タグ:チュ・サンウク ( 8 ) タグの人気記事

f0147413_23354737.jpg出演:チュ・サンウク、キム・ソナ、オム・ギジュン、チョン・グァンリョル

2015年、KBS、全16話。
「ずる賢いバツイチの恋」の演技で“ラブコメキング”と絶賛を受けたチュ・サンウク、“ラブコメクイーン”と言えばのキム・ソナ。ラブコメ界のキングとクイーンが待望の初共演。そのほか「シティーハンター in Seoul」ファン・ソニ、主人公2 人を取り巻く俳優陣にも注目! 
韓国ミュージカル界のスターであり、「女の香り」以来キム・ソナと2度目の共演となるオム・ギジュン、韓国の大河ドラマには欠かせない実力派俳優チョン・グァンリョル、その美貌も注目のファン・ソニ、「お金の化身」のイ・ギヨンなど実力派俳優たちの演技バトルも要注目! また、SUPER JUNIORのシウォンがカメオ出演しているのもファンにとっては見逃せない。

<感想>

確かにラブコメでした。キム・ソナさんも年齢を重ねてきたなぁ~というのが目に見えてわかるけれど(彼女の髪形、けっこういつも好きです)相手が見た目落ち着いているチュ・サンウクさんならば、そんなに違和感ないカップルですね。
出だしは、これどうなのよ、というギャグ的な映像で、視聴意欲がそがれそうになりますが(笑)途中からけっこうシリアス展開で、設定もかなりシリアス。また、悪役といえば、のチョン・グァンリョルさんとオム・ギジュンさんが揃っているので(笑)そこも華かもしれない。
意外に真面目なストーリーなので、ギャグをあちこち使ってなごませているけど、笑える話が好きな人(うちの会社にいるんです)には、面白いかもしれませんね。ただ、私はまったく乗れずに見ていたので、好きなオム・ギジュンさんが出ていなければ、かなりつらかった。もともとチュ・サンウクさんにも興味ないし、私は個人的に見なくても全然問題なしのドラマでした。貸してくださるので観た、という感じ。でもそのへんはドラマの好みによるので、タイトルほどふざけた話ではないし、しっかりした設定もあるので、お好みでどうぞ~って感じです。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆


[PR]
f0147413_23115089.jpg出演:ソン・ユリ、イ・サンウ、チュ・サンウク、ソ・ヒョンジン

2012年、MBC、全32話。
伝統韓国料理の国内最高峰レストラン、「アリラン」を舞台に、料理人たちの夢と対決、それを支える愛を描いていくサクセス・ロマンス『神々の晩餐-シアワセのレシピ-』。“現代版チャングム”ともいえるヒロイン、ジュニョンに扮するのは、『雪の女王』『快刀ホン・ギルドン』などで知られるソン・ユリ。どんな逆境にも屈しない明るさと強さをもったヒロインを好演し、物語を光明で照らし出している。そんなヒロインを愛し、支える2人の男性主人公には、『パラダイス牧場』や『ジャイアント』で日本でも人気のチュ・サンウクと、『千日の約束』や『愛を信じます』で存在感のある演技を見せてきたイ・サンウ。チュ・サンウク演じる紳士なジェハと、イ・サンウ演じる謎の男ドユンが、タイプの異なる魅力でヒロインにアプローチを繰り広げ、多くの女性たちをときめかせること必至だ。
本作を監督したのは、日本でも大ヒットした『最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』やイ・ジュンギ主演のヒューマンドラマ『ヒーロー』を共同監督したイ・ドンユン。ロマンティック・コメディからヒューマン、家族ものまで、幅広いジャンルを手がけてきた経験を生かし、料理という素材と韓ドラ定番のエピソードをうまく掛け合わせている。脚本は、朝ドラの大ヒット作『白い嘘』で知られる人気作家、チョ・ウンジョン。ライバルとのバトルや親子の葛藤をはじめ、お得意のスリリングなストーリー展開で見る者を引き込んでいる。


