タグ:コ・ス ( 7 ) タグの人気記事

f0147413_23501590.jpg 出演:チン・セヨン、コ・ス、チョン・ジュノ、チェ・テジュン

 2016年、MBC,全51話。
 朝鮮王朝時代の監獄“典獄署(チョノクソ)”を舞台に、そこで生まれたひとりの天才少女の波乱万丈な人生を描く歴史長編大作。
主人公のオクニョが数々の出会いと別れを繰り返しながら、母の死の真相を探り、自分の夢のため、愛する人のため、そして苦しむ庶民のために奮闘していく姿を描いたヒロインのサクセス・ストーリー。
オクニョを演じるのは、『私の娘 コンニム』や『ドクター異邦人』のチン・セヨン。『宮廷女官チャングムの誓い』のイ・ヨンエ、『トンイ』のハン・ヒョジュに続く大型女優の誕生に注目。監督はその2作品を手掛けたイ・ビョンフン監督。この2017年4月からNHK BSプレミアムで放送開始。放題は「オクニョ」。


<感想>

相変わらず私とずっと相性の良くないイ・ビョンフン監督作品の新作。(笑)
ん~、でも「馬医」より出だしとかキャストとか、少しは見ようという気が起きるようになっていてよかったです。(笑)でも飽きもせず、またNHKが放送するとは思っていませんでしたよ。ちょうど私が観終わって、明日の夜に放送前のスペシャル番組があるようですね。
観終わった感想としては、面白くないことはなかったです。朝鮮王朝時代三大悪女のひとり、チョン・ナンジョンが出てきますが、主人公の敵ということになってます。
だがしかし、毎回この全50回(今回は1回多いから好評だったのでしょうか?)という枠を使うけれど、途中でダレるんですよねぇ。私だけですか?(笑)
最初から、ぶっちゃけチョン・グァンリョルが生きていた時くらいまではスリリングで面白かったです。しかし途中でいなくなってから、なんとなくダレる。この間の出来事ってどうしてもいるのかしら?もしくはもっとテンポよくできないのかしら?と数度思いました。しかし最初から50回の枠が決まってるから短くすることもできないわけで、まあ脚本が悪いのでしょうかねぇ。そしてオクニョの出生の秘密が解き明かされていく終盤に、また面白くなっていって、ラストは悪くなかったですよ。
チン・セヨンさん、私の苦手の女優さんですが(笑)今回はそこまで嫌な感じではなく助かりました。50回もあるのに嫌な感じだったら耐え難かったかも。(笑)私が嫌なのは、彼女が不幸を振りかざして、卑屈に愛する相手を遠ざけて苦しめる、っていう役があまりに多いからなんですが、今回はわりかし色恋が濃くなかったというのもあるし、彼女自身わりと淡白な感じだったから気にならなかったのかもしれません。ただ、その分、コ・スくんが勿体ない・・・。この役柄をあえてコ・スくんが演じる意味があったのだろうか、と思わずにいられません。ハードボイルドな役柄をしたら天下一品なのに、なんか半端に目立たない感じの役柄であまり魅力が出ていないな~とずっと思っていました。コ・スくんのキャスティングは賛成できませんでしたね~、私は。
まあ出だしは親の世代の大事件から始まりますので、お約束の出征の秘密が出てきて、面白くて入り込みやすい史劇だと思います。安定のイ・ビョンフン監督作を楽しめる方であれば、吹替でしょうけれどNHKをご覧になってもいいかと思います。

星評価 ★★★


[PR]
f0147413_2313839.jpg出演:キム・ヒョンジュ、コス、ユン・サンヒョン、ソン・テヨン

2005年、SBS、全16話。
アメリカで実際放映されており世界的に多大な話題を呼び起こしたリアリティーショーをモチーフに作られていて、開始前から多大な関心を呼び起こして週末劇視聴率 1位をたたき出した話題のドラマ。
この時代最後のロマンチスト コスの軍入隊前の最後の作品であり、劇中ユPDで女性視聴者たちの心を捕らえスターの座を手にしたユン・サンヒョンのドラマ初出演作品でもある。
ちなみに…ソン・テヨンさんは、あのクォン・サンウssiの奥さまなんですね。ちゃんとお見受けするのは初めてでした。


