タグ:チン・セヨン ( 3 ) タグの人気記事

f0147413_23501590.jpg 出演:チン・セヨン、コ・ス、チョン・ジュノ、チェ・テジュン

 2016年、MBC,全51話。
 朝鮮王朝時代の監獄“典獄署(チョノクソ)”を舞台に、そこで生まれたひとりの天才少女の波乱万丈な人生を描く歴史長編大作。
主人公のオクニョが数々の出会いと別れを繰り返しながら、母の死の真相を探り、自分の夢のため、愛する人のため、そして苦しむ庶民のために奮闘していく姿を描いたヒロインのサクセス・ストーリー。
オクニョを演じるのは、『私の娘 コンニム』や『ドクター異邦人』のチン・セヨン。『宮廷女官チャングムの誓い』のイ・ヨンエ、『トンイ』のハン・ヒョジュに続く大型女優の誕生に注目。監督はその2作品を手掛けたイ・ビョンフン監督。この2017年4月からNHK BSプレミアムで放送開始。放題は「オクニョ」。


<感想>

相変わらず私とずっと相性の良くないイ・ビョンフン監督作品の新作。(笑)
ん~、でも「馬医」より出だしとかキャストとか、少しは見ようという気が起きるようになっていてよかったです。(笑)でも飽きもせず、またNHKが放送するとは思っていませんでしたよ。ちょうど私が観終わって、明日の夜に放送前のスペシャル番組があるようですね。
観終わった感想としては、面白くないことはなかったです。朝鮮王朝時代三大悪女のひとり、チョン・ナンジョンが出てきますが、主人公の敵ということになってます。
だがしかし、毎回この全50回(今回は1回多いから好評だったのでしょうか?)という枠を使うけれど、途中でダレるんですよねぇ。私だけですか?(笑)
最初から、ぶっちゃけチョン・グァンリョルが生きていた時くらいまではスリリングで面白かったです。しかし途中でいなくなってから、なんとなくダレる。この間の出来事ってどうしてもいるのかしら?もしくはもっとテンポよくできないのかしら?と数度思いました。しかし最初から50回の枠が決まってるから短くすることもできないわけで、まあ脚本が悪いのでしょうかねぇ。そしてオクニョの出生の秘密が解き明かされていく終盤に、また面白くなっていって、ラストは悪くなかったですよ。
チン・セヨンさん、私の苦手の女優さんですが(笑)今回はそこまで嫌な感じではなく助かりました。50回もあるのに嫌な感じだったら耐え難かったかも。(笑)私が嫌なのは、彼女が不幸を振りかざして、卑屈に愛する相手を遠ざけて苦しめる、っていう役があまりに多いからなんですが、今回はわりかし色恋が濃くなかったというのもあるし、彼女自身わりと淡白な感じだったから気にならなかったのかもしれません。ただ、その分、コ・スくんが勿体ない・・・。この役柄をあえてコ・スくんが演じる意味があったのだろうか、と思わずにいられません。ハードボイルドな役柄をしたら天下一品なのに、なんか半端に目立たない感じの役柄であまり魅力が出ていないな~とずっと思っていました。コ・スくんのキャスティングは賛成できませんでしたね~、私は。
まあ出だしは親の世代の大事件から始まりますので、お約束の出征の秘密が出てきて、面白くて入り込みやすい史劇だと思います。安定のイ・ビョンフン監督作を楽しめる方であれば、吹替でしょうけれどNHKをご覧になってもいいかと思います。

星評価 ★★★


[PR]
f0147413_23292606.jpg出演: チェ・ジニョク、チン・セヨン、イ・ジフン、チョ・ミンス、パク・サンウォン

2011年、SBS、全131話。
血のつながりのない母と娘の固い絆と波乱万丈の人生、2人の男性をめぐる娘コンニムの愛の行方を描き、韓国で高視聴率を記録したヒューマンドラマ。出生の秘密、ひき逃げ事故の陰謀、継母と娘の葛藤と愛、愛する2人の前に立ちはだかる障害など、韓流ドラマ王道の要素がちりばめられ、目の離せないストーリーが展開!主演は「相続者たち」、「ロマンスが必要」などで注目されたイケメン俳優チェ・ジニョク。そして、「ハロー!お嬢さん」、「ニューハート」といった人気作に出演し、甘いマスクと確かな演技力で日本でも人気の高いイ・ジフン。ヒロインは「蒼のピアニスト」でチュ・ジフンの恋人役を演じたチン・セヨン。
<感想>

最近は携帯を見ると、新しいドラマか古いドラマか分かりますね。(笑)先にBSで放送があったけど、私はチン・セヨンさんが苦手なので観なかったのに、これが手元に来てしまって131話も見続けるはめに。(笑)
この手のドラマは当時高視聴率だったといっても、もう放送枠に固定視聴者みたいなのがいたりするんじゃないですかね。もう~まさにザ・韓ドラで、目新しさも一切ない、あれやこれやの韓ドラあるある!のてんこ盛りです。
だからもし見ていなくて、視聴率が良いから観ようかな~と思っている方、ん~~、いや例えば出演者、チェ・ジニョクさんやイ・ジフンさんが好き、とかなら良いでしょう。あと、お決まりの韓ドラパターンをガッツリ観たいと言う人も良いでしょう。でも全131話もあるんですよ…それを乗り切る覚悟を持ったほうがいいと思います。(笑)私はお借りしてなかったら、途中で挫折していたことでしょう。(笑)なぜなら、チン・セヨンさんが、やっぱりチン・セヨンさんだったからです!!彼女の頑固で意固地で、でも自分が正しいから絶対意見を曲げないみたいな、男は二の次、自分の大切にすべきものの順番が私とは違っているので、まったく共感出来ませんでした。
終盤とかも、いくら一番苦しい時期を一緒に苦労して乗り切ってきた血のつながらない母が大事だからって、自分のおなかの中に愛する男性との子を宿していることを二の次に考えるところとか、本当に理解不能でした。その義理の母のキャラクターも、チン・セヨンさん演じるコンニムと血がつながっていない親子なのに、そっくりと言ってしまえるほど頑固。(笑)自分のことよりコンニムや愛する人。それは分かるけど、いい加減その人たちが心配してるんだから意見曲げなさいよ、と突っ込みいれるのも嫌になるほどコンニムにそっくり。(笑)ダブル頑固者親子が主演な上、悪女役のやってきたことがあまりに非常識すぎて呆れ、終始イライラしどおしでした。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆


