タグ:キム・レウォン ( 6 ) タグの人気記事

f0147413_23040210.jpg出演:キム・レウォン、パク・シネ、ユン・ギュンサン

2016年、SBS、全20話。

お互いに惹かれあっていた不良少女と元医大生の高校教師が医師となって運命の再会を果たすことから始まるロマンチックラブストーリー。医療の裏側でうごめく利権問題や複雑な人間関係――引き裂かれた初恋の行方は?!スリリングな展開と胸キュンシーンの連続に一度見たら止まらないと話題のヒット作!主演は演技に定評あるキム・レウォンと「相続者たち」のパク・シネ。そして「天国の階段」で主人公の子役時代を演じたパク・シネとペク・ソンヒョン12年ぶりの共演にもご注目を!

<感想>

いや~~久しぶりのキム・レウォン。いや、彼自身は除隊してからもドラマに出たり映画に出たりしてたんだろうけど、私はずっと彼が出演するドラマや映画の種類が苦手で、なんか見る気になれなくて、今回本当に久しぶりにヒロインの相手役としての彼を見ました。そしてやはり今もかっこいいわ~と思った。年取ったけど。(笑)
でもパク・シネちゃんもけっこう実は年齢がいってたりするので、そんなに年齢差の無理は感じなかったかも。もともと役柄として先生と生徒という年の差カップルというのがわかっていたし。そしてパク・シネ出演のドラマは、やっぱり面白いんだなぁ~。彼女がうまいからなのかなぁ~。
今回キム・レウォンくんが、この役柄を演じているときの表情、セリフの言い方、役作りすべてがカッコいいと思いましたね。(笑)こんな人に愛されてうらやましいヒロインだわ。(笑)キム・レウォンくんがカッコいいというか、この役柄がめっさかっこよかったです。
物語も面白い。最近はよくある医者ものですが、ストーリーもよく作られているなぁ~と思いましたし、とてもお勧めしたいドラマだな~と思います。脇役たちもみんな特徴があって、それぞれにドラマも用意されていてよかったし。飽きることなく20話を見れると思いますよ。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆


[PR]
f0147413_22390202.jpg


うう、、、またなんで第1話が録画されてないのよ~。面白いのに限って撮れてない。
でもただで借りてる身としては不満は言えないわよね~、ってくらい、いい感じ!

キム・レウォン、私は凄くお久しぶりで、最初の頃は好きでよく見てたけど、何となく途中から出演作が好みとズレが出てきて、最近あまり見なくなっていたのですが、何か私にとっては満を持しての登場と思えるくらい、共演者といい、ドラマの作りといい、彼のキャラクターといい、久しぶりに彼を好きに思えるドラマという予感がします。だってカッコイイんだもん、役柄が。(笑)

パク・シネちゃんも、いつのまにか結構落ち着いた年齢になってしまって、最初の高校生役が厳しいと思えるくらいの大人の女性になりましたが(笑)それが年齢年上のキム・レウォンとのバランスを良くしてる気がします。意外に2人は似合う!

前からパク・シネちゃんとパク・ミニョンちゃんて、年齢こそ違うけど、何となくいつも同じような相手と共演して、似たタイプのドラマに代わる代わるでるという印象を私は持っていたんだけど(どっちも視聴率取るしね)毎回少しの差で私の中では、可愛いのはミニョンちゃんだけど、ドラマで勝つのはシネちゃんだな、って。
この印象はずっと変わってないですね。シネちゃんは少しキャラが押し付けがましい役をしたりもするんだけど(笑)結局やはり上手いんじゃないかと。
これは個人的な感想なので、シネちゃんを嫌いな人も何か相当いそうな気がするから(笑)賛否両論あるでしょうが、私は毎回そう感じてしまいますね。

今回も、あまり可愛げのない役だけど(笑)ドラマは凄く面白そうです。脇役も達者な人ばかり。豪華絢爛。凄く楽しみ!

