タグ:チ・ジニ ( 3 ) タグの人気記事

f0147413_00282756.jpg出演:ハン・ヘジン、チ・ジニ、キム・ジス、イ・サンウ

2014年、SBS、全20話。
夫の浮気をきっかけに人生観が変わってしまった女性と、本当の愛を知らないまま親の決めた相手と結婚した男が、導かれるように始めてしまったW不倫。ふたりの罪深くも真剣な「婚外恋愛」とその秘密に気づいてしまった配偶者たちの復讐を描いたオトナのための恋愛ドラマ。共感を呼ぶセリフ完成度の高いストーリーで韓国の視聴者の心をつかんだ名作。「温かい一言」は、全ての傷と障害を抱き合い家庭を守るために緊張感溢れる掛け合いを続ける夫婦の葛藤を描くドラマである。MBC月火ドラマ「奇皇后」という強敵に遭い視聴率の面ではそれほど頭角を現せなかったが、共感できる台詞と俳優たちの熱演、現実的な内容などで多くの視聴者の好評を得た。
<感想>

自分がこのドラマ紹介を読んだら、まず絶対に見ていなかったと確信があります。(笑)W不倫にも興味ないし、夫婦の危機だの浮気だのっていうのがもうドロドロを連想させるからです。それに最近のハン・ヘジンさんは清純派から脱皮しようとしてるのか「いばらの鳥」(これも見てないけど)のようなドラマにも出ているし、とにかく私の苦手分野です。しかし録画を貸してくれる方が、最初はダメだなと思ったのに、これが観ていくうちに意外にいいのよ~、キム・ジスさんすごいわよ、って勧めるので、好きなイ・サンウさんも出るし、ということで観てみることに。そしたらやっぱりかなりえげつないドラマなんです。(笑)これ、既婚男性はどう感じるんだろう?って思っちゃうくらい、けっこうリアルというか、うん、えげつないです。(笑)
ところが・・・!次第に貸してくださった方の気持ちが分かるようになってきます。いや、そこは好みの問題もかなりあるとは思いますが、そして確かにダブル不倫なんです。そしてそれに気づいた浮気される側の妻と旦那も責める、責める。キム・ジスさんはその浮気された側の妻なんですが、人格崩壊気味になるくらい危機迫る演技。(笑)いつもの私なら、もうこれ観ない、といって挫折していたでしょう。それくらいキム・ジスさんの演技は凄かったんです。でもこのドラマの面白いところは、ただの浮気された側の復讐とかそういう事だけではなく、その復讐心の正体が「愛」だということなんです。浮気された側の旦那さんであるイ・サンウさんも、妻に浮気されて同じく人格崩壊なんですが、それでも辛さが前面に出している。それは憎しみ、プライドを傷つけられただけではなく、「愛」が彼をそうさせていると伝わってくるからなんです。特にキム・ジスさんは、幼いころの育ちのせいもあって、高校生くらいの子供(留学中)がいるにもかかわらず、ものすごく旦那を愛している。そして旦那から同じだけ愛を貰っていなかったことに気付いた時に、その寂しさ悔しさが全部吹き出て、それでも愛するがゆえに辛い。そういう辛い場面がてんこ盛りで、観ていてキツイのですが、それなのにすごく引きこまれるのです。普通の不倫の復讐モノみたいなものとは一線を画しているという感じです。こんなに印象的なドラマ、久しぶりかもしれません。インパクトが凄かったです。あまりに辛い展開に、途中でやめてしまう人もいるかもしれないけれど、それでもこの登場人物4人と、彼らの不倫に振り回されてしまう若い男女のカップル、という色んな要素が、すべて愛からくるものだと思うと納得なのです。かなりリアルだと思います……経験はないけど。(笑)
よくある不倫ものって、結局もう愛情は冷めているのに、プライドを傷つけられたとか、自分のものだと思っていたのに取られた悔しさからの、ただの執着心とかが理由になっているものが殆どだと思うのですが、だから私は共感も出来ないし、観る気もしないのだけど、これは、うん、へヴィはへヴィなんだけど、面白かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_231477.jpg出演:ハン・ヒョジュ、チ・ジニ、ペ・スビン