感想

この記事で語っている通り、見ようとした切っ掛けは、違うドラマだと私が勘違いしてDVDを購入したから。(笑)でも思いのほか出演者が、今から思うと豪華なので、全然知らないドラマだったのですが、そのまま見続けることにしたわけです。(^_^;)
で、若干気になったのは、全16話の序盤としては随分エピソードのテンポが遅いというか…、多分監督さんの撮り方なんじゃないかな、と思うんですが、ひとつのシーンが長く感じてしまうんですね。面白くないわけじゃないんだけど、だからテンポが遅くて、次へ次へと気になる風な気持ちにならない。でも、毎週ラストだけは、ここで続くか~;と思うような、次が気になるところで終わっているのですよ。(笑)上手いんだか下手なんだか、よく分からない。(笑)そういう関係で、わりと16話のわりにはゆっくりペースで観たドラマなんですが、中身は前半と後半で舞台が変わり、それがちょっとしたアクセントになってるというか、見終わってから、色々あったなぁ~と感じさせる気持ちになりました。これは充実感に似た感じの気持ちかも。つまり、それなりに面白かったです。
コ・スくんて、巧いんですね~。あまり関心のある俳優さんではないのですが、わりと今まで見たドラマの彼は、カッコいい路線で、デキる男って感じが多かったんで、彼自身を見る目もそういうイメージが私の中にあったわけですが、今回のこの役って、逆にデキない男なんですよね。一見ミスキャスト風なんですが、途中からすっかりコ・スくんはこういう男、っていう感じがしてきて、真逆な男を思わせるなんて、演技が巧いんだな~と思ったものです。デキない男のコ・スくんですが、彼はとにかくめちゃめちゃ優しい男。私は結構アウトロー嗜好があって(笑)優しいだけじゃ物足りないって思っちゃうタイプですが、このコ・スくんの優しさと誠実さには納得のカッコ良さを感じたくらい、本当にイイ人なんですよ~。
そしてサンヒョンssiですが、後半、コ・スくんのライバル役でもあるので、若干嫌な面もありつつ、基本的に見守る男の優しさが前面に出ていて、サンヒョンssiを好きな人にはお勧め出来るドラマじゃないかな~と。まあ、ライバル役なので報われないですが。(笑)しかし、本当に彼ってキムタクに似ています。(反対の声があがるのを知りつつ、あえて書きます。だって改めて似てると思ったんですもの/笑)声は全然違うし、サンヒョンssiのほうが大人の男性っぽいですが、ちょっとした表情とかが、もう、似てる、似てる・・・(^_^;)
というわけで(?)全く期待しないところから見たこのドラマですが、意外に面白かったです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
ブロ友さんのお勧めで、パク・シフくんの「完璧な恋人に出会う方法」のDVDをゲットして、既に手元に置いてあると思っていたので、「神の天秤」というシリアス系を見終えたから、ちょっとまた恋愛っぽいのを見たいなと思って、それに手を付ける・・・つもりでした。

しかし・・・見始めてから、あれ?なんか違う?002.gif

まず、キャストが全然違うんです・・・

そう・・・私は「完璧な恋人に出会う方法」ではなく・・・


何故か「百万長者と結婚する方法」をゲットしていたのです!!(爆)
“方法”しか一緒じゃないし!!(爆)

f0147413_09137.jpg


で・・・結局間違って入手したドラマですが、仕方ないので見始めてみました。(笑)
調べてみると、2005~6年ころのドラマで、けっこう古いんですねぇ~・・・

でも登場人物が、意外に魅力的なキャストなんですよね~~
主演陣がまずコス、キム・ヒョンジュ、ユン・サンヒョンですよ。凄いでしょ?
脇にも知った顔がゾロゾロ。普陽大君@大王世宗がコスくんの弟だし、サンヒョンssiの同僚だか後輩だかにはホン・グギョン@イサンもいるし、フクスドル@大祚榮も。(笑)
ただ・・・設定もキャストも悪くないけど、何故か引き込まれるものが1~2話ではイマイチ。
多分、テンポが悪いんだと思うんですよね~。展開が遅いというか…。この先、面白く見れるか、今の段階ではちょっと不安がありますが、とりあえず間違ったとはいえせっかく買ったのだし、見てみるつもりです~。

