タグ:ナム・サンミ ( 6 ) タグの人気記事

f0147413_23592400.jpg出演:ナム・サンミ、キム・ジフン、イ・サンウ

2013年、SBS、全36話。
結婚という人生の岐路に立ち、価値観の異なる2人の男の間で揺れる女。相手の家柄、職業、学歴、お金に対する考え方や人生観……様々な条件のなかで結婚に必要なものは何かを問いかけていく、大人のラブストーリー、「結婚の女神」。主人公を中心に、様々な人生観をもつ女性たちの幸せ探しのストーリーとしても、多くの反響を得た話題作だ。
魂が通じ合う相手との結婚を望みながら、現実の問題に葛藤するヒロインには、『光と影』や『犬とオオカミの時間』で知られる清純派美人女優、ナム・サンミ。彼女の婚約者で財閥子息の検事という最高の条件を備えた男には、『となりの美男〈イケメン〉』『星を取って』のキム・ジフン。さらに、ヒロインの心を大きく揺らす素朴な建築家には、『神々の晩餐~シアワセのレシピ~』『馬医』のイ・サンウ。タイプの違う「条件」の男たちのどちらを“最終的に”ヒロインは選ぶのか、最後までわからない展開にハマリこむこと必至だ。

<感想>
出演者のメンツはなかなかいい感じで、しかも男性陣二人は、どちらもヒロインの相手役を経験したことがあるので、三角関係が予想されても、最終的にどちらと幸せになるのか(ハッピーエンドは想像がついていたので)分かりづらく、その点で俳優としての格みたいなものが差がなかったのは良かったかもしれません。
ただ・・・・ナム・サンミさん、私は比較的好きなほうなのですが、この役はとにかく共感出来ない。途中で、自分が選んだ道なのに、その大きなため息の連続はやめて!鬱陶しいし、わがまますぎる!(しかも劇中では我がままという風には描かれていない。でもどう見ても世間ずれした甘ったれにしか見えない)とイライラ。(笑)
イ・サンウさんも、何だか主体性のないウジウジした男って感じだし(酷いな私)唯一キム・ジフンさんだけが、ひたすらヒロインを愛して守ろうと頑張って尽くすいい人なんですよ。でもヒロインがあまりに酷いので、どっちの男性も、なんでこの女をそんなに思い続けて人生狂わせなきゃいけないんだ、と怒りが湧いてきます。(笑)どっちの男性とハッピーエンドになるかは書かないでおきますが、まったく共感出来ないドラマでした。36話もダラダラと鬱陶しい。でも、このドラマは実はこの3人の話だけではなく、彼らを取り巻く他の登場人物の結婚生活の様々な出来事についても並行して描いているので、3分の1くらいはホームドラマっぽいです。
それにしても滅入ったのが、ことごとくあっちでもこっちでも皆が声を荒げ怒鳴り散らすこと。辟易しました。男性女性、老若男女問わず怒鳴るので、うるさ~~い!って画面に文句言いそうになりましたよ。(笑)
文句ばっかりの感想でしたが、何ていうか、最初のほうでのシーンでヒロインの選択が違うほうであったなら、こんな鬱陶しい事にはならなかったと思うと、本当にお騒がせなヒロインだったよ、ってラストで思っちゃったものですから。ラストが違っていたら、ここまで文句を連ねなかったかもしれません。でも実は最終回の流れは、観る前から私の中に湧いてきて、最終回だけなら私でも脚本書けるわ、と豪語。予定調和過ぎて更に腹立たしかった。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆


[PR]
f0147413_23511949.jpg出演:チ・ヒョヌ、ナム・サンミ、チャ・イェリョン、ソ・ドヨン

2009年、KBS、全16回。
古典「三國遺事」に収録されている韓国のピョンガンとオンダルの説話を元題材に、現代に生まれ変わった二人の恋愛を愉快に描いたロマンチックラブコメディー。
「マイスウィートソウル」「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」のチ・ヒョヌ、「食客」「犬とオオカミの時間」のナム・サンミ、そして「春のワルツ」「チング」のソ・ドヨンといったフレッシュなキャストでお届けする注目のドラマ。演出「快刀ホン・ギルドン」のイ・ジョンソブ、脚本「カインとアベル」「乾パン先生とこんぺいとう」のパク・ケオクのコンビ。


