タグ:キム・ジソク ( 7 ) タグの人気記事

f0147413_23291493.jpg出演: イ・サンユン、ク・ヘソン、キム・ジソク、スンリ(BIGBANG)、カン・ハヌル

2014年、SBS、全20話。
つらい家庭環境のために初恋の相手と離ればなれになってしまった男女が12年後に再会したことで巻き起こる切ない恋模様を描く。事故で両目の視力を失ってしまい、心を閉ざしてしまうヒロイン、スワン役を演じるのは「お願いキャプテン」以来2年ぶりのドラマ出演となったク・ヘソン。またそんな彼女と再会し、ふたたび恋に落ちる外科医役に「いとしのソヨン」で大ブレイク中のイ・サンユン。二人の切なくも心温まるピュアなラブロマンス。
韓国トップアイドルグループ“BIGBANG”のV.I (ヴイアイ)が救急隊員を志望して韓国に来たテキサス育ちの青年テディ・ソ役で韓国ドラマ初出演を果たした。V.Iは昨年、日本のドラマ「金田一少年の事件簿~香港九龍財宝殺人事件」に出演したことはあるが、韓国ドラマの出演は今回が初めてとなり、本作の好演により、同じグループで現在俳優として活躍中のT.O.Pに続き役者として韓国のお茶の間から高く評価されることとなった。

<感想>

いつものお借りしたDVDで、まったく知りませんでしたが、最近悪役、ライバル役ばかり見ていたイ・サンユンさんだったので、ヒロインのク・ヘソンさんがお久しぶりなのと同じく、イ・サンユンさんのヒロインの相手役も久しぶりでした。二番手男性役に私の好きなキム・ジソクさんが出ていたのも興味をそそりました。
さて、見始めて、まさしくこれは韓ドラ。(笑)親の因果、記憶喪失の代わりに目が見えない子、不幸が色々襲ってきて、二人のすれ違いから再開へ、という流れ。ドラマチックで面白かったです。イ・サンユンさん、タイプじゃないけど、スタイル良くてカッコいいですね。ク・ヘソンさんは色白で可愛かったです。
しかし、終盤に行くにつれ、隠されていた事実が発覚していって、ヒロインとお相手はうまくいかなくなってゆきますが、それも韓ドラのうちという感じで、途中までは良かったんですが、だんだんク・ヘソンさんの、あの大きな瞳が、明るい時には生き生きして見えるのに、暗くなっていくにつれ、鬱陶しさの権化のように感じてきます。
最後には、そこまで頑なにならなくても、と思うくらい、お相手を拒否。簡単には結ばれない運命の二人だから仕方ないとはいえ、まあ彼女の頑固さなら、自分(と親)を許せなくて受け入れられないのも分かる、と、納得しながらも、本当にあの性格が鬱陶しかったです。(笑)早く終わってくれ、と思ったほど。(笑)
ただ、それは私の勝手な感想で、実際は細部まで丁寧に描かれている感じがして、ドラマはきちんと作られてあったんじゃないかなと思いました。可哀想な運命の二人のお話が好きな方にはお勧めだと思います。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_22432246.jpg出演:チャン・ヒョク、オ・ジホ、イ・ダヘ、イ・ジョンヒョク、ハン・ジョンス、キム・ジソク

2010年、KBS、全24話。
韓国では最高瞬間視聴率41.9%、平均視聴率32%を記録した2010年上半期№1時代劇。
「風の国」「アイリス」に続き韓国KBSが贈る特別企画ドラマ。朝鮮時代中期、初恋の女性を探すため奴婢(ヌヒ:奴隷)を追う推奴(チュノ)になった男と、彼に追われる奴婢たち。命を懸けた逃走が後継ぎを巡る王朝の陰謀の渦へと巻き込まれていく。
脚本はチョン・ソンイル(7級公務員)、監督はクァク・ジョンファン(黄金のりんご)で、チャン・ヒョク(ありがとうございます)、オ・ジホ(彼女はラブハンター)、イ・ダヘ(エデンの東)らスターが共演している。


