タグ:ソン・ユリ ( 7 ) タグの人気記事

f0147413_23115089.jpg出演:ソン・ユリ、イ・サンウ、チュ・サンウク、ソ・ヒョンジン

2012年、MBC、全32話。
伝統韓国料理の国内最高峰レストラン、「アリラン」を舞台に、料理人たちの夢と対決、それを支える愛を描いていくサクセス・ロマンス『神々の晩餐-シアワセのレシピ-』。“現代版チャングム”ともいえるヒロイン、ジュニョンに扮するのは、『雪の女王』『快刀ホン・ギルドン』などで知られるソン・ユリ。どんな逆境にも屈しない明るさと強さをもったヒロインを好演し、物語を光明で照らし出している。そんなヒロインを愛し、支える2人の男性主人公には、『パラダイス牧場』や『ジャイアント』で日本でも人気のチュ・サンウクと、『千日の約束』や『愛を信じます』で存在感のある演技を見せてきたイ・サンウ。チュ・サンウク演じる紳士なジェハと、イ・サンウ演じる謎の男ドユンが、タイプの異なる魅力でヒロインにアプローチを繰り広げ、多くの女性たちをときめかせること必至だ。
本作を監督したのは、日本でも大ヒットした『最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』やイ・ジュンギ主演のヒューマンドラマ『ヒーロー』を共同監督したイ・ドンユン。ロマンティック・コメディからヒューマン、家族ものまで、幅広いジャンルを手がけてきた経験を生かし、料理という素材と韓ドラ定番のエピソードをうまく掛け合わせている。脚本は、朝ドラの大ヒット作『白い嘘』で知られる人気作家、チョ・ウンジョン。ライバルとのバトルや親子の葛藤をはじめ、お得意のスリリングなストーリー展開で見る者を引き込んでいる。


<感想>

内容がまったく分からない、けっこう前にこのドラマのことを知って、たしかこれから韓国で放送される、というくらいのタイミングだったと思うんですが、韓国伝統料理を扱ったヒロインの成長物語っぽい感じで面白そう、しかもヒロインがソン・ユリ!って思って、早く日本で観れないかな~と楽しみにしていたドラマだったんです。
で、それ以降忘れていたので、実際はどういうドラマか、男性陣は誰なのか、とか、そういうことをすっかり調べないまま、放送が開始されてしまい(笑)まっさら状態で見始めることになったのですが、とりあえず他の方がどういう感想を持っているかと思って、韓ドラのブロガーさんをチェックしてみたんですね。そしたら、ちょっと今ひとつみたいな感想が目についたんですよ~。ソン・ユリが後半男性二人をもてあそぶ的な?(笑)どっちつかずで、キャラが変貌するし、なんかいまいち、という感じで。韓国でも後半の反応はいま一つ良くなかったみたいでした。そんな情報をゲットして、ちょっとテンションさげて見始めたら、思っていたのと全然違うドラマだったということが、まず判明。私は「食客」みたいな、女版食客のように女性の調理師が韓国伝統料理の店で成功していくような話なのかなと思っていたら、なんと、出生の秘密から始まって、親の因縁が子供たちを対立させて、意地悪キャラが出てくるという、なんとも「ザ・韓ドラ」なドラマでビックリしました~。(笑)とにかくまさに韓ドラな展開で、まあでも、これはこれで韓ドラらしく、観ながら悪態ついて、イライラしながらも、次が気になる~というお約束のドラマ展開を受け入れてしまうと、それなりに楽しめるドラマでした、私は。(笑)
でも、実は思わぬハマりキャラがいたから、という理由も、大きな理由でしょう、多分。(笑)ヒロインの相手役二人のうちの一人、イ・サンウさん。私はちゃんとドラマで重要な役の彼を観るのは、これが初めてで、観たことあるな~という程度の認識しかなかったので、すごい新鮮にハマってしまいました。(笑)カッコいい~~♪涼やかな顔と男らしいスタイル。ちょっと痛みを抱えているキャラだったことも、私のツボだったんですよね~。イ・サンウさんのせいで、このドラマの星評価をあげてしまうことになりそうです・・・(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
最初にイメージしていた感じのドラマとは、ものすごく違うということが、第1話ですでに分かりました。(笑)

どんなイメージだったかというと、「食客」みたいな、料理対決とか、主人公の成長&成功とかがメインのドラマ。
しかし実際は、これぞザ・韓ドラという、親の因縁あり、記憶喪失あり、恨みあり、嫉妬あり、三角、いや四角?関係ありの、けっこう意地悪満載のドラマで、これはイライラさせられそうですねぇ~~~;;

でも、毎日放送なので、まあサクサク観れるので良かったです。こんなドロドロを週に一回、チンタラ見せられたら、長くて長くて、うっぷんも引き延ばされて、たまったもんじゃないと思います。(笑)

