タグ:ソ・イヒョン ( 6 ) タグの人気記事

f0147413_2353083.jpg出演:パク・シフ、ムン・グニョン、ソ・イヒョン、キム・ジソク、ナムグン・ミン

2012年、SBS、全16話。
お金で愛は買えないが、愛では飯は食えないもの。金か、愛か。多くのドラマで描かれてきた普遍のテーマを一風変わった切り口で描き出した超新感覚ラブコメディ。
主人公は、「愛は金に勝つ!」と信じてやまない“ピュアな御曹司”と、「愛で貧しさを乗り越える!」と踏ん張るも打ち破られる貧乏女子。ヒロインがある出来事を機に“玉の輿”を目指すことから始まる物語は、これまでの身分差ロマンスやシンデレラストーリーとは違った展開で、目からウロコの面白さ。
『家門の栄光』や『王女の男』など多くのヒット作に出演し、日本でも熱いファン層を持つパク・シフ。切な系ロマンスでシリアスなキャラクターを多く演じてきた彼が、本作で演じるのは、失恋の痛手でひねくれまくった厄介なCEO、チャ・スンジョ。一方、“努力が私を作る!”と奮闘するタフなヒロインに扮したムン・グニョンのイメージ変身にも注目だ。



<感想>

かなり知名度の高いドラマですよね。さすがの私も知っていたし、見たかったドラマでした。(笑)
しかし最初はあまりのパク・シフさんのハイテンションに、大丈夫なん?と思ったほど。(笑)
明るい展開が多い序盤から中盤は、まさにラブコメだね、って感じでした。
ただ、そうであればあるほど、どうしてヒロインをムン・グニョンさんにしたのかな、っていうのがちょっとありまして。彼女は童顔なので、確かにタイトルの「アリス」というイメージにはハマるのかもしれないけど、パク・シフさんとのバランスがあんまりいいとは言えないという感じがしたんです。ところが途中から、どうしてこの役に彼女がキャスティングされたのか、よ~く分かります。
「アリス」という幼い子のイメージもあるのかもしれないけど、この彼女が演じるヒロインは、ただのラブコメのヒロインではないんですね。特に終盤には、違和感のあった二人のバランスが見事に調和しているように見えたから不思議。これはパク・シフさんとムン・グニョンさんの演技力の賜物のようなドラマだなと思いました。
ドラマ設定が、とにかく最初から斬新。お金持ちと貧乏を描いているのに、今までの韓ドラパターンに全くハマらない、見てる側が次はこうなるのかな、という期待をどんどん裏切っていって、どうなるのか分からない面白さ。シフさんもグニョンさんも、どちらも過去になかったような人物像を演じているので、二人が問題にぶつかった時の答えの出し方とかが予想を裏切るんです。そういう意味で、とても斬新で面白かったです。
そして何気に友情出演のナムグン・ミンさん、チョイ役だと思ったらけっこう長く出演してくれて、しかもマル@私の心が聞こえる?を彷彿させる不幸キャラ。(笑)彼の苦しむ悲しそうな演技はやっぱりイイ。(笑)
そして意外に好きだった第二主演みたいな二人、ソ・イヒョンさんとキム・ジソクさんも、すごく良かった。
ソ・イヒョンさんは特に重要な役どころで、二人とも最初は意地悪なだけのようなキャラですが、途中から変わっていくのがいいです。ただ単に改心していい人になるわけじゃなく、そのへんも個性が光った役どころなところがいい。あと個人的にキム・ジソクさんを好きなもので、途中から変貌してくれて嬉しかった。(笑)
繰り返し観たいとかではないし、登場人物に胸キュンもしてないのだけど、新しいラブストーリーな感じがして、すごく脚本力、監督力を、俳優の演技力と同じくらい感じられたのが良かったです。
最後に。
タイトルの「アリス」は当然のようにムン・グニョンさんだと思っていたけど、見終わると、案外パク・シフさんだったのかも、と思えたのは私だけでしょうか。いや、きっとそうだと思う。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23154142.jpg出演:キム・ジェウク、オク・テギョン、ソ・イヒョン