感想

実は勧められてはいたものの、題材が奴婢だし、なんか暗そうなドラマだなぁ~というイメージを抱いていたので、ちょっと観るのをためらっていたドラマでした。なのでDVDも仕入れるのを躊躇していたところ、BSJAPANが放送するということで、これは観るタイミングだろう~と思って観てみたんです。
放送はこの枠が新しく出来たようで、一週間に月火の2回放送。韓国っぽいペースですよね。
週に一回だとなかなか進まない印象ですが、2回あるとこんなに違うんですね~。もともと24話と、史劇にしてはそんなに長くはない(でもフュージョン史劇としては定石くらいかな)ドラマだし、早めに進んでいったのも良かったです。
しかし何よりこのドラマ、ストーリーも面白かったけど、オトコマエがいっぱい出てくるのが妙に嬉しかった。(笑)史劇ってオーソドックスだと、あんまり出演者に期待って出来ないじゃないですか。フュージョンはアイドル系を使ったりとかもするけど・・・。その点、特別好きというわけではないけど、チャン・ヒョクssi、オ・ジホssi、イ・ジョンヒョクssi、そしてハン・ジョンスssiにキム・ジソクssiと、次々と現代劇でもオトコマエのナムジャが出てきて、それだけでも楽しかった!
特にワタクシ、個人的にキム・ジソクssiのことがなかなか好きで、このドラマでの役もすごく可愛くてお気に入りだったので、とっても楽しめました~~vv
それに彼は脇役だから、出ない週とかもあるけど、ストーリーも次はどうなるんだろう~と思わせる作りになっているので、期待以上の面白さでしたvv
ただラストが・・・まあフュージョンにありがちな、思わせぶりな?ラストとなっていて、特にBSJAPANはCMカットがあって、若干「これどうなったんだろう?」と謎の部分とか出てきたんだけど、まあホンギルのラストよりは夢があっていいかもしれないですね。あ、でも私はホンギルのラストは肯定派なんですけどね。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
なかなか面白く見ています!
不安だったチャン・ヒョクさんも、全然大丈夫!(笑)

なにより、若くてカッコいい男性がたくさん出ているだけでも、かなり楽しい(笑)

朝鮮王朝モノの大河とかだと、爺さん婆さんが多いですから(笑)それに比べると、やはりフュージョンは華がありますね~(笑)

女性も、知らないながらも、美人や可愛いタイプがたくさん!
しかも、ものすごく性格悪いみたいなキャラがいないし。
それだけでもストレスフリー!


ただ…ヒロインのイ・ダヘさん…
一人だけ汚れもなく綺麗なのが、凄く浮いてますが(笑)まあいいです。(笑)

オ・ジホさん、かっこ良くなってきたぞ~!
[PR]
f0147413_2353327.jpgBS JAPANで今日から週に2回放送という変則放送が始まった「推奴」を見始めました。
奴婢を描いた話だということくらいしか知らずに見始めたのですが(最近ドラマはずっと情報不足状態のまま見るという、ゆるい見方をしてます/笑)画像とかの印象が暗そうだったし、チャン・ヒョクさんもそれほど好きというほどではないし、とにかく見るには勢いの必要なドラマでしたが、ちょうどTVで放送するというので、TVなら勢いなくても見やすいので、渡りに船でした。(笑)

そして見始めたところ・・・
おお~っ!オトコマエがたくさん!!(爆)

ていうか、知ってる顔がすごく多いんですね、このドラマ。
チャン・ヒョクさんとトリオ(違うし/笑)を組んでいるのが、「王と私」でチョン・グァンリョルさんにずっと付いていた護衛内官ハン・ジョンスさんと、先日私が見終わった「個人の趣向」でライバル役を演じたキム・ジソクさん。そしてこのドラマでヒロインのイ・ダヘさんと、多分三角関係になるのかしら?チャン・ヒョクさんのライバルとなるオ・ジホさん。あと何の役なのかまだよく分からないイ・ジョンヒョクさん。(笑)
その他脇役も見覚えのある、馴染みのある方がじゃんじゃん登場して、それだけでも華やかで楽しい!!

