タグ:クォン・サンウ ( 3 ) タグの人気記事

f0147413_2251497.jpg出演:クォン・サンウ、コ・ヒョンジョン、チャ・インピョ、イ・スギョン

2010年、SBS、全30話。
韓国初の強くて優しい女性大統領を「善徳女王」のコ・ヒョンジョン、そのヒロインを支える熱血検事役を韓国トップスターのクォン・サンウが演じる。最高視聴率30.3%!初回放送から、同時間帯放送ドラマではダントツの視聴率1位を死守し、初回から最終話まですべての放送で20%越え、平均視聴率26.5%の高視聴率を記録した。
クォン・サンウの4大魅力、ロマンス、アクション、コメディ、そして涙の演技が認められ、本作で自身初の最優秀演技賞を受賞!一目ぼれした女性を10年間愛し続け、ついには彼女を大統領に当選させる、愉快だけど問題児、意志の強いまっすぐな検事という「純愛に生きる男」を熱演したクォン・サンウの新たな代表作となる。
また「善徳女王」でそのカリスマ性を発揮したコ・ヒョンジョン。2009年MBC演技大賞に続き、本作で2010年SBS演技大賞を受賞し、二年連続大賞獲得という快挙を達成!過去、二年連続演技大賞受賞女優はチェ・シラ(1994年、1995年共にMBC)、コ・ドゥシム(1989年KBS、1990年MBC)の2人だけ。二年連続の受賞は実に15年ぶりとなった。


感想

BSフジのCMカットあり、日本語吹き替え版で観ました。ゆえに、ときどき話が跳んでるような感じがしたり、展開が若干繋がり的に「?」な時もありましたが、出演者にこだわりのある人はいなかったので、吹き替えでもそんなに違和感なく観れました。吹き替え版は、善し悪しですねぇ~。
すごく視聴率が良かったことと、「善徳女王」のコ・ヒョンジョンさんの次回作ということで、ミシル信者になった私は(笑)そういう意味の期待はありました。ところが最初こそ大統領シーンから始まるものの、すぐに普通のおばさんのころに時間が戻り、そこから大統領へ昇り詰めるという話だったんですね。その、普通のおばさんの部分が、けっこう辛かったです。(笑)感情に振り回され、正義感を強要するというか・・・あまり好きなタイプの女性ではなかったんです。で、序盤はわりと早回しとかで観ていたことが多かったかな~。政治家を目指し、議員に当選する(その前に市長ですが)あたりになって、ようやく大人の女性としての落ち着きが出てきて、観ていても見苦しくなくなってきたのが助かりました。話もチャ・インピョさん演じるカン・テサンとのやり取りが面白くなってきました。ただ、たまたま残り13~4話くらいをHDDに溜めてしまっていて、観る機会を逃したまま最近ようやく観たわけですが、観なかった期間、いっそ残りを削除しようか考えたこともあったけど、たまに1~2話みたりすると、意外に面白くて、やっぱり削除出来ない、頑張って最後まで観よう、と思うドラマであったと思います。主演のコ・ヒョンジョンさんはもちろんですが、このドラマを面白くしたのは、ライバルともいえる役を演じたチャ・インピョさんの演技が相当頑張っていたことが大きいと思いました。戦う相手として、どんどん存在感を増していって、それが引き込まれる理由だったような気がします。
そしてクォン・サンウさん、本当に「涙」を売りに韓流スターとして出たころと、見違えるくらい良くなった気がします。年齢を増して、演技も落ち着いてきて、男性としても俳優としても、私は今のほうが断然良いです。ファンではないけれど、好意的に観ている俳優さんになりました。
最終回は付け足しのような回になってしまったのが残念ですが(でもノーカットでは違うのかな?)政治ドラマとして、こんな政治家居そうだな~と思えるところが面白かったです。ラブラインは若干弱め。でも爽やかで、このくらいでも良かったような感じがしますね。面白かったです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2371617.jpg出演:クォン・サンウ、イ・ヨウォン、キム・ソンス、チャ・イェリョン

2007年(12月)KBS、全20話。
『悪い愛』は、『悲しき恋歌』以降約3年ぶりのドラマ復帰となるクォン・サンウ主演のラブストーリー。クォン・サンウとチャ・イェリョンの10時間に及ぶキスシーン撮影や、クォン・サンウの肉体美披露などが放送前から話題となっていた。また相手役には、結婚後に復帰して、その後「外科医ポン・ダルヒ」で視聴率30%に迫るという、出演作が大ヒットを続けているイ・ヨウォン。サウンドトラックには<SHINHWA(シンファ/神話)>のシン・ヘソンが参加している。
残念ながら、作品としてのファンの評価は悪くはなかったが、裏番組に人気時代劇が複数放送されていたため、視聴率的には成功とはならなかった。


