タグ:キム・サンジュン ( 1 ) タグの人気記事

f0147413_22431232.jpg出演:ソン・ヒョンジュ、キム・サンジュン、リュ・スンス、コ・ジュニ

2012年、SBS、全16話。
本作は、米ドラマの名作「逃亡者」を彷彿とされる社会派サスペンス。演技派として多くのドラマで活躍してきたソン・ヒョンジュとキム・サンジュンら、確かな演技力をもつ俳優たちが顔を揃え、緊張感溢れる心理劇を展開。とりわけ、娘の無実を明かすために1人戦う父親の深い悲しみと怒り、愛を演じたソン・ヒョンジュのリアルな演技は、庶民の心を代弁するとして視聴者に熱く支持された。ソン・ヒョンジュと対峙する権力悪を演じたキム・サンジュンは、圧倒的カリスマ性で画面を掌握。
主人公のみならず、登場人物それぞれのドラマを映し出し、人間の真理を浮き彫りにした緻密な構成、先の読めないスリリングなストーリー展開からも目が離せない。理不尽な現実社会に警笛を鳴らす骨太のテーマ、「事件」ではなく「人間」や「家族」にスポットを当ることで、多くの視聴者の共感を呼び、その圧倒的面白さから回を重ねるごとに視聴率は上昇。スター俳優がいなくても高視聴率を獲得し、“本物”のヒット作となった。
2012年SBS演技大賞 大賞(ソン・ヒョンジュ)ほか7冠受賞!!百想芸術大賞2013 TV部門作品賞、男性最優秀演技賞(ソン・ヒョンジュ)、脚本賞受賞。最終回は全国基準視聴率22.6%の自己最高視聴率を記録して有終の美を飾った。



<感想>

ソン・ヒョンジュとキム・サンジュンという、若くもカッコよくもない(失礼)二人が主演ということで、最初は観るかどうか悩んだのですが、ドラマ評とかを観たら、初回の視聴率がヒトケタだったにも関わらず、徐々にあがっていって、最終回20%超えをした話題作、となっていたので、とりあえず見てみることにしたんです。
それにオッサンといっても二人ともけっこう好きで、特にソン・ヒョンジュさんは穏やかで笑える役もやれば、感動させてくれるシリアスな役もやるという、幅広い演技力を知っていたし、キム・サンジュンさんは「シティ・ハンター」で、なんか知らないけど(笑)オーラのある人というイメージを持っていたので、きっとドラマは見応えのあるものなんだろうな~という思いはありました。そして、観ていくと、予想通りすごく見応えのあるドラマでした。
サスペンス&人間ドラマ、という感じですが、最初のとっかかりがわりと有りがちな感じから始まっていく感じがしたので、ふ~~ん、という落ち着いた感想を持つのだけど、そこからどんどん、どんどん、そんなバカな!という展開に転がるように広がっていって、もうそこでハマッてゆきました。
BSフジ(字幕)だったので、カットは多かったのかもしれませんが、毎日放送があったので、気持ちも乗りやすかったです。これが週一回とかだと、どうしても間延びしちゃうんですよね~。

地味な出演者たちですが、これを見ていると、ちょっとしたサスペンスドラマがチャチな出来に見えてしまうくらい、さすが演技の上手な人たちがやっているな~~と感じたドラマでもありました。
もしノーカットで観る機会のある方は、ぜひお勧めしたいです。面白いドラマでした。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]