特に暗い雰囲気を覚悟していた私には、とてもうれしい誤算だったのが、キム・ジソクさん016.gif
チャン・ヒョクさんでも、オ・ジホさんでも、イ・ジョンヒョクさんでも(?)なく、キム・ジソクさんに目が行ってしまった私は、ちょっと異色でしょうか・・・(笑)でも彼、好きなんだもの。

まあ。メインどころの魅力は、これからですね。

さて!クイズです。
私はチャン・ヒョクさんとオ・ジホさんの、どっちを好きになるでしょう?
私にもまだ全然分かりません。ははは~(^_^;)ずっとキム・ジソクさんだったりして。(笑)
[PR]
f0147413_22305534.jpg出演:イ・ミンホ、ソン・イェジン、キム・ジソク

2010年、MBC、全16話。
ドラマ「花より男子」で人気スターに成長したイ・ミンホ。そして映画、ドラマともに活躍しているトップ女優のソン・イェジンが共演することでも話題になった2010年の新作ドラマ。イ・ミンホがゲイだという誤解を受けることになる設計士のチョン・ジノを、ソン・イェジンが恋愛バカでぶっとんだ女性、パク・ゲインを演じる。また脇役で2AMのイム・スロンが俳優デビューしている。
仕事もルックスもパーフェクトな設計士が、恋愛ベタで人生どん底の家具デザイナーとありえない同居生活!なぜなら彼はゲイだから・・・!?イ・ミンホ演じる “悩めるイケメン”にノックアウト必至のロマンチックラブコメディ!


感想

今現在、韓ドラだけでなく、アメリカドラマも日本のドラマも、そんなに数多く見ていなかったせいで、私にしてはものすごく早くサクサクと見終わりました~。面白かったで~す。
韓国では今ひとつ終盤にかけて視聴率が伸び悩んだとか。というのも、これ一部ネタばれなんですが(笑)二人が両思いになるのが、意外に早い時期なんですよね。そのあとに色々あるんですけど、早く想いが通じ合ったのが視聴者離れ(裏番組に流れた?)の要因の一つとされているようです。
まあ、確かに早く両思いになってしまうと、ロマンスという点で頂点を過ぎてしまう感じもしないではないですよね。あとは邪魔が、誤解が、と辛い展開が待っているだけに。(笑)でも終盤の秘密が解明されて、それが二人の仲を邪魔することになっちゃったりするあたりは、スリルもありました。スリルっていうのは変かもしれないけど(笑)ドキドキしちゃったし。
そうそう、ユン・ウネちゃんがゲスト出演するのは有名らしいですが(私は知らずに見たので、驚きました~)キム・ナムギルくんがチラリと出ているのは、知らない人もいるみたいですね。セリフもなく、画面の後ろのほうにチラチラと映っているだけみたいなので、私も気付かなかったです~。
途中も書きましたが、イ・ミンホくんの役は本当にイイひとの役です~。ファンなら、イェジンさんになりたい~と思うような、すごく優しくて、すごく愛してくれる男であります。イェジンさんは、ん~~今までわりともう少し大人っぽい役ばかり見てきたので(「スポットライト」は新人の役ですが、途中挫折しちゃったし…)ちょっと弾けたような子供っぽい女性の役って見ていて厳しいんじゃないかな、と思ったんですが、想像よりは受け入れられました。でも途中で他の女優さんのほうが、もっと受け入れられる人がいるかもしれない、と少し思いました。決して悪いわけじゃないんだけど・・・違う人のこの役も観てみたかった的な。脇のキム・ジソクさん、元からこの地味顔がけっこう好きなので、意地悪いことをしても最後にはいいひとのこの役は似合っていたと思います♪
あ、2PMのイム・スロンくん、見たことあると思ったら「私たち結婚しました」のスタジオ組のほうに出ている子ですよね?重要な役ではなかったけど、可愛い役でしたvv(*^_^*)
ただ…昨日見終わったばかりなのに、あまり内容を詳しく思い出せないのは何故かしら。(笑)

過去に書いたこのドラマ関連記事は、カテゴリ「個人の趣向」から、どうぞ。


<満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_0112435.jpg面白いです!
あっという間に6話まで見進めてしまいました~016.gif

あんまり詳しくリサーチしてないので、どういうスタッフが作ってるとか、まだ分からないんですが、とりあえずイ・ミンホくんの新作ですよね。ソン・イェジンさんがえらくイメージが違っていてビックリしたんですが(笑)最初こそ違和感ありましたけど、もうすっかり馴染んでしまいました。(笑)

出だしは、そんな目茶目茶な展開アリ?って感じだったんだけど(かなりコメディ色の強い出だしでした)見進めていくと、それぞれのキャラクターの関係が、ただの対立関係ではなく、それまでの紆余曲折あっての現在の関係位置というのが分かってから、いっそうキャラたちの気持ちがすんなりと心に入ってくるようになりました。キャラの背景がしっかり描かれているからなんでしょうね。

