タグ:ハン・ヒョジュ ( 7 ) タグの人気記事

f0147413_231477.jpg出演:ハン・ヒョジュ、チ・ジニ、ペ・スビン

2010年、MBC、全60話。
ドラマ『宮廷女官 チャングムの誓い』『イ・サン』のイ・ビョンフン監督の最新作。宮廷の下働きの立場から王の側室となった実在の女性、淑嬪崔氏(スクピンチェシ:トンイ)。その明るく強い心で、さまざまな事件や困難を乗り越えていく様を描く歴史娯楽大作。ドラマには、朝鮮王朝時代の三大悪女のひとりと呼ばれる張禧嬪(チャン・ヒビン)も登場。今までに何度もドラマや映画が作られてきた張禧嬪を、イ・ビョンフン監督がどう描くのかにも注目。また、監督はこれまでも水刺間(スラッカン)、内医院(ネイウォン)、図画署(トファソ)など朝鮮王朝時代のあまりよく知られていない宮廷の部署をドラマで紹介してきたが、今回は華やかな宮廷音楽を担当する掌楽院(チャンアゴン)の様子を見せてくれる。出演は『春のワルツ』のハン・ヒョジュ、『宮廷女官 チャングムの誓い』のチ・ジニ。見どころ満載で韓国での視聴率30%を記録した人気作品。


感想

以前観たドラマ「張禧嬪(チャン・ヒビン」にもトンイは登場しているのだけど、トンイという名前が使われていた記憶が殆どなくて、だから彼女がトンイと同一人物だということに、始まる前は気付かなかったんです~。そもそも彼女を語るとき、トンイというより淑嬪崔氏というほうが多分圧倒的に多いんじゃないでしょうかね。まあ、そんな話はともかく(笑)わりと知っている時代の人間関係を、あのイ・ビョンフン監督が描くということで、けっこう楽しみに見始めました。その前の同監督の「イサン」が、私はまったく合わなかったので、今度はどうかな~という多少の不安も抱えていたんですが、「トンイ」は面白く観れました。イ・ビョンフン監督のドラマというのは、いつも登場人物が非常に限られていて、その少ない人物の中で物語を描くので、ある種とてもわかりやすいのです。まず登場人物を覚えやすい。それにともなって人間関係も覚えやすい。変に脇の人物に焦点を当てて、その人にもこんなドラマがあります、というような事が殆どなく、だから悪人は悪人らしく、良い人は良い人としてブレずに話が展開されるので、だからわかりやすいんだと思います。(ただその分、キャラに厚みが出ないこともあるように感じますが…)エンタメ性も高く、次はどうなるんだ~、といった楽しみもあって、だから人気がある監督さんなんだろうな~と。今回も同じくわかりやすく進んでいくので、週に一回の放送でも、それまでの事を忘れてしまって毎回気持ちが途切れる、ということがなく、そこも長所かな、と思いました。ただ、イ・ビョンフン監督の史劇では、毎回男性キャラに入れ込むということがなくて(唯一、「ソドンヨ」のプヨソンだけが例外でした…笑)だから面白いんだけど、それまでかな、という感じですね。心躍る気持ちとか、毎週楽しみで仕方がないとか、一週間が待てず、ネットで検索したりとか、そういうことが全くないんですよね~。なので、まあ歴史を知る、という知的欲求を満足させてもらい、展開のハラハラドキドキ具合を楽しむということに集中するドラマですね。もちろんチ・ジニさんをはじめ、ペ・スビンさんとか、出演男優さんを個人的に好きだ、という人には、それ以上に楽しめるドラマになると思います。まあでもやっぱり私は、イ・ビョンフン監督ドラマは「チャングム~」が一番面白かったかなぁ~。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_23242243.jpg出演:イ・スンギ、ハン・ヒョジュ、ペ・スビン

