タグ:イ・ミンホ ( 16 ) タグの人気記事

f0147413_23144467.jpg出演:イ・ミンホ、キム・ヒソン、リュ・ドックァン、イ・フィリップ、ユ・オソン

2012年、SBS、全24話。
アジアのトップスター、イ・ミンホ主演のファンタジー・ロマンス史劇超大作。“信義(シンイ)”を貫く高麗の武士と、現代からやってきた“神医(シンイ)”。時空を超えて出会った2人の、国をも動かす波乱の運命と切ない愛を描く。「花より男子~Boys Over Flowers」の道明寺司役で大ブレイクし、「シティーハンター in Seoul」では多くの称賛を受けたイ・ミンホが、初の時代劇で進化した魅力を発揮。高麗時代に実在した武士で、優れた武術と真っ直ぐな信念を持つ主人公チェ・ヨンを魅力的に演じる。迫力あるアクションシーンや、時折見せるキュートな一面も見逃せない。チェ・ヨンと出会う現代の医師ユ・ウンス役は人気女優のキム・ヒソン。結婚、出産後6年ぶりのドラマ復帰となる今作で、ナチュラルなヒロインを好演している。さらに、リュ・ドックァン、イ・フィリップら若手演技派俳優も集結し、ドラマの世界観を作り上げる。生きる時代や身分の違い、それぞれが抱える過去の傷など、多くの困難を経験しながら惹かれあっていく2人の恋の行方は?ペ・ヨンジュン主演「太王四神記」を手掛けたキム・ジョンハク監督の遺作となった。

<感想>

ずいぶん前にBSで放送があったのだけど、たまたま最初のほうを見逃してしまったので、途中から見るのもなんだし、ということと、多分当時他に色々と韓ドラを並行して観ていて余裕がなかったんだと思います。ということで、今頃録画してあったDVDをお借りして観ました。
感想はイ・ミンホがカッコいいってことですよ。(笑)あぁ~~、もうこういう役は本当にカッコいい。たまらん。もともとイ・ミンホは花男でも個人の趣向でもそんなにいいとは思わなかったのに、「シティハンター」でやられて以来、お気に入りでして、今回の役どころもキャラクターとしてはシティハンターの雰囲気に近い。自分がやるべき事に命がけで挑んでいるけれど、愛する女性も守りたくて、同時にはなかなかいかずに切なく悩む男♪
設定時代があり得ないタイムトラベルの話なのだけど、時代とか王室とかはちゃんと実在する史実に基づいているので、史劇としてもけっこう楽しめました。ちなみに高麗の終わりの時代なんですけどね。
ただヒロインが…キム・ヒソンさんだと、ちょ~っとこう~イ・ミンホくんでは相手役として年齢設定が上って感じがしてしまって、まあそれでも彼女の役が外科医だったんだけど、儲からないから整形外科に転身したって役なので、あまり若いと説得力ないですしね。そこは仕方ないのかなぁ。でもつり合いがとれてなかった感じ。
ただ、イ・ミンホくんが先に彼女を好きになるのだけど、まだ両想いになる前は、彼女を思って切ない胸の内を隠しつつ見つめる姿ってのが、なんとも胸キュンでして、逆に両想いになってからつまらなくなっちゃった…。
物語も、実は本編以前にもタイムトラベルをしていたという事実が分かるのだけど、私はちょっと最後の方は何が何だかよく分からなかったんですが・・・。ノーカット版を見れば分かるのかなぁ・・・。本当は33話くらいだそうですよね?なんか本当、私的には途中までめっさ胸キュンだったのに、かなり尻つぼみドラマでした。
ただし、カテゴリ「シンイ」でも書いたけど、特別出演でまさかのチェ・ミンス様が登場あそばされて(笑)これがまた、もう~本当にピッタリの役柄でカッコいいのなんのって、もう私メロメロでした。(笑)またおっさん好きがそんなとこで発動。チョイ役だったけど、ものすごいインパクトありました。さすがチェ・ミンス様~!