<感想>

内容がまったく分からない、けっこう前にこのドラマのことを知って、たしかこれから韓国で放送される、というくらいのタイミングだったと思うんですが、韓国伝統料理を扱ったヒロインの成長物語っぽい感じで面白そう、しかもヒロインがソン・ユリ!って思って、早く日本で観れないかな~と楽しみにしていたドラマだったんです。
で、それ以降忘れていたので、実際はどういうドラマか、男性陣は誰なのか、とか、そういうことをすっかり調べないまま、放送が開始されてしまい(笑)まっさら状態で見始めることになったのですが、とりあえず他の方がどういう感想を持っているかと思って、韓ドラのブロガーさんをチェックしてみたんですね。そしたら、ちょっと今ひとつみたいな感想が目についたんですよ~。ソン・ユリが後半男性二人をもてあそぶ的な?(笑)どっちつかずで、キャラが変貌するし、なんかいまいち、という感じで。韓国でも後半の反応はいま一つ良くなかったみたいでした。そんな情報をゲットして、ちょっとテンションさげて見始めたら、思っていたのと全然違うドラマだったということが、まず判明。私は「食客」みたいな、女版食客のように女性の調理師が韓国伝統料理の店で成功していくような話なのかなと思っていたら、なんと、出生の秘密から始まって、親の因縁が子供たちを対立させて、意地悪キャラが出てくるという、なんとも「ザ・韓ドラ」なドラマでビックリしました~。(笑)とにかくまさに韓ドラな展開で、まあでも、これはこれで韓ドラらしく、観ながら悪態ついて、イライラしながらも、次が気になる~というお約束のドラマ展開を受け入れてしまうと、それなりに楽しめるドラマでした、私は。(笑)
でも、実は思わぬハマりキャラがいたから、という理由も、大きな理由でしょう、多分。(笑)ヒロインの相手役二人のうちの一人、イ・サンウさん。私はちゃんとドラマで重要な役の彼を観るのは、これが初めてで、観たことあるな~という程度の認識しかなかったので、すごい新鮮にハマってしまいました。(笑)カッコいい~~♪涼やかな顔と男らしいスタイル。ちょっと痛みを抱えているキャラだったことも、私のツボだったんですよね~。イ・サンウさんのせいで、このドラマの星評価をあげてしまうことになりそうです・・・(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
最初にイメージしていた感じのドラマとは、ものすごく違うということが、第1話ですでに分かりました。(笑)

どんなイメージだったかというと、「食客」みたいな、料理対決とか、主人公の成長&成功とかがメインのドラマ。
しかし実際は、これぞザ・韓ドラという、親の因縁あり、記憶喪失あり、恨みあり、嫉妬あり、三角、いや四角?関係ありの、けっこう意地悪満載のドラマで、これはイライラさせられそうですねぇ~~~;;

でも、毎日放送なので、まあサクサク観れるので良かったです。こんなドロドロを週に一回、チンタラ見せられたら、長くて長くて、うっぷんも引き延ばされて、たまったもんじゃないと思います。(笑)

役者さんは、わき役さんたちが、ものすごくお馴染みの方たちで、そこもやはりザ・韓ドラ。(笑)

こういうドラマは、最初は面白いんだけど、だんだん嫌になってゆきそうな気がするなぁ・・・
とりあえず、今はまだ面白く観ていますよ。まだ序盤ですもの~。
[PR]
f0147413_23212561.jpg出演:イ・ボムス、チュ・サンウク、パク・ジニ、ファン・ジョンウム

2010年、SBS、全60話。
脚 本はチャン・ヨンチョル(『大祚榮』)、演 出はユ・インシク(『外科医ポン・ダルヒ』)。『ジャイアント』人気の一番の理由は、よく練られたストーリーにある。時代的な状況を十二分に活かしたストーリーは、近代劇だけが持つ“成功のカギ”だ。激動の時代を背景に、毎度視聴者らの予想を正面から覆す様々な“どんでん返し”が待っている『ジャイアント』。それと同時に主人公が劇的に成功する“七転び八起き型成功ストーリー”は近代劇の典型的な素材とも言える。ベテラン俳優のイ・ドクファとチョン・ボソクがドラマの根幹を成し、パク・サンミン、チュ・サンウク、キム・ジョンヒョン、パク・ジニ、イ・ボムス、ファン・ジョンウム、イ・ムンシクらがそれぞれの役柄を丁寧に演じ、特に悪役のチュ・サンウクとキム・ジョンヒョン、そして初めてのドラマ主演となるファン・ジョンウムも、自らの役を十分に演じきっている。2010年下半期話題作!運命に翻弄される兄妹の愛と復讐の叙事詩です。

