タグ:チェ・ジウ ( 9 ) タグの人気記事

f0147413_22333649.jpg出演:チェ・ジウ、イ・サンユン、チェ・ウォニョン

2015年、tvN(ケーブル)、全16話。
チェ・ジウがケーブルドラマに初出演。初のケーブルドラマを選んだ理由として、魅力的なキャラクター、演出家への信頼、と答えた。チェ・ジウ特有の明るく活気に満ちた演技と、実際の二十歳に劣らない美貌、キャンパスルックにも注目。30~40代女性の現実と夢、憧れをリアル、かつコミカルに描いている。
「怪しい家政婦」「秘密の扉」などを手掛けたキム・ヒョンシクが監督を、「華麗なる遺産」「いとしのソヨン」などを手掛けたソ・ヒョンギョンが脚本を務めた作品で、40歳にして大学の新入生となったハ・ノラ【役:チェ・ジウ】とその周りの個性豊かな人物たちとの出会いや出来事を通して展開されていくキャンパスライフを描いたストーリーです。

<感想>

例に寄って全く知らずに我が家に回ってきて見たドラマでした。(笑)最近またチェ・ジウをわりと見かけるようになりましたね。今回の役はなんと大学生の息子の母の役。それなのに、やっぱり初々しさというか、純粋さというか、そういう役作りがうまい人ですね、チェ・ジウは。キャラクターも、自分が高校生の時に知り合った年上男性と突然結婚して子供を産んだものの、そのままドイツで言葉もままならない中で暮らした女性という設定で、旦那と子供だけが世の中のすべてだったのが、ある日旦那から離婚を突き付けられて、改めて自分の生きる道を探していくストーリーなので、世間ずれしてなかったり、それゆえの世間知らずで純粋なキャラという設定が、本来は若干無理があるところを、チェ・ジウがうまく視聴者を引きこめるキャラ作りをしていたんじゃないかと思いました。イ・サンユンさんも、彼の特徴である、優しい男ではない、怒りキャラとでもいうのか(笑)お得意の男性でしたよ。でも背の高い二人が、金持ちでも貧乏でもない、普通の男女の役で、洋服とかも普通のものなので、二人が一緒にいると、どこぞの年齢層の高めの夫婦モデルが出てるファッション誌みたいな感じに見えました。
物語も、おそらく共感を得たと思われるのですが、韓ドラにしては普通の中年の男女の恋愛と、ヒロインの成長物語なので、普通は間延びしそうなところを、案外サクサクと見れて面白かったです。トーンも明るめなので、肩ひじ張らずに、気軽に観れる楽しめの、でも女性の共感度の高いドラマでした。特に手法として、20年ぶりに出会った友達(イ・サンユン)が、なぜ自分に対して冷たい態度なのかが少しずつ過去が見えてきて、それはチェ・ジウ演じるハ・ノラが自分自身を忘れていた20年間を取り戻していく歩みと一緒に分かって行く流れになっているのが、とても良かったと思います。中年女性に限らず(笑)全ての女性にお勧めのドラマです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_237196.jpg出演:チェ・ジウ、ユン・サンヒョン、オム・ギジュン

2011年、MBC、全20話。
2008年にTBSで放送した人気ドラマ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」の韓国版リメイク。
見所はなんといっても豪華なキャスト!
「冬のソナタ」放送以来、ドラマ、映画、CM出演と韓流トップスターとして走り続けるチェ・ジウ3年ぶりのドラマ出演。共演は「僕の妻はスーパーウーマン」「お嬢さまをお願い!」で一躍ブレイクし、「シークレット・ガーデン」が韓国で37.9%の視聴率をあげるなど、目下注目度No.1俳優のユン・サンヒョン。トップ女優と最も旬な俳優という豪華キャスティングがオンエア前から大きな話題となった。
日本の韓流ブームに火をつけた「冬のソナタ」「天国の階段」で涙を誘い、「ジウ姫」とまで言われた彼女が、本作では、仕事はできるが性格はズボラな大雑把女に大変身!ハチャメチャなヒロインとなって笑いを誘う。新・ロマコメ・クイーンとして新境地を切り開いたチェ・ジウの、可愛らしくもリアルな大人の女性の魅力が全開!
笑って、泣いて、優しい気持ちになれる大人のロマンティック・ラブコメディ!