2013年、tvN、全16話。
K-POP界の頂点に君臨する人気アイドル“2PM”のテギョン、「メリは外泊中」のキム・ジェウク、「清潭洞〈チョンダムドン〉アリス」のソ・イヒョンが夢の初競。とびきりゴージャスな顔合わせで描かれるのは、ゴーストが見えるヒロインが数々の謎と未解決事件に挑むファンタジーラブストーリー。
勇猛果敢な熱血警官ゴヌをテギョン、クールな女性警官シオンをソ・イヒョン、そして、物語のキーマンとなるミステリアスなゴースト、ヒョンジュンを除隊後ドラマ初出演となるキム・ジェウクが演じる。
高視聴率ドラマを次々に生み出す人気ケーブルチャンネルtvNで同時間帯視聴率1位を達成した話題作が、韓流業界に新たなムーブメントを巻き起こす!


<感想>

またしても全く知らずにいたドラマでしたが、キム・ジェウクさんが除隊後初のドラマだそうですね♪
これもCSを録画したのをお借りしたDVDで観ました。登場人物はめっちゃイイわ~。男性も女性も好きだし。
テギョン、お久しぶり(私は)で、相変わらずタイプな外見で、この役も可愛らしい年下の男を演じていました。
カッコいいというよりも、恋の相手が年上設定のせいか、終始可愛い~~って感じでしたね。
でも見た目とかは、やっぱり年齢的なものか、キム・ジェウクさんとの2ショットのほうが似合ってたかも。
ソ・イヒョンさん、笑うと可愛いんだけど、テギョンが可愛すぎるので姉と弟に見えてしまうのよねぇ~
なので、二人のシーンもあんまり胸キュンとかドキドキ・・・とか思わなかったなぁ~(汗)
ただ、お話は幽霊が見えるという、最近はよくあるネタだけど、事件を解決していったりして(警察の話なの)なかなか面白くサクサクと観れました。可愛いテギョンを無条件に好きな人はいいかも~。
泣けるシーンとかも用意されているんだけど、やはりあまりに直前に観たドラマが泣ける点で凄過ぎて、チラリとも泣けませんでした。多分、サラリと観れて、ドラマに気持ちが入り込むということがなかったからでしょう。
共感するキャラクターもあまりいなかったし。でも、目の保養には大変よろしかったです。面白かったし。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_22324167.jpgCSに入っている方が録画してくれたのをお借りしました。
これってケーブルTV系かな?1話が46分くらいで短いから、先日の「ザ・ウィルス」がたしかこういう感じで、1話が短く、全体も話数が少なかったんだよね。同じ感じなのかな。
でも1話46~7分だと、とってもサクサクと進んで見やすいですね。
この前ハマッた「私の心が聞こえる?」みたいなのは、じっくりと観たいから長くても全然オッケーなんだけどね。

久しぶりのキム・ジェウクさんとテギョン。いや、テギョンは私が勝手にお久しぶりなだけですけども。
まだ2話までしか観てないので、キム・ジェウクさんは6年前の事件の関係者で、その6年前から始まるんですが、すぐ現代になるので、ほんの少ししか登場してないです。
でも、このドラマのことは全然知らなかったので、少し調べたら、彼は死んだ人の役だということなので、いわゆるオバケとしてこれから登場するみたいな感じ。

ヒロインのソ・イヒョンさんは、6年前の事件をきっかけに、霊が見えるようになったという設定なので、まあこういうアメリカドラマ、よくあるけども(笑)無念を抱えた霊に突き動かされて、お蔵入りになりそうな事件を解決しちゃうという感じかな。

テギョンくんは刑事課からヘマをして、彼女が上司である「遺失物保管センター」(笑)に左遷された部下の役です。相変わらず可愛い~~。彼の容姿は、本当、めっちゃタイプです。(笑)顔ちっちゃい!!

