f0147413_20373133.jpg
出演:スエ、キム・ヨングァン、イ・スヒョク

2016年、KBS、全16話。
主演は「仮面」などで高い評価を受ける演技派女優スエ。韓国では「涙の女王」として知られる彼女が一転、どこか憎めないキュートなアラサーCAを好演。ヒロインの目の前に突如あらわれた年下の義父役にはキム・ヨングァン。そして、「夜を歩く士<ソンビ>」のイ・スヒョクも三角関係に参戦していく。
原作は人気のウェブ漫画。この冬、胸を熱くする珠玉のラブコメディ。

<感想>

正直、キム・ヨングァンくんはピノキオでよい印象とはいえ、スエは苦手女優だしイ・スヒョクさんも得意ではないほう。観ようかどうしようか悩んだんですが、録画を貸してくださる方が「とってもいいのよ~」と太鼓判だったので見てみることにしました。(その方は私がスエが苦手なことは知らないですけどね/笑)
ところが彼女の母役のシン・ジョンイムさんも好きだし、けっこう笑える出だしでなかなか面白い。それにはっちゃけキャラのスエは、けっこういい感じ。苦手意識が薄れるくらいのコメディエンヌぶりを発揮。キム・ヨングァンくんもやはり素敵です。ん~~、これは見てよかったなぁ~~。
全体的に面白かったのです。けれども、キム・ヨングァンくんが本当の気持ちを話した後あたりから、じゃっかんドラマ展開がもうひとつな感じがしたました。彼の過去、お母さんの過去も、そしてイ・スヒョクさんのお家騒動の過去も絡まっていて、そこは本当は面白要素なんですが、ちょっとまだるっこしいというか、もう少しスッキリと展開してほしいというか。あ~~うまくこのモヤモヤを説明できないボキャブラリーの乏しさが呪わしい。(笑)どこが悪かったのかうまく説明できない。(笑)
まあでも、過去をひきずってキム・ヨングァンくんが根暗モードであった時も、スエは明るさを失わず、彼に真実を追求して追い詰めるような無理強いもしないで、彼が自分から話してくれるのを待つ姿勢が、彼を信じている感じがよく出ていて救われました。こんなにスエの役柄を褒めるのは私にとっては画期的なことです。(笑)ドラマを通して、最初から最後まで彼女にマイナスの感情を持たなかった貴重なドラマでした。スエ嫌いな私がこうなのだから、きっと普通の方なら面白く見れると思います。テンション高すぎることもなく、いじわる女に負けるヒロインでもなく、とてもいいテンションで見やすいラブコメでした。イ・スヒョクさんもキワモノ役のイメージが強かったけれど(失礼)「運勢ロマンス」に続いて普通に二枚目の優しい良い人役なので、キム・ヨングァンくんとともに好きな方はお勧めです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_23092797.jpg出演:チュ・ジフン、スエ、ヨン・ジョンフン、ユ・イニョン

2015年、SBS、全20話。
「宮 ~Love in Palace」「魔王」のチュ・ジフン2年ぶりとなる主演ドラマ!
チュ・ジフン扮するチェ・ミヌは神経質でクールな御曹司。しかし、ヒロインと恋に落ち、少しずつ心温かい性格へと変わっていく。そのロマンチックな姿に、韓国ではチェ・ミヌファンが続出し、大きな話題に!ヒロインには「野王〜愛と欲望の果て~」の演技派女優スエ。まったく相反する1人2役のキャラクターを上手く演じ分けている。日本でも人気を誇るINFINITEの“演技ドル”ホヤも出演。
韓国で同時間帯視聴率1位を獲得した話題作。巨大な邸宅を舞台に、4人の男女をとりまく競闘や陰謀、復讐、ミステリー…「秘密」の脚本家チェ・ホチョルが描く、繊細でロマンチックなラブサスペンスドラマ。