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆


[PR]
f0147413_23314038.jpg

1~4話は思わぬ私のツボをつかれて、またおじさん萌えしてしまいましたが、本来、イ・ミンホ好きですから、以降、いや~~本当、カッコいい~~イ・ミンホ~~~016.gif

なんなんでしょ、役柄だな、うん。ちょっと好きだった「シティハンター」のキャラに通じるものがあるもん。
私は花男ではイ・ミンホには堕ちなかったし、多分彼に関してはシリアス系キャラに弱いんだと思うわ~~

う~~~ん、たまらん。(笑)

前回奇皇后の兄が出てくると書きましたが、とうとうイ・ソンゲも登場しましたよ。子供だったけど。
JINみたいに、イ・ソンゲの盲腸を治しちゃってから、この人がイ・ソンゲだったという事を知って、キム・ヒソンさんは、もし自分が手術をしなければ助からなかったのか?そしたら歴史は変わっているのか?とか、これからそういう事に悩みそうですね。

高麗の王さまは元から王女を嫁にもらってるんだけど、彼女は「奇皇后」でバヤンフト演じた人だったり。(笑)
でも今回はとてもいい人の役ですけどね。バヤンのように気は強いけど、怖い女性ではないという。(笑)

歴史が高麗から李氏朝鮮王朝時代へと変わっていく境目が舞台。ミニシリーズだから本格的な歴史がどう動くかとか、そこが焦点ではないだろうから、どのへんまで描くのか分からないけど、面白いで~す。

でもちょっとだけ・・・イ・ミンホくんにキム・ヒソンさんはちょっと年上に見えるなぁ・・・。実際どうなのか調べてないから分からないけども。まあ外科医から美容外科に転身した役柄だから、あまり若いと説得力がないというか、嘘くさくなっちゃうんでしょうけどね。仕方ないか。むしろイ・ミンホくんが若く見えるのかなぁ~。

私的には、最近で言うとペク・ジニちゃんくらい若くて可愛い子と共演して欲しいけどもね。(笑)でも彼女がこの役柄だと、タナシルリが出てきた~~って事になっちゃうか。(笑)ていうか、彼女だと一生懸命治療するけど、実力はまだまだ的な、そんな外科医になりそう。でも可愛いじゃないですか、それもまた。(笑)

ま、そんなこと言っても仕方ないんで、また残りも見てゆきたいと思います。


[PR]
BSでも放送したんだけど、最初の方を見逃したりして、あとファンタジー史劇ってのと、医者がどうとかいう話ってことで、イ・ミンホだけどまあいいか~と思って観てなかったのですが、「ゆっくり見ていいよ~」とDVD貸してくれたので、暇を見つけて、また間隔空いたりするかもしれないけど、ぼちぼち見ていくつもりです。

4話まで観た感じは、意外と面白いです。ファンタジーはちょっとあり得ない感じだけど、SBSなのに「太王四神記」のメンツがいっぱい出てきて、ファンタジックなとこもちょっと似ている。でも史実に出てくる時代の王様とかもちゃんといるし、雰囲気は「太王~」っぽいかもしれない。

なによりも、イ・ミンホはやっぱりカッコいいです。(笑)もう本当、シティハンター以来やられてます。(笑)
しかもイ・フィリップがまた太王みたいな風貌でイケメンだし、なにより特別出演でチェ・ミンス様が!(笑)めっちゃ素敵な役だった!(笑)

しかも本当にちょっとの出演(多分もう死んだから)なのに、えらいカッコいい役柄でたまらん!!
また私のおじさまスキーモードがえらいあがりまくりました。(爆)

ヒロインのキム・ヒソンが、今のところ現代の人で浮いてるのは仕方ないのだけど、イ・ミンホとの相性が良いとはちょっと思えなくて、今のところヒロインの配役はどうだったんだ・・・という勿体なさが・・・。
まあでもまだ4話だけどもね。でも他に相性良さそうな人がいそうな感じがするけどなぁ・・・。

面白いのは、奇皇后の時代とかぶっていて、高麗が舞台なんだけど、キ・ヤンの兄が悪役として出てるのよ~
なんだか奇皇后を観終わったばかりだから、ちょっと親しみがわきました。舞台の時代としては、超長いドラマで有名な「シンドン」の時代のようですね。あれ長くて、むさくるしい人ばかりで観なかったんですよね~。ちょっとだけ、観ておけばよかったかな~という気もしないでもないけど、今更感もあるのでねぇ~。

てことで、お話は高麗末期からタイムスリップして現代に来たイ・ミンホが、王妃の怪我を助けるために現代の外科医(神医だと思っている)を連れて高麗に戻ってきて、なんやかんやJINみたいなことがあるドラマです。

