タグ:キム・ジフン ( 4 ) タグの人気記事

f0147413_23592400.jpg出演:ナム・サンミ、キム・ジフン、イ・サンウ

2013年、SBS、全36話。
結婚という人生の岐路に立ち、価値観の異なる2人の男の間で揺れる女。相手の家柄、職業、学歴、お金に対する考え方や人生観……様々な条件のなかで結婚に必要なものは何かを問いかけていく、大人のラブストーリー、「結婚の女神」。主人公を中心に、様々な人生観をもつ女性たちの幸せ探しのストーリーとしても、多くの反響を得た話題作だ。
魂が通じ合う相手との結婚を望みながら、現実の問題に葛藤するヒロインには、『光と影』や『犬とオオカミの時間』で知られる清純派美人女優、ナム・サンミ。彼女の婚約者で財閥子息の検事という最高の条件を備えた男には、『となりの美男〈イケメン〉』『星を取って』のキム・ジフン。さらに、ヒロインの心を大きく揺らす素朴な建築家には、『神々の晩餐~シアワセのレシピ~』『馬医』のイ・サンウ。タイプの違う「条件」の男たちのどちらを“最終的に”ヒロインは選ぶのか、最後までわからない展開にハマリこむこと必至だ。

<感想>
出演者のメンツはなかなかいい感じで、しかも男性陣二人は、どちらもヒロインの相手役を経験したことがあるので、三角関係が予想されても、最終的にどちらと幸せになるのか(ハッピーエンドは想像がついていたので)分かりづらく、その点で俳優としての格みたいなものが差がなかったのは良かったかもしれません。
ただ・・・・ナム・サンミさん、私は比較的好きなほうなのですが、この役はとにかく共感出来ない。途中で、自分が選んだ道なのに、その大きなため息の連続はやめて!鬱陶しいし、わがまますぎる!(しかも劇中では我がままという風には描かれていない。でもどう見ても世間ずれした甘ったれにしか見えない)とイライラ。(笑)
イ・サンウさんも、何だか主体性のないウジウジした男って感じだし(酷いな私)唯一キム・ジフンさんだけが、ひたすらヒロインを愛して守ろうと頑張って尽くすいい人なんですよ。でもヒロインがあまりに酷いので、どっちの男性も、なんでこの女をそんなに思い続けて人生狂わせなきゃいけないんだ、と怒りが湧いてきます。(笑)どっちの男性とハッピーエンドになるかは書かないでおきますが、まったく共感出来ないドラマでした。36話もダラダラと鬱陶しい。でも、このドラマは実はこの3人の話だけではなく、彼らを取り巻く他の登場人物の結婚生活の様々な出来事についても並行して描いているので、3分の1くらいはホームドラマっぽいです。
それにしても滅入ったのが、ことごとくあっちでもこっちでも皆が声を荒げ怒鳴り散らすこと。辟易しました。男性女性、老若男女問わず怒鳴るので、うるさ~~い!って画面に文句言いそうになりましたよ。(笑)
文句ばっかりの感想でしたが、何ていうか、最初のほうでのシーンでヒロインの選択が違うほうであったなら、こんな鬱陶しい事にはならなかったと思うと、本当にお騒がせなヒロインだったよ、ってラストで思っちゃったものですから。ラストが違っていたら、ここまで文句を連ねなかったかもしれません。でも実は最終回の流れは、観る前から私の中に湧いてきて、最終回だけなら私でも脚本書けるわ、と豪語。予定調和過ぎて更に腹立たしかった。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆


[PR]
f0147413_2335076.jpg出演:チェ・ジョンウォン、キム・ジフン、シン・ドンウク

2010年、SBS、全20話。
親の死後、突然血のつながらない 5人の子供たちのお母さん役になり、孤軍奮闘するヒロイン、パルガンを演じるのは「風の国」で大人の女性を演じたチェ・ジョンウォン。本作品は、ハートフル・コメディに挑戦し彼女の、新たな魅力が発見できる代表作となった。
そして、ヒロインが憧れる相手役はイケメン俳優キム・ジフン。保険会社の顧問弁護士で、ハンサムな外見に天才的な頭を持って生まれたが、自身の生い立ちに関して心に傷をもち、周りの人々に心を開くことができない人物を演じる。そのほか「銭の戦争」のシン・ドンウク、「妻の誘惑」のチェ・ヨンインのスター俳優も共演。
脚本は大ヒット韓流ラブコメ「家門の栄光」のチョン・ジウ。同じラブコメ路線で今回も韓流ファンを魅了するストーリーとなっている。