<感想>

なにより、チュ・ジフンくんの髪形が久しぶりにまともだ、というのが最初の感想でした。(笑)
そして私の苦手女優スエの役はなんとそっくりな二人の女性という役どころ。普通だとこれは、昔生き分かれた姉妹だったということになるのが韓ドラセオリーなのだけど(片方が金持ち、片方が貧乏だし、これも…笑)これはなんとドッペルゲンガーという強引な関係になってました。(笑)なので、この二人が出会った時に、先に気づいたほうが先に死ぬ、という、ちょっと都市伝説的な設定が最初のキーポイントになっていましたよ。
それでもスタッフも「秘密」の脚本家さんだったりするので、ストーリーも良く出来ていて結構面白かった。ヨン・ジョンフンさんが生粋の悪役というのも目新しいところかも。ストーカーのように酷く病んだ男でした。(笑)
もう一度観たいとかそういう気持ちにはなれないけど、サスペンスドラマとしてはなかなか面白かったです。しかしチュ・ジフンくんは、やっぱり何だろう、舌足らずなのかただ滑舌が悪いのか、そのせいでなのか分からないけど、どうもセリフ回しが下手に感じる。でもけっこう一途でシンくんみたいな可愛カッコいい役どころでしたよ。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_23001285.jpg
内容は何も知らないけど、このメンバーからいって、そしてこのタイトルの感じからいって、絶対に蒼のピアニスト以上のドロドロに違いないと思って敬遠していたのに、いつの間にか私のもとへ。(笑)いつもの方が、今一気放送してるみたいで、次々と回ってくるんです~。観るしかない、ジフンくんだしねww

出だし、いきなりすごいシーンからだったけど、私の嫌いな(笑)スエが死にかけてますが、この段階で主演が死ぬわけないと思ってるんで、ちょっと引き込まれました。

そしていきなり2日前にさかのぼったとたん、ジフンくんが登場するわけですが、この奇妙な設定はいったいww
妄想癖?潔癖症?あ~~「大丈夫愛だ」の彼みたいな統合失調症?見た目はめっちゃカッコいいのに、妙なものが見える精神を病んだ人のようだけど、描き方がすごくコミカル・・・。(笑)

スエも、いつもプライドの高い、男を振り回す気が強い出来る女ではなく、貧乏だけど野心など持ってない一生懸命働いてお金をかせいでる女性。ただお金に困っていて、そのことで頭はいっぱいの、ちょっと抜けた女です。あれ、なんか珍しい役。ひょっとして「野王」で、出演断ったのに出ることになったから、イメージ回復のために、可愛い役柄を求めたのかしら。(笑)なんかちょっと間抜けな可愛い女性ですよ。

話は、ありえないでしょ、っていう韓ドラらしいものだけど、ちょっと毛色の違う感じがします。

彼女は同じ顔をした女性と出会い、普通ならこれは行き分かれの双子?って思うけど、ドラマではドッペルゲンガーとなっています。(笑)そんなん有り?(笑)

ヨン・ジョンフンさんがかなりの悪役だとか。あり得ないくらい悪役とかって。(笑)「野王」のスエもあり得ないくらい悪役だったけど・・・(笑)

そんな中、ジフンくんの変てこりんな設定は、何だか一服の清涼剤になるかもしれません。(笑)いや、本当はお母さんが死んだ時の心の傷が関係してるようなので、可哀想なはずなんだけどもね。(笑)

[PR]
f0147413_23414886.jpg出演:チョン・ウソン、チャ・スンウォン、スエ、イ・ジア、キム・ミンジョン、チェ・シウォン

2010年、SBS、全20話。
大ヒット作「IRIS -アイリス-」NEXTSTAGE 新たなる伝説がここに始まる。総製作費200億ウォン!「IRIS -アイリス-」のスタッフが再集結し、空前の豪華キャストで放つスパイアクション超大作!『IRIS〔アイリス〕』のスピンオフとなるスパイアクションドラマで、韓国諜報機関のテロ対策セクション・NTSのエージェントたちが、国家を脅かす巨大な闇の勢力「アテナ」に立ち向かう。
キャストも、チョン・ウソン(『私の頭の中の消しゴム』)チャ・スンウォン(「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」)
スエ(『夏物語』)チェ・シウォン(SUPER JUNIOR「オー!マイレディ」)イ・ジア(「太王四神記」)。東方神起のチャンミンも特別出演。また、東方神起、テヨン(少女時代)他、K-POP人気アーティストがOSTに参加!音楽も人気沸騰!