感想

韓ドラらし~い高度成長時代を背景にした復讐劇ですね。雰囲気とか「エデンの東」を思い出しましたもん。
子役も見覚えのある子ばかりで、演技も上手だから見応えもありました。主演のイ・ボムスさん演じるガンモの兄の青年時代を演じていたのが、今や若手スターとも言えるキム・スヒョンくんなんですよね。この時はまだ私も「ドリームハイ」を観る前なので、あ~あの「クリスマスに雪は降るの?」に出ていたあの印象的な若者…と思ったくらいなんですが、このソンモ役もすご~く良かったです。彼の鋭い目つきが非常に役にハマッていて。
で、ドラマの感想は、最初に書いたように韓ドラらしい復讐劇で、まあ飽きることなく面白く見れました~。ただ私にとっては大人の出演者に魅力を感じる人が殆どいなくて(唯一チュ・サンウクさん演じるミヌの恋愛がどうなるのか気になった部分はありましたが)そうなると、なかなか心から感情移入出来ないタチなんですよね。唯一、最終回でようやくホロリとさせられましたが、それまでホロリすらなかったという、冷たい私。(笑)兄のソンモが可哀想なことになる最終回で、演じたパク・サンミンさん、キム・スヒョンくんからどうしてこの人にバトンタッチ!?って思っていたんだけど(笑)最終回~その前2回くらいで、とても演技がうまかったので、ここの部分を演じるために、この人が配役されたんだわ、と勝手に私の中で納得しました。(笑)
まあでも、私みたいに出演者殆どが見た目が苦手揃い、っていう人も珍しいと思うので、普通の人はもっとハマッて見れるんだと思います。(笑)長いけど、そのぶん壮大な復讐劇っていう感じで、よく出来ていたと思うし。ドラマらしいドラマなので、意外に老若男女、誰でも楽しめる要素があるドラマだと思います。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_2343598.jpg出演:チャンミン、イ・ヨニ、チュ・サンウク、ユ・ハナ

2011年、SBS、全16話。
チャンミン(東方神起)とイ・ヨニが元夫と元妻を演じる!19歳のイ・ダジ(イ・ヨニ)と21歳のハン・ドンジュ(チャンミン)。愛だけを信じ、恐れることなく結婚した2人は、6ヶ月という短い結婚生活の末、別れる。そして6年後、2人は再会し、契約同居をすることになりお互いの恋人について、恋愛コーチをすることになる。

ドラマ初主演のチャンミンはモデル顔負けの美貌を持つ財閥三世ハン・ドンジュを演じる。ヒロインは、映画「百万長者の初恋」やドラマ「エデンの東」で活躍するイ・ヨニ。舞台は済州島の青々とした牧場。自然を満喫できるリゾート地をバックに繰り広げられる清々しいシーンが清涼感を与えてくれる。2009年12月から6ヶ月をかけた、韓国ドラマでは珍しい全編事前制作ドラマで、優れた完成度を誇り、済州島とオーストラリアロケが、更にクオリティを高めた。


感想

なんだか事前の評判があまり良くなくて、テンション低く見始めたドラマなんだけど、それが良かったのか、ものすごいサクサクと進んであっという間に観終わってしまい、そしてけっこう面白いドラマでした~(笑)ただの普通のラブコメなんですけどね。(笑)突出した何か優れたものがあるとかいうことはなく、ただキャラクターはけっこう生かされて作られていたドラマなんじゃないかと。だから面白く見れたのかな~という感じはしました。
どうしても東方神起チャンミンの初主演ドラマということで、観る前からハードルが高くなっちゃう部分があるんじゃないかと思うんです。実際、私もたぶんチャンミンが出ていなければ観なかったかもしれないですし。そして、観た後も、これは絶対観たほうがいいわ~、すごい面白かったわ~、っていうほどの感想じゃないんだけども(笑)観てる間はほのぼのとして、ロケも綺麗だし、すごいイライラさせられるということもなく、ラブコメらしい、半分同居ものとして、とても可愛く主人公たちを見守れました。ラブコメが得意じゃないという人には絶対に向かないと思うけど(観た後に、心に何か残るものがあるような、そんな余韻があるタイプのドラマではないので)怒ってプリプリしつつ主人公の面倒を観たり、振り回されたりするチャンミンも可愛かったし、イ・ヨニちゃんも可愛かったから、それでいいかな~って。(笑)しかし二人ともヒョロヒョロと背が高くて顔が小さい。特にチャンミンのスタイルってビックリするね。細いからなおさらなのか。4人だったときの東方さんたちの中では、私はチャンミンには一番興味が薄かったんだけど、これがじっくりと彼を観るいいチャンスだったという気もしました。いや、それは私の勝手な感想なんですが。(笑)観て損をした、という感じは全然ないです。楽しませてもらいました。あ、チュ・サンウクさんも素敵でしたよ!彼を好きな方にもお勧めかも♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2326569.jpgf0147413_2325397.jpg