どなたか、既に見た方は、ぜひ感想をお聞かせくださいませ~041.gif

「完璧な恋人に出会う方法」も買わないと・・・(笑)
[PR]
f0147413_23535640.jpg出演:コ・ス、ハン・イェスル、ソン・ジョンホ、ソヌ・ソン

2009年、SBS、全16話。
コ・ス、除隊後4年振りのドラマ復帰作。韓国では、ドラマ開始前からコ・スとハン・イェスルの美男美女カップルの共演が注目を集め、本ドラマで魅力にはまる視聴者が続出し、『コ・ス病』という流行語が生まれるなど話題沸騰。また、コ・スのライバル役には「カインとアベル」「黄金の新婦」のソン・ジョンホ、ジワンの兄役に、ユチョン主演のドラマ「成均館スキャンダル(仮)』にキャスティングされたソン・ジュンギ(「愛しの金枝玉葉」)など注目のイケメン俳優も出演している。「バリでの出来事」の演出家と「ごめん、愛してる」の脚本家がタッグを組み、痛みを抱えた4人の男女の愛を繊細かつ情感豊かに描きだす、切なさ120%の心に染みる本格ラブストーリー!


感想

いや~~~濃密な16話でした~~(^_^;)最後のほうで、最初のころのシーンとか、回想が入ったけれど、何だかもうその部分とかって遠い昔の出来事のような気がしたくらい、終盤の展開が濃かったです。(笑)本当に16話だったのだろうか?と、キツネか狸に化かされた気分なくらい。(笑)
途中の感想は、右サイドのカテゴリ「クリスマスに雪は降るの」に書いたりしたんですが、見終わった感想として、「ありがとうございます」に続いて、このドラマもイ・ギョンヒ作ドラマにしては希望の持てるラストになりましたが・・・。もちろん、それで良かったんですが、どうしても個人的好みとして、私は破滅的ドラマは破滅で終わって欲しい的な妙な思考回路を持っているらしく(「愛に狂う」で救われるラストに拍子抜けした時に己の妙な好みを実感…笑)「ありがとうございます」は、良かったんだけど、このドラマは、ハッピーエンドだよね?的なラストが非常に明確に分かったので、一気に普通のドラマになってしまったような感じがするんですね。それまでの重苦しく、救いようがない展開が何だったの、くらいの。(笑)いや、これはひょっとして、「ありがとうございます」では主演カップルが好きだったけど、このドラマではさして感情移入出来ずにいたせいなのかもしれませんが。応援していたら、このラストに救われた~良かった~って思っていたのかも…?
だからといって面白くなかったわけじゃなく、このドラマ、面白かったんです。というのは、親の恋愛の罪深さとか業とか、そういうエピソードが尋常じゃないくらい主演カップルに関わってきて、でもその親たちの恋愛が、過去のものではないところが、このドラマの特徴でもあると思うんです。昔こうだった、ああだったから、その恨みつらみで、とか、そうではなく、親の恋愛も切ないんです。私はどちらかというと、本当にその親たち、特に主演カップル二人の母親たちの話に夢中になって感情移入して見ていました。コ・スくん演じるガンジンの母は、まさしく母であると同時に“女”でした。魅力的な女性キャラだからこそ、説得力があった気がします。(←見た目とかではなく)

大好きなイ・ギョンヒ作家の新作でしたが、終盤の展開で彼女らしさを見せてくれましたが、ラストの締め方が私好みではなかったこともあって、過去の彼女の作品の中での上位にはランクインはしなかったように思います。次回作に、期待します。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_063512.jpgある意味、9話くらいまでは、今までもあったような設定と展開かもしれないと感じながら観ていたんですが、10話以降、特に11話ラストは衝撃でした~;;えっ、そう来ちゃうの!?って感じで~・・・。

実はこのドラマ、私の体調もあるのかもですが、相対的にセリフが少なめで、声のトーンも静かなシーンが多いせいか、食後に見ると眠気が・・・(笑)いや、面白くないからじゃないんですよ。でも眠気が。(笑)大好きな作家さんのドラマなので、出来れば一言一句逃さず見たいところなんですが、とにかく9話までは彼女らしさも見せつつ、だけど今までのドラマのほうが好きかも?と思った部分もいなめなかったのですが、11話にきてイ・ギョンヒ作家の真骨頂が出た!って感じでした。

不幸のズンドコ。(笑)

