タグ:ソン・ヘギョ ( 4 ) タグの人気記事

f0147413_23403947.jpg


出演:ソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、チン・グ、キム・ジウォン

2016年、KBS、全16話。
第52回百想芸術大賞、各賞受賞。
ドラマ『太陽の末裔』は、最高視聴率38.8%を記録した2016年上期最大のヒット作!見知らぬ土地での極限の中、愛と成功を夢見る軍人と医師らを通し、人生の価値とは何かを問うヒューマンラブストーリー。

<感想>

ソン・ジュンギ除隊後復帰作で注目されたのもあるのでしょうが、相当話題だったらしいですね。そして見てみると、舞台は軍隊が活躍する最前線。そこは日本の自衛隊とは違う、本当の最前線なので、常に命の危険が晒されている。そんな中での……結局はラブストーリーなんですよ。もっと堅い内容かと身構えていたんですが、見ていけば見ていくほど、たくさんの障害を乗り越えて燃え上がるラブストーリー。ひたすらロマンティックな世界でした。もちろんそれはソン・ジュンギがかっこよくなければ絶対に成立しない描き方をされていて、見ていた女性達をメロメロにしたんだろうな~と思うのは難しくありません。
なんかもう美しすぎるドラマで、その世界に入り込んだ人は絶賛するだろうし、入れなかった私のような人は、ようはラブストーリーで話自体はそんなに心に残らないドラマだったと感じるのでしょう。
ごめん、多分やはり私はもう、ソン・ジュンギの嫌日の疑いが晴れない限り、この人を素敵と思えることは無いと思います。ただし、客観的に見たら、本当にカッコいい役柄でしたので、ファンの方必見ですね。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23432882.jpg出演:チョ・インソン、ソン・ヘギョ、キム・ボム、チョン・ウンジ

2013年、SBS、全16話。
2002年渡部篤郎、広末涼子主演、堤幸彦監督でTBSで放送されたドラマ「愛なんていらねえよ、夏」の韓国版リメイク作。強烈なキャラクター設定と緊張感あふれるストーリー展開、斬新な映像表現で、日本でも熱狂的なマニアを生んだ「愛なんていらねえよ、夏」。その熱は、お隣の韓国のドラマファンにも伝染し、さらに多くの映像制作関係者や俳優に少なからぬ影響を与えることとなった。2006年には映画化。そして2013年、韓国映像界の最高のスタッフとキャストを迎え待望のドラマリメイクが実現。放送時の視聴率は同時間帯一位!韓国のタイトルどおり旋“風”を巻き起こした。
キャストも超豪華! 「バリでの出来事」で日本でも人気の元祖韓流スター、チョ・インソンが、「春の日」以来8年ぶりにドラマ復帰。金のために正体を偽る悪い男が想定外の愛の感情に揺れていく様を、時にスリリングに、時に繊細に演じている。ヒロインには、「彼らが生きる世界」以来5年ぶりのドラマ出演となるソン・ヘギョ。視覚障害者という難役に挑んだ彼女はリアルな視線の演技をものにし、心を閉ざした複雑なキャラクターを表現している。
脚本は、心に響く美しいセリフや、社会の底辺に生きる人々への温かい目線、繊細な人間描写で視聴者から高い支持を受ける作家、ノ・ヒギョン。『愛 なんていらねえよ、夏』を原作に、スリリングさを残しながら、韓国的情緒にあわせて “情”の部分をより深く描いている。



<感想>

楽しみでした~。大元の日本の「愛なんていらねぇよ、夏」は観ていないのですが、2006年に韓国で映画化されたものは観ていて(感想はこちら→http://kandorabox.exblog.jp/10322728/)その映画がとても好きだったので、映画ってほら、2時間しかないので、今回ドラマ化ということで、どういう風になるのかな~って思っていたんです。
感想はというと、面白かった。続きが気になって、短い16話というドラマだったので、あっという間に観てしまった感じです。ただし・・・・・ただし、が付きます。(笑)ラストが違うんですね。まあ、韓ドラはそういうのがよくあるので、別に違うことに関しての良い悪いは言いませんが、ラストが違うだけで、悲恋ドラマがスイ~トなラブストーリーに瞬時に変わるんだな~と。あ、これ、ちょっとネタばれですかね。(笑)ま、ご勘弁を。でもきっと、韓ドラをずっと見ている方なら、最終回の途中で気付くと思いますよ。こうなるんだろうな、って。
私にとって、映画「愛なんていらない」は、破滅的で刹那的で、どうしようもなく切なく息苦しいドラマで、でもすごく印象に残る面白い映画だったのですが、このドラマは面白かったけれど、途中は切ない場面満載なのですが、繰り返しになりますけど、ラストによって美しいラブストーリーだったという、途中の印象まで変わる感想になりましたね。切なくて美しいラブストーリー、そういう気持ちで、何の前知識もなく観ると、冬ソナとかの綺麗系のラブストーリーを今風にアレンジした感じなので、そのあたりから韓ドラに入った方には、とても良さそうな感じ。それにキャストも良かったですしね。個人的にチョ・インソンさんの顔はあまり得意じゃないんですが、大柄な感じとか、役に似合っていたし、ソン・ヘギョさんは気の強い感じが出ていたし綺麗だし、キムボムくんも美しかった・・・。とにかく、久しぶりにガッツリとラブストーリーを観たな~という満足感はあります。
ただ私にとってはちょっと間を置いて、日本版「愛なんていらねぇよ、夏」を観たくなるドラマになりました。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆(実質4.5)
[PR]
f0147413_23302337.jpgこのドラマ共演でラブラブになったらしい、ヒョンビンとソン・ヘギョという豪華カップルが主演してるけど、これまたどう~も評判が宜しくないらしい。(笑)韓国でもそんなに視聴率を取れなかったみたいだけど、何より、韓ドラブログさんの感想でも、あまり「面白かった」という記事を読んだことがないという…