感想

WOWOW放送の韓国ドラマで、友人が加入していたので、録画をお願いして見ることができました。先に見た、その友人が、見ている間「面白いよ」と言っていたので、ある程度の期待を持って見ることになりました・・・・うん、出だしはすごい強引だったけど(笑)中盤までけっこう惹きつけられて面白い。1~2話は、あまりに展開が速くて、いったいどうなるの?と思ったら、最後に5年後~と出て、あぁ~五年後からが本番なのね、と安心しました。(笑)あのペースで話が進んだら、どうしようかと思ったんだもの。(笑)
確かウチのブログとリンクしてくださっている方が、このドラマを称して「悪い愛というよりは、クドい愛」とか言ってらしたんですが、途中まではそんな感じもしないで見ていました。
しかし。(笑)中盤から後半へかけての展開は、ま~さしくっ、クドい愛!!(笑)
もう、ええっっちゅ~ね~んっ;;という、堂々巡り的な展開も多くて、20話は長い印象。最初からドラマ枠が20話なのでしょうけども、16話くらいでサクッとスピーディに展開してくれたほうが、もっと見やすかったのでは、と思いました。というわけで、最後のほうはもう飽きてきたというのが本音です。
あと、主演のひとり、イ・ヨウォンの演じたインジョンという役柄が、そもそも私の性に合わない女性で、彼女の言動を見るにつけ、嫌気がさしていたことが、もうそこから敗因ですよね;;
クォン・サンウは、私は悪くなかったな・・・演技の上手い、下手は、日本語じゃないから正直よく分からないのだけど、少なくとも彼のキャラクターは、言動的に納得のいくものでした。
それだけに・・・インジョン・・・・(笑)いや、好き好きだと思うのですが、はい。(笑)
ところで自分で書いていて初めて分かったんですが、OSTに神話のヘソンが参加してたのですね。どの曲を歌っていたんだろう・・・と、今になって気になっています。(笑)
どうやらこのドラマ、企画段階で一度ポシャッて、クォン・サンウになる前に、出演者が二転三転しているのですね。あのRainも最初はキャスティングされていたとか。でも・・・こんなドロドロドラマ、正直、Rain、出なくてよかった・・・というのが本音かも。(苦笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆
[PR]
会社の同僚でWOWOWに加入してる人がいて、録画したというので、放送終了を待って、一気に借りました~vv

特別クォン・サンウが好きとか、そういうのはないんですけど、今までWOWOWで放送した韓国ドラマは、どれもそこそこ面白いものばかりだったので、そのへんを信用して見始めました。

まだ3話を見終わった程度ですが、最初、2話までに、ものすごい話の展開が猛スピードで過ぎていくので、こりゃいったいどういうドラマだ?と思ったら、いきなり5年後・・・

そっか、5年後からがこのドラマのメインだったのね037.gif

それと、見ていてなんか違和感が・・・と思ったら、私、なんとクォン・サンウの吹き替えじゃないドラマを、初めて見るということに気づきました。(笑)
今まで、フジTV放送の韓国ドラマでしかクォン・サンウを見たことがなかったので、彼の演技する声を初めて聴いたんですよ~。意外と高い声なんですね~。

最初ドロドロから始まって、5年後は爽やかに再始動。(笑)
でも、またこれからドロドロの展開が待っていそうです・・・ふふふ・・・

別にドロドロをすごく好んで見ているわけじゃないけど、たまに、好きです。(爆)
ずっとドロドロばかりだと辟易としてくるんですけどね。(笑)

相手役の人は、「ファッション’70」と「外科医ポン・ダルヒ」のイ・ヨウォン。
この人、どのへんが良いのか良く分からないんだけど、見ているとなんとなく惹きつけられてしまうような気がするので、演技に味があるのかもしれません~。

ライバル役は「フルハウス」「弁護士たち」などのキム・ソンス。
この方も、モデルだったらしいですが、私の好みのタイプではないのですけれども、同じく味があるような気がします。そして、以前バラエティに出演(「夜心萬々」)したときの彼を見たことがあるんですが、なかなか天然というか正直というか・・・面白い人でした。(笑)
以来、顔は好みじゃないけど、なんとなく愛すべきキャラクターのイメージがあります。(笑)


実はまた、友人たちは先に見終わっているのですが、このドラマを見た私は、クォン・サンウではなくキム・ソンスのほうを好きになるのでは?と言われています。(笑)
でも・・・どうだろ・・・今のところ、どちらかというとクォン・サンウの役のほうがいいかなぁ~
まぁ、まだ3話ですからね。見ていくうちに変化していくかもですしね。

f0147413_0331822.jpg

[PR]