タグ:オ・ジホ ( 9 ) タグの人気記事

f0147413_23133077.jpg出演:オ・ジホ、チョン・ユミ、キム・ドンウク、イ・シア

2014年、JTBC、全20話。
朝鮮時代の閨房(女性の居住空間)の女性たちと下女たちの隠密で不埒な生活から風流な閑良(ハンリャン:朝鮮王朝時代、一定の職なしに遊んで暮らした下級の貴族)たちと逞しい下男たちの魅力あふれるライバル対決まで描いた、モダンロマンス時代劇。両班から奴婢の身分に転落してしまうヒロイン、イニョプ(チョン・ユミ)、王の庶子であることを知らず奴婢として生きるムミョン(オ・ジホ)、 イニョプの婚約者だった名家の御曹司ウンギ(キム・ドンウク)、イニョプの親友でありながら、密かに嫉妬の炎を燃やすユノク(イ・シア)。この4人の恋愛模様を中心に、 厳しい身分制度を乗り越え力強く生きるヒロインの姿を描く。
<感想>

このドラマの感想を書くにあたって、上記の資料を探したのですが、元のタイトルが「下女たち」だったせいなのか、なんとも“不埒”とか“逞しい”とか、ずいぶん大人な(笑)感じのドラマっぽいドラマ紹介が載っていてビックリ。でも、主演のチョン・ユミさんの雰囲気のせいなのか、はたまたこの紹介がズレているだけなのか、実際観たドラマは、日本語タイトルどおり「イニョプの道」というほうがしっくりくるような、そんな怪しげなエロい感じは全然しなかったです。王様にお仕えするくらいの高い父を持った両班の中の両班の娘イニョプが一転奴婢として下女の生活をすることになるのだけど、下女同士や下男との関係もそんなに露骨なものでもなかったし、旦那様に遊ばれる下女もいる中で、イニョプはけっこうまともに扱って貰ってるほうで(意地悪はされまくるけど)それは下男仲間のオ・ジホや、許嫁だったキム・ドンウクが(最初は)守ってくれるからだったりするんですけどね。
チョン・ユミさんが両班から下女へと堕ちていく、という設定なのですが、彼女自身は扱いは変わるけど、キャラクターが変貌するほど、身を滅ぼすような堕ち方をするわけではないし、ラストなんて気が抜けるようなラストのように思えて、ますます「下女たち」なんてタイトルにしなくて正解だったと思える、普通のドラマでした。
けなげに頑張るイニョプが、数々の困難を乗り越えていく、そして、彼女を思うがあまり身を滅ぼしてしまう男がいて、彼女を見守る男がいて、そのへんのドラマとそう変わりがあるとは思いませんでした。
面白かったけれど、ラストの回の平穏ぶりを思うと、なんだかなぁ~という気持ちになるというか、それでも演じたのが清楚な感じのチョン・ユミさんだったから、こういうラストが似合うんだろうな、とも思いました。もしヒロインのキャストが違っていたら、どちらかというと堕ちて堕ちて、救いのない物語のほうが面白かったんじゃないかな、なんて個人的好みですけど思いました。というわけで、感想は、普通のドラマ。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_23133077.jpg

以前少しだけタイトルを目にした事があって、衛星劇場でのうたい文句が、チャングム、トンイに続く待望のヒロインドラマ、となっていて、原題が「下女たち」というのが今一つ心踊らなかったけど(笑)そのうたい文句でちょっと楽しみにしていました。そしてタイトルは「イニョプの道」という、いかにもチャングム、トンイに続きそうなタイトルに変更されていましたね。(笑)

でも見始めてみると、雰囲気が全然違うんです。やはりイ・ビョンフン監督ドラマというのは独特のものがあるんだなぁ~と改めて実感。ただし、それが良い意味であるかというと、私にはそうでもない場合が多いんですが。ま、イ・ビョンフンドラマに関してはまた長くなるのでやめておきます。(笑)

舞台は世宗大王の父、太宗(イ・バンウォン)が第3代李氏朝鮮王朝の王様になっている時代。おお~、そしてまだ父イ・ソンゲこと太祖が生きている~。この時代のドラマで王族メインの話を観るのは「大王世宗」以来だから嬉しい。といっても本当のメインはイニョプなんだけど。(笑)

両班の中でもくらいの高い家の娘イニョプが、対立している太祖と太宗の間に入ったために謀反の疑いを掛けられて、四肢引き裂きの刑の父の娘ということで、一点下女になり下がる話。イニョプがどうなっていくかも楽しみだけど、物語の中で太宗の隠し子で奴婢として育った男(オ・ジホ演じる)ムミョンとイニョプは恋に落ちるらしいけれども、それよりか、ムミョンは高麗の残党で作った秘密結社団の団員らしいので、それが楽しみ。

