タグ:イ・ヨウォン ( 20 ) タグの人気記事

f0147413_22512070.jpg主演:チョ・スンウ、イ・ヨウォン、イ・サンウ、キム・ソウン

2012年、MBC、全50話。
韓国歴史ドラマの巨匠、イ・ビョンフン監督にとって、『ホジュン』『宮廷女官 チャングムの誓い』に続く3作目の医療ドラマ。馬の医者、獣医学の世界に挑み、新たな“メディカル史劇”を生み出した。監督が特にこだわったのが治療シーンのリアリティー。「恵民署(ヘーミンソ)」や「内医院(ネイウォン)」などを舞台に、医師たちの葛藤や喜びを巧みに描く。主人公ペク・クァンヒョンのモデルは、朝鮮王朝時代に王の主治医を務めた実在の人物。馬医出身ながら、独学で学んだ鍼(はり)治療の技術で人の病気も次々と治療。当時としては画期的な外科手術を試み“神医”とも呼ばれた。本作では、クァンヒョンの“すべての尊い命に向き合う心”を丹念に描きだす。
クァンヒョンを演じるのはミュージカル界のトップスター、チョ・スンウ。最もチケットの取れない俳優と言われるカリスマ俳優で、テレビドラマは本作が初出演。舞台、映画で培った演技力で、医道に邁進(まいしん)するひたむきで純粋な主人公を力強く演じる。


<感想>

最後のほうは、まだ終わらないんかい、という感じで見ていましたが、まあでも個人的好みとして、イ・ビョンフン監督のドラマは、王族が主演じゃないほうが面白いと思っているので、そういう意味では良いほうだったかも。チャングム、ホジュン、商道の括りに入れて良いかもです。これら4つの中では一番下ですけど。(笑)
いやともかく、最初のころは特に、動物の医者ということで、動物が病気になったり怪我したりするので、その治療シーンが苦手で苦手で、わざわざ録画して、そういうシーンを早送りしして観ないとならないのが大変でした。(笑)
イ・ヨウォンさんはヒットメーカーとして有名ですが、今回はどちらかというとチョ・スンウさんの相手役という感じで、バリバリ主演とかではなかったので、善徳女王の時のようなインパクトがあまりない役でした。
チョ・スンウさんは映画で観るとけっこう好きな俳優さんだったんですが、う~ん、この役の格好があまり似合わない感じがして、どうもいまいち感が拭えず。もちろん、これも個人的好みのお話ですけどね。
それと、最初はイ・サンウさんが目当てで観ていたんですが(「神々の晩餐」のヘミル役がとてもツボだったので)このドラマの彼は、とても正義感も強くて優しくて良い人なのですが(諸悪の根源の息子とは思えない)なんていうか、それだけ、という感じで、魅力もいまひとつ、というのが私の感想でした。残念。
話自体は馬医出身の医官が王様の主治医にまで上り詰める出世物語ではあるのですが、そういう爽快感がまずない。陰謀や復讐がメインになっていたからでしょうか。なんだかウジウジした話だったな~(笑)
やはりいまだにイ・ビョンフン作品のベスト3は、上記のチャングム、ホジュン、商道の砦は崩れませんでした。

満足度(☆6つが満点) ☆☆(実質2.5)
[PR]
f0147413_22312931.jpg出演:チョ・ヒョンジェ、イ・ヨウォン、チョン・イル、ペ・スビン、ナム・ギュリ、ソ・ジヘ

2011年、SBS、全20話。
「華麗なる遺産」「検事プリンセス」を手掛けた脚本家ソ・ヒョンギョンの最新ファンタジーラブロマンス。「善徳女王」で主役を務めたイ・ヨウォン、除隊したばかりのチョ・ヒョンジェ(「薯童謡」)「華麗なる遺産」のペ・スビン、そして「お嬢様をお願い!」のチョン・イルなど今まさに旬の俳優達がなど豪華キャストが勢揃い。
何不自由なく幸せに暮らしていた"お嬢さま"のジヒョンは、不意の事故で生と死の境界に立たされる。しかし、冥府の"予定"にない死であったため、この世とあの世をつなぐ仲介者="スケジューラー"は彼女に条件付きで生き返る機会を与える。その条件とは、「血縁者以外の、彼女を心から愛する3人の涙を得ること」。
「27年間の人生で、本当の涙を流してくれる他人の3人くらい、いないはずがない」―。しかし、彼女は生きている間に気づけなかった、自分の人生の"裏側"と向き合うことになる。
恋人を亡くして以来、抜け殻のように生きてきた女性=イギョンの体に憑依したジヒョン。果たして彼女は"3粒の涙"を得て、生き返ることができるだろうか?


