タグ:キム・ギュリ ( 2 ) タグの人気記事

■映画の詳細はこちら・・・・・「美人図」公式サイト

■感想

前から観たかったんだけど、ようやく観ました。いや~~良かったわ~~。
なんか検索するとカテゴリ的にはアダルト扱いみたいですが(笑)でも普通の映画でもこれくらいあるでしょ的な感じがしましたけどね。ただ最初のほうの場面のせいで、TV放送はないだろうな、という感じはしたけど…。内容的には「風の絵師」からサスペンス要素を抜いて色気をプラスした、みたいな、内容は「風の絵師」と殆ど変らない感じがしました。だからか、すっごく好きですね、これは。美しくて哀しい、人間の欲望が出ていて、すごく良かった。これを観て「風の絵師」を観ると、また更に「風の絵師」も好きになりそうな、そんな感じで、私、こっちを先に観ていたら、もっと更に「風の絵師」に高評価をつけていたかも~。

この映画のキム・ホンドは、私の好きなプヨソン@ソドンヨが演じているんですよね~。(笑)これがまた、「風~」のパク・シニャン演じるキム・ホンドとは微妙に違って、でも欲望に勝てない弱い部分を持って自分を律しきれないキム・ホンドが、すごく理解しやすくて、可哀想で、切なくて好きです。とはいえ、でもパク・シニャン演じるキム・ホンドも、品格があって、強さがあって、大きさがあって、優しさがあって、これはこれでやっぱり素敵なんですよね~。ユンボクも、こちらの「美人図」では途中からとても女性として熟した感じ(笑)もしつつ、純真なナムギル青年(笑)を夢中にさせて、師匠までもが理性を保てない部分を納得させるがありました~。
「風~」のユンボクは、ムン・グニョンちゃんの中世的な魅力満開という感じで、でもまったく性的な魅力がないかというと、意外にそうでもなかったというか、純真なエロティックさ、な~んて、対極の言葉を勝手に造語にしちゃいましたが(笑)そういう感じはあったと思うんですよね~vv

ま、ともかく、これ、「風の絵師」を観た人はとっても楽しめると思うんです~。キム・ナムギルくん、純でまっすぐな青年がとてもハマッていました。しかし…ネタばれになりますが…とことん不幸キャラ?(笑)とても映画、面白かったです。ただエロティックシーン満載なので、ご覧になるときはご注意ください。(笑)

f0147413_2359784.jpg

[PR]
f0147413_23411130.jpg出演:キム・ギュリ、キ・テヨン、ヤン・ジヌ、イ・ソンミン、ヒョヌ、チェ・ジェファン

2010年、MBC、1話。(短編SP)
2007年に終了した「MBCベスト劇場」から3年半ぶりに短編ドラマが復活!!
史劇や濃い愛憎ドラマに食傷気味になったら、ロマンティックコメディを見よう。
『私の名前はキム・サムスン』『コーヒープリンス1号店』『パスタ~恋が出来るまで~』に続き、MBCが自信を持って送る新感覚のロマンティックコメディ。映画『美人図』『夏夏夏』のキム・ギュリが今回のドラマでは片思いの相手を攻略するため、恋愛の手ほどきを受けるイ・ジニ役に扮する。恋愛コンサルティングに注目!
人生に恋はつき物だが、誰もが成就するとは限らない。より効果的に、より魅力的に相手にアピールできるようアシストしてくれるのが恋愛コンサルタントだ。イケメン俳優のキ・テヨンが、イ・ジニをトレーニングするベテラン恋愛コンサルタントのテジュンを好演する。


感想

少し前の「ママはアイドルに夢中」に引き続き、一話完結のSPドラマです。
前知識はいつものようにゼロで、ただキ・テヨンさんが出るってことだけで観ました~vv「白い巨塔」では若い医師役で、実年齢よりずいぶん年下に見えたのですが、こんな髪形をしていると、年相応にちゃんと見えて素敵です。こうしてみると、彼もヨン様ラインの人ですね~。顔の種類というか。けっこう好きな顔ですvv
そして実は対して期待していなかったドラマ内容が、すごく期待はずれに良かったんですよね~~vv
何ていうか、最近減った不治の病ネタも、こういう風に使うと意外性もあるし、効果的で古臭さを感じないです。
短い時間にどんでん返しもあったり、お気に入りのヒョヌくんも登場したり(少しですが~)本当、思いがけず良いドラマでしたvvただ、BS JAPAN・・・・これでもかのCMカットにはまいりますけども。(笑)
時間が短いので、機会があったら、ぜひご覧になってみてくださ~い。お勧めで~す。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]