そう、やはりイ・ギョンヒ作家といえば、不幸のズンドコですよね。(笑)
救いようがないでしょう、的な。そういう意味で、序盤よりも、これからが本番?(^_^;)
彼女の作品の中での不幸度では、ドラマのトーンもあるけど、そのトーンの暗さも含めて、私は「このろくでなしの愛」がズ~~~ンと来たかな、という印象があるのですが、このドラマはラストまで見てみないと分からないですけど、最高の不幸度まではいかずとも、けっこう不幸度高いですね。

でもそれは、主演のカップルたちよりも、親世代のしがらみのほうが切なくて、もちろん主演カップルはそれによって不幸なわけですが、主演カップルの両方の母親たちの存在感に圧倒されます。
コ・スくん演じるガンジンの母は最初から存在感バリバリなんですが、その11話ラストからハン・イェスルさん演じるジワンの母も、かなりの存在感を出してきて、親世代の話が受け入れられずに、このドラマはどうも・・・というご意見もある中、親たちの生きざまに惹き込まれています。

あと女性陣では、私はどうしてもハン・イェスルさん演じるジワンより、彼女のライバル的な役として登場するソヌ・ソンさん演じるウジョンが大好きで。やること、なすこと、全て愛おしいっ!!

その段階で、このドラマの最高評価はダメでしょう・・・って感じです。(苦笑)
過去、イ・ギョンヒ作家ドラマで主演女性キャラよりも二番手キャラを好きになったことないです。
どうしたことでしょう~!!女優さんのせいなのか、もともとそういう描かれ方をしていて、そういうキャラをたまたま私がそんなに好きになれないだけなのか・・・微妙です。(笑)

多分、後者だとは思うんです。私はもともと、不器用でドジな女性がトラブルに巻き込まれてオロオロしたりするのを、男らしい男性キャラが守り倒す(笑)みたいなカップルが、あんまり好みではないのかもしれません。でも、演じる人によって、やっぱり違うのかなぁ・・・(^_^;)だって「ありがとうございます」のコン・ヒョジンさんって、ちょっと似たところのあるキャラですよね・・・。
そしてこのドラマをもしコン・ヒョジンさんが演じていたら、私はもっと面白く見れたような感じもします・・・やはり女優の出す色というか、そういうのってありますよね・・・。

まあ、とにかく、ここへきて主演カップルを巡って、事態は急展開。どうなるんでしょう~~vv


ところで、先ほど不幸度では「このろくでなしの愛」が印象度が高いと書きましたが、イ・ギョンヒ作家の不幸ドラマといえば、あの大ヒット作「ごめん、愛してる」があります。こっちも不幸度では負けないし、トーンの暗さも負けない(しかも終盤、私は号泣しました~;;)のですが、ん~~、「このろくでなしの愛」が印象に強いのは、結局主演のソ・ジソプssiよりも、私はチョン・ジフンssi(Rain)のほうが、見た目も演技も好きだから、という単純な理由かも~~(笑)だって「サンドゥ、学校へ行こう」も、不幸ドラマとしてかなりの印象度ですから~。ただ、こっちはドラマのトーンが上記2作よりも少し明るめな部分があるので、「ありがとうございます」がこれに近いかな、という気がするんですよね。

さあ、見終わったあと、このドラマは過去のイ・ギョンヒ作品の中で、どのくらいの位置につくのか、自分が一番楽しみです。(笑)
[PR]
f0147413_234310.jpg見始めています~001.gif

既に見た人がけっこういるんですよね、このドラマ。で、わりと「思っていたより重いけど、面白かった」という系の感想を目にしていたので、面白いんだな~というボンヤリした印象だけは持っていたんですが、だから韓国でも視聴率が良かったのかと思ったら、今ひとつだったんですね。
これまた、裏番組が視聴率が良かったからだとかって話ですが、暗そうな題材ということも影響したのかもしれないですよね~。

第1話を見た時の私の感想は・・・古臭いし、今さらな化石設定!?…でした。(笑)
こんな懐かしいという気になるほどの以前の韓ドラの雰囲気のドラマって、案外久しぶりに見たかもしれないとも思いました。(笑)しかし、実は“嫌いではない感じ”がして“面白そう”とも思ったのであります。(笑)

そこで調べてみたら・・・あっ!そうだった!!このドラマ、脚本が、私が愛してやまない(笑)イ・ギョンヒ作家のドラマじゃないですか~~~!!危ない、危ない、そこを見逃すとこだった!
でも古臭い感じがしたのに、同時に「面白そう」と感じたのは、やっぱりそんな理由があったのかも?と思っちゃいましたよ~。