どのくらいのペースで観れるか分からないけど、最後まで観る予定でおります。

f0147413_00260072.jpg
f0147413_00261747.jpg

f0147413_00262545.jpg

[PR]
f0147413_22375335.jpg出演:イ・ミンホ、パク・シネ、キム・ウビン、チェ・ジニョク、カン・ミニョク

2013年、SBS、全20話。
韓国では、視聴率No.1を記録し、2013年SBS演技大賞 最優秀演技賞(イ・ミンホ)ほか全8部門受賞。「花より男子~Boys Over Flowers」「シティーハンター in Seoul」「シンイ-信義-」など大ヒットドラマに主演するイ・ミンホと「美男<イケメン>ですね」「オレのことスキでしょ。」「となりの美男<イケメン>」などの大ヒットドラマのヒロインを演じるパク・シネ主演の甘く切ないラブストーリー。
他にも若手俳優からアイドル歌手まで豪華キャストが勢揃い!「ゆれながら咲く花」で注目を集めたキム・ウビンや、男性人気バンド「CNBLUE」のカン・ミンヒョク、ガールズグループ「f(x)」のクリスタル、「ZE:A」のパク・ヒョンシク、ドラマ「モンスター ~私だけのラブスター~」のカン・ハヌル、ドラマ「九家の書~千年に一度の恋~」のチェ・ジニョクなどが圧倒的な存在感を放ち演じる個性豊かなキャラクターにも注目!!
脚本は『紳士の品格』『シークレット・ガーデン』『シティーホール』『オンエアー』『恋人』『プラハの恋人』『パリの恋人』など、大人の恋愛を書いてきたキム・ウンスク 。今回は高校を舞台の若者たちを描く。

<感想>

これはもう、楽しみだったとしか言えないわ~。なんたって私の好きなキム・ウンスク作家(でも最近の2作は今イチだったけど)、そして「シティハンター」で堕ちたイ・ミンホくん、そして可愛いパク・シネちゃん、脇にはCNBLUEのミニョク。配役を見ているだけでもワクワクしてきます。ところがっ!(笑)最初海外ロケでロスが舞台なんだけど、掴みが悪いのよね~。このロスでの出来事がつまんなかった。(笑)これ、必要?(笑)ロスじゃなくても前々イケると思うし、もっとこのへんの人間関係の説明を簡潔に出来たのではと、観終わった今でも思うけど、最初から乗れない序盤って思ってしまった。けれど、韓国に舞台を戻してから、俄然面白くなってきました。というか、ストーリーがどれだけ面白いかっていうと、まあすごく優れていたとも思わないんだけど、ミンホくんのタンと、彼の兄、ウォン役のチェ・ジニョクさんがね、すごく素敵でねぇ~。特にチェ・ジニョクさんは、さすがキム・ウンスクさんだな~って思う。彼女はちょっと影を持った男性をカッコよく描くのが上手い。そして若者ばかりの登場人物の中、唯一イケてる青年がジニョクさんでしたので、この兄弟を眺めているだけで、私は大変楽しく、目の保養となりました。(笑)この二人の関係がまた微妙でいいのですよ。素のミンホくんとジニョクさんが良いというよりも、ウォンとタンの素直に仲良くなれない関係がたまらなくツボでした。(笑)
他にもクラスメイトとかミニョクも含めて、話題のキム・ウビンくん、女性陣もボナ役のクリスタルとか可愛くて光ってましたね~。ウビンくんは最初意地悪い感じだったけど、どんどん可愛くなっていって、カッコいいというよりは、終始可愛い役でしたね。傷ついた若者だったので。とにかく全員スタイル抜群ですね。(笑)
この相続者たちを見て、ストーリーでひっぱる面白いドラマもいいのだけど、出演者に魅力を感じないドラマを続けて見ていると、自分が乾いてくるというのを実感。このドラマで癒され、潤されましたよ。(笑)
なんかラストは、学校を卒業後の彼らをまた観たいな、って思うような、続きがあってもおかしくないような(ないでしょうけど)そんな感じがしました。大人の恋愛を描いたらピカイチのキム・ウンスク作家が、高校生の青春群像と恋愛を描くという、今回はちょっと新しい試みだったのかな、と。全体的にはミンホくんとシネちゃんのラブロマンスなのですが、私には潤いドラマとして残りそうです。(笑)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_23430148.jpg前から見ていたんですが、なかなか続けて観れなくて、ここのところようやく続けて観れる感じになり、ここまでたどり着きました。

面白くなくて観なかったわけじゃなく、むしろ続きを見たかったんですけども、色々諸事情ありまして。(笑)