感想

こういうサスペンス・アクションドラマ、週に一回はキツイわ~~。設定を覚えるまで時間がかかるのに、週に一回しか見られないから、どうしても忘れてしまう。途中からだいぶ分かってきて、それから面白く見れたけど、最初は本当ツラかったわ。吹き替えだったけど、そういうことより、週一放送が一番のネックでした。
でもなんだかんだ、面白かったんですよ。私の嫌いな女優さんも出ていますが(笑)今回の役は鼻につかなかったので助かったし(笑)チャ・スンウォンさんの悪役って、とっても新鮮だし、悲しみも含んでいるのでカッコいい大人の男~って感じ。こういうスンウォンさんも素敵です♪チョン・ウソンさんは・・・アクション頑張ってましたね~。15年ぶりのドラマだとかって、何かで読みましたが、本当~?ビックリです。ん~、私は濃すぎて得意ではないタイプの方なのですが、アクションはすごい決まってました。さすが映画スター!
全体的に、宣伝どおり、すご~くお金がかかっているドラマでした。観るからに、それがわかる!(笑)でも元をとれたほどヒットしたのかしら?やはり知名度的にも「アイリス」には届かなかったのでは~?いや調べてないのでわかりませんが、私の感じた印象~。でも、話とか、こういう系はアメリカドラマと比較されちゃって不利なのでは、と思うんですが、考えていたよりも良かったと私は思いました。リアルじゃないのにリアルな感じというか。(笑)多分、DVDで一気に観ていたら、もっと更に面白く見れたんじゃないかな~と、TVで観たのを少し後悔。でもチャ・スンウォンさん以外のメンバーに興味が薄いので、DVDで観たいと思ってなかったんですよね。というわけで、スパイドラマ、アクションドラマとかお好きな方は、けっこう面白く観れるのでは、と思いました。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23564945.jpg出演:スエ、イ・ジョンジン、イ・テソン、ファン・ジヒョン、イ・サンウ

2007年、MBC、全16話。
野球は人生に似ている。ピンチの後には必ずチャンスが来るという、その流れの美学。何一つうまくいかないがけっぷちのヒロインは、30歳を節目に逆転勝利できるのか?
「四月のキス」のスエとイ・ジョンジンが再共演。ボーイッシュなスエと、除隊後初登場のイ・ジョンジンに注目。また、「犬とオオカミの時間」のイ・テソンが、爽やかな野球青年を演じる。


感想

これも、周りが先に見て、どんどんハマッていくので、ぜひ見なくては!と思って見たドラマ。
躊躇は正直ありましたが。なぜって、私は女優の中でもスエが大の苦手。(笑)更に、過去イ・ジョンジンが出演した「四月のキス」「ラブストーリー・イン・ハーバード」で、彼のこともちょいと苦手にしていたから~。(笑)スエは、彼女がドラマで演じる役柄がいつも私の性に合わなくて、とうとう本人が苦手になってしまったのですが、イ・ジョンジンは、単に顔があまり好きな顔じゃない、という、ファンの方には大変申し訳ない理由だったりしました。(汗)
でも、除隊後の、このドラマの写真を雑誌で見て、わ!やっぱり除隊後ってみんな雰囲気が変わって、これなら大丈夫かも?カッコいいじゃん?と思ったので、ドラマに踏み切りました。

結果、面白かった~~。男女の友情関係という微妙な関係の2人が、訳あって同居をはじめるという出だしで、同居から始まる恋は、正直よくあるパターンですよね。最初はケンカするけど、だんだん情が移っていって、いつの間にか互いになくてはならない関係になって、という。
これも目新しくはないけれど、背伸びせず、ある程度のリアリティを求めながら作られた感じがして、2人が惹かれあっていく過程が胸きゅんで、そこが良かったです。

