タグ:チョ・ヒョンジェ ( 8 ) タグの人気記事

f0147413_22481108.jpg出演チュウォン、キム・テヒ、チョ・ヒョンジェ

2015年、SBS、全18話。
『2015SBS演技大賞』演技大賞(チュウォン)、最優秀演技賞(キム・テヒ)、中国ネチズン人気賞(チュウォン)、ベストカップル賞(チュウォン&キム・テヒ)、10大スター賞(チュウォン、キム・テヒ) 受賞。
チュウォン&キム・テヒ主演。壮大なスケールで描く、スリリングで切ない、究極のラブストーリー。長い眠りから覚めた財閥令嬢を守るのは2つの顔を持つ天才外科医だった。
同時間帯トップの視聴率でネチズンたちの話題をさらった。
<感想>

うん、面白かったです。でも続けて見ると良いのでしょうけど、毎週2話ずつ見るサイクルは、私には今ひとつ。
話題だったけど、見終わってみると、多分私の心の中に残るドラマではない、という感じです。チョ・ヒョンジェさんの悪役でも話題でしたが、本当に悪役で(笑)しかもどうせやるならもっと深みのある悪訳であって欲しかったけど、案外普通の誰でも演じれるような悪役という感じがしたのも少し物足りなさを感じました。
物語は設定が斬新といえば斬新で、そこで毎回引っ張って行ければ良かったのだけど、途中から彼女が反転してから、う~ん、なんだろう、まあ彼女が復讐しながらも苦しむ姿にヨンパリ・チュウォンが守って支えてあげたいという愛情表現にグッとくる・・・のが狙いなのでしょうけど、結局二人のキャラクターに惹かれることがなかったので、そこも物足りなさを感じてしまったのかもしれません。
結局、脚本がうまくなかったのではないかと思ったりするのですが、韓国では視聴率が良かったらしいので、まあ好き好きなのかもしれません。面白くなかったわけではないけれど、まあ面白かったかな、という感じでした。
なんだか感想らしい感想も思い浮かばず、やっぱり今一歩だったんだろうなぁ~という感じはいなめません。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆



[PR]
f0147413_23573428.jpg

引き続き、面白いですよ。
比較的、善悪がハッキリわかれているので、善と悪の戦いみたいな構図で進んでいくから見やすいのかも。
ただ、逆に裏切りとかあんまりなさそうで、安心感ありすぎで(笑)出てくる人物を疑ったりとかないのは、楽なんだけど、ちょっとドキドキ感がアレかなぁ~。これから変わったりするんでしょうかねぇ・・・。

出演者も豪華だし、見苦しくないし(笑)綺麗過ぎるかもしれない。
あ、綺麗過ぎるで思いだしたけど、毎回最低一度は手術のグロいシーンを見せられるのはキツイ。(笑)いつも、そういうシーンになると30秒早送りとかしてしまいます。(笑)

面白いんです。母なんかはそういう、わりと善悪単純なので分かりいいからか面白く観てますし、私もそうなんですが、何ていうのか、ん~~、まず設定が韓ドラらしく親近感がない。お金持ちがメインの設定ですから。(笑)それは韓ドラの特徴でもあるので別に今回に限ったことではないけど、キム・テヒさんの復讐というものが、彼女を好きになるチュウォンくんの目的と殆どリンクしなくて、どちらかというとチュウォンくんは巻き込まれている腕利きのドクターという感じなので、このキム・テヒさんの復讐にどこまで感情移入出来るかというと、そこがやはり問題なんだと思いますよ。

復讐というのは、復讐を仕掛ける人に感情移入出来て、初めて正当化されるというか、視聴者に受け入れられるものだし、逆に受け入れられない復讐を狙うのなら、敵側が理不尽な復讐をしかけて主人公が巻き込まれていく方式もあるわけだけど、テヒさんはそうではないし、中間のような半端な感じが若干します。

今の状況は、彼女の復讐が何のためなのか、ただ単に彼女のためでしかないものになっているので、感情移入抜きで、ストーリーに引っ張られて、そして二人のラブラインにも多少引っ張られて、そんな感じなんですね。

チュウォンくんは、カッコいいです。本当に、最初はキツイ感じの男の子としか思ってなかったけど、やはり人気が出ると自信が出てくるのか、いい顔になってきますね。背も高いし、二人のラブラインはとても綺麗です。

これから終盤になってきて、アッと驚くような何かがあるのか、最後まで何となくストーリーに引っ張られるだけなのか、今後に期待したいと思います。

[PR]
f0147413_23362626.jpg

噂では聞いていたけど、噂通り面白いですねぇ~。まだほんの出だしって感じなんでしょうけども。
チュウォンくんは、キムタックで注目を浴びたけど、キムタックの時はライバル役でしたよね。でもそのあとは、すっかり主演でバリバリやってますね。逆にキムタック演じた子はあんまり観ないなぁ~。