役者さんは、わき役さんたちが、ものすごくお馴染みの方たちで、そこもやはりザ・韓ドラ。(笑)

こういうドラマは、最初は面白いんだけど、だんだん嫌になってゆきそうな気がするなぁ・・・
とりあえず、今はまだ面白く観ていますよ。まだ序盤ですもの~。
[PR]
f0147413_22295042.jpg出演:チソン、ソン・ユリ、イ・ワン、チョン・グァンリョル

2009年、SBS、全25話。
「オールイン」のスタッフが6年ぶりに再集結。「オールイン 運命の愛」では、イ・ビョンホンのライバル役として出演、その後本格的メディカル・ドラマ「ニューハート」、そして2010年話題の時代劇「鉄の王 キム・スロ」にも主演と、 最も旬の韓流スターチソンが主演。相手役には「雪の女王」「快刀ホン・ギルドン」のソン・ユリ、彼女をめぐって主人公と争う御曹司役には「天国の階段」のイワンと若手の注目俳優が出演。さらに「朱蒙〔チュモン〕のチョン・グァンリョル、『友へ チング』のユ・オソンとベテラン俳優陣がしっかり脇を固めている。
韓国ドラマでは初めてとなる南アフリカ共和国ロケがついに実現。ヨハネスブル グを中心に灼熱の荒野を駆け抜けるチソンに注目! また今回登場するのは、「オールイン 運命の愛」のカジノに変わって、世界的に有名なエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」。そしてメインの舞台になるのは「オールイン 運命の愛」に続き済州島。まさに壮大なスケールで描いたラブ ストーリー!


感想

ちょっと男くさい、面倒くさそうなドラマだな~と思って、後回し、後回しにしていたんですが、TV(BS)で再放送をしているのを偶然1回観たら、思っていたより見やすそうなドラマだし面白そう、と感じたし、「ロイヤル・ファミリー」でチソンが良かったので、ソン・ユリちゃんも好きだし、と、ずっと温めていたドラマを観ました。
私、観るまでは、このドラマが「オールイン2」と言われているとか、スタッフが同じとか知らなくて、でも確かに観てみると済州島やベガスが舞台になっているし、カジノもかかわってくるというあたり、なるほど「オールイン」を踏襲している感じはバリバリありますね。「オールイン」では二番手役だったチソンですが、今や堂々、このスケールのドラマの主演を演じてもそん色ない感じがしました。今まで重ねてきたキャリアが良かったのでしょうね。それと、今回共演が、あの(!)チョン・グァンリョルさんですから!彼がいるだけで、脇が豪華に感じられるし、重厚さも出るし、緊迫感も出るし、グァンリョルさんて本当にすごい役者さんだな~と再確認です。
ストーリーの流れとしては、途中アフリカを舞台にするあたりが、私的にはちょっと男くさ過ぎる展開で(笑)このあたり、もうちょっとなんとかならなかったのか(縮めるとか、演出をソフトにするとか・・・)と思うくらい、そのへんは私のテンションを下げました。(笑)でも最終回あたりを観ると、やはりそのあたりの場面もなくすわけにはいかなかったんですね。仕方ないなあ~(笑)だけど、もうちょっと短くして欲しかった。あそこの数話だけ、本当、なんとも言えず苦手でした。(笑)でも全体を通して、とても面白かったです。「オールイン」も面白かったけど、こっちも良く出来た話だったな~と。ただかなり硬派なドラマであることには変わりなく、暴力シーンとかもけっこうあったので、そういう男くさいの絶対苦手、っていう人には向かないドラマかもしれません。
ドラマの種類としては復讐劇にサクセスストーリーが混ざった話だと思います。ラブテイストはけっこう絡んできますし、話の展開に重要な場面もあるのですが、総体的には薄めかな。そんな感じのドラマです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_2324235.jpg昨日からDVDは、この「太陽を飲み込め」を観始めました。
「グロリア」も終わり、何にしようかな~と思ったんだけど、以前はなんか男くさくてシリアスで、ちょっと重いイメージのあったこのドラマなんですが、BSで再放送をしていたのを最近1回だけ観たら、あら、案外見やすそうで面白そう、と思ったんですよ。それで一気に、ドラマイメージが変わりました。面白そうだな~って。

スタッフが「オールイン」のスタッフだそうで、ロケ地も済州島やラスベガスだったりして、確かにイメージかぶるんですが、私・・・・こっちのほうが今のところは面白いなあ~。

ソン・ユリちゃんが、また、いいのかも。「オールイン」のヒロインは、作られたのが昔(っていうと語弊があるけど)ということもあるのか、女性キャラが古典的なんですよね。でもこのソン・ユリちゃんは、お嬢様から転落した人生を歩んでいるせいか、けっこうチャッカリしてるし、しっかり者だし、一途で受動的なヒロインではないですね~。