いつも感じることは、学園が舞台なんて、と思うものに限って、見始めると面白く観てしまうくせに、また次に学園物に出会うと、同じように、そんな今更若い子があ~だこ~だっていうの見てもな~って思うんですよ。これもそうでして、最初は何だかな~って気のりしなかった部分もあったんですが、イ・ミンホくん好きなので(「シティ・ハンター」以降なんですけどね)見てみるか~と。あとけっこう話題でしたし。パク・シネちゃんがヒロインだしって。

そしたらやっぱり見始めると面白いです。
ストーリー今イチっていう感想も目にするんですが、私はまあ…そんなに悪くないかと。

でもやはりこのドラマ、男性陣が良すぎて、まさに目の保養ドラマって感じで、それが楽しみで観てる感もあります。(笑)
f0147413_23432723.jpgやはり普通にイ・ミンホくんは眺めているだけでもカッコいい。(笑)ヨンドとケンカする時も、手より先に足蹴りが出るとこが魅力。(笑)それと私はチェ・ジニョクさんも好きなのです。ついでに言うと、わき役ですが、CNBLUEが好きでミニョクも出ているし、最初は意地悪でしたが、ヨンド役のウビンくんもシネちゃんには純で可愛い。男性陣豪華すぎです。

お家の相続をめぐって、ミンホくんとジニョクさんが対立するのだけど、この二人の関係もとても好き。ウォンに懐くタン、タンに冷たく当たって遠ざけようとするけど、つい面倒を見てしまったりするウォン。ツボです。


ストーリーの流れとして、タンとウンサンは、どうあったって、普通ならくっつける間柄じゃない(ま、いわゆる身分の違いってことで)ので、どうおさまるのか、納得出来る終わり方になると良いのですが~。くっつくとしたら、まったくもってシンデレラ・ストーリーですよねぇ~。ま、別にそれはそれでいいですけどね。ドラマだし。

女性陣は、とにかくボナちゃんが可愛くて。彼女が一番可愛かったわ~。それに可哀想な一面もあるとはいえ、こにくたらしいラヘルにタメ口効いてバシッと物事を言えるとこも気持ちがいい。それにチャニョン一筋なのも可愛いですよね。見た人は多分、一番理解しやすい、思い入れのしやすいキャラだったんじゃないかな~(笑)

あと残りは5話くらいかしら。なにげにセリフとかもシャレが効いていて好きです。

[PR]
f0147413_2353564.jpg出演:イ・ミンホ、パク・ミニョン、イ・ジュニョク、ファン・ソニ、ク・ハラ

2011年、SBS、全20話。
日本でも大人気となった『華麗なる遺産』をはじめ、『風の絵師』『検事プリンセス』など数々 の人気ドラマを手掛けてきたチン・ヒョク監督が演出を担当。主演のイ・ミンホは『花より男子~Boys Over Flowers』『個人の趣向』に続く5作目の主演で、射撃、フィリピン式武術、柔道と、様々なアクションシーンに挑む。ヒロイン役は『トキメキ☆成均館スキャンダル』で一躍日本での認知度を上げたパク・ミニョン。イ・ミンホとのラブシーンにも注目が集まる。また、日本でも爆発的人気のKARA のメンバー、ク・ハラが本作で韓国ドラマ初出演。大統領の娘役を茶目っ気たっぷりに好演した。
『シティーハンター』は、日本の北条司の世界的人気漫画を原作にしたドラマで、背景を2011年のソウルに設定した。事件を痛快に解決するという原作をベースにして、主人公がシティーハンターとして成長する過程にも比重を置く。 また、実際にあったアウンサン爆破事件が素材に取り上げられ、国会議員の不正と陰謀を暴くシティーハンターの活躍が、躍動的に描かれる。


