タグ:パク・シニャン ( 8 ) タグの人気記事

f0147413_22292128.jpg出演:パク・シニャン、キム・アジュン、チョン・グァンリョル、オム・ジウォン、チョン・ギョウン、超新星

2011年、SBS、全20話。
アメリカドラマ『CSI』はメディカル捜査ドラマという新分野を開き、世界各国でヒットして、シリーズ化され医学捜査ドラマブームを呼んだ。韓国でもコリア版CSIと呼ばれた『別巡検』や、難病を題材にした『神のクイズ』が好評だった。
SBSの新作『サイン』は犯罪に隠された死因を解明する法医学者の活躍を主軸に置いている。未解決事件の被害者の死体に残る痕跡から死因を追跡するという点で、『CSI』と似ている。チャン・ハンジュンPDはこの点について、「ジャンルが違う。死を巡る陰謀と巨大権力に立ち向かう者たちの話だ。国立科学捜査研究院の構成員と法医学者たちが、社会に蔓延する利己主義や欲望を具現化してくれるはずだ」と強調した。
初回放送では16.1%、最高視聴率は25.5%を記録し、他社の看板ドラマを圧倒した。ドラマは、超新星が演じる人気アイドルグループ‘VOICE’のリーダー、ソ・ユンヒョン(ゴニル)が死んだ事件から始まる。このアイドルの解剖を巡って、ユン・ジフンとイ・ミョンハンの葛藤が始まる。
ドラマ関係者は、「単に劇的な真相解明だけでなく、実際の犯罪捜査の細部に迫れる知的満足感がある。若い法医官が握る‘真実のメス’が回を重ねるごとに光を発するだろう」と自信をのぞかせた。


感想

■若干、ドラマのラストに関してネタばれ的な雰囲気の説明があります。ネタばれはしてないけど、想像が出来るかもしれないです。そして予想として、コメントに、既に読んだ方のものは、ネタばれが含まれる可能性がありますので、それが嫌な方は読まないほうが無難かもしれません。お知らせまで。

パク・シニャンさんにチョン・グァンリョルさん。しかも対立関係で共演ときたら、そそられないわけがないです。
その高い期待を持って見始めたのに、初回からまったく裏切らないストーリー展開で、そのままゴールという感じでした。ラストは番組サイトの視聴者の声で、「驚いた」という言葉があちこちで書いてあったので、何かが起きるのは分かっていたけど、まさかそう来たか~という感じで、パク・シニャンさん演じるユン・ジフンのキャラクターを生かした結末になったとも言えるかなと思いました。でも終盤から、最後にはチョン・グァンリョルさんが反旗を翻すであろうことは想像出来たので、その点では驚きはなかったかな。
途中までの私のつぶやきなどはカテゴリ「サイン」で色々語っています。パク・シニャンさんとチョン・グァンリョルさんの関係の他にも、パク・シニャンさんとキム・アジュンさんの微妙な関係や、オム・ジウォンさんとチョン・ギョウンさんの可愛らしい関係でも楽しませてもらいました。けれど、全体的に終盤に行くにつれて、事件の展開が出演者の過去とリンクしてきて、とても切ないものになって、事件にのめり込んで見るんだけども、辛い、みたいなシンドさがあったので、私は・・・・「銭の戦争」に続いて、彼らしいけど、違うラストが良かった派。(笑)普通になっちゃうかもしれないけど、予定調和が良い時もある・・・みたいな。史劇みたいな、現実と離れたドラマならいいけど、現実が舞台のドラマだけに・・・。いや、でも、このラスト、面白かったんですよ。そこも「銭の戦争」と一緒なんですけどね。面白かったけど・・・・・・っていうね。(笑)これは好き嫌いとかじゃなくて、見た人なら私の言いたい感じが分かってもらえると思います。(笑)シンドさを救って欲しかったな。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
ずっとテレビ録画の視聴に追われていて、ひさびさのサインでしたが、やはり面白いっ!\(^O^)/

やっと連続殺人事件が終わって、一息つきました。
しかし予告で、最初の事件の犯人を、あの二人が見かけて追いかけるんですね~
きっとこの事件は最後まで引っ張るんでしょう!楽しみだなぁ~

