タグ:パク・シネ ( 21 ) タグの人気記事

f0147413_23040210.jpg出演:キム・レウォン、パク・シネ、ユン・ギュンサン

2016年、SBS、全20話。

お互いに惹かれあっていた不良少女と元医大生の高校教師が医師となって運命の再会を果たすことから始まるロマンチックラブストーリー。医療の裏側でうごめく利権問題や複雑な人間関係――引き裂かれた初恋の行方は?!スリリングな展開と胸キュンシーンの連続に一度見たら止まらないと話題のヒット作!主演は演技に定評あるキム・レウォンと「相続者たち」のパク・シネ。そして「天国の階段」で主人公の子役時代を演じたパク・シネとペク・ソンヒョン12年ぶりの共演にもご注目を!

<感想>

いや~~久しぶりのキム・レウォン。いや、彼自身は除隊してからもドラマに出たり映画に出たりしてたんだろうけど、私はずっと彼が出演するドラマや映画の種類が苦手で、なんか見る気になれなくて、今回本当に久しぶりにヒロインの相手役としての彼を見ました。そしてやはり今もかっこいいわ~と思った。年取ったけど。(笑)
でもパク・シネちゃんもけっこう実は年齢がいってたりするので、そんなに年齢差の無理は感じなかったかも。もともと役柄として先生と生徒という年の差カップルというのがわかっていたし。そしてパク・シネ出演のドラマは、やっぱり面白いんだなぁ~。彼女がうまいからなのかなぁ~。
今回キム・レウォンくんが、この役柄を演じているときの表情、セリフの言い方、役作りすべてがカッコいいと思いましたね。(笑)こんな人に愛されてうらやましいヒロインだわ。(笑)キム・レウォンくんがカッコいいというか、この役柄がめっさかっこよかったです。
物語も面白い。最近はよくある医者ものですが、ストーリーもよく作られているなぁ~と思いましたし、とてもお勧めしたいドラマだな~と思います。脇役たちもみんな特徴があって、それぞれにドラマも用意されていてよかったし。飽きることなく20話を見れると思いますよ。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆


[PR]
f0147413_22390202.jpg


うう、、、またなんで第1話が録画されてないのよ~。面白いのに限って撮れてない。
でもただで借りてる身としては不満は言えないわよね~、ってくらい、いい感じ!

キム・レウォン、私は凄くお久しぶりで、最初の頃は好きでよく見てたけど、何となく途中から出演作が好みとズレが出てきて、最近あまり見なくなっていたのですが、何か私にとっては満を持しての登場と思えるくらい、共演者といい、ドラマの作りといい、彼のキャラクターといい、久しぶりに彼を好きに思えるドラマという予感がします。だってカッコイイんだもん、役柄が。(笑)

パク・シネちゃんも、いつのまにか結構落ち着いた年齢になってしまって、最初の高校生役が厳しいと思えるくらいの大人の女性になりましたが(笑)それが年齢年上のキム・レウォンとのバランスを良くしてる気がします。意外に2人は似合う!

前からパク・シネちゃんとパク・ミニョンちゃんて、年齢こそ違うけど、何となくいつも同じような相手と共演して、似たタイプのドラマに代わる代わるでるという印象を私は持っていたんだけど(どっちも視聴率取るしね)毎回少しの差で私の中では、可愛いのはミニョンちゃんだけど、ドラマで勝つのはシネちゃんだな、って。
この印象はずっと変わってないですね。シネちゃんは少しキャラが押し付けがましい役をしたりもするんだけど(笑)結局やはり上手いんじゃないかと。
これは個人的な感想なので、シネちゃんを嫌いな人も何か相当いそうな気がするから(笑)賛否両論あるでしょうが、私は毎回そう感じてしまいますね。

今回も、あまり可愛げのない役だけど(笑)ドラマは凄く面白そうです。脇役も達者な人ばかり。豪華絢爛。凄く楽しみ!

