タグ:チョ・インソン ( 8 ) タグの人気記事

f0147413_22471908.jpg出演:チョ・インソン、コン・ヒョジン、D.O、ソン・ドンイル、イ・グァンス、ヤン・イクチュン

2014年、SBS、全16話。
韓国を代表するイケメン俳優チョ・インソンが演じるのは、完璧なルックスを持つ人気小説家ジェヨル。女たらしで飄々とした性格だが、深い心の傷を抱えた繊細で多面的なキャラクターを演じきり、現代人の癒しと共感を誘った“ヒーリング・アイコン”として2014スタイルアイコンアワードの大賞を受賞した。対するヒロイン・ヘスには、「パスタ~恋が出来るまで~」「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」など、主演ドラマ5作が視聴率連続1位を記録した“不敗の女神”コン・ヒョジン。本作では知的でクールな精神科医に扮し、“コンブリ(コン・ヒョジン+ラブリー)”のイメージを一新。心の病の専門家でありながら、自身も“恋愛恐怖症”を克服しようとするヘスを演じている。本作は、「その冬、風が吹く」のヒットメーカーとして知られる演出家キム・ギュテと脚本家ノ・ヒギョンが、シリアスなテーマを軽快かつロマンティック、それでいて切なく心に沁みるラブコメディとして織り上げ、同時間帯視聴率1位を記録! 2014 SBS演技大賞6冠、2014 APAN STAR AWARDSでは大賞を含む3冠ほか、数々の賞を獲得している。


<感想>

WOWOWの録画を貸していただいて観たのですが、観る前は全然知らなくて、ただいつも貸してくださる方が「いいのよ~、すごくいいのよ~」って。(笑)チョ・インソンはもともとそれほど好きというわけでもなく、「その冬、風が吹く」にもそれほど惹かれなかったのですが、大好きなコン・ヒョジンさんがヒロインということと、脚本があのノ・ヒギョン作家ということで、少し興味を持って見始めました。
最初からかなり好きでした。変な人ばかり出てくるけど、実はみんな心優しくて、奇妙なのは心の病を抱えてるからなんだと分かります。ヒロインのヘスは精神科医なのだけど、彼女自身も治す身でありながら患者でもあるという構造になっていました。ただ彼女の病は、私的にはそんなに問題は大きくないだろうな、とすぐに察しがつきました。問題はチョ・インソンのほうだろうと、最初の方ですでに何らかの予感を抱かせるというか、そんな雰囲気があります。そして途中でその病の重さを知った時の衝撃。わりと早めの回から、あれ・・・?と違和感を感じ、まさか・・・?という疑問を抱き、観ていくにつれ、その違和感と疑問はどんどん増していって、最終的に、多分誰もが想像通りだとは思うけど、衝撃は大きい。
そんな難しい役をチョ・インソンは何かを恐れながら(何かも結局分かるんだけど)閉じこもって苦しんで、ヘスをはじめとした周りの人たちの助けを受けながら立ち直っていくんです。愛があれば大丈夫、そんな意味合いのタイトルなんじゃないかな~と思います。その愛とは、ヘスとの愛だけではなく、ていうか、むしろ家族との愛、友情、そういうものが大切に描かれているドラマでした。私の詳しいネタばれ感想はカテゴリ「大丈夫、愛だ」で語り倒しております。少し暑苦しいかも。(笑)
バリ出来でブレイクしたチョ・インソンさん、サンドゥ、学校へ行こうで注目を浴びたコン・ヒョジンさんならではの、繊細な心のやり取りを描いたドラマで、まさに絶妙のキャスティング、脚本だったと思います。
インソンさんのお兄さん役のヤン・イクチュンさん、凄いです。こういう役柄、好きなんです。愛おしい。(笑)
そしてヘスと共同生活しているドンミンとスグァンも大好きです。彼らもめっちゃ愛おしい。ラブ!!(笑)

一緒に見ていたうちの母は、古い人間だからなのか、精神を病んでいる人たちのドラマという設定が、なんか変な人たちばっかりが出てくるドラマ、と感じたらしく、それほど面白いとは思えなかったらしいので、ひょっとして好き嫌いが分かれるドラマかもしれませんが、私は久々やられました。こんなにやられてもチョ・インソンさんに心奪われることはなかったけれど(いやカッコいいんですが・笑)周りの人たちが素晴らしすぎて、これはもう出し惜しみする意味ないな、ということで、満点ドラマに入れたいと思います!