ミンホくんは本当に、本当に、噂にたがわぬイイ役ですね。イェジンさんが羨ましくなるくらい。
思わず彼女に成り変わりたい~と思ったくらいです。すごく・・・いい人。そして上手く演じていると思います。イェジンさんに対しての心の見せ方が上手いというか、よく伝わってくるので、ミンホくん目線で観ていると、最初はガサツでカマトト(笑)にしか見えなかったイェジンさんが、だんだん可愛く見えてくるんですよね~。

それと、ライバル役のキム・ジソクさん。「憎くても可愛くても」で彼はとても優しいいい男の役を演じていたことと、もとから顔がタイプのせいか、優柔不断だけど魅力的に見えちゃう私。(笑)
彼の役は好き好きあると思うんですが、私、自分がイェジンさん演じるケインに思考回路が似ている部分があるので(笑)ジソクさんのことも憎めないのかも~。(^_^;)

同じく友人でありライバルでもあるイニ役のワン・ジヘさんも、嫌な女でありながら、過去にイェジンさんと10年も同居していた事があり、その時に優しかったエピソードなんかが交えてあるので、これまた憎みきれない部分があったり。彼女がジソクさんを最初に好きになった時のエピソードも、なんかすごく納得というか、こういうことってあるよな~と思ってしまって親近感が。(笑)

とにかく、同居モノのラブコメなので、ありがちな設定になりそうなところを、キャラの裏設定によって、意外にしっかりと作られた面白さを感じています。続きも楽しみです。(*^^)v
[PR]
f0147413_23543082.jpg出演:ユン・ウネ、オ・マンソク、キム・ジソク、チョン・ソヨン

2006年、KBSにて放送。全16話。
ドラマ『宮』での好演によって女優としても大きく成長したユン・ウネ、そしてミュージカル俳優出身のオ・マンソクが息の合った演技を見せている。特にオ・マンソクはドラマの中で歌詞を作り変えた歌を披露し、また特有のスタイルで方言を使うなど俳優としての実力を見せつけ高視聴率をマークした。
ソウルっ子で、デザイナーを夢見るイマドキの女の子ジヒョンと、ぶどう畑で勤めるダサい農村男テッキのラブストーリーで、一年間ブドウ畑で働けば畑を相続出来るという約束のためにソウルからやってきたジヒョンが、嫌で嫌でたまらなかった田舎暮らしに徐々に染まってゆき、すっかり見た目までもが田舎娘に変わっていく姿も面白いが、次第にブドウの樹に愛情を持つようになると同時に、同じようにブドウに愛情を注ぐテッキに惹かれていく過程が心温まる。



感想

「宮」のあとのドラマ出演というユン・ウネちゃんと、「恋するハイエナ」の直前に撮っていたオ・マンソクのラブストーリーという、私には馴染みのある2人が主演だったので、安心して見始めることが出来ました。
最初はかなりドタバタコメディという感じが強くて、正直面白くなかったんですが(あまりドタバタ過ぎるのは好みではないようです…;)途中からジヒョンが変化して、ブドウの樹への愛情を示すようになってきたあたりから、同時にテッキへも惹かれていくので、面白く見れました!特に、怪我をしたテッキに服を縫ってあげて、テッキが感動するシーンや、山でのテントの一晩のあと、朝ご飯でテッキの生い立ちを聞いて涙するウネちゃんは、すごく可愛かった♪
ドラマ評では、「宮」のチェギョン役とカブる、とかっていうのを良く目にしましたが、確かにケンカするとすぐ「ボラグヤ〜?!」と突っかかるあたり、似てましたけど(笑)私はチェギョンよりかなり素直じゃないかと…。(笑)可愛かったですよvv
あと、ラスト、心が通じ合うシーンでは、ちょっと「宮」でのシン君と初めて気持ちが通じるシーンに似ていた気もしましたが、彼女には好感を持ってるので平気でした。(笑)
ちなみに、オ・マンソクは、私はけっこう良かったです。周りでは「あの顔がどうも苦手で…」という方もたくさんいるんですが(笑)ジヒョンと一緒に隣で眠る時の寝顔とか、綺麗系に見えたけど・・・(^^; あと髪型も普通で、好きだし。

ラスト、ほのぼのと心温まる感じで良かったです。そんな、何回も観たいというほどではなかったですけどね。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]