感想

元のドラマはまったく知らないんですが、チェ・ジウもユン・サンヒョンもわりと好きなので、その二人のラブコメということで、けっこう楽しみに見始めました。見始めは、すごく新鮮。途中の感想記事にも、韓ドラっぽくなく、貧乏、金持ち、限度を超えた意地悪なライバル、親の因縁、記憶喪失、不治の病といった要素はなく、ひたすら二人の人間性から結婚生活がうまくいかない様子を描いていて、さすが日本のドラマのリメイクだな~と、まさに新鮮でした。韓ドラって、こういうシンプルなラブコメって、あまりないじゃないですか。本人たちの思いが普通にすれ違うためにうまくいかないカップルの話。韓国ではあまり話題にならなかったと聞いていたので、なおさら納得ですね。(笑)こういう話は、視聴者が二人に思い入れがないと、きっと続きを観たいという気持ちになれないんだと思います。でもだからこそ、私はそこがたまにはこういうパターンもいいな~って思って観ていました。ただ、途中で私の勢いがなくなったのは、特にユン・サンヒョンのキャラクターが好きになれなかったからなんだと思います。彼自身は好きなほうなんですが、この役柄はダメだ~;;チェ・ジウの役はまあ理解できるんだけど、相手のユン・サンヒョン演じる役柄がダメで、乗りきれない感じになったんですよね。
ただ、終盤なんですが、オム・ギジュンさんがチェ・ジウの元彼という役柄で登場して、きっと他の誰かが演じると平凡な元彼になったんでしょうけど、やはり彼が演じると一味違う元彼という感じで、ドラマが締まった感じがしました。なのでラストまで行けましたね。全体的には、話は悪くはないけどキャラがね~、っていう感想となっちゃいました。(笑)どんな役でもユン・サンヒョンさんが好き、という方には向いてるかも。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_2232699.jpgユン・サンヒョンとチェ・ジウという、いかにも日本向けキャスト(笑)と、日本のドラマ「佐々木夫妻の仁義なき戦い」のリメイクということが、韓国にウケなかったのか(?)向こうでは低視聴率だったらしいですが、BSで週一で放送中なので録画を溜めていたのを見始めているところです。

私はそのリメイクの元になったドラマはまったく知らないんですけど、5話まで観てみて、チェ・ジウはちょっとキャンキャンうるさいけど、なんとなく続きが気になって次へ次へと見ているので、それなりに面白く感じているんだろうなぁ~。

それにしても、このユン・サンヒョンは、なんというか、いい人過ぎて、しかも優柔不断なもんだから、いらぬ誤解をたくさん受けてしまって、観ていてけっこうストレスたまりますよ。(笑)イラッとするキャラクター。(笑)

それに対してチェ・ジウは誤解しまくりで(笑)いつも怒ってるんだけど、ケンカのたびに意外に折れてあげているのね。怒って怒って怒りまくるけど、折れてあげる。でもそのぶんストレスがたまっている。(笑)

この二人、弁護士夫婦なんだけど、こんな感じでうまくいかず、5話で離婚訴訟の話が持ち上がってます~。

まだ先は長いから、それがどうやって修復されていくか、というのが描かれているのかな?予想では?

f0147413_22455776.jpgそんなこんなでちょっと検索していたら、こんな画像が~~~016.gifえ~、これはオム・ギジュンさんではないの。隣にいるのはチェ・ジウのお母さん役をしている方です~。オム・ギジュンさん、また悪い男の役で出てくるのかしら。(笑)これは予想外に楽しみになってきちゃいましたよ~。

BSではまだ放送途中なので、彼は出てきてないのかなぁ・・・。やはり全部録画してから観れば良かったかも。追いついてしまって、次が気になっても、次の週まで観れないもんなぁ。(笑)