2009年、SBS、全28話。
2009年、韓国中の話題をさらった注目作。初回視聴率16.9%に始まり、その後右肩上がりに急上昇。中盤で30%台を記録し続け、ラスト5話では全話40%台を獲得。最終話では番組最高はもちろんのこと上半期ドラマ最高視聴率47.1%を叩き出した驚異のドラマ。
 贅沢三昧の中で育ったイ・スンギ演じるファンと、突然さまざまな悲劇に襲われながらも、家族のを信じ続けるハン・ヒョジュ演じるコ・ウンソン。この二人が偶然出会ったところから運命の歯車が大きく動き出す。二人を中心に遺産を巡るさまざまな思い、たくらみが渦巻いていく…。温かく、笑いと涙に溢れ、生きるために必要なメッセージが次から次へと登場する感動のラブ&ファミリードラマ。


感想

もう~、とにかく話題でしたよね。視聴率とイ・スンギくんが。あ~~~、きっと私がどうしてこうもイ・スンギくんに引っ掛かりを持つのかというと、もちろん顔が好みではないということもあるんですけど、このドラマでブレイクしてから「国民の弟」という愛称を貰って、同じく「国民の妹」キム・ヨナと一緒にCMに出たとかいう話を聞いたからかもしれない、と今思いました。(笑)別に彼女とどうこうというわけじゃないのに、それだけで彼女と繋がりを感じて反感めいたものがあったのかも・・・(苦笑)キミに罪はないのに、ミアネヨ、スンギくん。(笑)

さて、そんなこんなで途中2回ほど感想の記事を書いたのは、右側のカテゴリー「華麗なる遺産」をクリックしていただけると読めます、というわけで、このドラマ、面白かったです~。(笑)
実は内容に関しては殆ど情報を入れずに見たので、普通のラブコメ&ホームドラマかと思っていたんだけど、見てみたら爽やかな中にも、案外ドロドロ怨念系と、主人公いじめによるイライラ系のミックスでビックリしました。(笑)しかし、ドロドロイライラ系って・・・見てるとやっぱり面白いんですよね。(苦笑)救いだったのは主人公のウンソン@ヒョジュちゃんが、めっちゃイイキャラクターだったからだと思います~。スカッとするくらい、悪いことは悪い!と口に出してくれるし、誠実な女性で、運命に振り回されるんだけど、けっして受け身キャラじゃないこと。前向きなんです。それに自分のミスや配慮の足りなさで周りに迷惑をかけたり振り回したりという、いわゆるドジなキャラでもないのが非常に私的に救われました・・・(笑)何故かというと、「君は僕の運命」のセビョクは、そういうキャラだから、どんなに不幸な目にあっても自業自得じゃんと思ってしまうんで、まったく共感出来ないんですよね~(笑)まあ他のドラマのことはどうでもいいんですが、たまたま同時に視聴していて、私があまりに「君は~」に嫌悪感を抱いているので、つい余計なことを。(笑)
いわゆる相手役のスンギくんと、そのライバルとなるスビンssiは、どちらにも惹かれないという、視聴にあたって厳しい状況でしたが(笑)ストーリーが面白いのとヒョジュちゃんが良かったので、そのへんは気になりませんでした!ホームドラマテイストのラブコメといった感じなので、ホームドラマ枠での長編でよくありそうな話だな~と思ったのですが、このくらい短くてもストーリーがよく練られているので十分楽しめたというか、むしろやっぱり見やすいです、このくらいが。(笑)
ということで、誰にもハマれなくても、普通に面白いドラマなので、けっこう万人にお勧めです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23234236.jpgあと1話になりました。(笑)
あと1話なら、終わってから感想を書けばいいのに、って感じですよね~(笑)
どうしても書きたかったわけじゃないけど、せっかくカテゴリを作ったのに1つしか記事がないのが寂しかったからなんですけども。(笑)

これ、28話ってことは、24話が伸びて28話になったんでしょうかね~
テンポ良かったのに、20話あたりでいきなり間延びを感じた(BGMで映像だけが流れたりとか)ので、きっと脚本家の方もエピソードを増やすのに大変だったんだろうな~と思ったり。そういう時、ドラマ「オンエアー」を思いだします。脚本家って大変ですよねぇ~・・・(^_^;)

