タグ:チュ・ジフン ( 12 ) タグの人気記事

f0147413_23092797.jpg出演:チュ・ジフン、スエ、ヨン・ジョンフン、ユ・イニョン

2015年、SBS、全20話。
「宮 ~Love in Palace」「魔王」のチュ・ジフン2年ぶりとなる主演ドラマ!
チュ・ジフン扮するチェ・ミヌは神経質でクールな御曹司。しかし、ヒロインと恋に落ち、少しずつ心温かい性格へと変わっていく。そのロマンチックな姿に、韓国ではチェ・ミヌファンが続出し、大きな話題に!ヒロインには「野王〜愛と欲望の果て~」の演技派女優スエ。まったく相反する1人2役のキャラクターを上手く演じ分けている。日本でも人気を誇るINFINITEの“演技ドル”ホヤも出演。
韓国で同時間帯視聴率1位を獲得した話題作。巨大な邸宅を舞台に、4人の男女をとりまく競闘や陰謀、復讐、ミステリー…「秘密」の脚本家チェ・ホチョルが描く、繊細でロマンチックなラブサスペンスドラマ。

<感想>

なにより、チュ・ジフンくんの髪形が久しぶりにまともだ、というのが最初の感想でした。(笑)
そして私の苦手女優スエの役はなんとそっくりな二人の女性という役どころ。普通だとこれは、昔生き分かれた姉妹だったということになるのが韓ドラセオリーなのだけど(片方が金持ち、片方が貧乏だし、これも…笑)これはなんとドッペルゲンガーという強引な関係になってました。(笑)なので、この二人が出会った時に、先に気づいたほうが先に死ぬ、という、ちょっと都市伝説的な設定が最初のキーポイントになっていましたよ。
それでもスタッフも「秘密」の脚本家さんだったりするので、ストーリーも良く出来ていて結構面白かった。ヨン・ジョンフンさんが生粋の悪役というのも目新しいところかも。ストーカーのように酷く病んだ男でした。(笑)
もう一度観たいとかそういう気持ちにはなれないけど、サスペンスドラマとしてはなかなか面白かったです。しかしチュ・ジフンくんは、やっぱり何だろう、舌足らずなのかただ滑舌が悪いのか、そのせいでなのか分からないけど、どうもセリフ回しが下手に感じる。でもけっこう一途でシンくんみたいな可愛カッコいい役どころでしたよ。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_23001285.jpg
内容は何も知らないけど、このメンバーからいって、そしてこのタイトルの感じからいって、絶対に蒼のピアニスト以上のドロドロに違いないと思って敬遠していたのに、いつの間にか私のもとへ。(笑)いつもの方が、今一気放送してるみたいで、次々と回ってくるんです~。観るしかない、ジフンくんだしねww

出だし、いきなりすごいシーンからだったけど、私の嫌いな(笑)スエが死にかけてますが、この段階で主演が死ぬわけないと思ってるんで、ちょっと引き込まれました。

そしていきなり2日前にさかのぼったとたん、ジフンくんが登場するわけですが、この奇妙な設定はいったいww
妄想癖?潔癖症?あ~~「大丈夫愛だ」の彼みたいな統合失調症?見た目はめっちゃカッコいいのに、妙なものが見える精神を病んだ人のようだけど、描き方がすごくコミカル・・・。(笑)

スエも、いつもプライドの高い、男を振り回す気が強い出来る女ではなく、貧乏だけど野心など持ってない一生懸命働いてお金をかせいでる女性。ただお金に困っていて、そのことで頭はいっぱいの、ちょっと抜けた女です。あれ、なんか珍しい役。ひょっとして「野王」で、出演断ったのに出ることになったから、イメージ回復のために、可愛い役柄を求めたのかしら。(笑)なんかちょっと間抜けな可愛い女性ですよ。

話は、ありえないでしょ、っていう韓ドラらしいものだけど、ちょっと毛色の違う感じがします。

彼女は同じ顔をした女性と出会い、普通ならこれは行き分かれの双子?って思うけど、ドラマではドッペルゲンガーとなっています。(笑)そんなん有り?(笑)

ヨン・ジョンフンさんがかなりの悪役だとか。あり得ないくらい悪役とかって。(笑)「野王」のスエもあり得ないくらい悪役だったけど・・・(笑)

そんな中、ジフンくんの変てこりんな設定は、何だか一服の清涼剤になるかもしれません。(笑)いや、本当はお母さんが死んだ時の心の傷が関係してるようなので、可哀想なはずなんだけどもね。(笑)