[PR]
f0147413_23510857.jpg出演:イ・ジョンソク、パク・ヘジン、チン・セヨン、カン・ソラ2014年、SBS、全20話。『君の声が聞こえる』で大ブレイクしたイ・ジョンソク主演の最新作。南北の陰謀によって引き裂かれた、ふたつの心。若き天才医師が命懸けで守ろうとした初恋は、過酷な運命に翻弄される。主演の両医師にはモデル出身で、「シークレットガーデン」で大ブレイクしたイ・ジョンソクと「エデンの東」「星から来あなた」などに出演し、日本でも女性ファンからの支持が圧倒的に多いパク・ヘジンがキャスティングされた。また、「風の国」などで筆力を認められた脚本家パク・ジヌが「華麗なる遺産」のチン・ヒョクPDと初タッグを組んで、壮大なスケールと緻密な構成に定評のあるパク・ジヌとスパイ+メロドラマなど“複合ジャンルの魔術師”と呼ばれるチンヒョクPDの演出が上手く融合し、メディカルドラマとしては類を見ないスタイリッシュで出色の出来となっている。一寸先も予測できないストーリーと卓越した演出力で20代~40代層で高い視聴率を確保。性別と年齢別で見ると、40代の女性が19%(以下首都圏基準)で最も高い占有率を記録し、40代の男性もやはり11%という高い数値を見せた。

<感想>

CSより先にWOWOWで放送されたようで、会社の同僚が先に見て面白かったと言っていたので楽しみにしていました。「シークレット・ガーデン」でイ・ジョンソクくんを知り、「君の声が聴こえる」でかなり俳優としてお気に入りになったので、そこも楽しみでした。しかしふたを開けてみると、なんとヒロインが私の苦手なチン・セヨンさん・・・。カン・ソラさんは「おバカちゃん注意報」ですごく好きなのに、どう考えてもチン・セヨンさんがジョンソクくんのお相手だと思うと、そこがどうしてもテンション下がる部分でした。(笑)
でも見ていくと、彼女はやはり苦手でしたが、カン・ソラさんとジョンソクくんの絡みもすごく多くて、しかもそっちの絡みのほうがめちゃめちゃ可愛くて、いっそカン・ソラさんとジョンソクくんがくっつけばいいのに、とドラマを見ながら何度思ったことか。(笑)
私がチン・セヨンさんを苦手ということ以外に何が違うかというと、ジョンソクくんはチン・セヨンさんにずっと一途なんです。だから愛情表現もストレート。めちゃめちゃ大事にするし、彼女のことばかり考えて、そして優しい。しかしカン・ソラさんに対しては、最初からかなりラフな態度で、おちょくるわ、いじめるわ、なのに時折見せる優しさ・・・そう、世に言うツンデレなんですよ。(笑)面白くて可愛いジョンソクくんが観れるのはカン・ソラさんを相手にしている時なので、切なげで一途なジョンソクくんがお好きな方はチン・セヨンさんとのほうが好きかもしれませんが、私はツンデレの彼のほうが断然好きでした~。
さて、ドラマの話なんですが、終盤16話くらいまでは、かなり夢中で観ていました。上記の理由などもあって、カン・ソラさんとの絡みを楽しめるのも、このくらいあたりまでなんです。でもそこから先が、まあ仕方がないのですけど、シリアス展開になっていって、また最初の切なげなジョンソクくんに戻ってしまい、また、終盤はダブル主演とも言われているパク・ヘジンさんメインの場面も増えて、ドラマとしては盛り上がるはずなんですが、それとともに私のテンションが下がってゆきました。(笑)
まじめに書くと、カン・ソラさんの心の動きというかキャラクター付けが定まっていない感じがして、あっちにフラフラ、こっちにフラフラと、場面とか展開によって彼女の心の向く方向が変わってしまうので、だんだん感情移入しづらくなっていくからだと思います。このへんは脚本家さんのせいなのか、演出のせいなのか。なんかラストに向けて無理やりまとめたみたいな、そんなキャラに利用されたようにも見えます。
ただ、チン・セヨンさんとジョンソクくんの二人の恋の行方をメインに応援して観れた方にとっては、ブレずに展開されたドラマだったのかもしれませんね。そう、このドラマは南北問題のサスペンスや医療系などを絡めつつ、最終的にはラブライン、しかも初恋の純愛が真ん中にあるドラマだったと思いました。
イ・ジョンソクくんとパク・ヘジンさんの演技は、やはりすごく良かったと思います。パク・ヘジンさんは、私がたまたま「星から来たあなた」を同時進行で観ていて、あちらはめちゃめちゃ良い人の役だったので、こっちのライバル役とずいぶん印象が違って、幅広い演技力を魅せてくれたと思います。そして個人的好みとして、ドラマ自体は「君の声が聴こえる」のほうが面白かったけど、イ・ジョンソクくんの役はこっちのほうが好きです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆



[PR]