな。(笑)
でも13~14話あたりとか、泣けましたよ…。可哀想すぎて、チャンウクくん演じるジョンフが。そして私は「スターの恋人」でも好きでしたが、このドラマのユ・ジテさんも、やはり好きです。まつ毛長い~(ハート)
内容は「シティ・ハンター」同様、ちょっと現実離れしてるかな、っていう感じはするけど、イケメンと美女が出てくる話は、少しくらい現実離れしていてもロマンを感じられれば面白く観れるものよね~(笑)
チ・チャンウクくんが好きな方なら、間違いないんじゃないでしょうか。カッコいいもん、このドラマの彼。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_22585002.jpg

最後まで観てないんですが、1話から最終話まで録画を一気に貸していただいて、最後まで観る前にもう一度最初から観返しています。それでも、急ぎで観ないとならないものを借りると、そっちを優先で観るので、結局観返しも跳び跳びになるのだけど、前よりは・・・。ていうか、難しくて。私の頭が悪いのか?そうかも。(笑)

この休みは、天気のせいと、貸してくださる家がインフルパニックのため(ひぇ~)そんなに週末に新しいのが来なかったので、ヒーラーがBSで放送が始まったこともあるし、会社の人に見るのをお勧めした手前、私が殆ど内容を把握してないのはいかがなものか、と思いまして、一気に観勧めました。どこも出かけなかったw

観返した今も、多分全部秘密が明かされてないからだとは思うけど、分からない事があるみたいな、かといって何が分からないかというと、それもすっきり説明できないわけですが、もやもや~~っとしながら見てるんです。

でもジョンフとヨンシンの間にあるものは、ストーリーの謎にそこまで左右されないので(いや本当はされてるんだけど、二人のお互いを思う気持ちが最初から勝ってるので、離れようとしても離れられないんだよねぇ~)思い切りひたりながらうっとり見ています~。

それでも13~14話はジョンフが、これまでも何度も打ちのめされてきてるけど、最高に痛手(心にね)を負った話だったので、とても切なくて泣きそうになりました~。それはもう、可哀想という言葉で語るのは陳腐よねぇ、って感じの、ただでさえ気の毒な身の上のジョンフが打ちのめされる・・・。

誰からも心をとじて、このまま死んでしまおうという意思さえも捨てて眠りつづけたジョンフを、眠りから覚ますことが出来たのは、やっぱりヨンシン。目が覚めても自分の周りにいる大事な人を亡くしてしまうのが怖くて、ヨンシンを手放そうと冷たく突き放すけど、お互いを思い合う気持ちが引き離す力より大きい二人。

かくして、上記の素敵なキスシーンで終わる14話なのでした。うっとり。

私はチ・チャンウクくんは、そんなにめちゃ好きなわけではないけど、たまたまドラマ見ることが多くて、でもどちらかというと、わりと情けなかったり優しい子だったりする役が多かったせいか、ヒーラーでけっこう強い印象を残したんじゃないですかね。あ、でもその前に「ペク・ドンス」がありましたね。あれもなかなかカッコいい役どころだった。でもそれでもダブル主演の感じが少ししたので、今度こそピンで主演!って感じですよね。いや、そういや「笑って、トンヘ」があったし、あれも主演だったけど、やっぱりヒーラーだよね~、うん。相手役もパク・ミニョンちゃんで、ステイタスが一段上がった感じがあるもん。

ところでわき役ですが、ユ・ジテさん、好きなんですよ~~。ていっても、チェ・ジウさんとのラブストーリー「スターの恋人」しか知らないんですが(笑)その時ユ・ジテさんにすごいハマッたのですよ。で、今回それからあまりに久しぶりに観たので、あの時だけドラマのせいでいいと思ったのかも、って、観る前は思っていたんだけど、見始めたらやっぱりこの人いいわ~~って思ったから、好きなんだわ、きっと。(笑)
役柄で、よく「ん?」って人の顔を覗き込むような顔をする事があって、あれに弱い私。(笑)なんか「ん?」ってやられるたびに、自分が顔をのぞき込まれてるような気分になる~。ふふふ。

さて、最初に観た時どこまで観たのか忘れたけど、わりと最後のほうだと思うので、多分ラスト2話くらいがまだ観てないんだと思います。もう少し先ですね。どんな終わり方をするのかな~。願わくば、もうこれ以上人が死にませんように~~;;でもハッピーエンドって信じてるわ。このテの話はハッピーエンドって決まってるww