まあ、それはともかく、日本のドラマのリメイクと知って納得したんですが、韓ドラ、こういうドラマ少ないですよね。どういう部分か、というと、主演二人のうまくいかない原因が、親の世代の因縁でもなければ、金持ちと貧乏のせいでもなく、お互いの相手に第三のライバルがいて、異様に執着をみせたり意地悪したりするわけでもなく(これは今後あるのかもしれないけど…笑)記憶喪失でもなければ不治の病でもない、普通の男女の恋愛模様のドラマ。相手の人格というか、キャラクターによって、誤解が生じたり、お互いに未熟だったり、すれ違いがあったり、プライドが邪魔して素直になれなかったり。そのへんに転がっている普通の男女がかかえる悩みみたいなものによって構成されているドラマなんですよね。

毎日BSでザ・韓ドラ的な恋愛を見ているだけに、こういう普通の恋愛を描いた韓ドラ、新鮮な感じがします。(笑)
でも韓国でウケなかったのも、なんとなくわかるような・・・。(笑)こういうドラマって、主演の二人に興味がなかったり共感するところがないと、つまらなく感じるものですよね、たぶん。韓ドラ的には刺激が少ないのかも。(笑)
[PR]
f0147413_2348141.jpg出演:チェ・ジウ、ユ・ジテ、チャ・イェリョン、イ・ギウ

2009年、SBS、全20話。
『もしもスターが恋人だったら』。そんな夢のような“スターと一般人の恋”を描いた、韓国版「ノッティンヒルの恋人」として制作。スターと大学講師という全く異なる世界に住む二人が、紀行文の代筆という仕事を通して出会い、次第に惹かれあっていく。
「冬のソナタ」や「天国の階段」などで人気、韓国の国民的大女優チェ・ジウが「エア・シティ」に続き主演した。そのチェ・ジウの相手役に、映画『ファンジニ』『オールド・ボーイ』『春の日は過ぎゆく』など高い演技力を評価され映画で活躍してきた俳優ユ・ジテがテレビドラマ初出演。
また、視聴率はふるわなかったが「冬のソナタ」「秋の童話」のオ・スヨン手がけた脚本は、史劇的な内容で視聴者の注目をひく最近のドラマとは一線を画し、“大人のための童話”と高い評価を受けた。今作が演出家デビューとなるプ・ソンチョル監督も、美しい映像と完成度の高い音楽をうまく調和させ、第45回百想芸術大賞新人演出賞を受賞した。
あっと驚くスターのカメオ出演や、奈良をはじめ、大阪、神戸で撮影された日本シーンも注目!

感想

見る前に、こんなにテンション低かったのも久しぶりだったんです、実は。(笑)
だって、韓国でも視聴率が悪かったし(そう言うことはよくあるけど)日本の韓ドラ感想を上げているブログさんでも、良かったという人よりは、どうも暗いとか飽きるとかいう人の感想のほうが目立っていて、こりゃもう、テンションあがらないでしょう~?(笑)ただ唯一、先に見終わったチングが「凄く面白かった!」という異色の(笑)感想を言ってくれたので、それを頼りに(笑)見始めたのです~。
そもそも始まりが日本ロケ。日本ロケというと、「サムディ」は私は面白かったけど、それ以外は「ガラスの華」「ラブトレジャー」「甘い人生」などなど、ラブトレこそ全体的には面白かったけど、日本ロケの部分がとにかくつまらないものが多かったので、これも私には鬼門でした。(笑)
しかしっ!!・・・これは、なかなかよろしい。出だし、いい感じで見れたのです。
そこから惹きこまれていって、最初とにかくジウ姫演じるマリが可愛い~の~。そこが良くて見ていて、次第にチョルス役のユ・ジテが非常に魅力的だと気付いてきたんです。顔はいつも困った顔(笑)なのに、チョルスってばすごく魅力的♪結局、通してチョルスのキャラクターが良かったことと、映像の美しさとかが素敵な映画を見ているようで魅力でした。長~いロマンティックな映画を見終えた気分です。
話の展開としては、二人が立場の違いからなかなかうまくゆかず、障害に負けて別れたり、でも惹かれあって戻ったり、というのを繰り返すのですが、マリがスターという事以外は、二人のシーンは実に等身大の普通の男女の恋愛に付き物である問題ばかりなので、とても共感しやすい気がしました。

