タグ:チョン・ノミン ( 8 ) タグの人気記事

f0147413_23133077.jpg

以前少しだけタイトルを目にした事があって、衛星劇場でのうたい文句が、チャングム、トンイに続く待望のヒロインドラマ、となっていて、原題が「下女たち」というのが今一つ心踊らなかったけど(笑)そのうたい文句でちょっと楽しみにしていました。そしてタイトルは「イニョプの道」という、いかにもチャングム、トンイに続きそうなタイトルに変更されていましたね。(笑)

でも見始めてみると、雰囲気が全然違うんです。やはりイ・ビョンフン監督ドラマというのは独特のものがあるんだなぁ~と改めて実感。ただし、それが良い意味であるかというと、私にはそうでもない場合が多いんですが。ま、イ・ビョンフンドラマに関してはまた長くなるのでやめておきます。(笑)

舞台は世宗大王の父、太宗(イ・バンウォン)が第3代李氏朝鮮王朝の王様になっている時代。おお~、そしてまだ父イ・ソンゲこと太祖が生きている~。この時代のドラマで王族メインの話を観るのは「大王世宗」以来だから嬉しい。といっても本当のメインはイニョプなんだけど。(笑)

両班の中でもくらいの高い家の娘イニョプが、対立している太祖と太宗の間に入ったために謀反の疑いを掛けられて、四肢引き裂きの刑の父の娘ということで、一点下女になり下がる話。イニョプがどうなっていくかも楽しみだけど、物語の中で太宗の隠し子で奴婢として育った男(オ・ジホ演じる)ムミョンとイニョプは恋に落ちるらしいけれども、それよりか、ムミョンは高麗の残党で作った秘密結社団の団員らしいので、それが楽しみ。

イ・バンウォンは父ソンゲの五男で、ソンゲが自分の弟である六男に王位を継がせようとした事に反対して弟を殺してしまったり、四男を次の王位につけて、でも結局自分が3代目の王になった人だそうです。「大王世宗」では、父が王位を継がせる時に息子たちを対立させたことを恨んで、自分は長男を世子にして、今後も長男が世子になるようにと言う事を推し進めていた王様でした。ま、でも結局世宗も三男だったかなんですけどね~

まだ朝鮮王朝時代が始まったばかりで、高麗の残党もウヨウヨしてたり、色々と落ち着かない時代ですね。
これからイニョプやムミョンがどうなっていくのか、ちょいと楽しみです。ずっと面白ければいいんだけど…


[PR]
見終わりましたよ。さっき、先に全体感想の記事をあげました。
そちらはネタばれしてない紹介記事ですが、こっちはネタばれします。

以下、more~~~vv

More
[PR]
f0147413_22382858.jpg出演:チソン、ヨム・ジョンア、キム・ヨンエ、チャ・イェリョン、チョン・ノミン、キ・テヨン。

2011年、MBC、全18話。
日本でも何度となく映画化、ドラマ化されたベストセラー小説「人間の証明」を原作に、家族の絆や愛、国や正義など、人間の本質について描いた壮大なドラマ。主演のチソンは時代劇「鉄の王 キム・スロ」に続く出演作として様々なオファーの中からシナリオの素晴らしさに惹かれ、この「ロイヤルファミリー」を選択したという。またヨム・ジョンアは3年ぶりのドラマ復帰作となり特に気合いが入っているとコメントした。また、大ベテラン女優キム・ヨンエの重厚な演技と、「BAD LOVE~愛に溺れて~」「ドクターチャンプ」でもおなじみの若手女優チャ・イェリョンにも注目。「ロイヤルファミリー」は、森村誠一の「人間の証明」のいくつかのモチーフを踏襲し、より韓国らしいエピソードを盛り込んだ作品。原作者の森村も「『人間の証明』が韓国で蘇った!韓国の『証明』が原作を超えるかもしれない」とお墨付き。スピーディな展開と緻密な物語に、韓国のドラマファンも絶賛。好評を博したドラマは、2話の延長となった。


