タグ:チョン・リョウォン ( 5 ) タグの人気記事

f0147413_16282717.jpg今日、王様のブランチで紹介してた映画なんですけど、「彼とわたしの漂流日記」が凄く面白そうな設定で惹かれてしまいました~。見たいけど、東京でも放映する映画館が少ないようなので、果たして新潟でやるかどうかは微妙なところが残念です~。

主演は「トンマッコルへようこそ」などのチョン・ジェヨンssiと、「君はどの星から来たの」のチョン・リョウォンちゃん。そこも惹かれた理由のひとつです~。彼女、可愛いから~。

王様のブランチで観た限りでは、コメディちっくな感じでしたが、多分ラブストーリー要素もあるんでしょうね~。ジェヨンさんが自殺を図ろうと漢江に身を投げるんだけど、河の真ん中にある無人島(実際にあるんですね~)に漂流してしまうという、変わった出だしから始まって、死のうとしたわりに、そこからなんとか逃げ出そうとしたり、助けを求めたり、サバイバルで生き抜こうとするとこも面白おかしく描かれているみたいで、更に、リョウォンちゃんの設定が、誰も見つけることが出来ない彼を見つける女性なんだけど、ずっと引きこもりだった女性なんですよね~。で、彼を助けようと、引きこもりをやめて外出するという・・・そこだけ聞いただけで面白そう~って思って。

新潟に来なければ、しばらくは見れないかもしれないけど、もしご覧になった方がいたら、ぜひ感想を教えてくださいね~♪

■ 公式サイト  http://hyoryu-nikki.com/
[PR]
リダ・・・相変わらず美しいっ072.gif072.gif
そして、本当に水も滴るイイ男~(笑)
お相手がチョン・リョウォンちゃんというところもGOOD016.gif可愛いっ053.gif


[PR]
f0147413_0104823.jpg


「白い巨塔」「コーヒープリンス1号店」のイ・ソンギュンの新作で、主演女優が「あんぱん」のチェ・ガンヒ、そして、彼女を好きになる年下男性の役で「オーバー・ザ・レインボー」のチ・ヒョヌというメンバーの「マイスウィートソウル」。

内容はMnetページにて、どうぞ~
「マイスウィートソウル」

なんたって、イ・ソンギュンです。(笑)
コプリでも大人のカップルを演じていたのが凄くステキだったし、白い巨塔では、日本版とはまた違った、めっちゃ優しい役で惚れ惚れ~~

ちょっと前には、エアコンのCFで、「君はどの星から来たの」のチョン・リョウォンと共演してるんだけど、それがすご~~くお似合いで、CFでも惚れ惚れしてしまった私。(笑)
この2人、雰囲気が似ているというか、オーラが似ている感じがして、いつかラブストーリーで共演してくれないかなぁ~と、ひそかに野望を抱いているのですが。(笑)




そのCFのせいか、広告主が選ぶベストモデルという賞?に、イ・ソンギュンと、「ヌグセヨ?」でユン・ゲサンくんと共演したアラちゃんが選ばれてました。可愛いツーショだけど、ひょっとして年齢が一回りくらい違うのかもしれない。(笑)

【動画サイトGYAOより】
[PR]
f0147413_0414917.jpg出演:キム・レウォン、チョン・リョウォン

2006年、MBC。全16話。
韓国ドラマ『君はどの星から来たの』は、ちょっと変わったタイトルが注目を集め、2004年に大ヒットした「フルハウス」を手がけたピョ・ミンス監督の作品ということもあり、放送前から話題になっていた作品。
主人公のスンヒを演じるキム・レウォンは『屋根部屋のネコ』や『ラブストーリー・イン・ハーバード』で日本でもおなじみの俳優だが、甘いマスクの上に、以前から評判だった演技力により一層磨きがかかっている。
パートナー役には『私の名前はキム・サムスン』で好演したチョン・リョウォンが抜擢された。
脇を固める俳優陣も演技派を集め、加えて、緊張感のあるストーリー展開で、裏番組に「春のワルツ」など話題作の多かった同時間帯でトップとなる高視聴率をマークしたドラマ。


感想
キム・レウォンは「屋根部屋~」「マイラブ・パッチ」で好きになり、「雪だるま」「ラブストーリー・イン・ハーバード」「愛してると云って」など、けっこう色々と出演作を見ているのですが、実のところ今回キム・レウォン出演作ドラマを見るのは、けっこう久しぶりでした。
楽しみにしていた「ハーバード」が、私にはドラマとして今イチで、期待してなかった「愛してると云って」が意外に面白かったりと、少し当たり外れを感じていたところでもあって、それにあまりにカッコよくて(笑)でものめり込めないものがある不思議な存在が、私にとってのキム・レウォンなのでした。だから、今回も当たりか外れか・・・と思いつつみ始めたこのドラマ。
結果的に、けっこう面白かったです。正統派の韓国ドラマです。
最近の傾向なのか、泣かせる部分とコミカルな部分が同居していて、ただそのバランスが絶妙かというと、まあ、そのへんはそうでもなかったような気はするんですけども。(笑)
良かったのは、相手役のチョン・リョウォン。キム・サムスンでの、あの病弱な彼女は、細い身体にあまりにハマッていたので、そういうイメージが頭の中にあったものだから、このポクシルという、田舎臭い名前の、でも純粋で明るい女の子の役は、チョン・リョゥオンの縁起の幅を広げたといっても良いのかもしれません。めっちゃめちゃ可愛かったです、この彼女は。
キム・サムスンで彼女を嫌いになった方、ぜひ、ためしに見てみてください。印象変わります。
途中、2人は八方塞がり状態でどうしよう?というくらい切ないシーンもあるのですが、最終的に心温まるラストとなっています。これも正統派韓ドラがお好きな方にはお勧めです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23141440.jpg

出演:キム・ソナ、ヒョンビン、チョン・リョウォン、ダニエル・へニー

2005年夏、韓国MBCで放送され、最高視聴率50.5%を記録。
ヒロインのサムスンは、30歳を目前で恋人に振られ、仕事もなくした太めのパティシエ。そんな彼女がある日、傲慢だけどカッコいい年下の御曹司ジノンと出会い、身分も年齢も性格の違いも超越した不思議な恋の歯車が回り出す…。
そんなロマンチック・ストーリーと、ドジで愛らしいヒロイン像、赤裸々なセリフが、韓国の同世代の女性たちを中心に社会現象“サムスン・シンドローム”を巻き起こした。サムスンと一緒に笑って泣けば、心からハッピーになれる!


感想

今まで海外ドラマといえばアメリカものしか見なかった、例えばSEX AND THE CITYが好きな比較的若い視聴者(といっても冬ソナファンに比べれば、の話だけれど)が、同じWOWOWで放送されたから見てみようかと思って見たらハマッた、という話を、けっこうあちこちで聞いた。実際、私の周りでも2人ほどいるんです、そういう人が。
確かに、それまでのヒットした韓ドラのイメージを覆していたと思うし、とっても面白かった!ただ、私は2回見たんだけど、1回目より2回目のほうが面白かったな〜〜
好みの問題だと思うけど、男のほうが年下設定って、あんまりそそらないんですよ。
でも、そんな好みを横に置いてしまうくらい、やっぱりサムシク(ヒョンビン)は魅力的なキャラだった!特にやっぱり済州島での、サムシクがサムスンに過去を語るくだりは、胸キュンでした。(笑)“ツンデレ”好きにはたまらない。冷たかったサムシクが、どんどんサムスンに惹かれていく姿が、とても可愛いラブコメです♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]