感想

既に観た方のどの感想を観ても、文句をつけているのを読んだことがなかったので、かなり期待度を高くして観たドラマです。そして、やはり皆さんが面白いというのは、面白いドラマなんですね。(笑)
途中の感想はカテゴリ「私の期限は49日」で記事をアップしましたが、途中までの感想は少し他の方と違う部分に反応しているかもしれません。(笑)何故ならば、私が気になったキャラは、あまり評判のよろしくない(でも人気俳優さんですよね~)ペ・スビンさん演じたカン・ミノだったので~。すごく・・・・そう、ちょうど「プラハの恋人」でキム・ミンジュンさんの演じたキャラを好きになったときの気分に似ています。本人が悪事と分かっていて、それでもその道を進まずにはいられない切なさ。本気の悪と、心の奥にしまった良心がわずかに垣間見れる瞬間とのバランスが、とても私好みな役でした。チョ・ヒョンジェさんは、もう、本当にいい人。短気だったのに、事実を知ってから大きな心で相手を包み込む素敵なキャラクター。素敵なカムバック作品になったと思います。チョン・イルくん、すごく良かったんだけど、いきなりキーポイントの人になってから、どうしても真面目な芝居が違和感がぬぐえなくて、そんなことを思ったのは私だけかもしれないけど(笑)落ち着きませんでした。
ちなみに、最終回!!これはヤラれました。騙されたし、全く読めなかったし、すごく上手く辻褄を合わせてあって、脚本の上手さを改めて感じた最終回でした。お見事~~~と言いたかった。(*^_^*)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
f0147413_23105498.jpg今日からDVD視聴は、この「私の期限は49日」にしてみました~。

例によって、人気のドラマらしい、ということくらいしか記憶しないで見始めました。(笑)いや、1回くらいはドラマについて検索したりはするんですが、他にも色々見てるうちに忘れちゃうんですよね、実は。(笑)
そして見始めてから、あ~、チョ・ヒョンジェくんが出るんだ~とか、イ・ヨウォンさんがまた視聴率を獲ったのか~とか、そういえばチョン・イルくんが出てるんだっけ、とか、そういうことを思い出すわけです。(笑)

2話まで見た感想は、なかなか面白そうだけど、一気に全容が分かるタイプのドラマではないんだな~、ということもあって、まだ様子見な感じで観ています。ただ1話のラストが気になるところで終わっているので、スイスイと2話まで見終わりました。まだ誰がどうだとか、お気に入りとか、あんまりいないです。

チョ・ヒョンジェくんやチョン・イルくんはわりと好きですが、ドラマを追いかけるほど好きなわけでは全然ないので、まだキャラが自分の中で分かってこないうちは、彼らを楽しみに見る、という感じでもないです。

「善徳女王」以来のイ・ヨウォンさん。その善徳女王で比較的苦手だったのを克服したので(でも彼女の出たドラマは、けっこうな確率で過去、面白かったです)もう大丈夫かな~という気持ちはあるんですが、彼女の現代劇を演じる時のキャラが、どうも気の強い女性のパターンが多くて、その気の強さのタイプが私の好みに合わないことが多かったから、今回もまだ少し心配です。でも憑依してる女性キャラクターが可愛いタイプの女の子なので、少なくとも憑依してる時の彼女は好きになれるような気が・・・。(笑)

急にハマるのかなぁ~、このドラマ・・・。とりあえず、視聴のお知らせということで。(*^_^*)
[PR]
f0147413_23183828.jpg出演:イ・ヨウォン、コ・ヒョンジョン、オム・テウン、パク・イェジン、キム・ナムギル、イ・スンヒョ、チョン・ノミン