感想

『母さん、僕のあの麦わら帽子どうしたでしょうね・・・』 060.gifMama, Do you remember・・・
昔、流行りましたよねぇ~。しかし私は映画を見たことも、原作小説を読んだこともなく、当時どちらも経験のある同僚に聞いてはみたものの、あまりに昔で「ストウハ」という言葉を残した少年がホテルニューオータニの屋上から飛び降りた事件ということくらいしか思い出せないと言われ、ほぼ情報なく(これはいつものこと)見始めました。ただ最初、当時岡田茉莉子が演じていた役がキム・ヨンエさんの役柄だと思って見始めたら、なんとヨム・ジョンアさんの役だったとわかり、途中でその同僚と驚きあったんですよね~。(笑)まあそれは、どうでもいい話ですけど。(笑)でも最終回を見て、キム・ヨンエさん、すごいっ!って思いました。いや、彼女が凄いというか、彼女が演じた役が最後に仕掛けた大逆転劇が面白かったですね~。あれがなかったら、最終回、肩すかし・・・と思ってしまうところでしたが、そうはいかなかった。もちろんこれは原作どおりのラストらしいですね。私は読んでないけど、読んだ方の話をネットで見かけたところによれば、ドラマは希望が見える描かれ方だけど、原作は容赦ない、でも結末は同じだそうで。まあドラマも、希望の部分は夢のようなものであって、それはあり得ないでしょ、というのが分かるんだけども。う~ん、とにかく面白いドラマでした。原作が面白いんでしょうから、まあほぼ原作通りに作られている(場所が日本と韓国という違いから、細かい部分の違いはあるらしい)ので、面白いのも当たり前かもしれないけど、とにかく面白かった。チソン、カッコいいですね~。堕ちはしないけど、この役いいです、好きな感じです。ただ優しい男ではなく、キム夫人を信じて守って支えて、頭いいから事件解明までしちゃう。(笑)見応えのあるドラマでした。きっとノーカットで見たら、もっと面白かったのかもしれませんね。まあでもカット版でも面白く見れました。複雑に展開されていくストーリーが少しずつ謎解きされていく流れ、そしてラストの逆転劇、見て良かったです。チソン、見直しました。いや見下していたわけじゃないけども(笑)このドラマの前に見たキム・スロがあまりにつまらなかったので・・・(笑)これがかなり良かったので、ずっと温めていた(?)「太陽を飲み込め」も見てみようかな、と思いました。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2256181.jpg先週からBS日テレの月、火の週2回枠で始まった「ロイヤル・ファミリー」。今日3回目があったけど、まだ観てないので、とりあえず2話までということで、見始めました。

相変わらず、もういつものことなんですが、事前情報殆どなし状態で見始めまして、会社の人から「あれって、人間の証明をベースにしてるんだって」と聞いて、へ~~~と思ったくらい知らなかったんですが(笑)そもそも森村誠一の「人間の証明」も、原作、映画ともに読んでも観てもいないので、せいぜい映画でジョー山中が歌うたってたな~とか、「お父さん、僕の麦わら帽子、どこに行っっちゃったんでしょうね」が流行したね、とか、知識がそんな程度だったり。(笑)

以前は新しいドラマはチェック出来ていたのに、いつの間にかTVの情報が私を追い越していくようになりました。(笑)

さて、そのように何も分からず見始めたけれど、先に観た会社の同僚が「すごく面白い」と言ったので、それなりに期待して観たわけですけど、期待を裏切りませんでしたね。面白い出だしですよ~。正直、「キムタック」「ジャイアント」に続き、私的にあまりキャストに興味は大きく持てないメンバーなのですが(チソンは別に嫌いではありませんし普通にカッコいいと思うけど、以前のソン・スンホンさんのように、第三者的にカッコいいね、と思うだけで、キャ~というトキメキを感じたことは殆ど記憶にない私です)どれもドラマは面白いですね。それに無駄に長くない(50話とかじゃない)のもイイです。謎めいた始まり、陰謀渦巻く感じ、惹きつけられます。