2010年、MBC、全60話。
ドラマ『宮廷女官 チャングムの誓い』『イ・サン』のイ・ビョンフン監督の最新作。宮廷の下働きの立場から王の側室となった実在の女性、淑嬪崔氏(スクピンチェシ:トンイ)。その明るく強い心で、さまざまな事件や困難を乗り越えていく様を描く歴史娯楽大作。ドラマには、朝鮮王朝時代の三大悪女のひとりと呼ばれる張禧嬪(チャン・ヒビン)も登場。今までに何度もドラマや映画が作られてきた張禧嬪を、イ・ビョンフン監督がどう描くのかにも注目。また、監督はこれまでも水刺間(スラッカン)、内医院(ネイウォン)、図画署(トファソ)など朝鮮王朝時代のあまりよく知られていない宮廷の部署をドラマで紹介してきたが、今回は華やかな宮廷音楽を担当する掌楽院(チャンアゴン)の様子を見せてくれる。出演は『春のワルツ』のハン・ヒョジュ、『宮廷女官 チャングムの誓い』のチ・ジニ。見どころ満載で韓国での視聴率30%を記録した人気作品。


感想

以前観たドラマ「張禧嬪(チャン・ヒビン」にもトンイは登場しているのだけど、トンイという名前が使われていた記憶が殆どなくて、だから彼女がトンイと同一人物だということに、始まる前は気付かなかったんです~。そもそも彼女を語るとき、トンイというより淑嬪崔氏というほうが多分圧倒的に多いんじゃないでしょうかね。まあ、そんな話はともかく(笑)わりと知っている時代の人間関係を、あのイ・ビョンフン監督が描くということで、けっこう楽しみに見始めました。その前の同監督の「イサン」が、私はまったく合わなかったので、今度はどうかな~という多少の不安も抱えていたんですが、「トンイ」は面白く観れました。イ・ビョンフン監督のドラマというのは、いつも登場人物が非常に限られていて、その少ない人物の中で物語を描くので、ある種とてもわかりやすいのです。まず登場人物を覚えやすい。それにともなって人間関係も覚えやすい。変に脇の人物に焦点を当てて、その人にもこんなドラマがあります、というような事が殆どなく、だから悪人は悪人らしく、良い人は良い人としてブレずに話が展開されるので、だからわかりやすいんだと思います。(ただその分、キャラに厚みが出ないこともあるように感じますが…)エンタメ性も高く、次はどうなるんだ~、といった楽しみもあって、だから人気がある監督さんなんだろうな~と。今回も同じくわかりやすく進んでいくので、週に一回の放送でも、それまでの事を忘れてしまって毎回気持ちが途切れる、ということがなく、そこも長所かな、と思いました。ただ、イ・ビョンフン監督の史劇では、毎回男性キャラに入れ込むということがなくて(唯一、「ソドンヨ」のプヨソンだけが例外でした…笑)だから面白いんだけど、それまでかな、という感じですね。心躍る気持ちとか、毎週楽しみで仕方がないとか、一週間が待てず、ネットで検索したりとか、そういうことが全くないんですよね~。なので、まあ歴史を知る、という知的欲求を満足させてもらい、展開のハラハラドキドキ具合を楽しむということに集中するドラマですね。もちろんチ・ジニさんをはじめ、ペ・スビンさんとか、出演男優さんを個人的に好きだ、という人には、それ以上に楽しめるドラマになると思います。まあでもやっぱり私は、イ・ビョンフン監督ドラマは「チャングム~」が一番面白かったかなぁ~。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
土曜日がWOWOW無料放送の日だったんです~。
前にも、「カインとアベル」の初回放送が無料の日だったんですよね。(笑)
続きが見たければWOWOWに入りましょう的な・・・(^_^;)


ま、それはともかく。(続きは会社の同僚が録画してくれるので/笑)

私は日本の阿部ちゃん版をちゃんと見てないので(ところどころ、チラリと目にしたことはあるけど、設定とか展開とかまでは知らないんです)内容は殆どお初で、日本版と比べることはできないんですが、チ・ジニssiの話し方が阿部ちゃんの話し方にちょっと似ていて、意識したのかな?って少し思いました~。

でもしかし、初回、すごく面白かったです~~!

出演者も、これぞ役柄に絶妙にマッチ!と思ったオム・ジョンファさんカウルちゃん@花男はとっても可愛いし、ユ・アインくんは「アンティーク」「必殺!最強チル」と、このドラマで3本目で、なかなかいい感じの子だな~と思い始めているし。
出演者、GOODです!!(*^_^*)

展開もテンポが良くて、脚本も面白いです~
続きを見るのは、録画して貰っている関係でちょっと先ですけど、続きが楽しみな1本でした!


ついでですが、来月からWOWOWでは「ソル薬局の息子たち」も放送しま~す!
さすがWOWOWのラインナップって感じの選出だな~と思いました。
これも同僚に録画を頼んじゃった;;楽しみです016.gif


f0147413_23272412.jpg

[PR]