2009年、MBC、全62話。
第二の「大長今」を狙う、2009年MBC最大の野心作!「善徳女王」は、韓国ドラマ史上初めての、7世紀の新羅時代を舞台とする作品。それまで男性が継承していた王位を女性として初めて手にした新羅第27代善徳女王の、幼少時代から王位に就き国を治めるまでの人生を描いている。
脚本は「大長今(宮廷女官チャングムの誓い)」を手がけたキム・ヨンヒョン、映画「光州5・18」「H.I.T 女性特別捜査官」のパク・サンヨン、演出は「朱蒙〔チュモン〕」「イ・サン」「宮廷女官 チャングムの誓い」のキム・グノン、「ニューハート」「英雄時代」のパク・ホンギュン。演じるのは韓国のトップ女優コ・ヒョンジョン、イ・ヨウォンという期待の顔ぶれ。慶州のポムン団地と京畿道のヨンイン(龍仁)市に約60億ウォンの巨費を投じた野外セットで撮影、また中国のタクラマカン砂漠でもロケを敢行した壮大な映像で魅せる時代劇大作。

感想

とにかく、面白かったの一言です。視聴率40%超えが話題となったドラマですが、女性主役には見る目が厳しい(しかも主演は私の苦手なイ・ヨウォンさん)私が、初回からとにかく面白かった。
最初はBSの吹き替えで見ていたんですが、途中でそれでは我慢できずにDVDに切り替えました。
思うに、このドラマは展開として3つに分けられるような気がします。25~6話までが怒涛の出生の秘密に関わるスピーディでハラハラドキドキな展開。そこから50~1話までが、観てるこちらが唸るほどトンマンVSミシルの女の戦いが浮き彫りにされる知的展開。そして52~ラストまでが、ピダムを中心とした悲哀と破滅への展開。(あ、ちょっとネタばれっぽい?でも史劇だから、ある程度史実を知っていれば、途中の脚色は別にして、おのずとラストの展開は分かるはず…)
終盤の失速が話題になったり、終盤面白くなくなったという話もチラホラ聞かれるのは知っていましたが、私はどの展開一つとして、面白くなかったことがなかった・・・。見終わった今、脱力です。
私がどれだけハマッていたかは、カテゴリー「善徳女王」で叫んだり語り倒したりしているので、それを御存じの方にはバレバレでしょうけれど(笑)私の史劇歴初の新羅モノで、新羅の身分制度などがドラマに上手く埋め込まれていて、興味のあることは掘り下げたくなるという私のヲタク心を刺激したことと(笑)とにかくコ・ヒョンジョンさん演じるミシルが素晴らしかった。彼女の演じたミシルへの人気は、韓国芸能ニュースなどをチェックされてる方なら、ドラマを見ていなくても御存じかもしれませんが、噂にたがわぬ怪演ぶり。男性陣の花美男ぶりもかなり話題になったし、実際私もすごくハマりましたが、このドラマ、ミシルがあれほど魅力的でなければ、ここまで面白くならなかったと私は断言出来ます。もちろんイ・ヨウォンさんも熱演されていましたし、彼女の演技も本当に良かったのです。見直した(上から目線?笑)くらいでしたが、もっとも貢献したのはミシルだと思います。少なくとも、私にとってはそうでした。アルチョンもピダムもソルォンも私のハートを持っていったけど(笑)このドラマの魅力を述べよ、と言われるならば、ミシルです、と答えるでしょう。ちなみに、その花美男たちへの私の入れ込みようについては、やはり同じくカテゴリー「善徳女王」で語っていますので、よろしければ読んで笑ってやってください。(笑)

私の周りでも「朱蒙」よりも面白かった、という人続出で、私も同じ思いです。エンタメ性に優れ、キャラクターが魅力的で、展開が早くてテンポが良いので、次へ、次へと見てしまう面白さです。
韓国史劇、特に長いものはちょっと…という方も、ぜひ取っ掛かりとしてこのドラマ、お勧めします。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆☆
[PR]
もう~本当に、マジ面白いんですけどぉ~~~;;

f0147413_2250365.jpgきっと・・・ピダムの屈折した部分を好きな人が、この52話以降を楽しめるのかな、と思いました。男として女を包み込めるような、または正当なヒーロー像をピダムに求めていると、けっこう辛いだろうな~と思うんです~。だってトンマンいはく、「お前(ピダム)は宮の中でもっとも純真だ」ですから・・・。純真・・・つまり、子供ってことですよね~・・・