ネットで「人間の証明」を検索してみたんですが、映画の出だしと、このドラマの出だしは全然違いますね。わりと人間関係の設定とか流れは同じだとかって、既に観た方の感想を目にしたことがあるんですが、エピソードが違うとかなんとか・・・。まあでも、そもそも原作を知らない私には、あまり比べてもあまり意味がないですね。(笑)

しかしこのキャスト、逆にいいですね。いっそチソンに見合うヒロインという存在が今のところ見当たらず、母代わり、姉代わりとも言えるようなヨム・ジョンアさんの役柄がヒロインのように見えるところが、かえって潔いというか。(笑)それともこれからヒロインちっくな人でも出てくるのかしら。この設定なら、必要ないように思えるけど。恋愛エピソードは邪魔という感じがするし、このままでいいな~、私。

男性陣はでもチソン&キ・テヨンという華のある(主役経験組)コンビに、脇でいつもいい味出すチョン・ノミンさんが、とっても意味ありげに出ていて(笑)執事という、家政婦は見た的な(笑)実は裏のことを何でも知っていそうな存在で、彼がこれからどうストーリーにかかわっていくかとかも楽しみだったりします。

恨みつらみや復讐系は、本当に質によるというか、ものによっては、もうごちそうさまと言ってサヨナラしたくなっちゃったりすることも多々あるのですが(笑)今のところ、これは面白そうな感じがしますよ~。ヨム・ジョンアさんとキム・ヨンエさんのベテラン揃えがいいのかもしれませんね。(*^_^*)
[PR]
f0147413_2310516.jpgユン・ジョンヒ、パク・シフ、イ・ヒョンジン、チョン・ノミン

2008年、SBS、全54話。
平凡な日常生活の中で幸福を探す人を焦点に当て、家族のヒューマンドラマを標榜した『家門の栄光』は、伝統と礼儀を重視してきた本家のダナ(ユン・ジョンヒ)と成金の息子ガンソク(パク・シフ)の両家の話を通じ、人間に対する礼儀などを描いたドラマ。最近のドラマの中で流行している不倫や復讐コードなど、刺激的な仕掛けが主なドラマとは路線を変え、新鮮なキャラクターとしっかりした構成で“名作ドラマ”と呼ばれ、視聴者の賞賛を浴びた。
感動とおもしろさ、二つのコードを忠実に混ぜ合わせた『家門の栄光』は視聴率も20%台を維持し、最終話の19日放送分は、26.7%(TNSメディアコリア基準)の視聴率をマーク、週末ドラマの中で最高数値を記録した。この日放送されたKBS時代劇ドラマ『千秋太后』は16.9%、『ソル薬局の息子たち』は24.2%の視聴率で、MBC『よくやった、よくやった』は9.9%に留まった。