チソンさんも、私は今のところ「ロイヤル・ファミリー」の役のほうが好きだけど、これから自分の出生を知って変わっていくのかもしれませんね~。

イワンくん、勝手に生意気で破天荒な役柄を想像していましたが(笑)これも思っていたよりも一途で純粋。生意気ぶるところもあるけど、嫌な感じではないし、なかなか良いです。

そして、やっぱりこの人、チョン・グァンリョルさん、どの役させても存在感がバリバリ。(笑)
いや~~~、ちょっとキレやすい大物悪人、熱演ですねぇ~。本当、韓国ドラマ界の宝だと思うわ~。

最初は昔の話なので、ちょっと暗めなんだけど、現代設定になってからは、成り上がり系復讐ドラマという感じになるのかな~。でも、オドロオドロした感じではなくて、見やすいんですよ。面白いです。

それにしても、最初の2話にだけ登場した「あんぱん」のパク・グァンヒョンくん・・・・。この扱いはいったい?
そんな過去の時代の登場だけで終わってしまうような役をやるような立ち位置なの~?それとも特別出演的な感じなの?いや~ちょっとビックリでした。でも相変わらず可愛いですvv
[PR]
f0147413_23294983.jpg出演:カン・ジファン、ソン・ユリ、チャン・グンソク

2008年、KBS、全24話。
朝鮮時代の義賊を描いた有名小説「洪吉童伝」。過去に何度も映像化された、韓国人なら誰でも知っているこのヒーロー像を、「快傑春香」「マイガール」「ファンタスティック・カップル」など、数々のヒット作を生み出し、“ホン姉妹”ブランドを確立させたホン・ミラン&ホン・ジョンウン作家が脚本を担当したフュージョン時代劇の話題作。
主役のホン・ギルドンには「がんばれ!クムスン」「京城スキャンダル」のカン・ジファン。ライバル、チャンフィ役には「ファン・ジニ」のチャン・グンソク、ヒロインには「ある素敵な日」「雪の女王」のソン・ユリ。が、それぞれキャスティングされ、アクションなども自分でこなして熱演した。


感想

最初に興味を持ったのは、ドラマ化されるというニュースの段階で、ホン・ギルドン役に「宮」「魔王」のチュ・ジフンがほぼ確定ということを聞いていたので・・・楽しみにしていたのですが;;
ご存知の通り、ジフンくんは降板。以来、微妙だ・・・と思って、見るのを封印しようかと思ったくらいだったのですけど、身近にハマッた人がいまして(笑)その方からのプッシュで見ることとなりました。第1話の最初の15分くらいを見たときに、あまりにフュージョンすぎる(だってブレイクダンスが出てくるんですよ・・・時代劇なのに・・・笑)ので、入り込めないのでは!?と一気に不安に教われました。が、しかしっ!!その第1話を見終わる頃には、既に、早くも、面白いかも?と思い始めました。なんていうか、マンガちっくな展開とキャラ設定が、とても私好みな気がしたんです。
そして私の勘はやっぱりあたり、見進めてゆくにつれ、これ、めっちゃ面白い~~!となってゆきました。ツボです、キャラクター設定が、もう、まず、私の好きな「心に傷のある男」だし!(笑)
前半はコミカルな部分と、切ない純愛とが絡み合い、胸きゅんで見ていたのですが、後半から終盤にかけて、もう泣く、泣く。号泣する場面、多いです。悲しい場面あり、感動場面あり。

脚本のホン姉妹が過去に書いたドラマで、「~春香」「マイガール」は、そんなに私は評価高めではないですが、「ファンタスティック・カップル」が大好きで。あれも笑って泣いて感動したドラマでした。ホン・ギルドン、それ以上に私にインプットされました。ホン姉妹、凄いです。はい。

フュージョン時代劇が大の苦手、という人でなければ、最初のほんの15分くらいを乗り切れば(笑)私はかなりお勧めしたいドラマです。
「宮」が好きだった人には、特に合うんじゃないかな~って気がします。
似てるわけじゃないんだけど、あれもマンガでしょう?ホンギルも、まるで面白いマンガを見ているような楽しさ、せつなさ、感動をくれるんです。

カン・ジファンはともかく、今まであまり良いとは思っていなかったチャン・グンソクが初めてカッコよく見え、可愛いけど演技へたくそ~と思っていたソン・ユリを見直したドラマです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2356785.jpg出演:ソン・ユリ、コン・ユ、イ・ヨニ、ナムグン・ミン