ユシンはトンマンが王になると心に決めた時から、彼は臣下の道を選び、トンマンへの愛を封印する、男としての強さを持った人ですよね。大人の愛って感じです~。

でもピダムは違う。
ミシルいはく「人(トンマン)を得るために国を得ようとしている」人だから。

母に捨てられ、父と思っていたムンノにも恐れられていたことを知って、ピダムは愛情を知らずに育ったと思うんです~。でも初めてトンマンが自分を観て、自分を受け入れてくれて、だから前回も書いたけど、ピダムにとってトンマンはミシルでもあるんだと思うんです~。幼な子のように、ただひたすらトンマンの愛を得ようと、しかも独り占めしようとする姿が、憐れでもあり、その子供のようなどうしようもない男っぷりが母性本能をくすぐるような気がします。(苦笑)

脚色が強いドラマとはいえ、ピダムは実在の人物。彼の人生の結末も(臥せ字=反転にしてみました)結局は反乱をおこして死んでしまう運命であることを思えば、ドラマのラストに向かっていくピダムのキャラが変わっていくのも、いた仕方ない感じかな。いや、今回見た57話までは少なくともピダムは、まだ希望の持てるキャラですけどね♪


f0147413_2322933.jpgところで私は、この52話以降面白いのは、ピダムのせいだけではないんです。
けっこう異論ありだと自覚してますが、私はソルォンがすごく好きです。その関連か、もしくは一度良いところを見たせいか、ポジョンも52話以降好きなのです。ソルォンは前から好きでしたが。
それにチュンチュもカッコいいし、なにしろ王になったトンマンがカッコいい。だって全員頭がいいんですもの~~。頭脳戦はまだ続いていますが、ソルォンには特に思い入れがあるので・・・。
ソルォンがピダムのことを、不思議なことにミシルではなく自分に似ているような気がします、と言うシーンがあり、もちろんソルォンはピダムと血がつながっているわけではないのでそんなことはないのだけど、立場的に愛する人への一途な思いを例えてそう言ったシーンが印象深いです。ソルォンのそんなところが、悪役でありながら、私が惹かれる部分だったりします。それに知将だし、強いしemoticon-0115-inlove.gif老いて、なお、素敵なソルォンが好きです。

ただ一か所。ピダムとトンマンの、(また若干ネタばれに近いので反転しました)、(ミシルの遺影の前での)心が通う抱擁シーン(ラブシーンと書くには少し半端)が、その直前のトンマンの言葉とどうにも合致しなくて、せっかく良いシーンなのに違和感バリバリだったのが残念でなりません~。トンマンの心が理解できなかったシーンでした…。まあ、言いたいことは分かるんだけど・・・・。タイミングが悪いっていうのかなぁ~・・・。

さて、いよいよ残り5話となりました。今週末くらいまでには見終われるかなぁ~・・・
お別れするのは、とても辛いのだけど~~~・・・;;
[PR]
51話以降面白さが減ったという噂を聞いていたんですが、私は面白いです~~
といっても、まだ3話しか進んでいませんが、いよいよピダムがストーリーを引っ張りだしたという感じで、これがまたね~~~いいんですよ~~~悪役っぽいんだけど、いいんですよ~~~

ピダムはトンマンから全てを奪うのが愛、と宣言しちゃってますが、まずはトンマンからユシンを奪おうとしてるのかな、と。でもトンマンのユシンへの信頼に子供っぽく嫉妬してるようにも見えるんです。そこがまたピダムらしくて私的にちょっと切ない感じでイイんですよね~~(^_^;)

それと意外にピダムの策略に対抗してるのがチュンチュで、ピダムVSチュンチュの頭脳戦といった感じがまた面白くて。チュンチュったら、いつの間にか頼りがいのある人になっていていいわ~♪

