タグ:チャン・ヒョク ( 9 ) タグの人気記事

f0147413_2381970.jpg出演:チャン・ヒョク、イ・ミンジョン、キム・ヒエ、ノ・ミヌ、チョン・ソグォン

2011年、SBS、全21話(BS JAPAN 全27話)。
脚本を「太陽をのみ込め」「オールイン」「朱蒙」のチェ・ワンギュ、監督は 「タチャ」のカン・シニョ、そして 「ジャイアント」のイ・チャンミンが担当。
「ありがとうございます」では医師役、「プランダン(不汗党)」では詐欺師役。その演技には定評のあるチャン・ヒョクが次に挑戦したのが、優秀な弁護士役。元ファンドマネージャーの弁護士が、クライアントのために戦い、裏切られ、最後に復讐をしてゆくというストーリーは途切れることのない緊張感をともない観る者を引きこんでゆきます。また女性キャストも充実。韓国で数々のCMに出るなど、女性にとって憧れの存在のキム・ヒエ。またイ・ミンジョンは俳優が共演したい俳優ナンバーワンに選ばれた人気急上昇中の女優である。


感想

面白いらしい、ということは聞いていて、ちょうどBSで始まったので、とりあえず見てみて、ダメそうだったら挫折すればいいや、くらいの感じで見始めました。観る前に、M&A関連の内容らしいと知って、ちょっと敷居が高いかな~という気持ちもないではなかったのですが、以前NHK制作ドラマ「ハゲタカ」にハマッたことがあるので、詳しいことは分からないけど、専門用語には多少聞きおぼえがあったせいか、最初からどんどん面白く感じました。平凡な人生を歩もうとしていたチャン・ヒョクが、ふとしたことから人生が全く変わってしまうわけですが、最初の平凡な彼というほうが違和感がある、というくらい、彼は個性的な、いや、凶器を含んだ役と限定してもいいけど、そういう役が多いせいか、今回も人生を狂わされてからのほうが演技が光ってましたね~。
途中の感想はカテゴリ「マイダス」で語っています。見応えのある、面白いドラマでした~。ラブラインは薄めなんですが、そっちのほうが良かったです。メインストーリーに集中できたような気がします。
チャン・ヒョクの人生を狂わせるライバル、キム・ヒエさんの役柄もかなりすごかったです。悪女らしくない悪女でしたが、チャン・ヒョクと相対する怖い女性を見事に演じていたな~と思いました。
そしてわき役たちが、なにげに可愛かったりして、愛すべき人たちが後半どんどん増えてゆきました。それについては、上記にも書いた途中の感想(カテゴリ「マイダス」)で書いてあります。ラブリーでした。(笑)
株操作やM&Aという題材なので、好き嫌いあるかもしれませんが、わたしはマネーゲームを堪能しました。面白かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
面白いですねぇ~~~~

チャン・ヒョク、熱演。やっぱり彼は演技うまいなぁ~・・・。

キム・ヒエさん、今回のチャン・ヒョク演じるドヒョンの…なんだろ、ライバル役とでも言うのかしら。
すごい役ですね。女性で男性主人公のライバル役が出来るって、すごいな~って思う。
もちろん脚本の力も大きいでしょうけれど。キャラクターが、かなり強いドラマで、そういうドラマ好きです。

そして、もう一人のライバル?ソンジュン(ユン・ジェムンさん)・・・・面白い・・・・。今、チャン・ヒョクが出てる「根の深い木」にも出演してるんですよね~。
すごく怖い役・・・・のはずなのに、どこか憎めないような、妙な役柄。兄は、もっと憎めないんだけど、兄は取るに足らない役だからまあいいとして、ソンジュンはドヒョンと戦ってる役なだけに、なんかどこかコミカルに見えるところが、とてもイイ感じです。それは私がオッサンスキーな一面を持ってるからかしら。(笑)普通は、ノ・ミヌさんとかに惹かれたり、やっぱりチャン・ヒョクかっこいい~とかなったりするんでしょうけどもね。(笑)いや~、私は今のところ、このソンジュン役が面白いです。もちろん惹かれるとかカッコいいとか思ってるわけじゃないけど。(笑)