ちなみにタイトルの副題が可愛げですけど、全然似合ってません!(笑)確かに恋愛モードも強い話だけど、そんな可愛げのあるだけの話ではないので、副題に騙されちゃダメですよ~。ふふふ。
[PR]
f0147413_22552851.jpg出演者:イ・ジョンソク、パク・シネ、キム・ヨングァン、イ・ユビ

2014年、SBS、全20話。

嘘をつくと自律神経の異常から、しゃっくりが出てしまうという架空の精神疾患「ピノキオ症候群」を患うヒロインのイナと、かつて心ない報道により家族を失った青年チェ・ダルポを中心に描かれる青春ロマンス。想いを抑えたダルポのストイック愛と、嘘をつけないイナの愛らしさ、理想を胸に抱く一年生記者が厳しい取材現場の中で挫折を経験しながら、記者が伝えるべきものとは何かを模索していく姿から目が離せない。
制作はイ・ジョンソク主演の「君の声が聞える」と同じ脚本:パク・ヘリョン/ 演出:チョ・スウォン、という同じスタッフで作られたドラマというところも魅力。
<感想>
詳しい感想はカテゴリ「ピノキオ」に書きました。といっても、ざっくりと、ネタばれ全開であらすじ書いてたみたいな感想でしたけど。(笑)そして最後の4話分は感想をはしょってますが。(笑)これは見るのが先決になってしまったのもあるし、お借りしてるDVDを次に待ってる方のために早く観ないとならないということで、もうちょっとゆっくり振り返って観たかったな、って思っても観返す事が出来ないので、細かい部分を忘れちゃうっていうのもあるんですよね。「ピノキオ」観た後に違うドラマ観たりすると、もう忘れちゃう。1話ずつ観たらすぐ書く、みたいな事が出来ればよいのでしょうが、そこまでマメじゃない私。(笑)
さて話が逸れましたが、そのカテゴリ「ピノキオ」を覗いてくだされば分かるでしょうが、めっちゃ面白かったです。実は観る前は、楽しみではあったものの、ジョンソクくんの相手がパク・シネちゃんということで、何ていうか普通のラブロマンスを想像していたのです。ちょっと可哀想な胸キュンロマンスを。なのでストーリーにあまり期待をしてなくて、でもさっき調べたら、あのジョンソクくんを世に広めた「君の声が聞える」のスタッフが作ったドラマだったんですね。それを先に知っていたら、ストーリーのほうも期待したでしょうに。とにかくマスコミ不信になりそうなくらい(笑)業界の裏側を上手に描いたドラマで、ストーリーに引っ張られて、どんどん次が気になる面白さでした。しかも毎回ジョンソクくんの綺麗顔と美スタイルが観れる美味しさ。(笑)
毎回2話ごとに感想をアップしていましたが、最後の4話の感想がないのは、もう大方結末が見えてきたので、あとはラストに向かって行くだけ、という前向きなもので、面白くなかったわけではありません。ただ、語りたい事があったら書いていたと思うので、あえてあれこれ書かなくてもいいかな、っていう感じではあったのかも。
比べるも変ですが、同じスタッフの「君の声が聞える」と同じくらい惹き込まれましたが、小さじ1杯分くらい「君の声~」に軍配をあげたいかもしれません。こちらのほうがキャストのせいもあってか若さとか青春とか、そういう部分が強調されている気もします。なのでどちらが好きかは好みの問題でもありそうですね。
ジョンソクくんを観るのが楽しみなドラマでしたが、意外にジョンソクくんの上司ファンキャップ@イ・ピルモさんの役が、私の胸ドキポイントなことが何回かありました。(笑)ファンキャップ、可愛い・・・(笑)
まあとにかく、面白いドラマでした。マスコミって、本当、酷いな…。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆



[PR]
f0147413_23060224.jpg

15話「ドン・キホーテ」、16話「裸の王様」。
どう考えてもタイトルはハミョンたちが追い詰める展開になるとは思えないタイトル。大きな力に踊らされて、追いつめたと思っていたら、実は一転、追いつめられたりするのかしら、と思ってしまって、タイトル見ただけで、色々と妄想膨らませてドキドキハラハラ…。本当に面白いドラマです。母も夢中。(笑)
では、続きは「more」をクリック・・・。






More
[PR]
f0147413_23493545.jpg

ぐぁ~~~~誰か、早く続きを私に~~~~(笑)← 放送がまだだっつ~の。(笑)
本当、よく出来てるドラマですわ。私、何も知らなかったころ、やはりジョンソクくんとシネちゃんなので、とにかく売れてる二人だし、ラブが前面に出てるちょっと切ないラブコメなのかな、とか、勝手に想像してたんだけど、見始めたら全然まったく違うのね!私と同じくキャストで誤解してる方~!ドラマ展開がすごく面白いドラマなんですよ~~。ストーリーも面白い、キャストもいい。(*^_^*)では続きは「more」をクリック!