感 想

またしても、なんの予備知識もなく、登場人物も知らず、ただ友人が「面白かった」と言って貸してくれたので、借りたからには先に見なくてはと思って見始めたこのドラマ。最初は54話もあることすら知らずに見ようとして、DVDの多さにビビッたくらいでしたが(笑)、見始めるとすぐに「これは面白いドラマ」「好きな系統のドラマ」と思いました。そしたら案の定、後で知ったけど、やっぱりかなり評判の良いドラマなんですね。視聴率もそうだけど(ソルの裏で、最終回ソルを上回る視聴率を出すとは凄い)日本の視聴者の方の評判もかなり良いらしい。これは見て良かった、と思いました。
元はホームドラマで、家族の本当の絆とは何か?といったテーマを感じたし、それを終始エピソードで展開していて、最終回がとにかく見事。とかく「まとめ」に入って面白みを欠く最終回が多いけど、この最終回はテーマを再確認できる素晴らしいラストだと思うし、正直長いから“ダレ”が全くなかったわけではないけれど、この最終回でダレた記憶も吹っ飛んでしまったくらい感動しました。
家族の絆を描くホームドラマは多いでしょうけど、舞台を由緒ある宗家にしたところに、このドラマの上手さがあったと思います。大切なのは血筋ではないという結論が、物凄く説得力を持って描かれているんです。(変わった叔母さんの存在すらも、最終回では必要だったんだな~と納得)
恋愛部分も物語の多くを使って描いているので、何組もの恋愛模様も楽しめるし感動も出来るドラマに仕上がっていますが、しつこいけど(笑)家族の絆あってのこの物語。ゆえに誰もが感動出来るんだと思います。
質の高いホームドラマですが、堅苦しくないし、恋愛ドラマとしても楽しめます。そして、登場人物全てが、途中凄く辛い展開で嫌だな~と思った人もいるけれど、最終的には嫌いなキャラがいないドラマになるのも、好きなポイント。長いけど、見て損はないと思います。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
■ 人物相関図(クリックすると大きくなります)

f0147413_23552540.jpg



いよいよパク・シフくんの、ツンデレの匂いがしてきましたよ~~053.gif
これがまた、ダナ役のユン・ジョンヒさんがいいんですよね~。だから好感が持てるというか。
やはり女性主人公が好きになれると、恋愛ものは観ていて面白くなりますねvv
あ、もちろん、このドラマは恋愛メインではないかもしれないですが。(*^_^*)

嫌いな人物が出てこない、とコメントして下さった方がいますが、本当にそうです。
だから気持ちよく見れるし、展開も凡庸じゃないので、次が気になって面白いです~。
子役のドンドンと曾爺ちゃんとのやりとりも、めっちゃ可愛くて好きvv
双子なのに次男というだけで責任感のないテヨンも憎めなくて好き~
そのテヨンの双子の兄スヨンとジナの関係もなんだかすごくいいのよ~~
ダナを慕うヒョンギュはガキだな~と思いつつ、可愛くて、一生懸命で、頑張れ、って感じだし。
ガンソクの一家も、成り金一家だし、ダナの家を困らせるんだけど、憎めないっ!!(笑)

とりあえず、やっぱりソルォン@善徳女王のテヨンが気になります~~。彼とジナはどうなるのかしら・・・まだ別に何もないんだけど・・・その微妙な関係がいっそう私の興味をそそります~。
[PR]
もう~本当に、マジ面白いんですけどぉ~~~;;

f0147413_2250365.jpgきっと・・・ピダムの屈折した部分を好きな人が、この52話以降を楽しめるのかな、と思いました。男として女を包み込めるような、または正当なヒーロー像をピダムに求めていると、けっこう辛いだろうな~と思うんです~。だってトンマンいはく、「お前(ピダム)は宮の中でもっとも純真だ」ですから・・・。純真・・・つまり、子供ってことですよね~・・・

ユシンはトンマンが王になると心に決めた時から、彼は臣下の道を選び、トンマンへの愛を封印する、男としての強さを持った人ですよね。大人の愛って感じです~。

でもピダムは違う。
ミシルいはく「人(トンマン)を得るために国を得ようとしている」人だから。

母に捨てられ、父と思っていたムンノにも恐れられていたことを知って、ピダムは愛情を知らずに育ったと思うんです~。でも初めてトンマンが自分を観て、自分を受け入れてくれて、だから前回も書いたけど、ピダムにとってトンマンはミシルでもあるんだと思うんです~。幼な子のように、ただひたすらトンマンの愛を得ようと、しかも独り占めしようとする姿が、憐れでもあり、その子供のようなどうしようもない男っぷりが母性本能をくすぐるような気がします。(苦笑)