チェ弁護士は、色んな糸をひいてたりとか、影の悪人的な役だけど、これが意外に影が薄い、今のところ。
あちこちけしかけて、自分の野望を遂げようとしているはずの役なんだけど、それならもっと重きを置いた登場の仕方をしてもいい感じがするのに、後ろで糸を引いていることを忘れてしまう程度の露出なもんで、今一つ迫力に欠けるというか・・・。ちょっともったいないかもしれないです。

あとはドヒョンの義弟ドチョルが、なにげに可愛いとか、けっこう脇役が面白いドラマですね~~
なんか全27話?半端なんですね。24話だったのが好評で延びたのかな~?最後はどうなるのかしら。

M&Aに関しては、あまり詳しくはないけど、以前NHKで放送したドラマ「ハゲタカ」がすごく面白かったので、その時に少しだけ専門用語を聞きなれたのが助けになってます。(笑)
[PR]
BS JAPANの字幕、CMカット版で見ています。

■BS JAPAN 「マイダス」

最近の私はたいがいいつもそうですが、ドラマの内容を殆ど把握せずに見始めています。
このドラマは、チャン・ヒョクが出ることと、面白かったという話をわりと見かけるからタイトルくらいは知っている、という程度の情報しかありませんでした。まあBSで見る、という時点で、すでに姿勢が受動的なので、そういう感じかな~。近頃は、けっこう見たいと思っていても、BS放送まで待つ、という事のほうが圧倒的に多いです。

2話まで見たのですが、面白いですね。というわけで、ここでやっと情報を得ようと検索すると・・・

監督:カン・シニョ 「タチャ」「百万長者と結婚する方法」
   イ・チャンミン 「ジャイアント」
脚本: チェ・ワンギュ  「太陽をのみ込め」「総合病院2」
   「オールイン」「朱蒙」

ほ~、なるほど。いかにもスケールの大きなドラマを作りそうなコンビですね。
夢中になれるかどうかはビミョーですが(どのドラマも、かなり面白かったけど夢中にはならなかったから)とりあえず面白く見れそうな予感がします。というか、2話まで見て、すでに面白いですもんね。 

俳優さん、女優さんも、好きな感じの人たちだということも大きいかな。
チャン・ヒョク、イ・ミンジョンの両人はもちろん、殆ど知らないキム・ヒエさん、素敵な感じの人。
今後、チャン・ヒョクさんはキム・ヒエさんと絡み、イ・ミンジョンさんはノ・ミヌさんと絡むのかな~という雰囲気が出ている2話までの展開。最初からそっちのほうが、どちらかというとシックリくる感じもしますが。(笑)

チャン・ヒョク演じる天才の名を欲しいままにして研修生を終えた弁護士ドヒョンが、謎の弁護士事務所に入るところから始まるドラマ。破格の扱いを新人弁護士に与える謎の事務所が、これからどういう場所なのか、バックにいる裏の大金持ちの家の後継者争いにドヒョンがどうかかわっていくのか、というのが、今のところの流れのようです。謎が多いお金持ちという設定も、その後継者争いがどす黒い匂いがするのも興味深いですね~。ちょっと「ロイヤル・ファミリー」を思い出すかも?

ところで、誰もが最初に思う疑問。「マイダス」って、どういう意味?