サスペンスな展開は、韓ドラではあまり見ないけど、日本やアメリカのドラマでは見慣れているはずなのに、やっぱり引き込まれてドキドキしちゃいますよね~(*^_^*)
[PR]
「笑って、トンヘ」 いや~~~、なかなかこのドラマ、過去にも色々とイライラドラマがあったけど、これもまたトップクラス(笑)に入るくらいイライラ度が高いな~~(爆)そもそも登場人物の言動に、いちいち無理があるというか、普通そんなこと言ったりやったりしないでしょ?って突っ込みたくなる日々・・・。わざわざイライラさせるために、そういう場面を作っているという、典型的なドラマだね。これ、最後まで耐えられるのだろうか・・・(笑)でも、超イライラなんだけど、暗くてじめじめしたイライラとはちょっと違うので、こういうのって文句をガンガン言いながら、そして見終わったら最低評価にしたりしつつ、結局最後まで観ちゃうパターンなんだよね~~(笑)ほんとに、ほんとに、ほんとに、毎日、チョーーーーイライラッ!!!!(爆)

「相棒(チャクペ)」 なんだか「名家(ミョンガ)」と入れ替わり立ち替わり評価が逆転を繰り返してますが、どうやらこっちのほうが面白そうということで落ち着きそうだな~。「名家」は真面目なドラマです。時に、エピソードによって、こちら側に道徳を説いてくれたり(笑)いや、本当にそんな感じなんですよ。主人公がちょっと頼りなくて、苦労をしながら成長していく話のようですが、とても「ケベク」のチャ・インピョと同一人物とは思えない~(笑)まあ「名家」の話はともかく、面白くなってきた「相棒」ですよvvていうか、チョン・ジョンミョンさんがカッコいい~~emoticon-0111-blush.gifツボです。「シンデレラのお姉さん」よりも、こっち派な私。なぜかというと、こっちはあまり笑わないから。私、彼は笑わないほうが好きらしい・・・。笑顔、あんまり好きじゃないんだな、多分・・・;;このチャクペでの彼は、大人っぽくてカッコいいんだ~~emoticon-0115-inlove.gif彼に対しては、本当、久々のトキメキですemoticon-0152-heart.gifそしたらもう、ドラマを観るにあたって、キャラを好きになったら面白く見れるに決まってます。なので今後は相棒と名家の評価が入れ替わることはないかもしれないなぁ~~(^_^;)

「サイン」 DVD観賞の続きを少しずつ始めました~vv やはり面白い~~emoticon-0171-star.gifemoticon-0102-bigsmile.gifやっぱり・・・・このドラマの魅力は俳優ですね。いや、もちろん内容も面白いんだけど、パク・シニャンさんあっての「サイン」、チョン・グァンリョルさんあっての「サイン」、キム・アジュンさんあっての「サイン」という感じなんですよね~。特に・・・・・やはりピカイチ、パク・シニャンさん!久しぶりに見ても、本当にこの人は不思議な魅力満載ですね。実に失礼なんだけど、ハンサム顔ではないと思うんですよ・・・・いや、よく見ると整ってはいるけど、今風のハンサムではないでしょう?スタイルも良いわけじゃないし、顔の形だって卵型じゃないし。でも、どうしてか彼は演じるとすごく素敵に見えるんですよね~。役作りが上手いからかな~。カッコいいんです、不思議と!(笑)素敵なんです!!(笑)胸キュンしちゃうんです~(笑)ゆえに、これもやはり楽しんで見れています。ときどき展開的に、殺人事件が絡むから怖い時もあるけど;;

そうそう、昨日から「ミス・リプリー」が始まりました。でもまだ録画だけして見てないです。どうしようかな・・・全部録画してから一気に見る、というテも有りですよね。そうしようかなぁ・・・。迷い中です。
[PR]
面白いですね~~~

心配していたラブラインですが、今の段階だとわりかしイイ感じなんですけどね。
きっとそのあとの進展があまりないんですね。残念。

このところ、というか「パリ恋」以来、パク・シニャンさんはほのめかす程度のラブライン路線止まりですね。
意識的にそういう脚本を選んでいるのか、もしくは彼の希望???(笑)もったいな~い。
「風の絵師」も「銭の戦争」も、ドラマが面白かっただけに、これプラス、恋愛部分があればもっと夢中になったかもしれないのに、と思ったりするので、きっと今回もそんな感じなのかな~~