よもや二夜続けて、この「パラダイス牧場」の記事を自分があげることになるなんて!(笑)
昨日記事をあげたときは、あの記事のテンションくらいだったんだけど、今朝になってから、別に何もないのだけど、な~んか早く家帰って続きが観たいな~という気持ちが湧いてきて、こういう気分は久しぶりよん♪

気になったのは、今、また画像を検索していたら、チャンミンの画像が、意外にヨニちゃんよりもパク・ジニョンさんとの画像が多いんですよ。もちろん現段階で、チャンミンはジニョンさんを好きで(チャンミンのほうが先に片思いをしていると告白して付き合い始めた仲なのです)だから不思議ではないのだけど、ヨニちゃんもサンウクさんとラブラブだし、え、ひょっとしてこのままこのカップルで終了しちゃったりするの?ってな疑問が。(笑)まあ、それも目新しい展開のドラマで、紆余曲折あったけど成長して新たな二人の関係の形、みたいな終わり方も有りかもしれない、な~んて思ってきて。でも、個人的にはやっぱりチャンミンと元サヤ(ヨニちゃんと電撃結婚、離婚した元夫婦の設定なので)に戻って欲しい気持ちではあるのだけれど・・・でもサンウクさんが、あまりに大人でカッコよく、ヨニちゃんを大事にしてくれるので・・・サンウクさんが悲しいラストは可哀想だな~とも思ったり・・・。

そんな事を考えてしまうくらい、これってけっこうハマッて観てるってことよね。(笑)相変わらずチャンミンの演技はけっして上手ではないのだけれど、なんか今ではオールOK!みたいな。(笑)
今日なんて、あと2話で終わる、あの面白い「あなた、笑って」の放送日であり、「ステップファザー~」と「ラッキー7」の放送日でもあるのに、毎日観ている「ジャイアント」「エンジョイライフ」を観て、昨日、この「パラダイス牧場」を観ていて観なかったトンイの特番を録画してたやつを観て、それから今日はこの「パラダイス牧場」の続きを観てしまいましたもの。ロケ地が綺麗で(済州島)観ていて気持ちがいいせいもあるのかも~。

ところで全然関係ないけど、パク・ジニョンさん、ずっとどこかで観たけど、どこだったか思い出せなかったのですが、分かりました。「ソル薬局~」の三男の嫁なんですよね。あまりに印象の違う役なので、気づくのに時間がかかってしまった!それに、こちらの役のほうがずいぶんと大人っぽい。ソルのときはやかましいお嬢さんだったからな~(笑)いや、そこが可愛い役だったんですけど。(笑)

さてさて、昨日の記事からは2話しか進んでいないけど、やはりチャンミンとヨニちゃんがちょっとこの2話で接近というか、過去のわだかまりがあったんだけど、実はお互いに知らないことがあって誤解していたことが少しずつ分かってきたせいで、わだかまりが溶けてきている感じ。特にチャンミンは、必要以上にヨニちゃんを心配して、気にしているよん♪ヨニちゃんが微妙で、まあ女としての気持ちはサンウクさんに向いているけど、チャンミンに対しては情があって、そこが、これからどうなるんだろうな~~と。情がどう変わっていくのか・・・。

超意地悪なライバルとかが出てこないので、そこもストレスフリーでいいのかも♪可愛いラブコメです♪
[PR]
f0147413_236299.jpg f0147413_236338.jpg f0147413_2365872.jpgこの週末から観始めたばかりなのですが、1話が54分くらいずつなので、サクサク進んで、あっという間に8話まで来ちゃいました!
DVDは、シリアス路線の「プレジデント」を観ていたので、ちょっと軽くて短めの話を観たいなと思って、これとドリームハイで悩んだんですが、こちらにしてみました。チャンミンの初ドラマも観てみたかったし。

しかし・・・ハッキリいってチャンミン・・・演技がうまいとは言えないわ~;;セリフとか表情とか、う~~~ん;;まあ、でもそれも観ていくうちに慣れていくものですね。(笑)このドラマ、全編事前制作らしいですが、シーンも順番に撮っていったんでしょうか。チャンミンもだんだん慣れていったのかもしれないですしね。

そして実はもうひとつ、このDVD・・・字幕が・・・;;まあチャンミンのドラマなので、きっと早く日本に、ということで、CSなどで放送される前に入荷したんでしょうね~。私は遅くても字幕がちゃんとしてるほうがいいのに・・・;;しかし、これも、実は観ていくと慣れていくんですよ、不思議と。(笑)順応するんですね、ヒトって。(笑)