ちょっとオバケ登場のシーンは毎回ホラーちっくで怖いんだけど(笑)すぐ怖くなくなるので大丈夫でした。

まだ「私の心が聞こえる」の余韻が冷めない状態ですが、こういう違うジャンルのもので、好きな俳優さんが出ているドラマは気分転換に良さそう。長くないのもイイ。ライトに観れそうだから。
[PR]
f0147413_23333531.jpg出演:イ・テゴン、イ・ヒョンジン、コ・ナウン、ソ・イヒョン

2009年、MBC、全50話。
「神様、お願い(MBC、2007)」で人気急上中のイ・テゴン、「家門の栄光」で人気のイ・ヒョンジン、「神様、お願い」「人魚姫」の人気脚本家イム・ソンハンによる最新作、韓国で最高視聴率25.1%を記録した。宝石の名前を持つ4人兄弟が織りなす恋愛模様や、ダメ両親とそれを反面教師にしっかり生きていく子供たちの逆転した親子関係が愉快に描かれた、韓流親子で楽しめる明るいホームドラマ。


感想

とにかく(笑)あのラストには驚かされましたーー@@;;
いや、もちろんどんなラストかは書きませんけど(笑)最終回にあんなエピソードを入れるとは、やっぱりさすが、ちょっと変わった話を書くという噂の脚本家さんだけあるわ、と思っちゃった。
つまるところ、お母さんの母としての「倫理」の教育ってことなんでしょうかねぇ~。でも納得できないとか、それで引くとか(笑)そういうことはないです。変わってる終わり方だな~って思っただけで。(笑)
このドラマ、面白かったです。途中でも書いたけど、お金持ちと貧乏が出てくるのに、お金持ちが嫌な人間じゃないんですよ~。なんて珍しい!!登場人物も個性的だし、最後まで色々と楽しませて貰った感じとか、見ていて気持ちよく見れたところなんか、「新ソウル・トゥッペギ」をちょっと思い出した感じがします。あれもちょっと変わったドラマだったな~っていう印象だったので。
「家門~」で好印象だったイ・ヒョンジンくんは、最初こそ、この髪形はいったい?という感じでしたが(笑)途中で髪を切ってから、見違えるようにカッコよくなり(笑)そして役どころも、やっぱり家門同様に良い役でした~。彼はいいですね、本当にvv笑顔がサイコーですvv
イ・テゴンさん、(役で)結婚前と結婚後でだいぶ印象が変化しましたが(笑)結婚前の役の感じとかは、独身男性の鏡のような役で(笑)あまり得意じゃなかったけど、印象が変わりました~。
好きというとこまでは行きませんが、苦手ではなくなったのが、かなり大きな変化です。
ホームドラマ好きの人でも、このドラマは好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私はけっこう好きな感じで楽しく見れましたvv


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2126289.jpg出演:オム・テウン、ハン・ジミン、ソ・イヒョン

2005年、KBS、全25話。
韓国で"復活パニック"と呼ばれる社会現象を巻き起こし、視聴者から熱烈な支持を受けたドラマ。放送後も、専門誌の発行やファンが主催するオフ会が幾度も開催された。
誰も予測のつかない複雑、かつ緻密なストーリー展開と、キャストの卓越した演技力が高い評価を獲得。その年の韓国TV界の各賞を総なめにした、文句なしの最高傑作サスペンスドラマ。


感想

BS朝日で、CMカット有り、字幕バージョンで週に一回ずつ地道に見ていました。
チュ・ジフンくんの「宮」の次回作として、同じスタッフの「魔王」が決まった時から、先に「復活」を見ておきたいと思っていたのですが、結局「魔王」のほうを先に見終わってしまうことになりました。私には、それがかなり影響したように思えます。
そして、サスペンスは週に一回の途切れ途切れではなく、続けてDVDで見るほうが、世界に入り込みやすいというのも教訓となりました・・・
つまり、この人気の高かったサスペンス、私には途中で挫折しても良いと思えるほどに、途中から魅力をガタガタと失っていったドラマでした。
オム・テウンという俳優に、特別魅力を感じていないというのもあるかもしれませんが、彼のドラマは何故か色々観ているし、別段嫌いではなく、なのでやっぱりとても複雑で登場人物の多い、そして高度なサスペンス要素がてんこ盛りという状況で、週に一回というブランク付きでは、私には理解するのが難しかったようです・・・;;
「魔王」のほうが分かりやすく感じたのも、多分、一気にDVDで見たからでしょう。
実際、「復活」のほうを先にDVDで見たという人は、「復活」のほうが面白かったという声があるくらいですから・・・
それと、もう一つ理由を上げるとしたら、ハン・ジミンとオム・テウンの愛の行方が、まったく気にならなかったことです・・・途中で、サスペンス展開にのめり込んでいたときも、この2人のシーンになると、どうもテンション下がってしまって・・・
「魔王」のときの三角関係は、まったく邪魔に感じなかった純愛関係というとらえ方をしていたのに、どうしてこっちはダメだったのか・・・
やっぱり、単に私がジフン君ファンだったから、なのでしょうか。でも、それだけじゃないような気がして仕方ないんですが・・・理由が自分でも分かりません;;