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆


[PR]
f0147413_23411775.jpg

感想の間が空いたのは、別に最終回に向かってドラマがしぼんだわけでは、まったくありません!!
観るのが忙しくて、眼が疲れたりとか、そうしてるうちに時間がたっちゃって細部とか忘れちゃったりしたんで、どうしようかな~とか考えていたのですよ。借りてるから、観てすぐ返却するんで、観返せないのよね。

もう一度観たいドラマかもしれない。

最後の方なんか、けっこう切ない展開なのだけど、ラストまで観て、その切なさを乗り越えて最後にはこんな楽しそうな画像をここに貼り付けたくなるような、そういう気持ちにさせてくれました。スタッフさん、ありがとう。

では、最後もきっちりネタばれ全開で。(笑)見たい方のみ「more」をクリック。
あ、そうそう、25日からだったか、WOWOW一気再放送やるようですよ~。







More
[PR]
f0147413_16383374.jpg
いや~~~面白いですねぇ~~~。
チョ・インソンにメロメロとかにならないのに、こんなに面白い~~~

『スイカのフルーツポンチ、食べていきなさい』
『フルーツポンチ、食べていかないの?』

何でか、私はこんなセリフのところで胸がきゅ~ん、となりました。
お母さんの、しかもジェヨルへの言葉ではなくて、息子の代わりのように母の家に出入りしている友人のテヨンへ向けての言葉。いや、何も意味はないと思うんです、このセリフには。多分ね。でも、何だか全てのセリフに意味があるように聴こえてしまって、だからこんな普通のセリフ、しかもなんでフルーツポンチなんだろう、なんて思ってしまうんだな、これが。そしてそのセリフがあのシーンの雰囲気に合ってる気がしたのかも。

私、変なツボがあるんですよ。以前もとある小説を読んでいて、普通なら「冷たい桃の缶詰」と表現されるところで「よく冷えた水蜜桃」という表現にめっちゃハマった記憶がありまして。(笑)変でしょう~?(笑)でも、その言葉選びが、その小説の世界観をすごく左右するように感じたんですね。ピッタリ合ってる感じで。

というわけで、ネタばれは「more」をクリック。






More
[PR]
f0147413_23360131.jpg
 
f0147413_23354952.jpg

本当に、このドラマの何が好きって、会話がツボなんですよ。
私が好きになるドラマは、好きな俳優さんが出ているという事以外だと、ほぼ脚本にやられてますね。
セリフの言葉選びが素晴らしい。説明じみてなくて、かといって雰囲気だけの決めつける風な言葉を使うわけでもなく、その場面にもっともふさわしい丁寧な言葉選びが、それを発する俳優さんが作るキャラクターを最大限に表現してくれる、そんな脚本。そしてもちろん精密なほころびのない展開も魅力ですが、ストーリー展開が面白いドラマというのは、意外に他にもたくさんあるんです。エンタメ性の高いもの、復讐もの、推理物なんかは、展開が優れてなければ面白くないし、そういうドラマはドラマで面白いのですが、そこからキャラクターに気持ちが入りこむという見方をするようになるドラマというのは、言葉選びでキャラクターを好きになるものなんですよ。

今まで避けてきた(笑)ノ・ヒギョン作家ドラマ、遅まきながら開眼という感じの私です。

では、ネタばれは「more」をクリック。(PC以外はmore機能は使えないので読めます)








More
[PR]
f0147413_23005743.jpg

今回もさっそく、はい、ネタばれトークいきま~す!(笑)
面白くて、ネタばれせずには書けないっす。こういうタイプの話、好きです。


前にも書いたけど、この「more」機能はPCからじゃないと使えないので、携帯からだと見えちゃいます。
ご了承くださいませ~~。読みたい方だけPCから「more」をクリック!




More
[PR]
f0147413_23384583.jpg

面白いですぅ~~~
苦手顔のチョ・インソンにポ~ッ!012.gif053.gifとなってしまう。カッコいい~~~
そしてコン・ヒョジンさんは相変わらず、どこがいいのかって、よくわかんないんですけど、自分と同化しやすいのかなぁ~、演技が。だからハマれるというか。キャラの性格とか、自分と全然違うんですけどね。(笑)

今日はどうしてもネタばれ書きたくて「more」設定使います~~
読みたい方だけmoreをクリック!






More
[PR]
f0147413_23140917.jpg

WOWOWで始まったドラマです。いつものように録画をお借りしつつ、毎週観ていく流れになりそうです。
「その冬、風が吹く」以来のチョ・インソン。以前はあまり得意な容姿ではなかったのですが、今も私の苦手な唇が紅い男性でもありますが(笑)けっこう役に左右される私は、このドラマの一見明るい感じの彼が、すごく新鮮で、このキャラは大丈夫かもしれない感じです。あ、「この冬~」のチョ・インソンもダメではなかったですしね。そしてコン・ヒョジンさん、一時はなんだか老けたような…と感じたのですが、また可愛らしい感じに戻ってきて、チョ・インソンの前にバリ出来繋がり(?)のソ・ジソプとも「主君の太陽」で競演してますね~。世代が多分同じくらいだから、違和感なく観れるカップルなんでしょうね。

このドラマ、スタッフが「その冬~」のスタッフなのですね。ノ・ヒギョン作家は、人気高いですが、私は過去、そんなにハマッたドラマがないというか、むしろ観ず嫌いな感じもある、わりとシリアスで重いテーマのドラマを描くイメージですが、これは「その冬~」に続いて、比較的ラブラインがメインになりそうですよね。