感想

期待値、高かったです。(笑)パク・ミニョンちゃんが好きだったとはいえ、イ・ミンホくんはそんなでもなかった私ですが、実は原作マンガのファンでしたので・・・。アニメも観たわよ。(笑)でも実際は、マンガもアニメも観たのはずいぶん前のことなので、ストーリーの詳細とかもあまり覚えてなかったし、ただ、シティハンターこと冴羽リョウのことは好きだった・・・。だからハードル高かった、ということもありますかね~。でも意外に、そのわりに面白かったですよ。途中から勢いがついて、ラストまで一気に観たっていう感じだったし。
そして何より、イ・ミンホくんに開眼しました。(笑)とにかくユンソクという役がカッコよくて~。メロメロ~vv途中の感想はカテゴリ「シティハンター in Seoul」で書いてますが(ネタばれしている記事です)そこでミンホくんの身体の鍛えっぷりが凄くて、身体堕ち(?)した状態の私の壊れっぷりが読めると思います。(笑)今まで、さして思い入れの強い俳優さんではなかったのに、一気に気になる俳優さんにランクインした、記念すべきドラマとなりました。(笑)
それにヒロインのパク・ミニョンちゃんも、やっぱり可愛い~vv「成均館~」でもめちゃんこ可愛かったですが、このヒロイン役もいじらくしくて可愛いvvでも愛されるだけじゃないの。一途に愛する姿が強くていいのよね~。
そしてライバル役・・・と言っても、結局恋のライバル役ではなかったのですが、イ・ジュニョクさん、本当に素敵な役でした。前から好き系な俳優さんでしたが、この役もたまらなく良い役でした。素敵っ016.gif
義父を演じられた方は、私はめずらしくあまり知らない俳優さんでしたが、すごい迫力でした。何とも言えず、憎らしかったり怖かったり、でもどこか悲しげだったり・・・。ただ最後まで、私はこの義父の心の奥底が読めなかったんですけどね・・・。(笑)なにせ言葉が少ない役だから・・・。インタビューとかで、この義父の役は、本当はどういう考えで、目的で、どうしたかったのかを語ってないか、ぜひ調べたいですよ。(苦笑)この人の考えを理解できるかどうかで、このドラマが理不尽に感じられるかどうかの分かれ目になるような気がして。(笑)
観終わった今の私は、ちょっと理不尽に感じているんですが。理解しきってないので。(笑)

それでも、私の高い期待値がしぼんでしまうようなこともなく、最後まで面白く見れたのは良かったと思います。ラブロマンスとしての要素も満足できる作りになってると思うし、事件解決という軸の部分もちゃんと作ってあるので、安心してお勧めできるドラマかな~と思います。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
全部、観終わりましたよ~~。
ようやく、義父の目論見が全部わかって、まあだいたい分かったんだけど・・・・

どうしても納得いかないことが、ひとつ。

ずっとネタばれ記事を書いてきたけど、最後もネタばれ全開で書きますので、要・ご注意を~。
(以下、moreをクリック。ただし携帯からはmore機能が使えないので丸見えです~)

More
[PR]
f0147413_22595743.jpg

観てっ!この見事に鍛え上げられた上半身をっ!!041.gif066.gif

もう本当に、イ・ミンホくんの全身にメロメロなんですけど~~?(爆)
でも画像検索してると、もうすでに緩んでいる写真とかもあるのよね~(笑)
やっぱり、そうなっちゃうのね~。韓国の俳優さん、男女ともに、ハリウッドみたいに、オンは鍛えてオフは緩んで、っていう人が多いですよね~。ずっとこのままでいて欲しかったのに。(笑)

さて、本編ですが、この17~18話は、新たな衝撃の(?)事実が分かって、今まで謎だと思ってきたことが、あ~だからなのね~~と思えて、ちょっと安心した回でした。(笑)

それは義父の態度ですよ。何度も記事に書いてるけど、彼はなんで自分の楯になって死んでいった親友の息子に対してまで、あんなにクールでいられるんだ、と。ユンソンはまだ知らないので、クールにされても、愛されていると思っているふしがあるのだけど、そして、実際、義父にだって、そういう感情はあるのもわかるけども。

まさかユンソンの本当の父がいるとは思ってもみませんでした。
そしてユンソンの父として死んでいった彼は、それを知っていたという・・・・いい奴だったんだなぁ~~
まだ、ユンソン母がどうしてそういうことになったのか、当時の彼女の話がないので、まだあと2話、新しくわかることがありそうな感じですね。

そして残り2話、とうとう4人目まで成敗が済んで、あと一人となりました。
残ったのは現大統領。5人会の中では一番、人間らしい人のように見えます。裏は…多分ないように思えるんだけどな~。大統領がどういう復讐のされかたをするのか、そして警護をするのが愛するナナ。

苦しんでいるキム検事も、どう絡んでくるのかねえ~。彼もユンソンを、どこかで理解している部分がある人だから、捕まえる立場として辛いし、ナナに対しての罪悪感もあって、そのナナがユンソンを愛しているから、そこも難しいところよね~。イ・ジュニョクさん、大人で素敵な役どころ~vv
[PR]
今日は女子バレー最終予選があったから(昼間は出かけていた)1話だけ。しかも昨日16話まで観たと思っていたけど、実は15話までしか観ていなかったことが分かり(笑)今日、16話だけ観ましたvv