キム・テヒさん、まだ殆どセリフがないですが(笑)だまって眠っていると、本当に綺麗ですな~~

なかなか個性的なストーリーのような感じで、面白そうな匂いがプンプンです。
なんか前にも書いたけど、最近面白いと思うドラマはSBSが多いな~。前はMBCだったのに。

しかし放射能施設がある病院って、いったいどんなとこなん。(笑)日本にもあるのか~?聞いたことないわ~

今後も楽しみです。あ、チョ・ヒョンジェさん、悪者なのかな?それも面白いですね。


[PR]
f0147413_22312931.jpg出演:チョ・ヒョンジェ、イ・ヨウォン、チョン・イル、ペ・スビン、ナム・ギュリ、ソ・ジヘ

2011年、SBS、全20話。
「華麗なる遺産」「検事プリンセス」を手掛けた脚本家ソ・ヒョンギョンの最新ファンタジーラブロマンス。「善徳女王」で主役を務めたイ・ヨウォン、除隊したばかりのチョ・ヒョンジェ(「薯童謡」)「華麗なる遺産」のペ・スビン、そして「お嬢様をお願い!」のチョン・イルなど今まさに旬の俳優達がなど豪華キャストが勢揃い。
何不自由なく幸せに暮らしていた"お嬢さま"のジヒョンは、不意の事故で生と死の境界に立たされる。しかし、冥府の"予定"にない死であったため、この世とあの世をつなぐ仲介者="スケジューラー"は彼女に条件付きで生き返る機会を与える。その条件とは、「血縁者以外の、彼女を心から愛する3人の涙を得ること」。
「27年間の人生で、本当の涙を流してくれる他人の3人くらい、いないはずがない」―。しかし、彼女は生きている間に気づけなかった、自分の人生の"裏側"と向き合うことになる。
恋人を亡くして以来、抜け殻のように生きてきた女性=イギョンの体に憑依したジヒョン。果たして彼女は"3粒の涙"を得て、生き返ることができるだろうか?


感想

既に観た方のどの感想を観ても、文句をつけているのを読んだことがなかったので、かなり期待度を高くして観たドラマです。そして、やはり皆さんが面白いというのは、面白いドラマなんですね。(笑)
途中の感想はカテゴリ「私の期限は49日」で記事をアップしましたが、途中までの感想は少し他の方と違う部分に反応しているかもしれません。(笑)何故ならば、私が気になったキャラは、あまり評判のよろしくない(でも人気俳優さんですよね~)ペ・スビンさん演じたカン・ミノだったので~。すごく・・・・そう、ちょうど「プラハの恋人」でキム・ミンジュンさんの演じたキャラを好きになったときの気分に似ています。本人が悪事と分かっていて、それでもその道を進まずにはいられない切なさ。本気の悪と、心の奥にしまった良心がわずかに垣間見れる瞬間とのバランスが、とても私好みな役でした。チョ・ヒョンジェさんは、もう、本当にいい人。短気だったのに、事実を知ってから大きな心で相手を包み込む素敵なキャラクター。素敵なカムバック作品になったと思います。チョン・イルくん、すごく良かったんだけど、いきなりキーポイントの人になってから、どうしても真面目な芝居が違和感がぬぐえなくて、そんなことを思ったのは私だけかもしれないけど(笑)落ち着きませんでした。
ちなみに、最終回!!これはヤラれました。騙されたし、全く読めなかったし、すごく上手く辻褄を合わせてあって、脚本の上手さを改めて感じた最終回でした。お見事~~~と言いたかった。(*^_^*)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
面白いですね~~~。
何話くらいからかな~、面白くなってきました。次が気になって・・・・。(^_^;)

今、気になる人がいるんです。それは・・・・・・

More
[PR]
f0147413_23105498.jpg今日からDVD視聴は、この「私の期限は49日」にしてみました~。

例によって、人気のドラマらしい、ということくらいしか記憶しないで見始めました。(笑)いや、1回くらいはドラマについて検索したりはするんですが、他にも色々見てるうちに忘れちゃうんですよね、実は。(笑)
そして見始めてから、あ~、チョ・ヒョンジェくんが出るんだ~とか、イ・ヨウォンさんがまた視聴率を獲ったのか~とか、そういえばチョン・イルくんが出てるんだっけ、とか、そういうことを思い出すわけです。(笑)

2話まで見た感想は、なかなか面白そうだけど、一気に全容が分かるタイプのドラマではないんだな~、ということもあって、まだ様子見な感じで観ています。ただ1話のラストが気になるところで終わっているので、スイスイと2話まで見終わりました。まだ誰がどうだとか、お気に入りとか、あんまりいないです。