脚色が強いドラマとはいえ、ピダムは実在の人物。彼の人生の結末も(臥せ字=反転にしてみました)結局は反乱をおこして死んでしまう運命であることを思えば、ドラマのラストに向かっていくピダムのキャラが変わっていくのも、いた仕方ない感じかな。いや、今回見た57話までは少なくともピダムは、まだ希望の持てるキャラですけどね♪


f0147413_2322933.jpgところで私は、この52話以降面白いのは、ピダムのせいだけではないんです。
けっこう異論ありだと自覚してますが、私はソルォンがすごく好きです。その関連か、もしくは一度良いところを見たせいか、ポジョンも52話以降好きなのです。ソルォンは前から好きでしたが。
それにチュンチュもカッコいいし、なにしろ王になったトンマンがカッコいい。だって全員頭がいいんですもの~~。頭脳戦はまだ続いていますが、ソルォンには特に思い入れがあるので・・・。
ソルォンがピダムのことを、不思議なことにミシルではなく自分に似ているような気がします、と言うシーンがあり、もちろんソルォンはピダムと血がつながっているわけではないのでそんなことはないのだけど、立場的に愛する人への一途な思いを例えてそう言ったシーンが印象深いです。ソルォンのそんなところが、悪役でありながら、私が惹かれる部分だったりします。それに知将だし、強いし016.gif老いて、なお、素敵なソルォンが好きです。

ただ一か所。ピダムとトンマンの、(また若干ネタばれに近いので反転しました)、(ミシルの遺影の前での)心が通う抱擁シーン(ラブシーンと書くには少し半端)が、その直前のトンマンの言葉とどうにも合致しなくて、せっかく良いシーンなのに違和感バリバリだったのが残念でなりません~。トンマンの心が理解できなかったシーンでした…。まあ、言いたいことは分かるんだけど・・・・。タイミングが悪いっていうのかなぁ~・・・。

さて、いよいよ残り5話となりました。今週末くらいまでには見終われるかなぁ~・・・
お別れするのは、とても辛いのだけど~~~・・・;;
[PR]
シビレる展開です!!041.gif
でも今の展開は50話あたりのエピソードを知ってるだけに(もちろん詳しくは知りませんが)、そこへ向かっていくための一歩一歩なのだと思うと、なんだかとても切ない気持にもなります・・・007.gif

f0147413_23311395.jpgさて昨日の記事では、チュンチュだったのですが、今回私はミシルの言葉にヤラれました。もちろんネタばれ無しの記事なので、それは今は書きませんが、ミシルに変化が訪れるのです。それはミシルにとって人生観を変えるくらいの出来事で、だけどそういう風になった自分に対して彼女は嬉しいしトキメキすら感じているのです。それが分かった時、私はまたしてもミシルというキャラクターに魅力されてしまいました。そして彼女は、政敵として戦いながらも、本当にトンマンのことを…まるで自分の分身のように、そう、自分を愛するような気持ちでトンマンを見ている。そんな気持ちになって、それがなんだかとても切なかったのです。
こんな風に思える悪役ミシルを演じることが出来るコ・ヒョンジョンさんは、本当に凄いっ!!

もちろん脚本の上手さ、セリフの選び方の上手さもあるのでしょうが、やはりそれを演じる女優さんが表現するものって、視聴者にセリフの奥深さを伝えるには大きいですよね~。

今回のミシルの変化は、実は昨日の記事の部分から始まっているんですが、昨日はその変化が何かということが分かっていても、その重大さ、ミシル一世一代の大勝負であることまでは思いつかなかったんです。だから書かなかったという・・・。

それにしてもソルォンは、毎回思うけど、ミシルのことを本当に理解していて、心から信頼しているのですね~。トンマンたちの政敵ではあるけど、彼もまた、仕える人(愛する人でもあるのだろうけど、どちらかというとソルォンのミシルへの気持ちというのは、愛人というよりか同志であり君主が先に来るんだろうな~という感じがします)への忠誠心の誠実さという意味において、魅力を感じてしまうキャラです016.gif


※記事がネタばれなしなので、もしコメント下さる方は、そのへんのご配慮をお願いします。
[PR]