タグ:ハン・ヘジン ( 3 ) タグの人気記事

f0147413_00282756.jpg出演:ハン・ヘジン、チ・ジニ、キム・ジス、イ・サンウ

2014年、SBS、全20話。
夫の浮気をきっかけに人生観が変わってしまった女性と、本当の愛を知らないまま親の決めた相手と結婚した男が、導かれるように始めてしまったW不倫。ふたりの罪深くも真剣な「婚外恋愛」とその秘密に気づいてしまった配偶者たちの復讐を描いたオトナのための恋愛ドラマ。共感を呼ぶセリフ完成度の高いストーリーで韓国の視聴者の心をつかんだ名作。「温かい一言」は、全ての傷と障害を抱き合い家庭を守るために緊張感溢れる掛け合いを続ける夫婦の葛藤を描くドラマである。MBC月火ドラマ「奇皇后」という強敵に遭い視聴率の面ではそれほど頭角を現せなかったが、共感できる台詞と俳優たちの熱演、現実的な内容などで多くの視聴者の好評を得た。
<感想>

自分がこのドラマ紹介を読んだら、まず絶対に見ていなかったと確信があります。(笑)W不倫にも興味ないし、夫婦の危機だの浮気だのっていうのがもうドロドロを連想させるからです。それに最近のハン・ヘジンさんは清純派から脱皮しようとしてるのか「いばらの鳥」(これも見てないけど)のようなドラマにも出ているし、とにかく私の苦手分野です。しかし録画を貸してくれる方が、最初はダメだなと思ったのに、これが観ていくうちに意外にいいのよ~、キム・ジスさんすごいわよ、って勧めるので、好きなイ・サンウさんも出るし、ということで観てみることに。そしたらやっぱりかなりえげつないドラマなんです。(笑)これ、既婚男性はどう感じるんだろう?って思っちゃうくらい、けっこうリアルというか、うん、えげつないです。(笑)
ところが・・・!次第に貸してくださった方の気持ちが分かるようになってきます。いや、そこは好みの問題もかなりあるとは思いますが、そして確かにダブル不倫なんです。そしてそれに気づいた浮気される側の妻と旦那も責める、責める。キム・ジスさんはその浮気された側の妻なんですが、人格崩壊気味になるくらい危機迫る演技。(笑)いつもの私なら、もうこれ観ない、といって挫折していたでしょう。それくらいキム・ジスさんの演技は凄かったんです。でもこのドラマの面白いところは、ただの浮気された側の復讐とかそういう事だけではなく、その復讐心の正体が「愛」だということなんです。浮気された側の旦那さんであるイ・サンウさんも、妻に浮気されて同じく人格崩壊なんですが、それでも辛さが前面に出している。それは憎しみ、プライドを傷つけられただけではなく、「愛」が彼をそうさせていると伝わってくるからなんです。特にキム・ジスさんは、幼いころの育ちのせいもあって、高校生くらいの子供(留学中)がいるにもかかわらず、ものすごく旦那を愛している。そして旦那から同じだけ愛を貰っていなかったことに気付いた時に、その寂しさ悔しさが全部吹き出て、それでも愛するがゆえに辛い。そういう辛い場面がてんこ盛りで、観ていてキツイのですが、それなのにすごく引きこまれるのです。普通の不倫の復讐モノみたいなものとは一線を画しているという感じです。こんなに印象的なドラマ、久しぶりかもしれません。インパクトが凄かったです。あまりに辛い展開に、途中でやめてしまう人もいるかもしれないけれど、それでもこの登場人物4人と、彼らの不倫に振り回されてしまう若い男女のカップル、という色んな要素が、すべて愛からくるものだと思うと納得なのです。かなりリアルだと思います……経験はないけど。(笑)
よくある不倫ものって、結局もう愛情は冷めているのに、プライドを傷つけられたとか、自分のものだと思っていたのに取られた悔しさからの、ただの執着心とかが理由になっているものが殆どだと思うのですが、だから私は共感も出来ないし、観る気もしないのだけど、これは、うん、へヴィはへヴィなんだけど、面白かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
毎日、お昼にBSで放送している「頑張れクムスン」を、この正月休みに少しだけ続けて見ていました。手元に、会社の同僚が録画してくれたビデオ(!本当にビデオなんです/笑)を借りて持っているのだけど、そっちはまだ見ていないのに、ついついテレビ放送を見てしまって、そしたら次の日も見たくなって・・・(^_^;)

