タグ:キム・テウ ( 2 ) タグの人気記事

f0147413_23502181.jpg出演:イ・ボヨン、チョ・スンウ、キム・テウ、チョン・ギョウン

2014年、SBS、全16話。
本作は誘拐された娘を助けるために14日前にタイムスリップした母キム・スヒョン(イ・ボヨン)と、元刑事のキ・ドンチャン(チョ・スンウ)の犯人探しが物語の主軸となっている。それは2人を除いた全登場人物が容疑者であるということでもある。イ・ドンフン監督は「チェ・ラン脚本家と制作スタッフが展開していくゲームの中で、果たして誰が犯人なのかパズルを解いて行く面白さがある」と自信を見せた。また、「登場人物全員が容疑者になる可能性があるので、全出演者達にはこれからの展開と結末を知らないまま演じてもらっている。回を重ねるごとに深まるスヒョンの切ない母性愛と真犯人を捜すパズル要素。この2つに焦点を当てるとドラマを更に面白く鑑賞できるはずだ。」と伝えた。
イ・ボヨン、チョ・スンウ、キム・テウなど、文句なしの演技力を誇る俳優たちが前面に出て、演技の神童と呼ばれる天才子役キム・ユビンがこれについて行く。ノ・ミヌを始め、“B1A4”のバロ、“Secret”のソナらアイドルとして活躍しているスター達がキャスティングに名を連ねたことも大きな話題となった。ヒットドラマ「応答せよ1994」で初めて演技に挑戦し、深い印象を残したバロと、地道に役者活動をしてきたソナは本作でも印象深い演技で魅せてくれる。

<感想>

もはやヒットメーカー女優となってるイ・ボヨンさん。ちょっと「君の声が聴こえる」にタイプ的には似た感じがするドラマでしたが、一言で言うと面白かったです。難しすぎるけど。(笑)
というのは、いろんな事件が時間軸をこえてすごく絡まっていて、結局全部の事件がひとつの事件に関連しているという流れなので、頭の中で整理がつかないとかなり疲れます。それは私の理解力が低いからかもしれませんが。
出だしはかなりファンタジックで、イ・ボヨンさんとチョ・スンウさんがある事件をきっかけに同時に14日間前にワープするというか。記憶とかは現在のままなので、周りの状況だけが戻った状態になるというファンタジー。
でも実際のドラマは、そんなファンタジックな設定とは無関係のシリアス&ミステリードラマでしたね。
ラストが・・・わざとなんでしょうけど、分かりづらくしてましたね。まあ多分みんなが想像する通りなんでしょうけど、途中何度も最初の方に戻って観返したくなるという。でも複雑だからめんどくさいという。(笑)
アメリカでリメイクの話が出ているとか。まあ大統領制が同じなので、やりやすいかもしれませんね~。あ、なんかネタばれっぽいかしら~(笑)っていう発言のほうがネタばれだっちゅ~に。(笑)
チョ・スンウさん、「馬医」で何だかヘラヘラしたイメージついちゃって(私の中で)、映画で知った時はカッコいいと思っていたのに、テンション下がったんですが、この役はわりかしそれをぶち壊すような役で良かった。
このドラマは、TVとかでちまちま見るより、レンタルとかで一気に観て、もう一回最初から観るってのが、とってもお勧めな見方ですね。それをやりたくなると思うんです。機会があったら、ぜひお勧めします。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
■映画の詳細はこちら ・・・・ キッチン~3人のレシピ~

■感想

最初はまったりと流れるように始まり、重大事件が起きているんだけど、それが隠された出来事で、そのまったり感がそれを表現している感じが、不思議な空気を作っている感じでした。
でも、次第に隠されたことは隠されなくなってきて・・・自体は深刻に展開していって・・・ドキドキしました。ドラマでは、こんな展開よくあることだろうに、何故か真実が露わになることがイケないことのような感じがして・・・ああ、でも見つかっちゃった・・・みたいな。(^_^;)
思っていたより、心に入り込んでくる映画でしたね~。印象的でした~。
ただ、分からないことも多くて。でもそういうの、映画では良くありますよね。本当はどうなの?みたいに思うけど、ボカされて表現されてるから、見る側の受け取り方に任せます、みたいな。

サンインは、どうして子供が出来た時、喜ばなかったんだろう。思わず種○しの設定なのかと思ってしまいましたよ。だってそのあとすぐにドゥレとのことに気付くし。でもそんなシーンは結局出てこなかったし、じゃあどうして喜ばなかったのか・・・もしかして、モレとドゥレの出会いがしらの関係のこと、相手は知らなかったけど、その時の子かもしれないと疑ったのかしら・・・。忘れたように接していたけど、忘れるはずがないものね。そうか、そうなのかも、だからすぐに喜ばなかったのか・・・と勝手に今ごろそう解釈しました。(笑)

ラストが・・・離婚したけど、あれは理解しがたい。サンインがお腹に子供がいるモレに再プロポーズをするのはいいけど、ドゥレを呼び戻そうと提案するなんて・・・。それって、どういう心理?
また3人で暮らせると思っているの?モレが望んでいるから?分からない・・・。というか、そこまで達観できるほど、サンインがドゥレを大切に思っているとは感じられなかったから・・・。そういうものが伝わってきていれば、こういうアンニュイな感じが映画独特でなるほどね~、なんて納得しちゃうところなんだけど、サンインって結構普通の感覚の人として描かれているように見えたから。そういう結論に達するなんて、どういう心境なのか、誰か分かる方いたら、ご説明求む。(笑)

この映画、皆さんの感想とかはあまりチェックしてないんだけど、どうなんだろう…(^_^;)
私は実は、納得できないけど、嫌いではないんですよね~。(笑)
ジフンくんは・・・やっぱり・・・可愛かった・・・;;

f0147413_0392256.jpg

[PR]