[PR]
f0147413_23133772.jpg

続きです。相変わらずユ・ジテさんが素敵です。あの人の下まつ毛、長いっす。(笑)
笑顔をみせながら怒りをみせる顔演技が、とても怒っていて悲しそうでもあり悔しそうでもあり素敵なのです。

ミニョンちゃんは、もう安定の可愛さ。昔のトラウマで暴力シーンを見ると過呼吸になって倒れちゃう。でも、強がって、自分より後輩のふりをしているチャンウクくんを守ろうと必死なところが、チャンウクくんを魅了するのですが、その狙いが分かっていても可愛い。(笑)お造りになっているのは分かっていても、可愛い。(笑)

そしてチャンウクくん。実はそれほど好きというわけでもないのだけど、彼の出るドラマはすご~く見ているような気がします。「ソル薬局の息子たち」「笑ってトンヘ」「ペク・ドンス」「蒼のピアニスト」「奇皇后」。出演作を選んで観てるわけじゃないのに、どういうわけか見ると出演しているといったほうがいいかも。(笑)
今の彼の雰囲気が出てきたのは多分「ペク・ドンス」からじゃないでしょうか。ソル薬局はわき役だし、トンヘはホームドラマに近い普通に好青年。でもペク・ドンスは毛色が全然違って、違う魅力が全開になったという印象。

それでも私、やられたことないんですよ、チ・チャンウクくん。でも今回の「ヒーラー」では、6話で初めてちょっとトキメキましたよ。ミニョンちゃんに向かって、いつも後輩モードなのに、電話でタメ口きくところで。そして彼女がヒーラーの時の自分を好きだと聞かされて戸惑っちゃうとことか。

しかしドラマの中で言ってたけど、本当にスーパーマンのクラーク・ケントみたいですね。(笑)いや、クラーク・ケントは宇宙人ですが。クリプトン星人だっけ。(笑)

親世代の秘密がまだはっきり分からないんですが、徐々に何があったのか少しずつ明らかになっていくんでしょう。太王四神記の制作陣だそうで、確かに同じ出演者がたくさん出ていて嬉しさもあります。ホゲ役のユン・テヨンやチェ・ミンス様もいたらいいのに。(笑)今回はホゲのお父さんヨン・ガリョを演じた方が悪役ボスですね。
ヨン・ガリョも良い役ではなかったけど、今「バラ色の恋人たち」でけっこういい役やってるのを同時進行で観ているので、若干の違和感も。(笑)まあ、週に一回2話、楽しみに観てゆこうと思います。




[PR]
f0147413_22334176.jpg

タイトルと、チ・チャンウクくんが出ることだけは知っていたドラマ。他のブログさんではハマった人と途中挫折した人がいらしたので、単純に、自分はどうかな~~と思っていました。

もっと暗いテンポの話かと想像していたんですけど、意外に明るくて、まあヒロインがミニョンちゃんなので、彼女の明るさを生かさないのはキャスティングした意味がないですから、明るくて大正解だと思います。

私は個人的に、以前チェ・ジウさんと共演した「スターの恋人」でユ・ジテさんにドハマリしたものですから、久しぶりのドラマ出演、しかもやっぱり素敵。(笑)なのでユ・ジテさんが観れて嬉しかった!
「スターの恋人」でもそうでしたが、一見冷静そうで、実はとても情熱的な役がめちゃハマりですね。今回も若干そんな感じがするので、ひょっとしてご本人もそんな方なのかしら、とか勝手に想像しちゃうわ~~(笑)

ストーリーは、ん~~~何だかまだよく分からない。韓ドラお得意の親世代の何かが渦巻いているようですが、それが何かは小出しになっていて、まだ私にはよく分かっていません。ただ一見無関係かと思っていたミニョンちゃんとチャンウクくんが、実は親世代で関係があったというのは、この4話までで見えてきました。しかもユ・ジテさんも、めっちゃ絡んでいるらしい。事情が色々ありそうで、ミニョンちゃんは死んだことになっているみたい。法事されていたみたいだから。(笑)

今のところ、私は普通くらいのテンションです。(笑)これからどうなるかな~。挫折はしないと思うけど、惹き込まれるのか、または惰性で観ることになるのか、またはずっとこの普通くらいのテンションで観るのか、まだ分かりません。