1 《ギリシャ神話》ミダス:手に触れるものを金に変える力を与えられたPhrygiaの王.
2 大金持ち;金もうけのうまい人

だそうです。意外にストレートなタイトルだったのね~(笑)
[PR]
f0147413_22432246.jpg出演:チャン・ヒョク、オ・ジホ、イ・ダヘ、イ・ジョンヒョク、ハン・ジョンス、キム・ジソク

2010年、KBS、全24話。
韓国では最高瞬間視聴率41.9%、平均視聴率32%を記録した2010年上半期№1時代劇。
「風の国」「アイリス」に続き韓国KBSが贈る特別企画ドラマ。朝鮮時代中期、初恋の女性を探すため奴婢(ヌヒ:奴隷)を追う推奴(チュノ)になった男と、彼に追われる奴婢たち。命を懸けた逃走が後継ぎを巡る王朝の陰謀の渦へと巻き込まれていく。
脚本はチョン・ソンイル(7級公務員)、監督はクァク・ジョンファン(黄金のりんご)で、チャン・ヒョク(ありがとうございます)、オ・ジホ(彼女はラブハンター)、イ・ダヘ(エデンの東)らスターが共演している。


感想

実は勧められてはいたものの、題材が奴婢だし、なんか暗そうなドラマだなぁ~というイメージを抱いていたので、ちょっと観るのをためらっていたドラマでした。なのでDVDも仕入れるのを躊躇していたところ、BSJAPANが放送するということで、これは観るタイミングだろう~と思って観てみたんです。
放送はこの枠が新しく出来たようで、一週間に月火の2回放送。韓国っぽいペースですよね。
週に一回だとなかなか進まない印象ですが、2回あるとこんなに違うんですね~。もともと24話と、史劇にしてはそんなに長くはない(でもフュージョン史劇としては定石くらいかな)ドラマだし、早めに進んでいったのも良かったです。
しかし何よりこのドラマ、ストーリーも面白かったけど、オトコマエがいっぱい出てくるのが妙に嬉しかった。(笑)史劇ってオーソドックスだと、あんまり出演者に期待って出来ないじゃないですか。フュージョンはアイドル系を使ったりとかもするけど・・・。その点、特別好きというわけではないけど、チャン・ヒョクssi、オ・ジホssi、イ・ジョンヒョクssi、そしてハン・ジョンスssiにキム・ジソクssiと、次々と現代劇でもオトコマエのナムジャが出てきて、それだけでも楽しかった!
特にワタクシ、個人的にキム・ジソクssiのことがなかなか好きで、このドラマでの役もすごく可愛くてお気に入りだったので、とっても楽しめました~~vv
それに彼は脇役だから、出ない週とかもあるけど、ストーリーも次はどうなるんだろう~と思わせる作りになっているので、期待以上の面白さでしたvv
ただラストが・・・まあフュージョンにありがちな、思わせぶりな?ラストとなっていて、特にBSJAPANはCMカットがあって、若干「これどうなったんだろう?」と謎の部分とか出てきたんだけど、まあホンギルのラストよりは夢があっていいかもしれないですね。あ、でも私はホンギルのラストは肯定派なんですけどね。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
なかなか面白く見ています!
不安だったチャン・ヒョクさんも、全然大丈夫!(笑)

なにより、若くてカッコいい男性がたくさん出ているだけでも、かなり楽しい(笑)

朝鮮王朝モノの大河とかだと、爺さん婆さんが多いですから(笑)それに比べると、やはりフュージョンは華がありますね~(笑)

女性も、知らないながらも、美人や可愛いタイプがたくさん!
しかも、ものすごく性格悪いみたいなキャラがいないし。
それだけでもストレスフリー!


ただ…ヒロインのイ・ダヘさん…
一人だけ汚れもなく綺麗なのが、凄く浮いてますが(笑)まあいいです。(笑)

オ・ジホさん、かっこ良くなってきたぞ~!
[PR]
f0147413_2353327.jpgBS JAPANで今日から週に2回放送という変則放送が始まった「推奴」を見始めました。
奴婢を描いた話だということくらいしか知らずに見始めたのですが(最近ドラマはずっと情報不足状態のまま見るという、ゆるい見方をしてます/笑)画像とかの印象が暗そうだったし、チャン・ヒョクさんもそれほど好きというほどではないし、とにかく見るには勢いの必要なドラマでしたが、ちょうどTVで放送するというので、TVなら勢いなくても見やすいので、渡りに船でした。(笑)