演出も「その冬~」とは違い(まあ、あれは原作があるので…)明るめな雰囲気を出してますね。見やすいです。
そしてチョ・インソンといえば痛々しい傷だらけの男のイメージですが(笑)これは一見明るい、過去にないくらい普通のカッコいい男性の役なんですよね。新鮮なくらい違うイメージ。(笑)でも実はやっぱりね、心に傷を持った男性なのね。まだ私は4話なので、その傷の部分を詳しくは知らないのですけど、お兄さんがネックみたい。
お兄さん、なかなか迫力あって個性的で、好き嫌いとかじゃなく、面白い役柄ですね。こういうキャラクターが描けるってのが、やっぱりさすがノ・ヒギョン脚本というところなのかもしれません。

コン・ヒョジンもけっこう傷持ちの役なんですが、チョ・インソンがとても大きな心の…何ていうか包み込める器のある役どころなので、彼女の傷は二人が近付く切っ掛けにすぎず、実際はまだ出てこないチョ・インソンの傷がどうなっていくのか、彼女がそれを癒していくのか、そういう作りになるのかなぁ~という感じです。

ホームページ観ると、SBSの「星から来たあなた」に並ぶヒットドラマだそうなので、続きも楽しみです。
主人公の年齢も少し上目なので、安定感があるというか、私なんかは大人のラブストーリーで嬉しいです。



[PR]
f0147413_23432882.jpg出演:チョ・インソン、ソン・ヘギョ、キム・ボム、チョン・ウンジ

2013年、SBS、全16話。
2002年渡部篤郎、広末涼子主演、堤幸彦監督でTBSで放送されたドラマ「愛なんていらねえよ、夏」の韓国版リメイク作。強烈なキャラクター設定と緊張感あふれるストーリー展開、斬新な映像表現で、日本でも熱狂的なマニアを生んだ「愛なんていらねえよ、夏」。その熱は、お隣の韓国のドラマファンにも伝染し、さらに多くの映像制作関係者や俳優に少なからぬ影響を与えることとなった。2006年には映画化。そして2013年、韓国映像界の最高のスタッフとキャストを迎え待望のドラマリメイクが実現。放送時の視聴率は同時間帯一位!韓国のタイトルどおり旋“風”を巻き起こした。
キャストも超豪華! 「バリでの出来事」で日本でも人気の元祖韓流スター、チョ・インソンが、「春の日」以来8年ぶりにドラマ復帰。金のために正体を偽る悪い男が想定外の愛の感情に揺れていく様を、時にスリリングに、時に繊細に演じている。ヒロインには、「彼らが生きる世界」以来5年ぶりのドラマ出演となるソン・ヘギョ。視覚障害者という難役に挑んだ彼女はリアルな視線の演技をものにし、心を閉ざした複雑なキャラクターを表現している。
脚本は、心に響く美しいセリフや、社会の底辺に生きる人々への温かい目線、繊細な人間描写で視聴者から高い支持を受ける作家、ノ・ヒギョン。『愛 なんていらねえよ、夏』を原作に、スリリングさを残しながら、韓国的情緒にあわせて “情”の部分をより深く描いている。



<感想>

楽しみでした~。大元の日本の「愛なんていらねぇよ、夏」は観ていないのですが、2006年に韓国で映画化されたものは観ていて(感想はこちら→http://kandorabox.exblog.jp/10322728/)その映画がとても好きだったので、映画ってほら、2時間しかないので、今回ドラマ化ということで、どういう風になるのかな~って思っていたんです。
感想はというと、面白かった。続きが気になって、短い16話というドラマだったので、あっという間に観てしまった感じです。ただし・・・・・ただし、が付きます。(笑)ラストが違うんですね。まあ、韓ドラはそういうのがよくあるので、別に違うことに関しての良い悪いは言いませんが、ラストが違うだけで、悲恋ドラマがスイ~トなラブストーリーに瞬時に変わるんだな~と。あ、これ、ちょっとネタばれですかね。(笑)ま、ご勘弁を。でもきっと、韓ドラをずっと見ている方なら、最終回の途中で気付くと思いますよ。こうなるんだろうな、って。
私にとって、映画「愛なんていらない」は、破滅的で刹那的で、どうしようもなく切なく息苦しいドラマで、でもすごく印象に残る面白い映画だったのですが、このドラマは面白かったけれど、途中は切ない場面満載なのですが、繰り返しになりますけど、ラストによって美しいラブストーリーだったという、途中の印象まで変わる感想になりましたね。切なくて美しいラブストーリー、そういう気持ちで、何の前知識もなく観ると、冬ソナとかの綺麗系のラブストーリーを今風にアレンジした感じなので、そのあたりから韓ドラに入った方には、とても良さそうな感じ。それにキャストも良かったですしね。個人的にチョ・インソンさんの顔はあまり得意じゃないんですが、大柄な感じとか、役に似合っていたし、ソン・ヘギョさんは気の強い感じが出ていたし綺麗だし、キムボムくんも美しかった・・・。とにかく、久しぶりにガッツリとラブストーリーを観たな~という満足感はあります。
ただ私にとってはちょっと間を置いて、日本版「愛なんていらねぇよ、夏」を観たくなるドラマになりました。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆(実質4.5)
[PR]