まだピダムのユシン排除の作戦は実行中で結末には至ってないのですが、その過程とか、それと今ピダムの部下となっているソルォンやミセンがなにげにピダムの心を読んでいて、そのへんとかも面白いんです~~。(*^_^*)

まだまだ続きが楽しみです~~vv

※本文はこの記事に関してはネタばれなしということにしてるので、もしもコメントを下さる方は、そのへんにご配慮いただけるとありがたいです~。
[PR]
当分TV放送が追いつくことはないな、なんてノンビリと1話ずつ感想をアップしていたら、いつの間にか追いつかれてしまった!(笑)
やばい、やばい、ということで、慌てて明日放送分の25話の感想を、はい、思いきりネタばれでアップしました。いや~、時間って、思いもよらない時に、早く過ぎるものね~(笑)

以下、moreをクリック。

More
[PR]
こうしてみると、やっぱり長いだけあって今TV放送しているあたりとは、もう全然かけ離れた展開になっているな~っていう感じがするこのあたりです。emoticon-0100-smile.gif

f0147413_23425853.jpg37話はピダムに泣かされました~~;;;
しかし、その後、思わぬ商人が、端役だと勝手に思っていたのに、そのあともなかなかストーリーに絡んできて、意外な面白さもあったりとか、なんといってもキム・チュンチュの存在感が凄いemoticon-0133-wait.gif
このキム・チュンチュは、今回私が観た37~42話の主役といっても過言ではない活躍(?)でした。この彼ユ・スンホくん、写真で不敵に笑っているけど、まさにそんなキャラ。
「太王四神記」ではペ・ヨンジュン演じるタムドクの子役時代を演じていて、その時も隠れた才能を隠した王子でしたが、タムドクは基本誠実なキャラなので、同じように頭の良い役だけど、クセモノという感じではなかったです。でもこのチュンチュは、まさに「クセモノ」といった感じ。そういうちょっと難しい役を、ひょうひょうと演じているように見えて、彼はやりますねぇ~~♪演技派!!

詳しくは、また順番にネタばれ記事をあげるときに、色々書きます~。(笑)

f0147413_031224.jpgf0147413_23505699.jpg

ところで「公式ガイドブック(上巻)」を入手しました!ストーリーは、もう自分が観た部分なので、あらすじとかよりも、この物語の歴史的背景とか、新羅の独特の花郎とか、前にも書いた階級制度、骨品制のこととか、史実はどうだったか、とか、もちろん俳優さん、女優さんのインタビューも詳しく載っていて、すご~く読みごたえがあります~vv
なんかそしたら、ノベライズまで欲しくなっちゃいました。(笑)でも、こういうノベライズって、他でも買ったことあるけど、なんだか結局入手したことで安心してしまって、本棚の飾りになってしまうことが多いんですよね~。(笑)なので、そこはグッと我慢していますが・・・(^_^;)


※記事がネタばれなしなので、もしコメント下さる方は、そのへんのご配慮をお願いします。
[PR]
超面白い~~っ!!emoticon-0140-rofl.gif

本日ふたたび31~33話をトライしました。(笑)
2度目のなぞ解きストーリー、ほぼ(笑)理解できて、もう、もう、すごく面白いです~~vv
私は韓国の歴史を調べているわけではないし、そもそも三韓時代っていうのかな、この新羅、高句麗、百済の時代って、古いからあまり資料にも恵まれていないでしょうし、どこまで史実(または言い伝えも含めて)で、どこから脚色なのか分からないけど、見事ですね!このストーリー展開!
思わず、うなって感心したり空恐ろしくなったり…色々楽しませて貰ってます~emoticon-0122-itwasntme.gif


ところで、ここでひとつ。「善徳女王」を見るにあたってとても大事な新羅独特の身分制度「骨品制」について調べてみました。もうドラマを見てる方は、それなりに分かっていらっしゃるかもしれないけど、これをある程度分かって見るのと分からないのとでは面白さが違うと思うので。
といっても、もちろん私も半端な知識だし、受けうりですけども。(笑)