[PR]
f0147413_2362914.jpg出演:チュ・ジフン、チ・チャンウク、チェ・シラ、チョン・ノミン

2012年、SBS、全25話(TBS放送縮小版)
「宮(クン)~Love in Palace」「魔王」などで多くの女性ファンを虜にしたカリスマ俳優チュ・ジフン。貴公子のような洗練された美しさに加え、他の誰をも寄せ付けないクールで危険な香り、何を秘めているのかわからない、どこまでも謎めいた存在感。韓国や日本のみならず広くアジア圏を席巻するほどのシンドロームを巻き起こしてきた役者チュ・ジフン。その彼が、5 年の沈黙を破って、ついにドラマの世界に帰ってきた!約2年間の兵役を経て挑む新たな伝説、それが「蒼のピアニスト」。
大手楽器メーカーの華麗なオーナー一族を巡る、夢と野望、そして愛と憎しみが招く波瀾万丈の運命。この作品で彼は、数奇な宿命を背負った孤高の天才ピアニストの “光と影”を見事に演じ切っている。運命に翻弄され、善から悪へと生き方を一変させる若き天才ピアニスト!完璧なビジュアルとどこか影のある屈折した魅力、他の誰もが到達できない危険で華麗なカリスマ。まさにチュ・ジフンの真価が発揮された本作で、再び一大旋風を巻き起こす。(本当は全30話)


<感想>

う~~ん、そもそもなんで全30話が25話に縮められたのでしょうか。そこが謎。ただ、もう途中から話に付いていけなくて、25話でも長く感じたので、良かったといえば良かったのですが。(苦笑)
これはノーカットで一気に観れば、また違った感想になるのかもしれません。復讐を題材にしているので、やはりこういうのは勢いみたいなのが必要な感じです。それがBS-TBSでは週に一回というのんびりペースで放送されたので、一週間後には前の放送がどんなとこで続きになったのかも忘れているし、カットが激しいから、途中で話の繋がりが分からないようなとこもあったり。(そんなとこは多くはないですけど、さすがに)
久しぶりのジフンくん、主演なのでず~っと観れる、という利点はありますが(笑)話の作りがなんだか途中からご都合主義的な感じがして、やはり「魔王」とかに比べると、かなり差があるな~~って感じがしました。
ネットでのブロガーさんの感想では、すごいハマッたとか、そういう感想もいくつか目にしたので、はまらなかった私のほうが、ひょっとして少数派なのかもしれないけれど、私は登場人物が全部あまりに自分勝手な人ばっかりで、ちょっとウンザリ気味で見ていたというのが正直なところ。一気に観ると、違うのかなぁ・・・。
私は映画「キッチン」や「アンティーク」のジフンくんのほうが、はるかに好きですね。

満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]
撮り溜めていたんですが、たまたまポッカリと時間が空いたもので、ついつい見始めてしまいました。
週に一回の放送なので、見始めると放送に追いついてしまいそうな気がして、最後まで溜めてから観るつもりだったんですけどねぇ~。ということで、ほんの2日で7話まで行ってしまった。

実は最初の1~2話を録画し忘れたので、1~2話だけレンタルで見たんです。
そして3話からBS版を見たらビックリ。2話のラストと3話の始めのほうで、場面がまったく繋がっていないんですよ。これは相当カットされているってことですね。驚きでした。

ドラマは・・・・あ~~噂どおり、ザ・韓ドラな感じですねぇ~。
ジフンくん、お久しぶり。うちの母が「香川に似てる」とか言ってビックリした。(笑)
そうか、やはり私はこの種類の顔が好きなのか・・・。(笑)
いえ、もちろんジフンくんのほうが綺麗顔ですけどね。目元が似てるかもしれない・・・

今のところ、チェ・シラがやり放題(笑)で、悪いですねぇ~。最初はそうでもなかったのに拍車がかかって。
途中からチョン・ノミンさんが出てきて、彼があの人だったのか~・・・と。(笑)
やはりキーパーソン的な役柄のようで、彼贔屓の私は嬉しくなりましたよ。脇のキャストがいいです。

まだ先は長い(30話)ようですけど、週に一回じゃ~きっと追いついてしまうなぁ~~
ひょっとして途中からレンタルしちゃうかもね~。カットが凄いしね~。

f0147413_22570741.jpg

[PR]
f0147413_22415769.jpgチュ・ジフンくんの「蒼のピアニスト」がBS-TBSで放送がある、と聞いていたのに、気づいたら2話まで終了していました~~;;ガックリ。(先に地上波でやったようですが、こちら新潟では放送はないので…)

チェックしたところによると、ものすご~いドロドロドラマらしいので(笑)そういうのって、たいがい最初の数話が展開のキーポイントになっているものじゃないですか~。そこを見逃すなんて・・・;;

まあ、どのみち週に一回の放送なので、録画を最後までためておいて、一気に見るつもりだったので、まだまだ見始めるのは先になる予定でしたから、ひょっとしてレンタル店にそのうち出ますかね。というか、もう出てるかな。そしたら1~2話だけレンタルしてきてから、録画を見始めればいいんですよね。うん、そうしよ~っと。

どんだけドロドロなんだ、とこわごわですが、とても楽しみです~016.gif
ただ、30話を25話に縮めて放送されている、という情報があったので、どんだけカットされているのか…。
それにTBSって、もしかして吹き替えかなぁ・・・。う~ん、色々と心配事が・・・。
[PR]
韓ドラを見始めたのは、多くのみなさんと多分同じくて「冬ソナ」だったんですよね。
それから、けっこう色々と観ました。そのころはまだブログをやっていなかったので、当時に観たドラマのことは、ここには書いていないですけれど、面白く観ていました。