そして見始めたところ・・・
おお~っ!オトコマエがたくさん!!(爆)

ていうか、知ってる顔がすごく多いんですね、このドラマ。
チャン・ヒョクさんとトリオ(違うし/笑)を組んでいるのが、「王と私」でチョン・グァンリョルさんにずっと付いていた護衛内官ハン・ジョンスさんと、先日私が見終わった「個人の趣向」でライバル役を演じたキム・ジソクさん。そしてこのドラマでヒロインのイ・ダヘさんと、多分三角関係になるのかしら?チャン・ヒョクさんのライバルとなるオ・ジホさん。あと何の役なのかまだよく分からないイ・ジョンヒョクさん。(笑)
その他脇役も見覚えのある、馴染みのある方がじゃんじゃん登場して、それだけでも華やかで楽しい!!

特に暗い雰囲気を覚悟していた私には、とてもうれしい誤算だったのが、キム・ジソクさん016.gif
チャン・ヒョクさんでも、オ・ジホさんでも、イ・ジョンヒョクさんでも(?)なく、キム・ジソクさんに目が行ってしまった私は、ちょっと異色でしょうか・・・(笑)でも彼、好きなんだもの。

まあ。メインどころの魅力は、これからですね。

さて!クイズです。
私はチャン・ヒョクさんとオ・ジホさんの、どっちを好きになるでしょう?
私にもまだ全然分かりません。ははは~(^_^;)ずっとキム・ジソクさんだったりして。(笑)
[PR]
f0147413_22352374.jpg

今日は久しぶりの平日休みで、たまたま昼間放送している「ありがとうございます」再放送を見たら、なかなか佳境に入っていて、いきなり泣かされてしまいました~(;O;)
そして久しぶりに見たこのドラマ、たった1回見返しただけで、めっちゃ感動してしまって、ここでも私、年寄りに泣かされるんだと実感。(笑)爺さんとばあさん、2人がかりで私を泣かす~;;
このドラマ、ちょうど「クムスン」を見た人が、口をそろえてハルモニが最高にイイのよ~っていうのと同じく、ミスタ・リーが最高に良いです。子供のボミも良いのだけど、一番はミスタ・リーです。爺さん、最高~~

ちなみに、「ありがとうございます」は、私の数少ない星評価満点6のドラマです。


■続きはMoreをクリック!
[PR]
f0147413_2358750.jpg出演:チャン・ヒョク、チャン・ナラ、リュ・スヨン、ユン・テヨン、ハン・ウンジョン

2002年、SBS、全16話。上半期、最高のヒットドラマ。
苦勞と挫折、混沌の中でも明るく清らかに生きる一人の少女を描いたドラマ。少女は詐欺賭博、不動産賭博、恐喝などを犯した兩親のせいで、田舎の祖母に育てられる。これといった取柄はないが、困難を肯定的に受け止め、しっかり足を踏みしめ生きて行く。
除隊後「ありがとうございます」で高視聴率を出したチャン・ヒョク、「マイ・ラブ・パッチ」「ウェディング」のチャン・ナラ、悪役だけでなく主演でも人気をとった「18.29」のリュ・スヨン、「フルハウス」のハン・ウンジョンと、そして「太王四神記」で主演のペ・ヨンジュンと対峙するヨン・ホゲを好演したユン・テヨンなど、知った顔がゾロリと出演。