今回もスエは3人のカッコいいナムジャに愛される美味しい役だけど(笑)過去の作品のように、お嬢様然として、もったいぶる(または、ナムジャたちを振り回す)という態度ではなく、彼女も正直に愛する人へ体当たり!といった、自分も傷つく方法で恋愛をしていたので、いつものような嫌悪感は抱かずにすみました。(苦笑)苦手意識は少し解消しましたが、やっぱり基本的には好きではない気持ちは変わらず・・・(笑)でも面白かったです、このドラマ。ホント。

ただ・・・30才を、9回裏2アウト、崖っぷちと言われると・・・・・どうすりゃいいの?(爆)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2317966.jpg出演:チェ・スジョン、ソン・イルグク、スエ

2004年~2005年、KBSで視聴率トップに君臨した歴史大作。
太平洋の大海原や、タクラマカン砂漠など中国の壮大な自然を舞台に行われた大規模ロケーションでは、延べ1500頭の馬と2万人に及ぶエキストラが動員され、劇場映画では実現しえない壮烈な戦闘シーンが生み出された。総製作費150億ウォンを投入し、陸と海を縦横無尽に駆けめぐりながら撮影を敢行。その結果、従来のドラマの概念を打ち破る壮大なスケールを実現!その結果、国際エミー賞本選に選出された。
舞台は9世紀の東アジア。朝鮮半島南部の小島・清海を拠点に、東アジアの海上貿易を牛耳ったチャン・ボゴ。『三国史記』は彼を“身分の低い海島人の反逆者”と表現し、“王の命を受けた勇敢な大将ヨムジャンによって殺された”と記録している。反逆者か、それとも海の覇者か!? その歴史に埋もれた物語が、このドラマによってよみがえる!
三国史記に記されたチャン・ボゴとヨムジャンの運命を、ドラマチックに脚色した歴史大作である。



感想
今や「朱蒙」で大スターとなったソン・イルグクの出世作ということで、主演のチャン・ボゴを演じたチェ・スジョンは知らずに見たんですが、凄いわ。ま、いつも歴史ドラマでは思うんだけど、お金のかけ方が、日本の歴史ドラマとは雲泥の差。国際エミー賞にノミネート、と聞いて、納得してしまう、これぞ大作って感じです。

最初は歴史モノによくある、子供時代から始まるのですが、これがまた、奴隷出身ということもあって、どこまでもどこまでも辛い運命がチャン・ボゴに課されれてゆくもんで、最初の頃は見てるのも辛くなるくらいだったんです~。途中から、その強靭な運と意志の強さから、出世していくので酷い扱いも少なくなっていくんですが、いや~最初はホント、辛かったです。(苦笑)

とにかく面白いのですが、何せ私はヒロイン・チョンファアガシを演じたスエが大嫌いで。(笑)
今まで見た2作品(「ラブレター」「四月のキス」)ともに、2人の男性からひたすら愛されるけど、自分が好きなほうとは運命のいたずらで障害があって上手くゆかず、その人を忘れるために、もう一人の人を好きになろうと努力し、本命くんを冷たく退けたりするんだけど、結局本命君を忘れられないために、どっちの男性も振り回したあげく、もう一人のほうを破滅させるくらい不幸にするというパターンで、あまりの高慢さに本当に嫌いになってしまったのです。(笑)
そして、この「海神」も、やっぱり2人の男性から愛されまくる役・・・私は耐えられるだろうか、と心配しましたが(笑)悪役がたくさん出てきて、そっちを嫌っていたので、ラスト直前までは耐えられました。(笑)

ところが、ラストに近づくにつれ、やっぱりこいつが悪の根源では~~?と思うことがありまして(笑)結局、私のスエ嫌いは、直りませんでした。(笑)むしろ、悪化。(爆)

史実が元になっているため、正直、ラストはあまりの理不尽さに、超消化不良な気分になりましたが、充実したドラマで、歴史もの好きな方には、ぜひお勧めしたい作品です。
長いけど・・・(笑)全55話くらいだったかな・・・?


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]