けれど、今と違うのは、純粋に(?)ドラマを楽しんでいて、登場人物をキャラクターとしてイイなと思うことは何度もあったけど、その俳優さん個人を好きになることって、まずなかったんですよ。

いえ、詳しく書けば、その俳優さんが出るならこのドラマも観ようかな、っていう程度の興味は持った人はたくさんいますが、俳優さん自身に興味を持ってアレコレ調べたりすることはなかったんですよね~。

そんなとき、私の中に韓ドラ革命が起きまして(笑)初めてカッシャーン!と何かが音を立てて変わったドラマに出会ったんですよね。

以下、more・・・・

More
[PR]
なぜか「宮」を見返したい衝動にかられます。(笑)

実際に見返すかというと、結局時間を作れなくて、けっこうなご無沙汰なんですけどね~(;^_^A

なんか、あの世俗離れした設定と少女マンガちっくな世界観が懐かしく感じるのかもしれませんね。(*^_^*)

今、また、そんなサイクルみたいです…(笑)

シン君~~(≧▼≦)
シン君の、いつも寂しそうで、冷めた毒舌を吐きながらも、チェギョンに心を少しずつ開いていく過程がツボでした~o(^-^)o
[PR]
■映画の詳細はこちら ・・・・ キッチン~3人のレシピ~

■感想

最初はまったりと流れるように始まり、重大事件が起きているんだけど、それが隠された出来事で、そのまったり感がそれを表現している感じが、不思議な空気を作っている感じでした。
でも、次第に隠されたことは隠されなくなってきて・・・自体は深刻に展開していって・・・ドキドキしました。ドラマでは、こんな展開よくあることだろうに、何故か真実が露わになることがイケないことのような感じがして・・・ああ、でも見つかっちゃった・・・みたいな。(^_^;)
思っていたより、心に入り込んでくる映画でしたね~。印象的でした~。
ただ、分からないことも多くて。でもそういうの、映画では良くありますよね。本当はどうなの?みたいに思うけど、ボカされて表現されてるから、見る側の受け取り方に任せます、みたいな。

サンインは、どうして子供が出来た時、喜ばなかったんだろう。思わず種○しの設定なのかと思ってしまいましたよ。だってそのあとすぐにドゥレとのことに気付くし。でもそんなシーンは結局出てこなかったし、じゃあどうして喜ばなかったのか・・・もしかして、モレとドゥレの出会いがしらの関係のこと、相手は知らなかったけど、その時の子かもしれないと疑ったのかしら・・・。忘れたように接していたけど、忘れるはずがないものね。そうか、そうなのかも、だからすぐに喜ばなかったのか・・・と勝手に今ごろそう解釈しました。(笑)

ラストが・・・離婚したけど、あれは理解しがたい。サンインがお腹に子供がいるモレに再プロポーズをするのはいいけど、ドゥレを呼び戻そうと提案するなんて・・・。それって、どういう心理?
また3人で暮らせると思っているの?モレが望んでいるから?分からない・・・。というか、そこまで達観できるほど、サンインがドゥレを大切に思っているとは感じられなかったから・・・。そういうものが伝わってきていれば、こういうアンニュイな感じが映画独特でなるほどね~、なんて納得しちゃうところなんだけど、サンインって結構普通の感覚の人として描かれているように見えたから。そういう結論に達するなんて、どういう心境なのか、誰か分かる方いたら、ご説明求む。(笑)

この映画、皆さんの感想とかはあまりチェックしてないんだけど、どうなんだろう…(^_^;)
私は実は、納得できないけど、嫌いではないんですよね~。(笑)
ジフンくんは・・・やっぱり・・・可愛かった・・・;;

f0147413_0392256.jpg

[PR]
f0147413_22285256.jpg


『キッチン』、日本公開は5月30日に決定。
日本題は「キッチン-3人のレシピ」だそうです。

ドラマが好きなので、出来ることなら、早くドラマでジフンくんを観たいのですが、やっぱりなんだかんだで「アンティーク」も「キッチン」も観たいです。(笑)

ちなみにもうご存じの方も多いでしょうが、この「キッチン」は吉本ばななさんの小説とは関係ないんだそうですね。てっきり同じかと思ったけど、さすがに日本のもののリメイクが2つも続くのは、イメージ的にどうなのよ、という感じですものね(^^;;

そうそう、シン・ミナちゃんとは「魔王」以来の共演ですが、今回、1分半くらいのベッドシーンがあるんだとか〜。観たいような観たくないような・・・(笑)いや、観たいけど・・・(笑)
本当は、もうユーチュにベッドシーン動画があがってるらしいんだけど、今、パソコン壊れてる関係で自分が見れないので(笑)探すのをやめました。(^^;

f0147413_2233286.jpg

[PR]
映画「キッチン」の短いメイキングがあった~~
ちょっと前に、この「キッチン」の写真を見てから、今から楽しみでねぇ~
いや、きっと先に「アンティーク」でしょうけども。アンティークも楽しみよ~ん。
でもまだまだ先だね・・・;;GWだなんて・・・;;

f0147413_0311863.jpg



メイキング動画は、こちら~♪


[PR]