ちなみにタイトルの副題が可愛げですけど、全然似合ってません!(笑)確かに恋愛モードも強い話だけど、そんな可愛げのあるだけの話ではないので、副題に騙されちゃダメですよ~。ふふふ。
[PR]
WOWOWは、BS民放局と違って、同時期にいくつも韓国ドラマを放送したりしませんが、そのかわり放送するドラマは、どれも話題のドラマだったり、多局と一味違うっぽいドラマの選択をするなぁ~という印象があります。

お陰で、過去、ハズレドラマがかなり少ないです。
コン・ユ、ソン・ユリ、ナムグン・ミンの「ある素敵な日」と、クォン・サンウ、イ・ヨウォンの「悪い愛」は、まぁ~そこそこっていう感じでしたが、それでもハズレってほどではないし。

「キムサムスン」「キツネちゃん」「犬とオオカミ」などは、どれもめっちゃ面白かった!!

そんな中、2月6日からスタートする、新しい韓国ドラマは、キム・レウォンの「食客」。
かなり話題なので、タイトルだけでも知ってるという人も多いはず。

これまた、私の韓ドラバイブル「もっと知りたい!韓国TVドラマ」の最新号で、巻頭特集を組まれていたのが、この「食客」だったので、絶対見たかったから嬉しいです~~

あ、もちろん、以前にも書いたけど、私はWOWOWには加入してないので、会社の同僚に録画をお願いしちゃうんだけど・・・(^_^;);;大変だろうけど、ま、彼女も見るから・・・(笑)

WOWOW・韓流ページは「こちら」

f0147413_22583752.jpg

[PR]
私が毎回買っている雑誌「もっと知りたい!韓国TVドラマ」。

今回の巻頭特集はキム・レウォンの「食客」。ずいぶん前から話題だったので、なんだかやっと?っていう気分ですが、ぜひ見たいドラマですvv

そしてサブ特集が、今私が見ている「一枝梅(イルジメ)」でしたvv
こっちはナイスタイミングゥ~という感じで、いろんな人のインタビューとか読めてよかったvv

あと、来月から新たに放送が始まるドラマタイトルも載っていました。
CSは見れないんだけど、注目のドラマがいっぱい。
「風の絵師」「ベートーベン・ウィルス(これは今月から放送始まるけど」「いかさま師」「必殺 最強チル」などなど。

それから、こっちが私にはメイン。BSで放送予定の新しいドラマ。
「プランダン(不汗党)」「H.I.T」「人魚姫」「張禧嬪チャン・ヒビン」が始まります。
そして、BSフジの目玉は、「風の国」が2月下旬かな?放送開始するという・・・
あの「朱蒙」のソン・イルグクが、朱蒙の孫にあたる人物を演じていることで有名ですよね~

「プランダン」は、DVDでそのうち見ようと思っていたドラマだったので、見る前に放送することが分かってラッキー。(笑)CMカットありですが、テレビで見ることにしました。(笑)
「H.I.T」も、ちょっと気になるドラマだったので、見れて、これもラッキー。
「人魚姫」は前号のオススメDVDとして紹介されていたし、「張禧嬪チャン・ヒビン」は全く知らなかったけれど、今回のオススメDVDとして紹介されているので、どれも楽しみだなぁ~vv
「張禧嬪チャン・ヒビン」は、主演が「愛の群像」「クッキ」のキム・ヘスなんですねぇ~
実は私の苦手だった女優さんなんですけど(笑)私は久しぶりなので、自分の感じ方とかも変わっているかも?な~んてね。そういう意味でも楽しみかも。
[PR]
f0147413_22404170.jpg出演:キム・ジェウォン、パク・ソルミ、キム・ヒョジン、キム・レウォン、イ・ヒョンギュン、ユミン

2001年、MBC、全20話。
茶目っ気たっぷりのおばあちゃん、おしどり夫婦のパパとママ、優等生だけどちょっと変わり者の長女ハナ(パク・ソルミ)、情が深く純粋な長男ウリ(キム・ジェウォン)、音楽が大好きな次男で末っ子のキョレ(イ・ヒョンギュン)、そして二階に住む母トンスクとテシル(キム・ヒョジン)、家族の間にはいつも愛が溢れている。
ウリの恋の行方、テシルの切ない片思い、音楽にのめりこむキョレとパパの衝突、キョレの初恋など、豪華キャスト&心温まるストーリーでお届けするホームドラマ。