感想

既に見てる方から、最初はかなりハチャメチャコメディだから要注意的なお話を聞いていたので、それを心にとめて見始めたんですが(笑)これが期待通り、本当にハチャメチャコメディ。(笑)
でもチ・ヒョヌくんがこれだけ壊れてると、可愛いです。多分メリテグとかも、コメディだからこういう感じだったのかな?と思ったんですが、メリテグは見てなかったので、ヒョヌくんの凄いコメディはこれがお初。でも似合います!!終始しかめっ面したような役より、似合ってる感じで。
しかも、コメディのナム・サンミちゃんは可愛いんですよ~。だから二人がじゃれてる感じのシーンとかが、息がぴったり!って感じで、見ていて微笑ましい感じすらしました。
序盤の壊れた感じのコメディ路線に付いていける方は、面白く見れるんじゃないでしょうか。
演出がホンギルの方なので、なんとなくそんな雰囲気もあったりとか。
右側のカテゴリ「天下無敵イ・ピョンガン」でも書いているのですが、このドラマをフュージョン史劇と思っている方もいるかもしれませんが、現代劇なんです。ただ、毎回ドラマのラスト、途中からは最初に、短い史劇が入っていて、そもそも古典「三國遺事」に収録されている韓国のピョンガンとオンダルの説話を元題材にドラマ化しているので、その高句麗時代のピョンガンとオンダルの話を差し込んでいるんです。そして、原題の二人を、この時代の二人の生まれ変わりという設定にしているわけなんですね。
私は個人的に、最初見ていて「宮」を思いだしたんです。話は全然似てないけど、何となく雰囲気でしょうかね~。「宮」も最初はドタバタコメディだけど、裏で陰謀渦巻く感じだったからかな。
好き嫌い分かれるドラマかもしれませんが、私はけっこう面白く見れました。(*^_^*)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_0225712.jpg私、このドラマ好きかも!

かなりのドタバタコメディから始まると、話には聴いていたんですが、それは本当です。(笑)
でもそれがなんか「宮」とか「快刀ホン・ギルドン」を思い出すんですよ。

今、他の方のブログ検索をしていたら、やはり「このドラマ好きです。「宮」を好きな人なら、これも好きなんじゃないかな」って書いてる方がいらして、やっぱり!同じことを感じるんだ!って思ったんですよ~。(*^_^*)

「宮」も終盤の重い展開が印象に残ってる方が多いかもしれないけど、意外に最初の頃はドタバタコメディで、しかもその裏側でとんでもない悪事が画策されている・・・という感じだったし、そのへんの設定とか雰囲気とか、展開とかも、何となく彷彿とさせるものがある気がしました。

ホン・ギルドンも、最初ギルドンは人生を諦めてるような、自分本位のキャラとして登場して、コメディタッチから始まるけど、途中で改心して正道を進もうとするでしょう?
イ・ピョンガンも(って、このピョンガンって実はサンミちゃんの役名で、ヒョヌくんはオンダルって言うんですが)オンダルは金持ちのダメ息子として登場するけど、何となくこれから成長していきそうな気配があるんですよね~。

ヒョヌくんとサンミちゃんのやりとりも、可愛いemoticon-0115-inlove.gif
まだ、どちらも恋心まではいってないけど、既にちょっとツンデレっぽいし。(笑)

脇役のメンツも、「ホンギル」「海神」なんかを思い出すメンツです。(笑)
「海神」で良い家臣だったヨンが、悪役で出ていますよ~。本当、風見しんごに、そっくり。(笑)

そして、主題歌、好きです~。ラップが小気味よいemoticon-0152-heart.gif
あ、そうそう、このドラマ、史劇とかフュージョンだと思っている人もいるかもしれないけど、実は現代劇です。「快傑春香」のように、毎回最後に三国時代の寸劇が入るんです。というのは、もともとこのドラマって、古典「三國遺事」に収録されている韓国のピョンガンとオンダルの説話を元題材に、 現代に生まれ変わった二人の恋愛を愉快に描いたロマンチックラブコメディーなんですって。
そんなところも「快傑春香」みたいですよね。それで、高句麗と新羅が戦っている時代のキャラとして、毎回ピョンガンとオンダルの寸劇があるんですよ。そんなところも、ちょっと面白いvv
[PR]
f0147413_2301946.jpg出演:キム・ミョンミン、ナム・サンミ

2006年、SBS、全16話。
幼い少女を残して、家族全員が死亡した交通事故を切っ掛けに、ショックで記憶を喪失した少女ナリムの記憶を取り戻そうと、死亡した家族と同じ家族構成の偽装家族を与えることに。その家族といったら、全員がクセモノ揃い、問題児揃いで、次から次へと問題が続出するけれど、彼らのナリムを思う気持ちが徐々に偽物家族を本当の家族のように変えていく、ホームコメディ。撮影はハードを極め、そんな甲斐もあってか最高視聴率19.6%を獲得した。