ドラマはもう終わりにあと一歩で、まあだいたい想像はつくんですが、面白かったで~すvv
このドラマ、やはり見る前の情報が私にはちょっと不要だった気がします。
というのは、何となくですけど、このドラマを見たらハマらないといけないような感じとか、何と言ってもこのドラマでブレイクしたイ・スンギくんを好きにならないとおかしいような感じとかがある気がして(笑)構えてしまう部分とか多少なりともありましたよ~。
でも、やっぱりどう見てもイ・スンギくんも、そしてキャラとしては最高にイイ男のペ・スビンssiも、どちらも見た目が私のタイプからは遠いんです~。なので、どちらにもハマりませんでした。(笑)

f0147413_23324385.jpgその代わり・・・ウヌ!!この可愛い弟くん、大好きでした~vvなにがって、この素朴なサル顔(失礼?笑)って、どう見ても私の好き系の顔じゃないですか~(笑)演技もうまいですよねぇ~。可愛かった、ウヌ!!

そしてこのドラマといったら、もうウンソン義理母でしょ~、って感じです。(笑)
最初こそ、死んでくれと思っていたけど、中盤以降、この人いったいどこまでやるんだ、という妙な期待感すら抱かせた悪女。(笑)凄かったです~。あっぱれ。(笑)

そんなこんなで、妙な期待には全然反応しなかったけど、そんな前情報がなくて、普通に見てたら、波乱万丈、韓ドラらしいテンポのよいハラハラドキドキな面白いドラマでしたよ~。また最終回を見終えたら、ちゃんとアイウエオ順のタイトルカテゴリーで☆評価します♪
[PR]
f0147413_22565531.jpgようやく視聴を開始しました~。
なかなか思っていたよりも…ハードな設定というか…私の得意ではない(笑)イライラ系かも~!でも、面白いんですけどね。ははは。(笑)
噂には聞いてましたけど、最初のイ・スンギくんは予想を超えるクズ男だな。(笑)
まあ、これがだんだん変身していくんですよね。う~ん、好きになれるかしら。でも人間ってギャップに弱いからな~。最初の印象が悪ければ悪いほど、良くなっていくと惹かれる可能性も高そうですよね。ただし顔はタイプじゃないんで・・・どうかな~~(^_^;)

ペ・スビンssiはいい役ですねぇ~。しかし、彼がこんな普通の役(笑)、しかも主演カップルのライバルっぽい役をすることに、私はなぜか酷く違和感があります。(笑)今まで史劇でばかりお目にかかっていたせいでしょうか。私の中で年齢不詳になっていたようです。(笑)

自分の予想としては、面白くは見るだろうけど、そんなにハマらないのでは?という感じですが、私、「オンエアー」を最初に見た時に、ハマらないだろうと思った過去があり(笑)実際は大ハマリだったので(笑)まあ私の予想も正直当てにはなりませんね。(笑)
[PR]
f0147413_23165327.jpg出演:パク・ヘジン、ハン・ヒョジュ、イ・ジュヒョン、カン・ジョンファ

2007年、KBS、全165話。(1話30分)
2007年上半期、韓国で「朱蒙」「19歳の純情」に次いで視聴率第3位を獲得。日本でも放送されたドラマ「春のワルツ」のヒロインを演じたハン・ヒョジュと、2006年韓国で大ヒットしたドラマ「噂のチル姫」で年上女性に純愛を捧げる役を演じて一躍スターとなったパク・ヘジンが共演した話題作。
社会的地位がなく経済的にも厳しいが、お互いに信頼し愛することで強く繋がっている家庭と、人が羨む地位と経済力を持っているが、夫婦間の信頼や愛が失われたまま生きる家族。「幸せな家族」とは何かを考えさせてくれる、秀作ホームドラマ。