感想

ず~っと前から知ってはいて、キム・レウォンとキム・ジェウォンが一緒に出ているのも気になっていたのですが、タイトルからいっても、どうしたってこれは恋愛ドラマじゃなく、ファミリードラマだよな~ってあたりが、私の趣味ではなくて・・・(笑)だからレンタルとかで見る予定はなかったのですが、たまたまBSの民放で放送があったので、せっかくだから見るか~っと思って見始めました。
予想通り、ドラマは長男のキム・ジェウォン扮するウリの恋愛を軸にはしているものの(相手役は、ユミンこと、笛木優子)この家の出来事を心温まるエピソードで表現しているドラマでした。
エピソードも面白くないわけではなく、キャラクターも個性的だし、良いドラマなんです。
ホームドラマも好きよ、という方には、なかなか良質で(まるでNHKのドラマのようです)お勧めしたいです。ですが、私はどっぷりとした恋愛ドラマが好きなので、優等生過ぎるキム・ジェウォンの役も物足りないし、かといって、対照的に作られているキム・レウォンのアウトローっぽい役も、ちょいとわざとらしさを感じてしまい、とにかく好みのドラマではなかったです。
ただし、面白くなかったわけじゃないですよ。(笑)面白かったです。好みじゃなかっただけ。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
f0147413_0414917.jpg出演:キム・レウォン、チョン・リョウォン

2006年、MBC。全16話。
韓国ドラマ『君はどの星から来たの』は、ちょっと変わったタイトルが注目を集め、2004年に大ヒットした「フルハウス」を手がけたピョ・ミンス監督の作品ということもあり、放送前から話題になっていた作品。
主人公のスンヒを演じるキム・レウォンは『屋根部屋のネコ』や『ラブストーリー・イン・ハーバード』で日本でもおなじみの俳優だが、甘いマスクの上に、以前から評判だった演技力により一層磨きがかかっている。
パートナー役には『私の名前はキム・サムスン』で好演したチョン・リョウォンが抜擢された。
脇を固める俳優陣も演技派を集め、加えて、緊張感のあるストーリー展開で、裏番組に「春のワルツ」など話題作の多かった同時間帯でトップとなる高視聴率をマークしたドラマ。


感想
キム・レウォンは「屋根部屋~」「マイラブ・パッチ」で好きになり、「雪だるま」「ラブストーリー・イン・ハーバード」「愛してると云って」など、けっこう色々と出演作を見ているのですが、実のところ今回キム・レウォン出演作ドラマを見るのは、けっこう久しぶりでした。
楽しみにしていた「ハーバード」が、私にはドラマとして今イチで、期待してなかった「愛してると云って」が意外に面白かったりと、少し当たり外れを感じていたところでもあって、それにあまりにカッコよくて(笑)でものめり込めないものがある不思議な存在が、私にとってのキム・レウォンなのでした。だから、今回も当たりか外れか・・・と思いつつみ始めたこのドラマ。
結果的に、けっこう面白かったです。正統派の韓国ドラマです。
最近の傾向なのか、泣かせる部分とコミカルな部分が同居していて、ただそのバランスが絶妙かというと、まあ、そのへんはそうでもなかったような気はするんですけども。(笑)
良かったのは、相手役のチョン・リョウォン。キム・サムスンでの、あの病弱な彼女は、細い身体にあまりにハマッていたので、そういうイメージが頭の中にあったものだから、このポクシルという、田舎臭い名前の、でも純粋で明るい女の子の役は、チョン・リョゥオンの縁起の幅を広げたといっても良いのかもしれません。めっちゃめちゃ可愛かったです、この彼女は。
キム・サムスンで彼女を嫌いになった方、ぜひ、ためしに見てみてください。印象変わります。
途中、2人は八方塞がり状態でどうしよう?というくらい切ないシーンもあるのですが、最終的に心温まるラストとなっています。これも正統派韓ドラがお好きな方にはお勧めです。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]