感想

脚本が私の大好きなドラマだった「家門の栄光」の方なので、最初から見たくてチェックしていたドラマだったのに、当時の私の録画環境のせいで、実は何度かつまづいたドラマでした。そのせいか、最後までドラマの細かい部分とかが理解できないまま見終わってしまったのが自分でも残念です。でも、最近の自分の体質として、ホームドラマがベースのラブコメはとても見やすいように慣れてしまってきたので、これは短いから尚更見やすかったです。(笑)
このドラマの私にとっての難関は、ヒロインと相手役がどちらも苦手俳優さんだということでした・・・。
でも、過去に私は色んな苦手俳優さんを、ドラマを見ることによって克服してきた過去があるので、これもそれを期待したのです。結果どうだったかというと、まずヒロインのチェ・ジョンウォンさん・・・少しだけ苦手意識が薄れた感はありますが、今後も積極的に彼女が出るドラマを観たいという気持ちにはなりませんでした・・・。パルガンという頑固な頑張り屋の役は悪くはないけど、その頑固さが私には少々受付づらくて、しかもあのたれ目強調のメイクも受け付けられず・・・。でもドラマがそれなりに面白かったので、嫌だ嫌だと思い続けるほど嫌ではなかったです。(笑)次に相手役のキム・ジフンさんですが、彼は見事克服となりました!!見た目はタイプではないのだけど、これからは彼の出るドラマだからといって躊躇することはなくなったと思います!万歳!
シン・ドンウクさんは、もともとわりと好きな感じの方でしたが、この役は今ひとつかな~。「ソウルメイト」で好きになって、「銭の戦争」でも好きだったんですが、何となくこの役は今イチでした。でも悪くはなかったです♪
ストーリーは意外に複雑に出来ていて、ちょっとしたサスペンス要素?もあったりして、見どころもけっこうたくさんあるドラマだったと思います。面白く見れたし、お勧めしたいドラマでした。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2249289.jpg今日5話まで見ました。
一週間空きましたが、最初に続けて3話を観たせいか、ストーリーを忘れることなく、スムーズに観ています。今日も面白かったな~~vv

ヒロインのパルガンを演じているチェ・ジョンウォンさんの目のメイクが、どうしてもなじめませんが(笑)キャラはすんなり理解出来るキャラなので受け入れやすいです~。
ヒロインのキャラが納得いかないのが、一番つらいんですよね~、観ていると。

まだキム・ジフンさん演じるガンハとは何もありませんが、画像検索していたら色々写真を観てしまい(笑)まあ、いつかこういう風になるんだなぁ~と思うと、その過程がとても楽しみになりました!(*^_^*)

苦手だったチェ・ジョンウォンさんとキム・ジフンさんを、けっこうすんなり見れているのが、このドラマの有りがたいところです!やはり脚本家さんの力なのかもしれません!(笑)

思うに、まだ始まったばかりですが、何となく感じることは、このドラマはきっと恋愛部分と、家族愛、家族との絆という部分が、程よくミックスされて、その比率がとてもいいんじゃないかな~という予感がするんです。そんなところも、ドラマを楽しめている理由のひとつかもvv

DVDで一気に観てしまいたい衝動にかられることもあるんですが(笑)そんなに長くないドラマだというので、週一回、じっくり楽しんでいこうと思います。(*^_^*)
[PR]
ヒト様のご厚意で、第1話を録画しそこねた「星をとって」を、最初から見ることが出来ました。(*^_^*)
今日放送は3話だったんだけど、まだ観てないので、とりあえず2話までのお話を~。

大好きだった「家門の栄光」の作家チョン・ジウさんの脚本の「星をとって」ですが、主演二人がどちらも苦手という複雑な気持ちになるこのドラマ。(笑)
チェ・ジョンウォンさんは、「12月の熱帯夜」以来どうもいまだ苦手が克服できず、キム・ジフンさんに至ってはちゃんと出演ドラマを観たこともないくせに、顔が苦手で、更にそれでも挑戦してみようとして見始めた「なんでウチに来たの?」が初回1回でリタイアという苦手全開ぶりを発揮してくれたもので(笑)正直、なんでこのコンビなんだー?の気分です。(^_^;)

でも脇のシン・ドンウクさんは好き♪ しかも序盤、優しい役で嬉しいemoticon-0109-kiss.gifemoticon-0152-heart.gif

ドラマは、最初見逃した1回目に事件があるから、それを見逃すのはキツイというアドバイスをいただいて、実際観てみると、確かにこの1~2回はドラマにおけるキーポイントだから、観てないとキツイかもしれませんね~。観て良かったです~。(感謝ですemoticon-0171-star.gif

ストーリーはかなり韓ドラっぽい展開で、普通に面白く見始めています。(*^_^*)
本当に本当にベタな感じ、というか。(笑)
設定とかは違えども、なんていうかパターンというんでしょうかね~。韓ドラらしいです。(笑)
そして、だからこそ面白そうです。(笑)

ザ・韓ドラを時々ウンザリすることもあるんだけど、ザ・韓ドラでもいくつかパターンがあって、怨念復讐系のザ・韓ドラはあまり見たいと思えないのですが、こういう復讐系とは違ったドラマチックな展開が韓ドラらしいタイプは、けっこうイケる感じなんですよね~。

チェ・ジョンウォンさんの、血のつながらない弟役をパク・チビンくんがやっていて、育ってきましたね~。まだ青年とまでは行きませんが、それもきっとここ2~3年でそうなっちゃうんだろうな~という感じがしてくるくらいには育ってきました。(笑)これから成長期ですよね~。で、あっという間に19だの20だのになって、今度は恋愛ドラマとかに出るようになっちゃうのだろうか。(笑)
でも彼って美形タイプではないので、育っていってどういう風な青年になって、どういう役を演じるようになるのか、ちょっと想像が出来ずに、そこが逆に楽しみでもありますvv

シン・ドンウクさん、「ソウルメイト」以来好きなのです。声がいい~。背も高い~。
主演もやったことがあるのに、キム・ジフンさんと一緒だと脇役になっちゃうんですね。
それだけキム・ジフンさんは向こうではスターなんでしょうね~。そんなオーラは感じますよ。
それこそ、主役しかやらないタイプの感じがする人のイメージ・・・(^_^;)
あ・・・やっぱり私って、彼を好きじゃないんだ・・・(笑)

でも、実はこのドラマの役は、今のところそんなに苦手ではありません。
というわけで、このドラマで全部とはいかずとも、苦手克服の切っ掛けになればいいです、はい。
[PR]