感想

一言で言うと、いい~~ドラマでした。(*^_^*)
全編とおして、シリアス展開の部分もけっこうあったので、辛いな~~と思って見る回も多かったけど、各キャラクターの性格付けと描写がとても丁寧で、だからセリフにも説得力があるし、辛かったあとの感動も大きかったです。
そしてやはり主要カップルの一人、パク・ヘジンくん。私はこのドラマが初ヘジンくんだったのですが、ムヨン役は良かったですね~~。悩む役なので、辛そうにしている事が多かったけど、でも幸せそうに笑うシーンも案外多くて、すご~く良い子。こんな息子を持ちたい、と思う子でした。(笑)
女性キャラでは、ムヨンの相手役のハン・ヒョジュも良かったんだけど、私は途中まで一途にムヨンを思うウナ(ホン・スア)が一番のお気に入りキャラでした!とにかく可愛くて良い子。彼女の背負っている設定がとても重くて、彼女のエピソードのクライマックスではかなり辛かったけど、本当に天使のように良い子なので大好きでした。彼女はムヨンという初恋を卒業することになるけれど、ちゃんとラスト近くでは幸せの予感を感じさせてくれるエピソード作りもあって、そんなところも良かったです。長い話なので、色んなキャラクターにそれぞれ問題が勃発するのだけど、ひとつひとつクリアされていって、ちゃんと最後には全部がハッピーに終われたのも良かったです。
言い方はなんだけど、下世話な刺激や面白さはないので、真面目に作っているという感じがして、ホームドラマは本当は得意分野ではないけれど、丁寧な脚本、演出で最後まで面白かったです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
ようやく100話近くなってきて、じれったかったこの2人が前向きになれそう~037.gif
以下、moreをクリック・・・

f0147413_23532917.jpg


More
[PR]
f0147413_2315134.jpg出演:イ・ジュンギ、ハン・ヒョジュ、パク・シフ、イ・ヨンア

2008年、SBS、全20話。
悲劇的な運命を乗り越え、英雄へと成長していくイルジメの姿をユーモラスに描き、平均視聴率21%超と、同時間帯のドラマの中でも群を抜いた視聴率を記録した。
快活で明るいヨンと、悲しい運命を背負ったイルジメの、二面性を持つ主人公を演じたのは、映画「王の男」、ドラマ「犬とオオカミの時間」のイ・ジュンギ。彼の圧倒的な演技力と存在感は、間違いなく「一枝梅」の大きな魅力となっている。
2008年に放送された「快刀ホン・ギルドン」「必殺 最強チル」、そしてこの「一枝梅」は、庶民の味方としてあくどい役人に挑戦状を突きつける“義賊”の活躍を描いたフュージョン時代劇であり、そのどれもが韓国社会に笑いと感動を与えて、大きな反響を呼んだ。(「もっと知りたい!韓国TVドラマ」より、一部抜粋)

感想

「最強チル」はまだ未見ですが、「~ホン・ギルドン」大好きだったので、このドラマもかなり評判良かったし、楽しみに見ました。ところが、最初のころ、お約束の子供時代から話が始まるのですが、人間関係がすごく複雑で、とにかく分かりづらい。血縁のシガラミ、子供が入れ替わって育つなど、誰の子が誰で、本当はどうなんだ?とか、そういうことがなかなか頭の中で整理できなかったせいで、8話くらいまで実は乗れなかったのです。おまけに、イ・ジュンギは、犬とオオカミのときと同じくらい、ボロボロに怪我するわ、死にかけるわで、その苦しみ方とかも、最初は演技過剰のように、私の目には映りました。映画でしばらくやってきて、そういう関係なのかな?とか、理由を考えてしまったくらい。(笑)ジュンギの名声はかなりのもののようだし、彼の名前で客が呼べるくらいだと思うので、これでもかと目立つ演出にも、私が乗り切れなかった一因があったようにも思えます。
ところが。・・・8話を超えて、人間関係がようやく頭の中で整理できてから、一気に後半面白くなってゆき、それは加速度をましてゆきました。絡み合って、もつれ合っていた人間関係の糸が、徐々に解けてゆくにつれ、登場人物たちにも隠されていた謎が明らかになってゆき、その過程はとてもスリリングで面白い。
そしてなにより、このドラマの最高の持ち味は、親子愛を描いていること。ホン・ギルドンが男女の恋愛を軸にしているのに対して、イルイメは親子の情愛を深く描いていて、そのへんも後半の感動場面に大きく貢献していました。
心ときめくキャラクターは出来ませんが(ジュンギのファンじゃないので…)脇役にキラリと光るおじさん達がたくさんいて、それがかなり魅力的です。(笑)私は、ジュンギの育ての親と、元殺し屋から転身した坊主がお気に入りでした。(笑)
ラスト、よ~~~く見てください。脚本家の意図を受けて、監督さんのマニアックな演出が、見えない結末を導き出しています。ヒントは小道具です。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]