キム・アジュンさんとパク・シニャンさんの、キャラクター同士の絡みは、とてもイイ感じなのにな~~

まあでも、ラブラインが弱くても、このドラマは間違いなく面白そうです。(*^_^*)
さすがパク・シニャンさんのドラマ、という感じかなvv
そして、さすが、並々ならぬ存在感のチョン・グァンリョルさんというところですねvv

予想通り、どうやら最初の事件は、解決したように見えて、そのまま先も引っ張るようです。
超新星の彼も、回想シーンで登場してきました。今後も出そうですね。
[PR]
f0147413_23295031.jpgサラッと「最高の愛」を観終わりまして、次は「グロリア」にしようか「シティハンター」にしようか「太陽を飲み込め」にしようか、そしてこの「サイン」にしようかで悩みましたが、「グロリア」はやはり少し長いので思いきれず、「シティハンター」は面白そうなので、暗い系のドラマに疲れた時の癒しとして取っておきたくなり(笑)「太陽を飲み込め」は現在チソンの「ロイヤルファミリー」を観ているのでカブるかもしれないと思って、この「サイン」にしました。

この「サイン」、観た方の反応はすごぶる良くて、韓国でもそれなりに数字を残し(ラブラインが弱いらしいですが、まあシニャンさんだからな~、銭戦もそうだったしな~)そして、なによりパク・シニャンVSチョン・グァンリョルという対抗の図式は考えただけでゾクゾクするじゃないですか!カリスマ対決って感じで~♪楽しみなドラマでした。

1話を観終わって、あれ~?あの子観たことある・・・あ、そうそう、「近肖古王」に出ていた超新星の子じゃん!と思ったら死んでしまった!(爆)え~~、それ、有り?(笑)でも、既に俳優デビューしてる子だから、きっと回想シーンとかで、今後出てきそうな感じもしますね。そもそもあの子が死んだ事が、このドラマの事件の切っ掛けみたいなものだからね。これから死の謎をひも解いていく過程において、彼にどんなことが起きたのか、そういう説明とかで出番がありそうな予感がしますね。やはり、久しぶりに観ても、可愛い子です、彼。

パク・シニャンVSチョン・グァンリョルの対決は、初回からすごい迫力ですねぇ~~。面白~いvv
うちの母でさえ、この二人がライバルっぽい役だと分かると、面白そうだと興味を抱いておりました。(笑)
韓国版CSIということですが、本当、そんな感じですね。でもCSIはほぼ一話完結で作られているけど、このサインはこの事件を広げていくのかな?それとも、この事件をベースにして、他の事件を一話完結で並行していって、最後にこの事件を解決とかのパターンなのかな。まあ、どちらにしろ楽しみな感じです。

でも、私の心がときめいたりすることは・・・なさそうかな?ラブラインが弱いということだし。(笑)
普通にドラマを楽しむということになりそうでしょうかねぇ~。(*^_^*)
[PR]
f0147413_23481152.jpg出演:パク・シニャン、ムン・グニョン、ペ・スビン、ムン・チェウォン

2008年、SBS、全20話。
『風の絵師』は、下半期最大の期待作に挙げられるファクション(faction)推理時代劇である。キム・ホンドとシン・ユンボクの歴史的な実在人物たちの物語に、小説『風の絵師』でのシン・ユンボクは男装の麗人という設定が加味された。歴史的人物たちのビハインドストーリーをミステリーとして加味し、“ファクション推理時代劇”という独特なジャンルを誕生させた。
SBSで9月24日に初回放送を迎えた『風の絵師』は、パク・シニャンとムン・グニョンが主演し、それぞれ、朝鮮時代の画家キム・ホンドとシン・ユンボクを演じる。
また、歌手チョ・ソンモ(31)が、除隊後の復帰作としてこのドラマOSTへの参加で本格的な活動再開を告げた。チョ・ソンモは、2004年SBSドラマ『パリの恋人』の主題歌『君のそばへ』をヒットさせたことから、パク・シニャンとの縁を感じる。(KNTVHPより抜粋)