まだ私は初回しか見てないので、ん~~、内容に関しての感想は特にない感じ。(^_^;)すごくつまらないわけではなく、かといって面白いのかどうか、まだ不明、みたいな。(笑)

でも、久しぶりに見た動くヒョンビン(笑)やっぱりカッコいい~~012.gif053.gif
ヘギョちゃんは、とてもざっくばらんで言いたいことを言う、ちょっと自己中っぽい女性なんだけど、やっぱり・・・可愛いねぇ~・・・。共演者食いだと思うけど、それが仇にならない可愛さ。(笑)サバサバした感じの役どころは、ちょっとフルハウスの役を思い出すけど、有る意味フルハウスの彼女は口は悪いけどとても純粋で可愛らしいと思うのだけど、こっちは同じ口が悪くてサバサバしていても、業界の人間っぽくスレている感じかな。(笑)
ビニとヘギョちゃんは元恋人同士で、今は互いに相手がいるものの、2人とも上手くいってないというところから、どうやら早々に元サヤになりそうな展開です。元恋人という設定で、今は何でも言い合える仕事仲間&友人っぽく始まるんだけど、ビニのヘギョちゃんに甘える仕草とかが可愛い012.gifていうか、ビニのほうが元サヤを強く意識していて、彼女を可愛がる態度とかイイんですよ~~。なんか「雪の女王」以来のビニですが、こんな風に何の影も背負ってない感じの普通の男性役は、彼の普通にカッコいい容姿を引きたてる感じもする・・・というのは個人的思いこみかもしれませんが。(笑)

さてさて、肝心のストーリーは果たしてどうなんだろう~?(笑)
皆さんの評価が良くなくても、私は気にいるという可能性もあるので、まだ何とも言えないですが。
とりあえず2人は可愛いので、そこだけは楽しめるとは思うので、ついでにストーリーもそこそこでもいいから面白いと感じられるといいなぁ・・・どうかなぁ・・・(^_^;)
[PR]
f0147413_23493922.jpg

出演:チョン・ジフン(Rain)、ソン・ヘギョ、キム・ソンス、ハン・ウンジョン

「秋の童話」「オールイン〜運命の愛」に出演し若手女優の中でも最高の人気を誇るソン・ヘギョ、世界から注目を浴びるアジアのトップスター、チョン・ジフン(Rain)(「サンドゥ、学校へ行こう!」でドラマデビュー)等に加え、韓国を代表するベテラン俳優陣が脇を固めている、笑いあり涙ありのラブコメディー。

高視聴率ドラマが多かった04年夏ドラマの中でも、ずば抜けた人気で大ヒットとなり、コミカルな演技で人気者となった主演カップルはこの年のKBS演技大賞ベストカップル賞に選ばれたほど。明るく楽しい気分になれ、何度でも見たくなってしまう心温まるドラマ。


感想

韓国で放送前からRainとソン・ヘギョが共演するドラマ、ということで、早く日本で放送してくれないかしら、と、思えば2004年から待っていたといっても過言ではありませんでした。(笑)しかし待てど暮らせど、日本の放送局は放送してくれなかった;
で、今年、ようやく見ることが出来ました。2回ほど通しで見たんですが、Rainがめちゃんこ、カッコ可愛いっ!(><)あの、上目遣いの表情は、狙ってると言われても仕方ないくらい魅力的。(笑)そして、彼のスタイルの良さを余すところなく表現するがごとく、毎日違う洋服を着ている俳優イ・ヨンジェ。(Rainの役名)
有名俳優の役なので、かなり高飛車で我が儘なのだけど、全てがあの表情で許されると思うのは、…まぁ…ファンだけでしょうけども。(笑)

また、それまで「ホテリアー」こそ活発な役だけど、「オールイン」「秋の童話」と、おとなしくて正統派の美人のイメージがあったソン・ヘギョが、ガサツで細かいことは気にしない天然ボケの飾らない女の子を演じていて、まるで別人!!ビックリ!!

ストーリーは、ひょんなことから知り合った2人が、利害の一致から契約結婚をすることになり、フルハウスという名前の家で同居生活を始める、という、“ツンデレ”系ドラマの定番設定なので、目新しさは正直いって、ないっ!(笑)
お互いに契約結婚を前提にしてるから、自然と好きになっていっても、なかなかそ自分の気持ちを認めることが出来ずに、そのせいで誤解が誤解をうんで・・・という。
でも、とにかくキャストの魅力で、このありがちな設定が魅力的に変身してるのです。
心温まる、ほのぼのツンデレラブコメディ。お勧めです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]