[PR]
f0147413_224548100.jpg出演:パク・ミニョン、チョン・ジョンミョン、イ・ジャンウ

2011年、KBS、全24話。
2010年韓国で視聴率NO.1を記録した大ヒットドラマ「製パン王キム・タック」。その監督&脚本家チームが再びタッグを組んだ話題作。ヒロインのジェインを演じるのは、「トキメキ☆成均館スキャンダル」でブレイクし、韓国版「JIN -仁-」のヒロインに抜擢されるなど、人気急上昇中のパク・ミニョン。そして、主人公ヨングァン役に「シンデレラのお姉さん」の人気俳優チョン・ジョンミョン、主人公のライバル役に最新作「I do I do(原題)」でキム・ソナの相手役に抜擢されたイケメン俳優イ・ジャンウなど、最旬キャストが勢揃い。逆境の中でも常に明るく前向きに生きるヒロインのサクセスストーリーが、観る者に元気と勇気を与えると支持を得、ドラマが進むにつれ視聴率もうなぎ登りに上昇。放送最終日には初回放送の3倍以上の24.9%を記録し、あの「最高の愛 〜恋はドゥグンドゥグン〜」(21.2%)を超えるほどの最高視聴率を達成した。


感想

キム・タックのチームが作ったドラマだし、先に観たかたがたの反応もなかなか良かったので、BSで放送されるのを楽しみにしていました。なにせパク・ミニョンちゃんですもの。本当に可愛い~。(お直ししてても可愛いからいい)内容は、さすがキム・タックチームという感じで、サスペンスタッチというか、単純な三角関係みたいな話ではなく、親世代の事件の秘密から始まる、韓ドラらしいドキドキな展開なので、ストーリー自体を楽しめるようになってますね。チョン・ジョンミョンさんは、なんか肩の力の抜けた(「シンデレラ~」では、ちょっと力入ってるかな~みたいなものを感じた・・・女性陣が凄かったから、負けまいとしたのかしら・・・)いい感じの等身大な役という印象をうけました。キツネちゃんに近いけど、キツネちゃんより、ちょっと単純な男かな。カッコいいというよりか、可愛い感じだけど、やはり私はキツネちゃんの彼がいまだに一番好きかもしれないです。(笑)
むしろライバル役として登場するイ・ジャンウさん。彼は嫌な男をさせたら今、天下一品かと思っていたんだけど(笑)今回は彼の演技の幅を感じさせる意欲的な役で驚きました。最初はまたしても嫌な男だな、と思ったんだけど、精神的に過去に酷いダメージを負ったお坊ちゃんという、少し変わった役で、だから威張ったお坊ちゃんの一面を見せつつ、精神障害とも言える症状をよく表現していて、彼を見直しました~(上から目線?笑)
話は・・・面白かったです。ただ24話は少し長いかなぁ・・・。ちょっと途中から飽きた感じもなきにしもあらず。
まあでも、全体的には面白いドラマでした。ミニョンちゃんは…成スが、やっぱりいいです。(笑)星評価はキム・タックと同じくらいかな~

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_2353564.jpg出演:イ・ミンホ、パク・ミニョン、イ・ジュニョク、ファン・ソニ、ク・ハラ

2011年、SBS、全20話。
日本でも大人気となった『華麗なる遺産』をはじめ、『風の絵師』『検事プリンセス』など数々 の人気ドラマを手掛けてきたチン・ヒョク監督が演出を担当。主演のイ・ミンホは『花より男子~Boys Over Flowers』『個人の趣向』に続く5作目の主演で、射撃、フィリピン式武術、柔道と、様々なアクションシーンに挑む。ヒロイン役は『トキメキ☆成均館スキャンダル』で一躍日本での認知度を上げたパク・ミニョン。イ・ミンホとのラブシーンにも注目が集まる。また、日本でも爆発的人気のKARA のメンバー、ク・ハラが本作で韓国ドラマ初出演。大統領の娘役を茶目っ気たっぷりに好演した。
『シティーハンター』は、日本の北条司の世界的人気漫画を原作にしたドラマで、背景を2011年のソウルに設定した。事件を痛快に解決するという原作をベースにして、主人公がシティーハンターとして成長する過程にも比重を置く。 また、実際にあったアウンサン爆破事件が素材に取り上げられ、国会議員の不正と陰謀を暴くシティーハンターの活躍が、躍動的に描かれる。