感想

当代きっての演技派2人の共演は、本当に素晴らしかったemoticon-0152-heart.gif最初からずっと、なんて演技をするんだ~~emoticon-0111-blush.gifと見とれてばかり。すごく情緒的で、それって演出なのかもしれないけど、その演出に見事にこたえる演技力がこの2人にはありますよね。グニョンちゃんは、年の離れた男性との共演が多いけど、清純な、または性別が曖昧な雰囲気のある彼女にはそれが合ってるんでしょうね。年齢が近いとリアルな感じが漂うけど、離れていると、その清純さが惹き立つというか。そして相手のことも引き立たせるというか。そこがグニョンちゃんの魅力かな、と思います。
またシニャンssiときたら、彼女を見つめる切ない視線だけで、どんな恋愛表現よりも彼女を愛おしく見せてしまうのが凄い。カメラワークも良かったですね。良い意味で何かエロティックなんです。シニャンssiだけじゃなく、彼女を好きな兄や妓生チョンヒャンの視線が、そのままカメラワークになっているというか。だから凄く艶めかしく(笑)湿度の高い感じの映像になったのかな、と。
そしてストーリーも、推理部分とかが緊迫感があって面白い。推理部分と恋愛部分が喧嘩してなくて、綺麗に融合してるんですよね~。ファン・ジニはそういう部分がバラバラに感じて私はダメだったんですが、この風の絵師は違和感なく、また品良く恋愛部分を取り入れていたと思いました。
そしてシニャンssiとグニョンちゃん、前から好きでしたが、またまた好きになりました~vv
星評価は個人的なものなので、お気になさらずに・・・(笑)面白かったしお勧めドラマです!
理由は・・・俗物の私が心を躍らせるキャラが出てこなかったので、自分の中でのウキウキ度がそんなに高くなかったというだけのことです。(笑)超・俗物的な理由です。私の評価なんて、所詮そんなものなんだなぁ~・・・(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
とうとう見始めました~~。
今、DVDを会社の同僚に貸していて、手元にはまだ4話までしかないけど、とりあえず毎日TV録画しているドラマもあるので、そうそうサクサクとは進めないんで、ゆっくりと見ます。

見た皆さんの感想がかなり良いので、けっこう期待大で見始めましたよ~(笑)
で、どうだったかというと・・・

More
[PR]
f0147413_23322493.jpg出演:パク・シニャン、パク・ジニ、シン・ドンウク

2007年、SBS、全16話。(それとは別に、アナーザーストーリーあり)
「パリの恋人」のパク・シニャンが、サラ金屋を熱演。韓国でも最高視聴率37%を記録した。
父親がサラ金から借金をしたせいで、人生のどん底まで落ち、そこから自分を貶めたサラ金屋となって這い上がっていく、社会派エンターテイメント。
また、「ソウルメイト」のシン・ドンウクが、パク・シニャンと対峙する、いわゆる悪役に。
冷徹で孤独な、頭の切れるサラ金マンを好演。


感想

噂にたがわず、面白かった・・・
これはもう、ひとえにパク・シニャンの演技の上手さでしょう!!マジ、上手いです。
特に前半は、堕ちて這い上がるという落差、それを生き生きと演じていて、彼でなければここまで面白くなかったんじゃないか?と思わせる熱演ぶり。
後半は、前半ほどのインパクトを感じなかったのが正直なところ。ラストも意外性を狙ったのだろうけど、ちょっと日本人的お約束からかけ離れすぎていて、同調できない。
シン・ドンウクの動いて演技するところを初めて見たのですが、この人、写真より動いてるほうが全然良いですねぇ・・・写真だけ見ていたときは、人気がある俳優と紹介されていても、どこがいいのだろうか、とナゾだったくらいなんですが、まずは声が低くて魅力的。そしてスタイル、姿勢の良さが光る、光る!よく分からないけど、雑誌でインタビューを少し読むと、クセのあるタイプのようにお見受けするんで、こういう冷徹な役もよくハマッて、普通にカッコよいだけの人じゃないという感じがしました。
ドラマは恋愛部分があまりないのだけど、不思議ですねぇ~、その、ほんの少しのニュアンスのあるシーン(いや、キスシーンもあるけど~)だけで、パク・シニャンが素敵に見えてしまう…。
切なくてドキドキさせるのは「パリの恋人」のときと同じです♪やっぱり上手い・・・


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]