■「骨品制とは」

骨品、つまり血統によって政治的な進出はもちろん、婚姻、家屋の大きさ、衣服の色まで規定する制度で、聖骨(ソンゴル)と真骨(チンゴル)という二つの骨と6頭品から1頭品に至る6つの頭品を含めて全体が8つの身分で構成されている。 聖骨は金氏王族の中でも王になれる資格を持つ最高の身分。

聖骨は両方の親が王族出身のものであり、真骨は片方の親が王族で、一方が貴族の場合を差す。(ここでポイントになるのは片方の親が王族であれば良く、母親か父親かは問われない。)

トンマンは聖骨、ミシルは真骨。
王になれるのは聖骨のみ、というのが、武烈王(チュンチュ)以前の新羅の骨品制だったようです。

これで行くと、ピダムは真骨、ユシンは母が聖骨だから、やはり真骨・・・ですかね?

では、婚姻で身分は変わるのか?

国仙ムンノは、ミシルの親戚?と結婚して、それまでは伽耶の公主だったらしいですが、新羅の真骨の身分を得たとのことなので、真骨は変わることもあり、なのですね。
でも王と結婚したからといって、王妃が聖骨になれるかというと、やはりそれはないようです。
聖骨は、真骨の中でも両親が真骨であること(つまりは王族ですね~)が条件?だからでしょうね。

ここで、若干のネタばれに関わるチョンミョンの子、キム・チュンチュ(後の武烈王)のことについて、ちょっとだけ書きますね。これって史実だから、ネタばれのうちに入らないと思ってくだせぇ。(笑)

チュンチュは、トンマンの双子の姉チョンミョンと、チンジ王の子であるキム・ヨンスとの間にできた子供なので、本来なら聖骨なのでは・・・と思ったのですが、どうやら真骨らしいんです。
両親とも王族なのに、なんでだ~~~と思ったら、これはどこかのブログさんの推測記事だったんですが、チンジ王ってミシルの策略によって廃位されるじゃないですか。だから、その時点で聖骨の地位も奪われたからなのでは、というご意見を読んで、なるほど納得。そうなのかも?

もしも、違いますよ~、という詳しい方がいらしたら、ぜひコメント入れて勉強させてください。
[PR]
ようやく31話から36話まで、小刻みですが6話分が手元に届きました~!
本当は・・・見ている最中の「僕の妻は~」をラストまで見てしまってから、「善徳女王」の続きに入ろうと・・・理性では思っていたんですが、ダメでした。(爆)

今日は31~33話までを見ました!!

31話からを見てみると、30話ってわりかしこう~展開の区切りだったんだな~という感じがするから不思議です。また31話からは新たな展開が始まっている、という雰囲気かな。(*^_^*)

しかし、これがまた31~33話って、面白いけどけっこう難しいんです~~
ちょうど、前に「サダハムの梅」のエピソードをやったときみたいに、なぞ解きの回なんですよ。

その謎が、なんと最初のチヌン王の頃の話に戻ってしまうので、現在DVDを会社の同僚に貸しているから、確かめたくても確かめられたいという。いや、ネットを旅すればいくらでも見れるけど。(笑)

まあ結局、丁寧に回想シーンをいれつつ流れを説明してくれるんですが、これがややこしい!!

初めて分かる事実がどんどん出てくるので、頭がなかなかついていかないっす。
それにピダムの過去も明らかになる(といっても分かっていることだけど)ため、その回想シーンなんかも出てきて、回想シーンてんこ盛りでした。

で、一緒に見ている母は、途中で寝息をたてていたので(笑)私もちょうど一回見たくらいではちゃんと理解できないということで、また明日以降、もう一回見ることにしました。(笑)

ピダムの過去が分かっていくところでは、またまたピダムが可哀想な気がして・・・
ダークなピダムの悲哀というかねぇ・・・私、好きなキャラですねぇ~(苦笑)
本当、アルチョンを先に好きになっていなかったら、すごくピダムに傾倒していたかも。
逆に、アルチョンが私のブレーキになっているというか、良い均衡を保っている感じですよ。
だってピダムに傾倒しすぎると、ちょっと辛そうなんだも~ん、見て行くのが。
それはもう、「太王四神記」ホゲ堕ちしたときに経験済みなので・・・emoticon-0106-crying.gif
[PR]