イ・ヨニちゃん、私は「エデンの東」以来ですが、私、エデンの東自体はけっこう面白く観たドラマでしたけど、なんといってもキャラクターがどれもこれも、配役と合ってない気が、今更ながらしています。ハン・ジヘさんも、他のドラマのほうがずっと魅力的だったし、途中降板したイ・ダヘさんはもちろんのこと、ヒロインを演じていたこのイ・ヨニさんも、このパラダイス牧場の役のほうが数倍魅力的で可愛らしい!(^_^;)

最近よくドラマで観るチュ・サンウクさんも、魅力的な役柄です~。「ジャイアント」では悲しい役で、それはそれで似合っていますが、この役も素敵な男性の役です~。

「パラダイス牧場」が全16話なので、半分まで来ましたが、イ・ヨニちゃんがチャンミンじゃなくチュ・サンウクさんにメロメロなのが、ストーリー展開としてわりと新鮮だったりします。(笑)いや、きっとチャンミンとハッピーエンドなんだろうな~とは思うんだけど、今の段階では揺れがなく、チュ・サンウクさんを大好きなイ・ヨニちゃん。今後、どう展開していくのか、けっこう楽しみなんですよね~。それに、イ・ヨニちゃんとチャンミンが、また、顔がめちゃめちゃ小さくて、ヒョロ~ッと縦に長くて(笑)二人してヒョロヒョロで笑えます。お人形さんカップルみたい。(笑)

あんまりこのドラマって視聴率も評判も今ひとつっていう印象だったんですが、まあ多大な期待を持たず、心に残るものを求めて観たりしなければ、可愛らしいラブコメとして、これは有りです、私の中では。(笑)多分、観終わったらサラ~ッと忘れてしまいそうな話ですが(笑)観ている間は意外に面白く観ていますよ♪

f0147413_23262848.jpg

[PR]
f0147413_23354647.jpgBSフジの吹き替えを観ています。
俳優、女優さんには特に思い入れがある人はいないので、吹き替えでもまあいいかな、という感じです。
あんまり上手じゃない吹き替えの人もいるけども(笑)やっぱりそんなにのめり込んではいないせいか、そんな吹き替えもあまり気にならないんですよね。むしろ気楽に観れていい感じです。

そんな中、唯一、最近私が楽しみにしている二人がこの二人。
チュ・サンウクさんとファン・ジョンウムさん。ジョンウムさんは初めて観た女優さんのような気がします。
顔がハン・ジミンさんに似てるな~って思いました。つい視線が胸にいく・・・・(笑)なかなか、です。(笑)
チュ・サンウクさんは、最近よくドラマに出ますね。私が知ったのは「善徳女王」でした。その時は、ハンサムだなとは思ったけど、それほど興味をそそられることはなかった人で、今回もそんなになかったんですが、彼の演じているミヌという役柄が、とても可哀想な感じで私のツボを刺激するんですよね。(笑)悪いことを画策したりするんだけど、そして残酷なことを命じたりもするんだけど、どこか根っこはまっとうなものを持っていて、優しさもあって。なにより、好きな女性に対しては一途。「製パン王キム・タック」のマジュンを思い出すキャラでした。(^_^;)

この二人が現在接近中なんだけど・・・・・どう考えてもこの二人は禁断なんですよ~・・・・;;
好き合ってはいけない仲なんですよね~。好き合うと、絶対苦しむ関係なのが視聴者には分かっているので、仲良くなっていく過程を観ると、ズクズクと傷が疼くみたいな気分になって切ない感じがイイです。(笑)

カップル的には、この二人くらいにしか興味はないですが、後は普通にドラマの展開を楽しんでいます。
悪い男チョン・ボソクさん(「大祚榮」と「商道」でも悪い奴だったな~)は本当に冷徹な酷い男です。この男がいずれどうなるかが、ドラマの一番最初のシーンだったんだけど、どう繋がっていくんでしょうね~。

ときどき、ご飯を観たすぐ後のタイミングで観たりすると、途中で寝ちゃったりすることもあるんだけど(笑)そして、そういう部分は観返すことなく先に進むんですが(愛がない…笑)まあ毎日面白く観ています。

今後は、この二人が自分たちの禁断の関係をどうやって知っていくのか、知ってどう苦しむのか、そんなところを楽しみに観ていくのかな~と思います。
[PR]