う~~ん、切ないシーンなんだけど、自分の明日をも知れない立場を思うと、一緒にいることはできないとナナに言うんだけど、原作のリョウちゃんはスイーパーとして人殺しもやって、相手も殺し屋みたいな感じで、それこそ自分が死んで苦しむ香を観たくないから、というのは説得力があるのだけども、あえてユンソンは殺しはしないし、相手は政治家が多いし(命を狙ってくる連中もいるけども…)けっこう綺麗な身だと思うのよね~。義父ならば、そういう立場といっても説得力あるけど。だからユンソンが、そこまで思いつめることに、ちょっと説得力が薄いというか。

それに、この告白のシーンの段階では、彼の5人目のターゲットが大統領であること、その大統領をナナが警護することになったこと、このどちらもまだ知らない時点だったので、ますますタイミング的にどうなのか、と。ここまで思いつめる理由が薄い。やっぱり、自分が手を汚して非情に徹する殺戮をしていないと、後戻りできないとまで思うのは、今一つ足りない・・・・理由が。ちょうど今週の「アテナ」を観たところだったので、アテナのほうがよほど大変な状況だというのが伝わってくるわ、と思ってしまいましたよ。(笑)

細かいとこを突っ込むのはやめようと思っていたのに、つい、そんなところに引っ掛かってしまったわ。

でも、その引っ掛かりをあえて抜いて、告白だけを観ると、ユンソンかっこいい~~;;切ない顔が似合う~~~;;という感じで、私もメロリンコなのであります。(笑)いや~~~ごめん、ほんと、マジで身体が素敵。(爆)
ラブラインは、どうかうまくいってくれますように~~~。お母さんも助かって、ユンソン、母とナナと幸せに暮らして欲しいよ。なんかさ、リアル感がないから、そんな救いのラストを求めてしまうのよね。
[PR]
f0147413_23434490.jpg作戦、大成功~!

自分でハードルを下げたら(細かい部分は気にせずラブライン中心に見る)かなり楽しめています、このドラマ♪
いやぁ~~~とにかくイ・ミンホくん演じるユンソンがカッコいいっ!!その中で、身体の比重はかなり高いですが(爆)得意でないお顔も素敵に見える~~vvクールでツンデレというと、このシリアス設定ドラマにはちょっと似合わない言葉かもしれないけど、でもユンソンのナナに対する態度はまさにツンデレ。ツンにしないとナナの身が危険なんだから仕方ないという、本物のツンデレ(?)でございます~vv

それにしても、いかに自分がドラマの情報を検索しないかが昨晩わかりました・・・
まさかこのドラマが切っ掛けで、この二人がリアルカップルであり、もう破局したとは、昨日前の記事にコメントいただくまで知らなかったです。(笑)でもドラマでの二人が素敵だから、お似合いなのに残念、な~んて思ってしまいましたよ。でもお互い、あまりに忙しすぎですね。仕方ない気がするわ~;;ミニョンちゃんは成均館でブレイクして、今売れっ子だし、ミンホくんは韓流スターとしてアジアを飛び回っているし・・・、。会う時間ないですよね~。

内容的には、終盤になってきて、色々と佳境です。イ・ジュニョクさんの可哀想な設定も含めて、どうなっていくのか楽しみです。それにしても義父、相変わらず理解不能。そんなに親友だったユンソン父が大事だったのか、もしくはユンソンが言ってたように、自分だけが生き残った罪悪感から復讐したいのか、あまりにユンソンへの扱いが酷い。可哀想。ユンソンは、でも義父の自分への愛情(執着??)を感じているんですね。義父が(生きてる人の中で)一番大事に思っているのは自分だ、と義父本人に向かって宣言してましたもんね。(自分で自分の掌にナイフを突き立てて自傷行為をしながら確認したのね)あの時の義父の表情は、確かにうろたえているのが見えて、まんざらユンソンの誤解ではないみたい。それにしても・・・・やっぱり理解不能。(笑)

復讐が終わったら、母を連れてアメリカに行って治療したいというユンソン。ナナは、でも植物状態の父がいるから、きっと韓国を離れることはできないよねぇ~。原作のラストだとナナに危険が及ぶはずなんだけど、どう展開させるのかしら。あと少しで見終わります。やはり週末には終わるね。ラストまで楽しみで~す。
[PR]