MBC、2006年作品。全16話。
「乾パン先生とこんぺいとう」などで高校生役が多かったコン・ユが、等身大の男性らしい大人の役を演じる。またこのあと「雪の女王」に出演するなど、この作品で2年ぶりにドラマに復帰したソン・ユリ、「復活」「海神」で少女役だったが、このドラマで一途にコン・ユ演じるゴンを愛する女性を演じたイ・ヨニ、100万ドルの笑顔のナムグン・ミンと、共演者も魅力的な顔ぶれ。
物語は、日本のマンガ「エデンの花」(末次由美・著)の設定をモチーフに、行き別れた兄弟の愛を、切なく美しく描いている。オーストラリアの美しいロケも見所。


感想
「乾パン先生とこんぺいとう」で27才?とは思えない可愛い高校生役を演じたコン・ユが、等身大の大人の男性を演じるということで、見る前から楽しみにしていた一作です。
それと放送がWOWOWだったので、これまでWOWOWは「キムサムスン」「キツネちゃん」と、革新的で心に残る素敵なドラマを放送してきていたので、これにも期待しました。
結果、前2作ほどの斬新さ、新しさなどはなく、有る意味WOWOWらしくない、WOWOWじゃなくても良かったのかも?と思える、とてもノーマルな韓国ドラマらしい展開のドラマだった、という感じでした。
でも、それは別に面白くなかったわけではなく、正統派の韓ドラ路線は、やはりいつも引き込まれ、つい次へ次へと気になって見てしまうわけです。
期待のコン・ユ君は、期待どおり、大人の役を演じてくれていて、私の中の幼いイメージを払拭してくれました。また、鍛え抜かれた贅肉一つないような肢体を、惜しげもなく晒してくれて、大変ご馳走様でございました。(笑)彼は本当にスタイルがよい。顔小さい、肩幅ある、手足が長い。完璧です。ユ君の笑顔が好きな人は、このドラマでは殆ど見られないため、寂しい思いをするかもしれませんが、別の面が見れるので、それも楽しんでみるのが良いかもしれません。
あと、100万ドルの笑顔、ナムグン・ミン君が、どこまでもカッコよく、可愛かったです。
ソン・ユリは、常に演技力を疑問視されてきたそうですが、確かに、この役を見ていても、ついこの前見た「雪の女王」の役と、そんなに変わらない、同じような女の子に見えてしまって、そのあたりが、やっぱりそういわれてしまう所以なのかな、と・・・可愛いですけどね♪

とにかく正統派・韓国ドラマです。そういうのがお好きな方は、楽しめると思います。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2331884.jpg出演:ヒョンビン、ソン・ユリ、イム・ジュファン

「サンドゥ、学校へ行こう」「ごめん、愛してる」を演出したイ・ヒョンミン監督と、あの「冬のソナタ」のキム・ウニ、ユン・ウンギョン作家の脚本ということで、タイトル通り、まさしく童話の世界のような切なくロマンティックなラブ・ストーリー。
ヒョンビンは、「アイルランド」や「私の名前はキム・サムスン」のフレッシュでスマートな印象からは一転。無造作に伸ばした髪に無精髭、ボクサー事務所に住み込んでボクシングをする役ということで、身体もかなり絞り込んでいる。
子供時代に淡い思いを抱きながらも離ればなれになった2人が、偶然思いもかけず再会するが、お互い会えない時間に辛い経験があり、また子供時代とは違う容姿に当人同士は気づかない。運命のいたずらか、気づけないうちに互いに惹かれるものを感じた矢先、あの時の2人だと気づく。だが、互いの身に起きた過去の出来事が、2人を愛し合ってはいけない関係にしてしまっていた・・・
ヒョンビンの、それまでとは違う役作りが光る一作。


感想

大好きな「サンドゥ〜」「ごめ愛」の監督さんに、「冬ソナ」の脚本家の組み合わせということで、切ないアンハッピーなシリアスラブストーリーだろう、と予想してました。それはかなり当たっていて、冬ソナ同様、毎回テンポ良く進むところも見やすいし、なにより、このドラマのヒョンビン、すごく大人で、私はサムスンでの彼よりも、こちらのほうが好きになってしまったので、彼が切なくソン・ユリを見つめる瞳、視線に、毎回胸キュンでした。ラストは予想とは違っていたけど、良かったです。
が、しかし、見終わってしばらく経った今、心に強烈に残る何かが私には足りない。
決して良くある展開でもなく、設定の非凡さはあるけれど、後を引くものがない。
いつも思うのだけど、テレビ放送で週一回ずつ見るのと、DVDでラストまで一気に見るのとでは、見終わってからドラマへの思い入れがかなり違う。一気のほうが、ドラマの世界に入りやすいからだと思う。そんで、これは週一回テレビで見たので、そのせいもあるのかなぁ・・・。でもやっぱり、ちょっと深みが足りない印象は否めないかも。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]