タグ:キム・ウニ&ユン・ウンギョン作家 ( 1 ) タグの人気記事

f0147413_2331884.jpg出演:ヒョンビン、ソン・ユリ、イム・ジュファン

「サンドゥ、学校へ行こう」「ごめん、愛してる」を演出したイ・ヒョンミン監督と、あの「冬のソナタ」のキム・ウニ、ユン・ウンギョン作家の脚本ということで、タイトル通り、まさしく童話の世界のような切なくロマンティックなラブ・ストーリー。
ヒョンビンは、「アイルランド」や「私の名前はキム・サムスン」のフレッシュでスマートな印象からは一転。無造作に伸ばした髪に無精髭、ボクサー事務所に住み込んでボクシングをする役ということで、身体もかなり絞り込んでいる。
子供時代に淡い思いを抱きながらも離ればなれになった2人が、偶然思いもかけず再会するが、お互い会えない時間に辛い経験があり、また子供時代とは違う容姿に当人同士は気づかない。運命のいたずらか、気づけないうちに互いに惹かれるものを感じた矢先、あの時の2人だと気づく。だが、互いの身に起きた過去の出来事が、2人を愛し合ってはいけない関係にしてしまっていた・・・
ヒョンビンの、それまでとは違う役作りが光る一作。


感想

大好きな「サンドゥ〜」「ごめ愛」の監督さんに、「冬ソナ」の脚本家の組み合わせということで、切ないアンハッピーなシリアスラブストーリーだろう、と予想してました。それはかなり当たっていて、冬ソナ同様、毎回テンポ良く進むところも見やすいし、なにより、このドラマのヒョンビン、すごく大人で、私はサムスンでの彼よりも、こちらのほうが好きになってしまったので、彼が切なくソン・ユリを見つめる瞳、視線に、毎回胸キュンでした。ラストは予想とは違っていたけど、良かったです。
が、しかし、見終わってしばらく経った今、心に強烈に残る何かが私には足りない。
決して良くある展開でもなく、設定の非凡さはあるけれど、後を引くものがない。
いつも思うのだけど、テレビ放送で週一回ずつ見るのと、DVDでラストまで一気に見るのとでは、見終わってからドラマへの思い入れがかなり違う。一気のほうが、ドラマの世界に入りやすいからだと思う。そんで、これは週一回テレビで見たので、そのせいもあるのかなぁ・・・。でもやっぱり、ちょっと深みが足りない印象は否めないかも。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]