感想

期待値、高かったです。(笑)パク・ミニョンちゃんが好きだったとはいえ、イ・ミンホくんはそんなでもなかった私ですが、実は原作マンガのファンでしたので・・・。アニメも観たわよ。(笑)でも実際は、マンガもアニメも観たのはずいぶん前のことなので、ストーリーの詳細とかもあまり覚えてなかったし、ただ、シティハンターこと冴羽リョウのことは好きだった・・・。だからハードル高かった、ということもありますかね~。でも意外に、そのわりに面白かったですよ。途中から勢いがついて、ラストまで一気に観たっていう感じだったし。
そして何より、イ・ミンホくんに開眼しました。(笑)とにかくユンソクという役がカッコよくて~。メロメロ~vv途中の感想はカテゴリ「シティハンター in Seoul」で書いてますが(ネタばれしている記事です)そこでミンホくんの身体の鍛えっぷりが凄くて、身体堕ち(?)した状態の私の壊れっぷりが読めると思います。(笑)今まで、さして思い入れの強い俳優さんではなかったのに、一気に気になる俳優さんにランクインした、記念すべきドラマとなりました。(笑)
それにヒロインのパク・ミニョンちゃんも、やっぱり可愛い~vv「成均館~」でもめちゃんこ可愛かったですが、このヒロイン役もいじらくしくて可愛いvvでも愛されるだけじゃないの。一途に愛する姿が強くていいのよね~。
そしてライバル役・・・と言っても、結局恋のライバル役ではなかったのですが、イ・ジュニョクさん、本当に素敵な役でした。前から好き系な俳優さんでしたが、この役もたまらなく良い役でした。素敵っ016.gif
義父を演じられた方は、私はめずらしくあまり知らない俳優さんでしたが、すごい迫力でした。何とも言えず、憎らしかったり怖かったり、でもどこか悲しげだったり・・・。ただ最後まで、私はこの義父の心の奥底が読めなかったんですけどね・・・。(笑)なにせ言葉が少ない役だから・・・。インタビューとかで、この義父の役は、本当はどういう考えで、目的で、どうしたかったのかを語ってないか、ぜひ調べたいですよ。(苦笑)この人の考えを理解できるかどうかで、このドラマが理不尽に感じられるかどうかの分かれ目になるような気がして。(笑)
観終わった今の私は、ちょっと理不尽に感じているんですが。理解しきってないので。(笑)

それでも、私の高い期待値がしぼんでしまうようなこともなく、最後まで面白く見れたのは良かったと思います。ラブロマンスとしての要素も満足できる作りになってると思うし、事件解決という軸の部分もちゃんと作ってあるので、安心してお勧めできるドラマかな~と思います。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
全部、観終わりましたよ~~。
ようやく、義父の目論見が全部わかって、まあだいたい分かったんだけど・・・・

どうしても納得いかないことが、ひとつ。

ずっとネタばれ記事を書いてきたけど、最後もネタばれ全開で書きますので、要・ご注意を~。
(以下、moreをクリック。ただし携帯からはmore機能が使えないので丸見えです~)

More
[PR]
f0147413_22595743.jpg

観てっ!この見事に鍛え上げられた上半身をっ!!041.gif066.gif

もう本当に、イ・ミンホくんの全身にメロメロなんですけど~~?(爆)
でも画像検索してると、もうすでに緩んでいる写真とかもあるのよね~(笑)
やっぱり、そうなっちゃうのね~。韓国の俳優さん、男女ともに、ハリウッドみたいに、オンは鍛えてオフは緩んで、っていう人が多いですよね~。ずっとこのままでいて欲しかったのに。(笑)

さて、本編ですが、この17~18話は、新たな衝撃の(?)事実が分かって、今まで謎だと思ってきたことが、あ~だからなのね~~と思えて、ちょっと安心した回でした。(笑)

それは義父の態度ですよ。何度も記事に書いてるけど、彼はなんで自分の楯になって死んでいった親友の息子に対してまで、あんなにクールでいられるんだ、と。ユンソンはまだ知らないので、クールにされても、愛されていると思っているふしがあるのだけど、そして、実際、義父にだって、そういう感情はあるのもわかるけども。

まさかユンソンの本当の父がいるとは思ってもみませんでした。
そしてユンソンの父として死んでいった彼は、それを知っていたという・・・・いい奴だったんだなぁ~~
まだ、ユンソン母がどうしてそういうことになったのか、当時の彼女の話がないので、まだあと2話、新しくわかることがありそうな感じですね。

そして残り2話、とうとう4人目まで成敗が済んで、あと一人となりました。
残ったのは現大統領。5人会の中では一番、人間らしい人のように見えます。裏は…多分ないように思えるんだけどな~。大統領がどういう復讐のされかたをするのか、そして警護をするのが愛するナナ。

苦しんでいるキム検事も、どう絡んでくるのかねえ~。彼もユンソンを、どこかで理解している部分がある人だから、捕まえる立場として辛いし、ナナに対しての罪悪感もあって、そのナナがユンソンを愛しているから、そこも難しいところよね~。イ・ジュニョクさん、大人で素敵な役どころ~vv
[PR]
今日は女子バレー最終予選があったから(昼間は出かけていた)1話だけ。しかも昨日16話まで観たと思っていたけど、実は15話までしか観ていなかったことが分かり(笑)今日、16話だけ観ましたvv