感想

入隊前のチャン・ヒョクには興味がなかったのだけど、太王~でハマッたユン・テヨンssiが良い人の役で出ているということで、チャン・ナラも嫌いじゃないし・・・と思って、今更ですが見てみました。(笑)
昔のドラマだけあって、ハン・ウンジョンなんて、見てるこっちが気の毒に思うくらい(フルハウスの役なんて、良い役に思えるくらい~)、典型的な金持ちのバカ女役、そして、リュ・スヨンも「真実」のころみたいな、どこまでも悪役~~~。
ちょっと展開も「真実」とカブッてる部分もあるかんじしましたが、ま、昔のドラマって、そういう単純さが気楽に見れて面白いとも言えますね。(笑)
チャン・ヒョクは、前半、どうしようもない男だった・・・(笑)主演がこんなダメ男(なのに、相手の女の子に愛されちゃう)なのは「屋根部屋の猫」以来じゃないかしら、と思ったくらい。(笑)
でも、後半はだいぶマシになって、そうすると不思議と見た目も悪くないように見えてくる。(笑)
ちょっと三白眼っぽくて目つき悪いけど、単純頭のチャン・ヒョクちゃんの役、総合的には可愛かったです。(笑)
目的だったユン・テヨンは、確かに良い人の役だったけど、本当にそれだけ、って感じで、魅力の欠片も感じなかったわ。(爆)やっぱりホゲ様が良い~~~(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_2375893.jpg出演:チャン・ヒョク、コン・ヒョジン、シン・ソンロク、ソ・シネ

07年3月からMBCで放送され、高視聴率とともに全16話で幕を閉じた。
映画「僕の彼女を紹介します」で人気を博したチャン・ヒョクが、除隊後の初のドラマ出演となり、入隊前よりも奥深い演技だったという評価を得た。
コン・ヒョジンは「サンドゥ、学校へ行こう」以来、2度目のイ・ギョンヒ脚本ドラマへの参加となったが、過去の出演作の、どちらかというと個性の強い役柄とは一線を画す、自然体の演技が光った。
また、なによりこのドラマを輝かせたのが幼くしてHIV感染者という設定の子供ボム役を演じたソ・シネと、認知症の祖父・ミスター・リ(呼び名)役のシン・グ。
非常に重い人物設定の中、彼らの明るい性格設定と演技の上手さ(ベテランのシン・グに、上手いというのは失礼ですが…)が、物語を温かく優しいものにした。
当初、「魔王」「魔女ユヒ」といった裏ドラマに話題が集まっていたが、放送が始まるにつれ視聴率が伸び、最終的に「ありがとうございます」の一人勝ちのようになった。

感想

いや〜〜〜〜、面白かった。期待通りでした。
私の5.5★評価「魔王」の裏で高視聴率を獲り(苦笑)、既にファンとなりつつあるイ・ギョンヒ作家(「サンドゥ、学校へ行こう」「ごめん、愛してる」「このろくでなしの愛」を執筆した脚本家)の最新作なので、見る前からきっと面白いはず、と思ってみたにもかかわらず、期待を裏切らないところが、やっぱりサスガでした。
何度、涙が私の頬を伝ったか分かりませんよ、ええ。(笑)
HIV感染した子供と認知症の祖父という、どうやったって不幸な重苦しい展開が想像出来るじゃないですか。ところが、第1話からグングンと話に引き込まれ、時に笑い、時に切なく展開する恋愛部分に胸キュンし、そして辛い展開に胸を痛め、あっと言う間の16話でした。こんなに16話が短く感じたのは久しぶりかもしれません。
恋愛部分では、やはりチャン・ヒョクがす〜ごくイイ。何というか、カッコイイという言葉で片づけるのは申し訳ないが、語彙が少ない私はカッコイイと書かざるを得ない!
改めて、脚本のイ・ギョンヒ作家は、「サンドゥ〜」「このろくでなし〜」でのRainといい、「ごめ愛」のソ・ジソプといい、傷ついた男の格好良さを描かせたらピカイチと思いましたね。(笑)
ライバル(?)役のシン・ソンロクも、そこらに転がるライバルとはひと味違って、カッコイイだけじゃない、または優しいだけじゃない、またはイイ人だけじゃない(ライバルって、だいたいこの3つのどれか一つのパターンな気がする)複雑な人間性を持ったイイ男なので、見てるこちらも、どっちの男性にも共感してしまう〜!なんて、悩ましい気持ちにさせられました。(笑)
重い設定なのに、次へ次へと進みたくなる、心に優しい風が吹くようなドラマです♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]