でも仕事の日に録画して・・・ってことは、さすがにしてないです。だって、手元にあるから。(笑)
というわけで、やはりあとでちゃんと最初から見ますけどねvv

ちょっとだけ見たら、やっぱりすごく面白そう。人気高いドラマですものね。
最近、時代物とか、現代ものでもドロドロ愛とか(笑)を見ていたので、こういう爽やかな作品が、心洗われる感じで(笑)すごくホッとしたんです~。

カン・ジファンssiは、実は「京城~」や「ホンギルドン」のドラマも、彼の演じる役柄も大好きでありながらも、彼自身には特に興味がなく、惹かれるものがあまりなかったのですが(身長が高いのは好みでしたが…汗)このジェヒ役の彼は、オーソドックスな感じでありながらも、そこがカッコイイですねぇ~。初めて彼にトキメキを感じましたよ~vv

テレビ放送している韓国ドラマや、お友達からお借りしているDVDとかがあって、そっちを先に見なければならないので、なかなかクムスンをすぐには見れないんですが、見はじめて、見終わる頃にはファンになってたりして・・・(笑)

f0147413_0294418.jpg

[PR]
f0147413_22581360.jpg出演:ソン・イルグク、ハン・ヘジン、チョン・グァンリョル、キム・スンス

2006~2007年、MBC、全81話。
韓国ドラマ初の高句麗建国の神話を映像化することで、放送前から大きな話題をさらった朱蒙。期待どおり、4週目から視聴率が30%を超え、全60話だったのが21話延長された。
また、71話目では、国民ドラマの条件といえる50%超えを記録して有終の美を飾った。
大ヒットの要因は、なんといっても「ホジュン」のチェ・ワンギュ作家と「チェオクの剣」のチョン・ヒョンス作家が作り上げるストーリーの面白さ。英雄の誕生と成長、そして建国への執念をスペクタクルに描きながらも、切ない恋や権力をめぐる人々の葛藤などを、繊細かつドラマチックに描き、さすがヒットメーカーとの評価を得た。(「韓国TVドラマ」より抜粋)


感想
とうとう、1年と8ヶ月くらいかな?テレビで週に一回の放送を見続けてた朱蒙が終わりました。
いやぁ~、最初は全81話を週に一回で放送だなんて、いつ終わるんだよ~って思っていたけど、終わってみると、早かったような気もします。
BSフジの韓ドラは全部葺き替えなので、最初は慣れずに、どうなのよと思ったこともあったけど(一部、ものすごく下手な吹き替えの人もいたし~)ただ、耳に入ってくる言葉がネイティヴであるということは、非常に分かりやすいという利点があることを再認識。
特に海外の歴史モノって、設定とかも分からないし、難しいじゃないですか。でも吹き替えで見ると、たまに余所見をしても分かるし(笑)とにかく見やすかったです。
ただし、基本的にはやはり日本語字幕のほうが、感情が伝わりやすくて面白いですけどね;
朱蒙は、高句麗を建国した英雄として登場しますが、実際はこの頃の資料が殆どなく(なにせ紀元前の話ですから)神話のように語り継がれているものを、擬人化してドラマにしたらしいので、やたら豪華な衣装やセットも、きっと想像だったんだろうな~。いや、本当に、私も色々時代物を見たけど、こんなに衣装が豪華で派手なドラマは初めてというくらい、綺麗でしたもん。
途中、面白くて、何度も先が気になったけど、そんな時もあれば、少し間延びしてるかな、なんて思った時期もあったり。長いから仕方ないよね。総合的には、とっても面白かったです!

それまで韓国の時代モノは、一番近代に近い、朝鮮王朝時代を扱ったものが多く、その中で高句麗を扱ったドラマは、ほんの最近作られ始めたそうです。なぜかというと、高句麗のあった場所が、現在の北朝鮮や中国あたりになるため、領国との関係なども絡まって、なかなか資料も集められず、ようやく最近関係が良好化しつつあるために、今、どんどん高句麗の時代モノがドラマ化されているそうです。韓国の視聴者には、飢えている時代や場所でもあるので、新鮮さがあって、だから高視聴率を取れるらしいですよ。

朱蒙は、建国をメインにしているけれど、それをとてもエンターテイメントな面で力を入れた作品という感じがするので、家族で見れるドラマとして定着したとか。
時代モノをあまり見ないという方でも、エンタメ性があるので、見やすいドラマです。
少し長いのが難点ですが、わりとお勧めしやすいドラマでもあります。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]