う~~ん、切ないシーンなんだけど、自分の明日をも知れない立場を思うと、一緒にいることはできないとナナに言うんだけど、原作のリョウちゃんはスイーパーとして人殺しもやって、相手も殺し屋みたいな感じで、それこそ自分が死んで苦しむ香を観たくないから、というのは説得力があるのだけども、あえてユンソンは殺しはしないし、相手は政治家が多いし(命を狙ってくる連中もいるけども…)けっこう綺麗な身だと思うのよね~。義父ならば、そういう立場といっても説得力あるけど。だからユンソンが、そこまで思いつめることに、ちょっと説得力が薄いというか。

それに、この告白のシーンの段階では、彼の5人目のターゲットが大統領であること、その大統領をナナが警護することになったこと、このどちらもまだ知らない時点だったので、ますますタイミング的にどうなのか、と。ここまで思いつめる理由が薄い。やっぱり、自分が手を汚して非情に徹する殺戮をしていないと、後戻りできないとまで思うのは、今一つ足りない・・・・理由が。ちょうど今週の「アテナ」を観たところだったので、アテナのほうがよほど大変な状況だというのが伝わってくるわ、と思ってしまいましたよ。(笑)

細かいとこを突っ込むのはやめようと思っていたのに、つい、そんなところに引っ掛かってしまったわ。

でも、その引っ掛かりをあえて抜いて、告白だけを観ると、ユンソンかっこいい~~;;切ない顔が似合う~~~;;という感じで、私もメロリンコなのであります。(笑)いや~~~ごめん、ほんと、マジで身体が素敵。(爆)
ラブラインは、どうかうまくいってくれますように~~~。お母さんも助かって、ユンソン、母とナナと幸せに暮らして欲しいよ。なんかさ、リアル感がないから、そんな救いのラストを求めてしまうのよね。
[PR]
f0147413_23434490.jpg作戦、大成功~!

自分でハードルを下げたら(細かい部分は気にせずラブライン中心に見る)かなり楽しめています、このドラマ♪
いやぁ~~~とにかくイ・ミンホくん演じるユンソンがカッコいいっ!!その中で、身体の比重はかなり高いですが(爆)得意でないお顔も素敵に見える~~vvクールでツンデレというと、このシリアス設定ドラマにはちょっと似合わない言葉かもしれないけど、でもユンソンのナナに対する態度はまさにツンデレ。ツンにしないとナナの身が危険なんだから仕方ないという、本物のツンデレ(?)でございます~vv

それにしても、いかに自分がドラマの情報を検索しないかが昨晩わかりました・・・
まさかこのドラマが切っ掛けで、この二人がリアルカップルであり、もう破局したとは、昨日前の記事にコメントいただくまで知らなかったです。(笑)でもドラマでの二人が素敵だから、お似合いなのに残念、な~んて思ってしまいましたよ。でもお互い、あまりに忙しすぎですね。仕方ない気がするわ~;;ミニョンちゃんは成均館でブレイクして、今売れっ子だし、ミンホくんは韓流スターとしてアジアを飛び回っているし・・・、。会う時間ないですよね~。

内容的には、終盤になってきて、色々と佳境です。イ・ジュニョクさんの可哀想な設定も含めて、どうなっていくのか楽しみです。それにしても義父、相変わらず理解不能。そんなに親友だったユンソン父が大事だったのか、もしくはユンソンが言ってたように、自分だけが生き残った罪悪感から復讐したいのか、あまりにユンソンへの扱いが酷い。可哀想。ユンソンは、でも義父の自分への愛情(執着??)を感じているんですね。義父が(生きてる人の中で)一番大事に思っているのは自分だ、と義父本人に向かって宣言してましたもんね。(自分で自分の掌にナイフを突き立てて自傷行為をしながら確認したのね)あの時の義父の表情は、確かにうろたえているのが見えて、まんざらユンソンの誤解ではないみたい。それにしても・・・・やっぱり理解不能。(笑)

復讐が終わったら、母を連れてアメリカに行って治療したいというユンソン。ナナは、でも植物状態の父がいるから、きっと韓国を離れることはできないよねぇ~。原作のラストだとナナに危険が及ぶはずなんだけど、どう展開させるのかしら。あと少しで見終わります。やはり週末には終わるね。ラストまで楽しみで~す。
[PR]