ちなみに、ラスト、ヒスがめっちゃ可哀想だった・・・だから、ヒスのために、ああいうラストになってホッとしました。
テンション低い感想で、復活ファンには申し訳ない・・・。でも正直な感想なので…;

◎サスペンスは一気に見るべし。
◎韓ドラは、見る順番が、大事。

満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]
f0147413_0301963.jpg出演:キム・ミンジョン、ソ・イヒョン、 シン・ソンロク、オ・マンソク、ユン・ダフン

各ケーブルテレビが本格的にドラマ制作に乗り出し始めた06年。男性版「セックス・アンド・ザ・シティ」として2〜30代の男女視聴者に熱い支持を受けたドラマ。
地上波では放送規制のため表現しきれなかった現実感やユーモアを、全編通じてちりばめた完成度の高いドラマ。
刺激的なお色気たっぷりシーンに度肝を抜かれるが、実はドラマの根底は韓ドラの屋台骨“純愛”だったりする。登場人物達の恋愛模様に、切なくて胸がキュン!!
ドラマ中で使われる曲も、とってもいい曲が多くて、センスのいいこのドラマにピッタリ。韓国では、初めてハリウッドの見本市に出展されることでも話題に。


感想

前評判は、地上波で出来ない刺激的なシーン満載ということでしたが、見るまでは、まさかここまでやるとは思ってなくて、ビックリしました。
ここまで、って、どこまでよ?とお思いでしょうが(笑)胸が露わになり、sexシーンも映画ばりに登場。笑える男性キャストの半ケツ姿も・・・(笑)
とはいえ、主要登場人物の中で唯一の妻帯者、オ・マンソクのsexシーンはけっこう激しい?って思ったけど(笑)その他は、胸が露わになったり、色々するのは主要キャストではなく、脇役でAV女優役のヒトだったり、ゆきずりの恋の相手だったり。
主要キャスト達の恋愛は、どれもが、その刺激的なお色気とは反比例するかのように、今までの韓ドラ同様、とても純粋で一途。想いが通じなくて切ないところも同じです。
最初こそ、そのお色気たっぷりぶりに慣れなくて少し引いた所もあったけど、見ていくうちに、彼らのキャラクターが非常に立っているため、まるで彼ら本人がこういう人たちのような錯覚を覚えるほどハマッていましたし、演技も上手。
一番惹かれたのは、やはり地上波ドラマでは描かれたことが殆どない、ゲイ役のソクジン(シン・ソンロク)の恋愛模様。過去の恋人(♂)との恋に破れ、自分がゲイだと知らずに一途に想いを寄せてくれるジョンウン(ソ・イヒョン)が愛おしくなり、そのジョンウンのことを好きなのが、自分の親友で、どこまでも優しいイイヤツのチョルス(キム・ミンジョン)。彼女のことを心から大切に思いながら、異性としての彼女を愛せるかどうかに悩む姿は、このドラマが初めての(といっても、ミュージカルスターとして舞台で演技をしている)シン・ソンロクが魅せる演技で惹きつけられた!
彼はまだ25才という若さだけど、落ち着いて見えるし、あまりにハマッていて、ゲイぶりが見事。(笑)ホンモノみたいに見えるよ〜(笑)
あと、チョルス役のキム・ミンジョン、期待してなかったのに、すごく良かった!
ラストは、だいたい予想通りながらも、切なくて切なくて、後をひくドラマです♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]