チョ・ヒョンジェくんやチョン・イルくんはわりと好きですが、ドラマを追いかけるほど好きなわけでは全然ないので、まだキャラが自分の中で分かってこないうちは、彼らを楽しみに見る、という感じでもないです。

「善徳女王」以来のイ・ヨウォンさん。その善徳女王で比較的苦手だったのを克服したので(でも彼女の出たドラマは、けっこうな確率で過去、面白かったです)もう大丈夫かな~という気持ちはあるんですが、彼女の現代劇を演じる時のキャラが、どうも気の強い女性のパターンが多くて、その気の強さのタイプが私の好みに合わないことが多かったから、今回もまだ少し心配です。でも憑依してる女性キャラクターが可愛いタイプの女の子なので、少なくとも憑依してる時の彼女は好きになれるような気が・・・。(笑)

急にハマるのかなぁ~、このドラマ・・・。とりあえず、視聴のお知らせということで。(*^_^*)
[PR]
f0147413_11305066.jpg出演:チョ・ヒョンジェ、ハン・チェヨン、イ・チョニ、ホン・スヒョン

「バリでの出来事」をヒットさせたチェ・ムンソク監督が、次に手がけたドラマ。
バリとは雰囲気を一転させ、未婚のシングルマザーを題材にした明るく切ないラブストーリー。主役の自分本位で高慢な財閥2世には「ラブレター」で透明感のある純粋な青年を演じたチョ・ヒョンジェ、料理以外には取り柄がないが、人情もろい熱血漢のシングルマザーには「快傑春香」のハン・チェヨンが扮する。
当時韓国で放送されていたのは、05年大ヒットドラマ「私の名前はキム・サムスン」を初め、「頑張れ!クムスン」「ファッション70’S」など高視聴率ドラマ揃い。その中にあって、3〜5位と健闘した。


感想

「ソドンヨ」のチョ・ヒョンジェにヤラれた直後なので、きっとハマれないと思いながら見始めたこの「オンリーユー」。(笑)だって、ソドン公みたいな完璧なキャラを見た後に、普通のラブストーリーの男が素敵に見えるわけがない。(^^;;
でも、見てみると、どっちかっていうと、あまりに違いすぎて同じ人とは思えず、それがかえって良かったのか、普通〜〜に楽しめました。
チョ・ヒョンジェ君の役は、ちょっと情けなくなるくらい人の心が分からない、自分本位の男なのだけど、それでもハン・チェヨン扮する主人公のことを一途に愛するがゆえに、勝手な行動や強引さも許せてしまうから不思議。ハン・チェヨンと一緒に、見てるこちらの視聴者も振り回されてるのかもしれない。(笑)
ハン・チェヨンは、春香と似たようなキャラだけど、こちらのほうが少し大人。
キツい性格の役がすっかり板についてしまったようだけど、彼女の涙は想いが伝わってきてとても良いかも。
何度も見返したいドラマというほどじゃないけど、最後まで面白く見れました。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆(実際は3.5)
[PR]
f0147413_23484521.jpg

出演:チョ・ヒョンジェ、イ・ボヨン、リュジン、イ・チャンフン

SBSテレビ15周年記念歴史大河ドラマ。全55話。
豪華絢爛の三国時代と甦る百済王朝、 時代に翻弄される百済国王「武王」の 甘く切ない恋をドラマティックに描いた。
幼い頃賎民として生きるしかなかった武王(薯童・ソドン)の波乱万丈な人生、新羅善花(ソンファ)姫との燃えるような恋、そして自分の身分を知り王位につくまでの複雑な過程が、MBC『大長今(チャングムの誓い)』のキム・ヨンヒョン作家とイ・ビョンフンPDの手で再現される。


感想 

チャングムを見て面白いと感じた方なら、これもきっと面白いはず。

百済の四男王子であるソドン公(チャン)が皇帝の勢力争いのため、その身分を隠して、国を追われて敵対する新羅で育った幼少時、新羅の姫と幼い恋を互いに抱く。
自分の身分も知らず育ったチャンが、百済の王につき、新羅の姫との恋を貫いて結ばれるまでの、壮大な歴史ものでもあり、ラブストーリーでもあります。

チャングムとの違いは、主人公が男であるということと(チョ・ヒョンジェssiは美形だっ!!)チャングムではメインにならなかった恋愛要素が、ソドンヨでは宮廷の陰謀などとともに、メインエピーソードになっている点。

どんなことがあっても、新羅のソンファ姫との愛を貫こうとするソドン公は、勇気溢れる男気と、優しさと、強さを兼ね備えた超魅力的な主人公です!


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]