イ・バンウォンは父ソンゲの五男で、ソンゲが自分の弟である六男に王位を継がせようとした事に反対して弟を殺してしまったり、四男を次の王位につけて、でも結局自分が3代目の王になった人だそうです。「大王世宗」では、父が王位を継がせる時に息子たちを対立させたことを恨んで、自分は長男を世子にして、今後も長男が世子になるようにと言う事を推し進めていた王様でした。ま、でも結局世宗も三男だったかなんですけどね~

まだ朝鮮王朝時代が始まったばかりで、高麗の残党もウヨウヨしてたり、色々と落ち着かない時代ですね。
これからイニョプやムミョンがどうなっていくのか、ちょいと楽しみです。ずっと面白ければいいんだけど…


[PR]
f0147413_22432246.jpg出演:チャン・ヒョク、オ・ジホ、イ・ダヘ、イ・ジョンヒョク、ハン・ジョンス、キム・ジソク

2010年、KBS、全24話。
韓国では最高瞬間視聴率41.9%、平均視聴率32%を記録した2010年上半期№1時代劇。
「風の国」「アイリス」に続き韓国KBSが贈る特別企画ドラマ。朝鮮時代中期、初恋の女性を探すため奴婢(ヌヒ:奴隷)を追う推奴(チュノ)になった男と、彼に追われる奴婢たち。命を懸けた逃走が後継ぎを巡る王朝の陰謀の渦へと巻き込まれていく。
脚本はチョン・ソンイル(7級公務員)、監督はクァク・ジョンファン(黄金のりんご)で、チャン・ヒョク(ありがとうございます)、オ・ジホ(彼女はラブハンター)、イ・ダヘ(エデンの東)らスターが共演している。


感想

実は勧められてはいたものの、題材が奴婢だし、なんか暗そうなドラマだなぁ~というイメージを抱いていたので、ちょっと観るのをためらっていたドラマでした。なのでDVDも仕入れるのを躊躇していたところ、BSJAPANが放送するということで、これは観るタイミングだろう~と思って観てみたんです。
放送はこの枠が新しく出来たようで、一週間に月火の2回放送。韓国っぽいペースですよね。
週に一回だとなかなか進まない印象ですが、2回あるとこんなに違うんですね~。もともと24話と、史劇にしてはそんなに長くはない(でもフュージョン史劇としては定石くらいかな)ドラマだし、早めに進んでいったのも良かったです。
しかし何よりこのドラマ、ストーリーも面白かったけど、オトコマエがいっぱい出てくるのが妙に嬉しかった。(笑)史劇ってオーソドックスだと、あんまり出演者に期待って出来ないじゃないですか。フュージョンはアイドル系を使ったりとかもするけど・・・。その点、特別好きというわけではないけど、チャン・ヒョクssi、オ・ジホssi、イ・ジョンヒョクssi、そしてハン・ジョンスssiにキム・ジソクssiと、次々と現代劇でもオトコマエのナムジャが出てきて、それだけでも楽しかった!
特にワタクシ、個人的にキム・ジソクssiのことがなかなか好きで、このドラマでの役もすごく可愛くてお気に入りだったので、とっても楽しめました~~vv
それに彼は脇役だから、出ない週とかもあるけど、ストーリーも次はどうなるんだろう~と思わせる作りになっているので、期待以上の面白さでしたvv
ただラストが・・・まあフュージョンにありがちな、思わせぶりな?ラストとなっていて、特にBSJAPANはCMカットがあって、若干「これどうなったんだろう?」と謎の部分とか出てきたんだけど、まあホンギルのラストよりは夢があっていいかもしれないですね。あ、でも私はホンギルのラストは肯定派なんですけどね。(笑)


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
なかなか面白く見ています!
不安だったチャン・ヒョクさんも、全然大丈夫!(笑)

なにより、若くてカッコいい男性がたくさん出ているだけでも、かなり楽しい(笑)

朝鮮王朝モノの大河とかだと、爺さん婆さんが多いですから(笑)それに比べると、やはりフュージョンは華がありますね~(笑)

女性も、知らないながらも、美人や可愛いタイプがたくさん!
しかも、ものすごく性格悪いみたいなキャラがいないし。
それだけでもストレスフリー!