なお、とても気にいったドラマだったので、見ている途中もカテゴリ「スターの恋人」(文字をクリックすると記事に移動します)で色々語っています。(ネタばれありなので、ご注意を)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_0155526.jpgとにかく、何をどう云われても(笑)私は面白かったです~016.gif
ただ韓国でも視聴率がヒトケタだったというし、日本でも感想を載せているブログさんでは、全面的に良かったと書いている人は多くはないみたいなので(いないわけではない)う~~ん、くっついたり離れたりだけのメロドラマで20話をやるのは、もう日本でも韓国でも時代が受け入れないのかしら~?でも、前回の月9「ブザービート」は、私も面白かったけど、かなり評判良かったんですよね。あれも、ようはくっついたり離れたりの青春版メロドラマだと思うんだけど、まあ日本のドラマは回数が短いですものねぇ・・・。

何が良かったっていうと・・・

More
[PR]
なんだか私、よく書かれている“ストーリー展開のダレ”を感じません・・・(笑)いまだず~っと切なくて面白い。(笑)

f0147413_0554020.jpgう~~む・・・チョルスがね、私の直感と違う言動、事件が起こったときの反応をするんです~。初恋の人が現われて、マリが家に彼を泊めているということをチョルスが知った時も、私としては大人なチョルスが言葉でマリを責めるというか、嫉妬を誤魔化すように問いただしたりとか、そういう反応を想像するわけなんですが彼はいきなり20代の若造のように(笑)マリを壁際にある本棚へと押しつけて、無理やりキス!!(笑)ギョギョギョッ!!(笑)
え~~~~~、そう来ますか?チョルスさん!?041.gif
とにかく博士だし小説家だし、あの外見だし、大人の男をついつい思いこんでしまうのですが、意外に感情表現が直球ど真ん中なんですよね、チョルスって。(笑)だからマリとしょっちゅう喧嘩しちゃったりもするんだけど、そういう飾らないところが彼の魅力なんだろうなぁ~~037.gif

f0147413_19431.jpg別にチョルス堕ちはしてませんが、この2人のラブストーリー、本当に良いです~~
もともとこういうラブストーリー1本槍みたいな展開、私が好きなだけなのかもしれないけど。(笑)
かといって、昔と違うので、くっついたり離れたり誤解があったり、それが解けたり、そういうじれったさはあっても、病気や事故や記憶喪失や親の代からの因縁の人間関係といった設定はなく(笑)本当にノーマルに恋愛に悩む男女の物語なんですよね~。
17話のラストは、その前にとうとう一度別れちゃった2人が再会して、お互いを忘れたフリをしていたけど、結局このようにキスしちゃうんですねぇ・・・037.gif053.gif

ゆっくりペースで見てきましたが、あと3話になっちゃって、ちょっと残念です。
[PR]
いや~~~、良いですね。面白いです。

9話のラストなんて、ジウ姫、めっちゃめちゃ可愛い~016.gif
WOWOWなので、もちろん字幕でノーカットなので、意外にスイスイ進めず、やはり普段BSでCMカット版に慣れてきているせいか、1話1時間以上が長く感じます。(笑)面白くないからとか、テンポが悪いからじゃなくて、単純に、1話見終わるのに1時間以上かかるなんて~~と、毎日他のドラマもチェックしながらの視聴になっちゃうので、なかなか進めなくて悔しいのです。(笑)

ところが、この後心配なことが・・・(ネタばれは、してませんよ~)

More
[PR]
f0147413_2331264.jpg出演:チェ・ジウ、イ・ジョンジェ、イ・ジヌク

2007年、MBC、全16話。
チェ・ジウは「天国の階段」以来3年ぶり、イ・ジョンジェは9年ぶりにドラマ復帰し、MBCが2年の企画を経て40億ウォンの製作費を投入され制作したドラマ。
仁川国際空港を舞台にパスポート偽造や麻薬密輸、国際テロなどの数々の問題を描いた作品。チェ・ジウの演技転身もみどころのひとつで、5ヶ国語を操る有能な運営本部室長役を通して初盤から外国語セリフもこなし‘かっこいい女性’を見せる。
また実際に仁川国際空港で撮影していることもリアリティを与えている。
視聴率は、KBSの歴史もの「大祚榮」が健闘していたため、そちらに持っていかれた感があり、全体的にやや苦戦した。