More
[PR]
f0147413_22343379.jpg
いや~~~とうとう・・・。
泣きそうになっちゃいましたよ。あんまし切なくて。
さっそくGo!「more」をクリック。





More
[PR]
f0147413_23044587.jpg
ぐぁ~~~、とうとう・・・。
てことで、すぐネタばれいっちゃいましょう。「more」をクリック。






More
[PR]
f0147413_00091158.jpg
ため息~~~(笑)
うっとりして見ちゃったわ~。(笑)

内容については「more」をクリック。



More
[PR]
f0147413_00020360.jpg
面白ーーーいっ!!

もちろんお気に入りのジョンソクくんが出ているから面白いと感じる部分もあるでしょうけれど、間違いなくストーリーも面白いし、他の人のキャラクターとかも面白いです。

お気に入りはダルポの記者仲間ユン・ユレ。むちゃむちゃ面白いキャラクター。(笑)写真の右から2番目。
演じているのはイ・ユビさんとなっていて「九家の書」にも出てたと書いてあるけど、え、誰の役だっけ…。顔に見覚えはあるけれど、思いだせない。「優しい男」にも出てるらしいけど見てないしな~。なんかプロフィールにキュン・ミリの娘って書いてあるんだけど、歌手のキョン・ミリって、チャングムとかで有名なあのキョン・ミリさんじゃないの?そういえば大きな目が共通点?ま、とにかく今のところコメディ役を引き受けているかのよう。(笑)パク・シネちゃんもかなり面白い演技が多い役だけど、もちろんシリアスなシーンもあるからね~。

さて、内容については「more」をクリックということで。





More
[PR]
怒涛の展開から始まった1~2話から、3~4話は比較的落ち着いた展開。
時間は少し流れて社会人になったダルポとイナ。

展開と言うと、色々あってダルポとイナは一緒に、初回のクイズ番組があったTV局に記者として採用試験を受けることになったというあたりかな。そしてダルポは関係上は弟だけど、イナの父に、自分がイナを好きなことを知られてしまったりとか、ラストでイナがダルポへの気持ちが家族から好きな人へ変化していることに自分で気づく…のか?ってところで続くだったりしたことでしょうか。

あ、本当のお父さんの行方についてもちょっとあったし、お兄さんとすれ違いもあった。
まあそのあたりは、今回はネタばれあまりせずにサラッとした記事にしようと思うので、観てのお楽しみ。(笑)

f0147413_22541159.jpg

個人的に一番盛り上がったのが、ダサダサだったダルポが育ての父@じいさんによって、ピノキオならぬ醜いアヒルの子のように、白鳥に生まれ変わったシーンでしょうか。(笑)
もしくは魔法をかけられたシンデレラか。いや、本来の姿になったんだから、やっぱり醜いアヒルの子だわね。(笑)
思わず「ひぃ~~脚長っ!スタイル良すぎ!」と声が出ました。(笑)眩しかったわ!(笑)

でもストーリーも、こうして振り返ると、やはり色々あったのですよね。あまりに綺麗になっちゃったので、衝撃でストーリー展開の印象が薄れてしまったのかもしれません。(笑)

イナもお母さんに会ったし、なんとダルポも大人になって初めてイナのお母さんと直接話すシーンとかもあって。イナのお母さん、凄いな…。

あ、そういえばダルポたちが受験したTV局には、先日まで大嫌いだった「おバカちゃん注意報」のイ弁護士が明るい役で出てて笑った。

次回から、きっとイナはピノキオ初の記者の卵へ、ダルポも思いもかけずイナの母とライバルのTV局の記者の卵として働くことになるんじゃないかな~。上司は良さそうな人でちょっと安心。

ところでいきなり登場した財閥の息子ポムジョ。最初、甘やかし放題の母に「ピノキオに会いたい」とか言ってたけど、いったい誰?とか思ったんだけど、今のところ子供時代に関わった人じゃないみたいで、イナの母親が以前使っていた携帯番号を使うことで、長年イナからのメールを受け取って彼女のことに興味を持っていた男という設定のようですね。その突飛な設定はいったい何なんだ。(笑)もうちょっと普通に出会ってはダメなのか?(笑)

[PR]