印象強そうなガンジン母も、どこか憎めない愛おしさを感じるし、テジュンやウンジョンにも、どこか悲しげなところがあるせいか、やっぱり憎めないし愛おしい。なんだろ~。単に私がイ・ギョンヒ作家が好きだから、そう感じようとしているだけなのか(笑)本当に感覚が合うのか分かりませんが、多分他の人が同じ設定でこの3人を描いたら、定番の脇役として嫌悪感を抱くんじゃないかなと思ったんですよね~。いや、まだ4話なので、今後どうなるか分からないんだけど・・・。

そしてこの作家さんの私が感じる特徴として、男性がカッコいい、というのがあります。(笑)
コ・スくんは、特別好きではないけれど(でも「グリーン・ローズ」は後半カッコよかった)この役もやっぱりクールでいいわ~。彼本人に対して好きになるかどうかは、ちょっとまだ分からないけど、少なくともやっぱりイ・ギョンヒ作家の描く男性主人公はカッコいい、という私の中のジンクスは引き続きあるようです。(笑)多分、私の好き系の、いわゆる心に傷を抱くタイプだからだと思うんですけどね。(笑)

この後も楽しみです。(*^_^*)
[PR]
f0147413_0163612.jpg出演:コ・ス、イ・ダヘ、イ・ジョンヒョク、キム・ソヒョン

2005年、SBS、全22話。
命的な愛を貫く偉大なる物語、サスペンス・ラブストーリー『グリーン・ローズ』。
殺人の汚名を着せられたある男の脱走劇と成功、そして復讐をテーマにし、男性が好むテーマを盛り込んだドラマですが、要所要所にロマンスも取り入れられているため多くの女性にも受け入れられました。
喜びや悲しみ、希望や絶望を同時に味わう男の姿、また大規模な中国ロケを行い、中国と韓国を行き交いながらリアルに表現される成功と野望、そして企業の暗闘など、スリリングな要素も多くのファンを生んだ要素だと言えるでしょう。
女性には死をも厭わない美しい愛とファンタジーを、男性には愛する女性を命がけで守る純愛を教えてくれるこのドラマは、幅広い世代の人々から人気を得て大きな話題となりました。


感想

BSフジの、年末一気放送があったとき、少しだけ見たんですが、さすがに本当に年末で、朝から晩までの放送をずっと見ていられるような時間はなく(笑)かといって、好きな俳優が出ているわけではなかったので、録画してまで・・・という思いから、今まで見る機会のないドラマでした。
少しだけ見た限りでは、それでも骨太な面白いドラマ、という印象だけを持っていたのだけれど、当時サスペンスにそれほど興味がなかったんですね。ところが、最近「復活」「魔王」とサスペンスを見たことで、グリーンローズも面白そうだと思って、今回改めて見ることに~。

で、最初のほうは、主人公のコ・スくんが、どこまでも不幸へと堕ちていく話が続いて、正直ちょっとメゲたというか、コ・スくん本人も、ハンサムとは思うけど、私のタイプじゃなかったし、しかも脱走劇では突っ込みどころ満載で、ついつい、え~~、こんなことしたら、普通警察呼ぶでしょ?とか、そう思うこととか多くて、ご都合主義だな~って思ってたんです。

ところが、後半、コ・スくんがいよいよ復讐を始めるあたりから、まずキャラが変わって、普通のサラリーマンだった彼が、中国の大企業の社長として戻ってきたとき、クールで身内には優しくて、強くて冷静で、とにかく、カッコよくないとは言えない!っていうくらい、カッコよくなって戻るんですよね。(笑)あの、抑えた演技がとてもカッコよかった。

全体的にテンポもよく、「復活」ほど難しくなく、サクサク見れるのもよし、です。
ラストのほう、多分好評で20話が伸びて22話になったのかな?という感じがするんだけど、そのせいか、ちょっとテンポが悪くなる感じも少々。引き伸ばしかしら?と思った。(笑)
やっぱ、ドラマは好評でも、引き伸ばしちゃ魅力が半減するかもね・・・

それにしても、このときのイ・ダヘ、演技下手だなぁ・・・;;
このあと、色々出るようになって、上手になっていったんだね、きっと・・・

足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]