ただ…ヒロインのイ・ダヘさん…
一人だけ汚れもなく綺麗なのが、凄く浮いてますが(笑)まあいいです。(笑)

オ・ジホさん、かっこ良くなってきたぞ~!
[PR]
f0147413_2353327.jpgBS JAPANで今日から週に2回放送という変則放送が始まった「推奴」を見始めました。
奴婢を描いた話だということくらいしか知らずに見始めたのですが(最近ドラマはずっと情報不足状態のまま見るという、ゆるい見方をしてます/笑)画像とかの印象が暗そうだったし、チャン・ヒョクさんもそれほど好きというほどではないし、とにかく見るには勢いの必要なドラマでしたが、ちょうどTVで放送するというので、TVなら勢いなくても見やすいので、渡りに船でした。(笑)

そして見始めたところ・・・
おお~っ!オトコマエがたくさん!!(爆)

ていうか、知ってる顔がすごく多いんですね、このドラマ。
チャン・ヒョクさんとトリオ(違うし/笑)を組んでいるのが、「王と私」でチョン・グァンリョルさんにずっと付いていた護衛内官ハン・ジョンスさんと、先日私が見終わった「個人の趣向」でライバル役を演じたキム・ジソクさん。そしてこのドラマでヒロインのイ・ダヘさんと、多分三角関係になるのかしら?チャン・ヒョクさんのライバルとなるオ・ジホさん。あと何の役なのかまだよく分からないイ・ジョンヒョクさん。(笑)
その他脇役も見覚えのある、馴染みのある方がじゃんじゃん登場して、それだけでも華やかで楽しい!!

特に暗い雰囲気を覚悟していた私には、とてもうれしい誤算だったのが、キム・ジソクさん016.gif
チャン・ヒョクさんでも、オ・ジホさんでも、イ・ジョンヒョクさんでも(?)なく、キム・ジソクさんに目が行ってしまった私は、ちょっと異色でしょうか・・・(笑)でも彼、好きなんだもの。

まあ。メインどころの魅力は、これからですね。

さて!クイズです。
私はチャン・ヒョクさんとオ・ジホさんの、どっちを好きになるでしょう?
私にもまだ全然分かりません。ははは~(^_^;)ずっとキム・ジソクさんだったりして。(笑)
[PR]
f0147413_0225757.jpg出演:キム・ナムジュ、オ・ジホ、ユン・サンヒョン

2009年、MBC、全20話。
「彼女はラブ・ハンター」の脚本家と、「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」の監督さんが作った2009年度新作視聴率30%超の笑いと感動の話題作。
男性の地位が女性の価値を決める。女性がどんなに優れていても、夫に力が無ければ首をすくめて生きるしかない非合理で非論理的な社会。そんな社会構造の中で意気消沈するダメ亭主を再教育して、人生挽回を図る一人の女性のサクセスストーリー。

感想

私は主婦が主役のドラマにあんまり興味がなくて、そこに不倫なんかが関わってくると、ますます萎えてしまうタチです。(笑)やはり恋愛ドラマは、主人公が少し年くってても(笑)独身同士のほうが絶対的に好きなんです。しかしこれはタイトルからして主婦の話・・・高視聴率だったとはいえ、観る前はちょっと気乗りがしない感じでした。ただ、オ・ジホssiと、話題のユン・サンヒョンssiが出ているということで、コメディ要素が多そうだから(ドロドロだったら絶対見てないです)見てみようかなと思ったんです。そしたらやはりコメディ要素がたくさんなので、明るくて面白いんです。
だからけっこう楽しく見進めることが出来ました。そして終盤になる前くらいまでは、私の評価は星4つくらいは付けるつもりでした。(笑)でも・・・何だろうな、終盤、結局期待したジエとテボンの間には、萌えるようなものは何も生まれなかった・・・そこが残念。(笑)彼女だけ、なんか正しい女みたいで、それもちょっと鼻についたかもな~。
途中、サンヒョンssiの良さを感じるには、ジエがテボンに心が揺れないと、私の心も揺れないかも、っていう記事を書いたのですが(カテゴリー「僕の妻はスーパーウーマン」に記事を載せています)結局想っていたのはテボンのほうだけで、ジエはまったくその気なし。上から目線でテボンに接していたのが、まあ夫一筋の彼女が良かったと思う方も多いかもしれないけど、私はつまんなかったです。(笑)ドラマとしては面白い部類だったけど、共感は得られませんでした~。でも、主婦のラブコメ大好き、って方には、王子様のようなサンヒョンssiも夢見させてくれるし、お勧めかも♪あれこれ言っても、面白かったですから♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]
面白いですよ~。期待通りですね!