感想

実は、あんまり期待してなかったんです〜〜(笑)
評判も、それほど良くはなかったし、チェ・ジウがバリバリのキャリアウーマンを演じているとかっていうのが、なんとなくイメチェンしたくてキバりすぎたのでは?と想像していたし、イ・ジョンジェはタイプじゃないし。(笑)
いや、イ・ジョンジェの出た映画(「ラスト・プレゼント」「イルマーレ」)は面白かったのだけど、普通男性がスーツ着るとカッコイイものだけど、なんかダサダサに見えてしまって(ごめんなさい・・・)そのへんも乗れなかった・・・
イ・ジヌクは「スマイル・アゲイン」で、なかなか可愛い役だったので、少しだけ期待してましたけど、ま、それほど大きな期待じゃなかったし・・・
とにかく、もろもろの理由があって、見ても見なくてもいいや、くらいの気で見始めたこのドラマ。
ところが、その期待しなかったのが良かったのか、見始めるとけっこう面白い。
ドラマの構成も、次がすごい気になるところで続く、となっているので、次へ次へと進んでしまうし、この2人の絡む恋愛模様はどうなのか?と思っていたけど、だんだん見慣れてくると、やっぱり気になってくる2人の展開。さすが韓ドラ。(笑)
結果、何度も見返したいという印象深いドラマではないけど、サクサクと見れて、かつ、なかなか面白かったドラマという好印象で終わりました。
見ても損したという感じはないですよ。ドロドロの恋愛もの、ワンパターンのラブコメに飽きたころに、1本挟むには、なかなか良いドラマではないかと思います。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_22321993.jpg出演:イ・ビョンホン、チェ・ジウ、リュ・シウォン、イ・ジョンヒョン、シン・ミナ

2001年、SBS放送、全24話。
日本では2003年秋に、NHKBS2で日本語吹き替えで放送し、冬ソナに続いて初期の韓ドラブームを作った作品でもある。
イ・ビョンホンのキラースマイル、チェ・ジウの涙は視聴者の心を捉え、劇中歌手役だったイ・ジョンヒョンは紅白歌合戦に出場、リュ・シウォンも歌手活動とともに俳優として注目をあびた。
親の世代の因縁が、その子供たちを苦しめ、思い合う2人がなかなか結ばれない展開と、不治の病など、初期の韓ドラらしい複雑な人間関係と切なさが魅力のドラマ。
8年も前の作品ではあるが、今見ても、惹きつけられる面白さがある。


感想
日本放送当時、BSで毎週見ていたドラマでしたが、吹き替えだったし、NHKではあっても、多少のカット分数があったため、4年ぶりに字幕版(字幕で見たのは、今回が初めてです)で見てみました。
当時、ミンチョル室長にハマッて、カッコイイ〜〜!って思っていたのを懐かしく思い出しますが、今見ると、なんとイ・ビョンホンて、こんなに背が低かったのか、と驚かされました。最近のドラマに出る俳優さんは、モデル出身が多いせいか、背の高い人が多く、またチェ・ジウが背が高いので、殆ど身長が変わらないことに、今頃気づいてビックリ。最初はそれがひどくアンバランスに見えてしまったのだけど、当時はなにせ吹き替えですが、やっぱりビョンホンssiのあの声(!)と、ミンチョルの魅力的なキャラクターは、4年ぶりに見ても惹きつけられました。
ドラマ展開も、分かってるはずなのに(いや、忘れてたところもあるけど)次へ次へと気になってしまうし、大変楽しめました。
今から6年も前のドラマだし、これまで様々な韓ドラを見てきたので、見る前は、きっと古くさく感じるかも・・・と思っていた部分もあるんだけど、意外にそんなことはあまりなく、ビョンホンssiの演技はやっぱり上手いなぁ〜、とか、韓ドラの基本が詰まっていて面白いなぁ〜とか、かなり楽しめました。
古いドラマ、と、敬遠するなかれ。まだ未見のかたは、お試しを〜。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]