感想

不良シリーズ3部作の中の一つで、「白い巨塔」「ベートーベン・ウィルス」のキム・ミョンミンssiのラブコメというのが気になったのと、シリーズの「不良カップル」がなかなか見ごたえのあるドラマだったので見てみることにしました。(BS日テレの再放送枠)本放送のとき、ほんの1~2回見たことがあって、その時キム・ミョンミンssiとナム・サンミがとても可愛い感じの恋愛シーンだったので、2人の恋の展開が楽しみだな~~って思っていたんですが、実際に見てみると、タイトルに家族とつくのだから当たり前といえば当たり前なのだけど、これはラブコメではなく、ホームコメディだったんですね~。もちろん2人の恋愛展開もあるのだけど、全体としては偽装家族の心温まるエピソードがメイン。正直、ちょっと私の期待とはズレがありました。なので恋愛下手の2人のシーンは可愛かったのだけど、途中早送りとかもしたりして、そ~んなには盛り上がれなかった…。
ただ、最終回が気持ちいいくらい全部の問題が解決されて、ナリムの演技もすごい上手だったし、とにかく大団円で気分良く見終われたので、当初よりも最終回の出来でちょっと星評価を上げました。
「不良カップル」に書いた感想と同じく、何度も見たいと思うドラマではなかったけれど、心温まるハートフルな1作なので、笑って心温まりたい、と思うときにお勧めです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
WOWOWは、BS民放局と違って、同時期にいくつも韓国ドラマを放送したりしませんが、そのかわり放送するドラマは、どれも話題のドラマだったり、多局と一味違うっぽいドラマの選択をするなぁ~という印象があります。

お陰で、過去、ハズレドラマがかなり少ないです。
コン・ユ、ソン・ユリ、ナムグン・ミンの「ある素敵な日」と、クォン・サンウ、イ・ヨウォンの「悪い愛」は、まぁ~そこそこっていう感じでしたが、それでもハズレってほどではないし。

「キムサムスン」「キツネちゃん」「犬とオオカミ」などは、どれもめっちゃ面白かった!!

そんな中、2月6日からスタートする、新しい韓国ドラマは、キム・レウォンの「食客」。
かなり話題なので、タイトルだけでも知ってるという人も多いはず。

これまた、私の韓ドラバイブル「もっと知りたい!韓国TVドラマ」の最新号で、巻頭特集を組まれていたのが、この「食客」だったので、絶対見たかったから嬉しいです~~

あ、もちろん、以前にも書いたけど、私はWOWOWには加入してないので、会社の同僚に録画をお願いしちゃうんだけど・・・(^_^;);;大変だろうけど、ま、彼女も見るから・・・(笑)

WOWOW・韓流ページは「こちら」

f0147413_22583752.jpg

[PR]
f0147413_23222378.jpg出演:イ・ジュンギ、ナム・サンミ、チョン・ギョンホ、チェ・ジェソン

2007年、MBC,全16話。
製作費7億円、海外ロケ、映画「ブラザーフッド」('04)、「美しき野獣」('05)の脚本家ハン・ジフンによる波瀾万丈のストーリーなど、ドラマの枠を超えたスケールが話題を呼んだ「犬とオオカミの時間」。なかでもタイでは、有名な寺院やレストラン、歓楽街はもちろんのこと実際の犯罪多発地帯でもロケを敢行。イ・ジュンギはタイでも大人気のため行く先々で騒動が起きたとか。また、迫力満点のアクション・シーンも見どころのひとつ。
2007MBC演技大賞で、見事にイ・ジュンギが男性優秀賞をそしてナム・サンミが女性優秀賞をW受賞。さらにコミュニティポータルサイト「DCインサイド」が選ぶ「2007年を最も輝かせた最高のドラマ」アンケートでは、ペ・ヨンジュン主演の「太王四神記」に続く2位にランクインするなど、今なお韓国で「犬とオオカミの時間」は高い評価を受け続け、話題となっている。



感想
WOWOWで放送された韓国ドラマは、今のところ、私にとってハズレはないんです。
だから、これも見るのが楽しみでした。そんでもって、期待にたがわず、めっちゃ面白かった。
かなり後を引いているくらい、面白~~い!!というのが感想です。男性にもウケるタイプのドラマだね、これは。もともとアクションは好きだけど、単なるアクションではなく、キャラクターが良く描けているから面白かったんじゃないかな~。
中でもワタシのお気に入りは、・・・・なぜか組織のボス、マオ。(笑)悪者です~~~;;
でも最初に登場したときから、けっこうワタシの目を引いていまして、だけど、そのときから「ただの悪者には見えない」という、なんか勘が働いたんですよねぇ・・・そして、そうでした・・・いや、悪者は悪者なのだけど、ちょっと訳ありでしたね。ラストは、よかったな~~vv
イ・ジュンギは「王の男」を映画館に見に行ったとき、かなり好きでしたし、チョン・ギョンホは「ごめ愛」で馴染みがあって、役柄的には今回のほうが好きなんですけども、そのどちらにも転ばず、マオ~!って言ってるのは、私の周りには誰もいません。(笑)一人旅だわ~~(爆)
とにかく、このドラマが後を引いているのは、マオのせいでもあります。かなり。(笑)
ただ、ロケーションも凄かったし、普通にこのドラマ、面白いです。アクションと復讐劇が苦手でなければ、ぜひお勧めしたい1本です。(ちなみに、恋愛要素は、ちょっと薄いです)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]