なんたって、やはり下の三人ナムジャが良いです。
といっても、いまだにサンヒョンssiはちょっと前より目立つ部分は出てきたけど、いまだに活躍の場が少なく感じるんですよね~。ん~~~、これからかしら~~~。

お?イイ感じか?イイ感じ???と思っていると、まるで出し惜しみをされているような感じ(そうではないと思うけど/笑)で、シュルルルル~~と思いがしぼむ、みたいな。(笑)

早く私を納得させてくれ~~~~(笑)

でも、ドラマはとても面白いですっ♪
展開にイライラッとしながらも、次の回へ進むのが楽しみですから♪

チョロssiは、相変わらず、良い人悪い人であえて分ければ悪い人の部類に入るキャラなんだろうけども、あまりに純粋・・・純情な役柄で(笑)いっそ可愛いです、悪あがきぶりとかも。(笑)

f0147413_23163037.jpg

[PR]
f0147413_23302822.jpg出演:オム・ジョンファ、オ・ジホ、カン・ソンジン、パク・デアン、アン・ソニョン

2007年、SBS、全16話。
司法試験に落ちたという理由で、イケてる女(オ・スジョン)に振られた男(コ・マンス)が、7年後世界的なプロゴルファーになって彼女に再会し繰り広げられる、愉快な復讐激を盛り込んだロマンチックコメディ。
見どころの一つが、オ・ジホ演じるコ・マンスが特殊メイクで巨大な身体の、イケてない男性として登場するところ。目だけは本人と分かるけれど、それ以外はとても同一人物には見えない。
行き遅れの独身女性オ・スジョンを演じるオム・ジョンファも、そのズーズーしくも強烈なキャラクターを、何故かとても可愛い女性に見せていて、さすがというところ。
「ファンタスティック・カップル」に続き、ラブコメ出演のオ・ジホは、やはり見とれるくらい男前でした。サクサクと見れて、楽しく面白いドラマです。お勧め。



感想

ドラマに出演するオム・ジョンファを見たのは、これが初めてでしたが、なんとも予想と違って、実に可愛らしい魅力的な女性を演じるのですね。他のドラマでも、こうなのかしら。
もちろん主演だから当然だけど、オム・ジョンファの魅力なしには、このドラマは成立しないでしょう。
「ファンタスティック・カップル」でオ・ジホが好きになったので見たのですが、役柄的には、私はファンカのチョルス役のほうが好みだけど、彼の魅力のひとつ、エクボが今回も全開!ホントにハンサムですね、この人は~。見とれてしまうくらいです。
あと個人的に、チョン・ウタク役の人、わりとあちこちで見かけるけど、こんないい役を演じていたのは初めて見るかも。(笑)ウタクさん、思わず応援しちゃいました。(笑)
ラブコメらしく、笑えて、しんみり胸きゅんで、ホッコリとなるラストに、安心して見れるドラマだと思います。ラブコメ好きな方は、ぜひどうぞ~。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_2324494.jpg

出演:ハン・イェスル、オ・ジホ、キム・ソンミン、パク・ハンビョル

MBCが06年に送り出したラブコメディ。脚本は「快傑春香」「マイガール」と連続ヒットを放ったホン姉妹作家の第3弾で、ハリウッド映画「潮風のいたずら」のリメイク。

アメリカに住む富豪令嬢アンナは人間不信で我が儘な性格。夫ビリーは仕事を口実に韓国に逃げていたが、アンナが突然帰国。また我が儘に振り回されると、ビリーは戦々恐々だ。一方、小さな内装・設備業を営むチョルスは、金にはがめついが、兄の孤児3人を育てる優しい独身男。この2人が出会い、誤解が誤解を生んでお互い最悪の印象を持つが、ひょんなことでアンナが記憶喪失になってしまい、アンナののせいで酷い目にあったチョルスは、復讐のためにウソをついてアンナを引取り、ナ(自分)・サンシル(喪失)と名付けて、3人の甥の面倒をみさせることに・・・。
“ツンデレ”好きにはお勧めで、最後にはホロリと感動させてくれます。


感想
最初の数話は、アンナとチョルスのぶっ飛びキャラクターにちょっと引き気味だった私ですが、そこを越えると、ナ・サンシルと名付けられたアンナが、とても魅力的に見えてきます。我が儘令嬢だった、その傲慢な態度は何故か記憶喪失になっても変わらないのに、実は頼る人間がチョルスしかいないという事を心細く思っている、ということをチョルスに告げたあたりから、勝手に引き取ったとはいえサンシルの面倒を嫌々みていたチョルスがサンシルを見る目が変化していくのが伝わってきて、見ているこちらもサンシルが可愛く見えてしまうから不思議。

また、脇役も一癖も二癖もある人ばかりで、いい味が出ています。
その中でも、知的障害のカンジャは、明るくて、サンシルを慕う和みキャラ。
ラストも、サンシルとチョルスの背中を押す重要なシーンにかかわりますvv
そのシーンに、私は号泣。(笑)笑って、泣けるラブコメディ。素敵なドラマですよ♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]