タグ:イ・ボヨン ( 7 ) タグの人気記事

f0147413_23502181.jpg出演:イ・ボヨン、チョ・スンウ、キム・テウ、チョン・ギョウン

2014年、SBS、全16話。
本作は誘拐された娘を助けるために14日前にタイムスリップした母キム・スヒョン(イ・ボヨン)と、元刑事のキ・ドンチャン(チョ・スンウ)の犯人探しが物語の主軸となっている。それは2人を除いた全登場人物が容疑者であるということでもある。イ・ドンフン監督は「チェ・ラン脚本家と制作スタッフが展開していくゲームの中で、果たして誰が犯人なのかパズルを解いて行く面白さがある」と自信を見せた。また、「登場人物全員が容疑者になる可能性があるので、全出演者達にはこれからの展開と結末を知らないまま演じてもらっている。回を重ねるごとに深まるスヒョンの切ない母性愛と真犯人を捜すパズル要素。この2つに焦点を当てるとドラマを更に面白く鑑賞できるはずだ。」と伝えた。
イ・ボヨン、チョ・スンウ、キム・テウなど、文句なしの演技力を誇る俳優たちが前面に出て、演技の神童と呼ばれる天才子役キム・ユビンがこれについて行く。ノ・ミヌを始め、“B1A4”のバロ、“Secret”のソナらアイドルとして活躍しているスター達がキャスティングに名を連ねたことも大きな話題となった。ヒットドラマ「応答せよ1994」で初めて演技に挑戦し、深い印象を残したバロと、地道に役者活動をしてきたソナは本作でも印象深い演技で魅せてくれる。

<感想>

もはやヒットメーカー女優となってるイ・ボヨンさん。ちょっと「君の声が聴こえる」にタイプ的には似た感じがするドラマでしたが、一言で言うと面白かったです。難しすぎるけど。(笑)
というのは、いろんな事件が時間軸をこえてすごく絡まっていて、結局全部の事件がひとつの事件に関連しているという流れなので、頭の中で整理がつかないとかなり疲れます。それは私の理解力が低いからかもしれませんが。
出だしはかなりファンタジックで、イ・ボヨンさんとチョ・スンウさんがある事件をきっかけに同時に14日間前にワープするというか。記憶とかは現在のままなので、周りの状況だけが戻った状態になるというファンタジー。
でも実際のドラマは、そんなファンタジックな設定とは無関係のシリアス&ミステリードラマでしたね。
ラストが・・・わざとなんでしょうけど、分かりづらくしてましたね。まあ多分みんなが想像する通りなんでしょうけど、途中何度も最初の方に戻って観返したくなるという。でも複雑だからめんどくさいという。(笑)
アメリカでリメイクの話が出ているとか。まあ大統領制が同じなので、やりやすいかもしれませんね~。あ、なんかネタばれっぽいかしら~(笑)っていう発言のほうがネタばれだっちゅ~に。(笑)
チョ・スンウさん、「馬医」で何だかヘラヘラしたイメージついちゃって(私の中で)、映画で知った時はカッコいいと思っていたのに、テンション下がったんですが、この役はわりかしそれをぶち壊すような役で良かった。
このドラマは、TVとかでちまちま見るより、レンタルとかで一気に観て、もう一回最初から観るってのが、とってもお勧めな見方ですね。それをやりたくなると思うんです。機会があったら、ぜひお勧めします。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆


[PR]
f0147413_23022797.jpg
安定のイ・ボヨン主演のサスペンス系かな。
でも韓国のはサスペンスでも、ちゃんと家族とかの繋がりをベースに描いてくれるので軽くないというか、怖いだけでもないというか。それにイ・ボヨンさん、すっかり視聴率女になってますね。実際出るドラマ面白いし。

チョ・スンウさんは、ご存じ「馬医」の方。
でも私はもともとは映画「ラブストーリー」と「ワニとジュナ」で好きになって、どっちかというと「馬医」でイメージダウンした方でした。(ごめんなさい・笑)「馬医」は、まあ…NHKBSで観たので吹き替えっていうのも大きく影響したとは思いますけど、何とも魅力のない主人公だったもんで、今回もチョ・スンウさんかぁ~~とちょっとテンション低めから入りました。(笑)
でも、「ラブストーリー」や「ワニとジュナ」のころよりもちろん年はとっておじさんになりましたけど(またまた失礼)今回の役どころは結構いい感じです。好きになれそうな役で良かった。(笑)

出だしは、衛星劇場のホームページにあるとおり、ちょっとファンタジックなサスペンスです。

テレビ番組の構成作家をしていたスヒョンは自身が手がけたテレビ番組の生放送中に娘スッピョルを誘拐され、殺されてしまう。49日を過ぎても悲しみから立ち直れないスヒョンは入水自殺を図る。その時、そのすぐ近くでは、元刑事のドンチャンがヤクザのボスの女に手を出したとして池に投げ込まれていた。また同時刻、10年前の連続殺人の罪で死刑囚として服役していたドンチャンの兄、ドンホの刑が執行されていた。水中に放り込まれたドンチャンは何とか脱出し、スヒョンを救う。二人は気がつくと、娘セッピョルが死ぬ2週間前にタイムスリップしていた。生きている娘に会ったスヒョンは、今度こそ娘を救おうとドンチャンの助けを借り、死力を振り絞り事件が起こるまでの2週間の戦いを始める。

という事で時をタイムスリップするんだけど、それ以外はいたって現実的なサスペンスで、メインはイ・ボヨンさんの一家なんだけど、どうやら5話まで観たら、チョ・スンウさんの家族もどこか別のところで話が繋がっているような雰囲気なんですよね。それがどう繋がっているのかは、まだ分からないという。気になる~~

すごくドキドキするシーンもたくさんあって、サスペンスとしても面白い。よく出来てる感じがする~。

[PR]
f0147413_1935321.jpg

5月4日から、BSのDlifeで「君の声が聞こえる」の放送が始まります。

以前違うチャンネルて放送されましたが、もし見逃して後悔している方がいたら、ぜひ今回ごらんになってくたさいね!すごく面白かったです~!
[PR]
f0147413_22455195.jpg出演:イ・ボヨン、イ・ジョンソク、ユン・サンヒョン

2013年、SBS、全18話。
2013年6月5日から8月1日まで全18話で放送されたSBS水木ドラマ「君の声が聞こえる」は、2013年を通して視聴率と話題性の面で圧倒的な成果を出した作品だ。しかし、「君の声が聞こえる」は正式に編成され放送されるまでどのドラマより紆余曲折が多かった。同枠の前番組「私の恋愛のすべて」が一桁の視聴率で苦戦を強いられていたうえに、初回の放送があいにく同時間帯1位をキープしていたMBC「男が愛する時」の最終回と重なったのだ。泣き面に蜂で、コ・ヒョンジョンのドラマ復帰作「女王の教室」がライバル作品として編成され、「君の声が聞こえる」の先行きがさらに予測できない状況となった。案の定、「君の声が聞こえる」第1話の視聴率は7.7%(ニールセン・コリア全国基準、以下同一)に過ぎなかった。苦労して放送をスタートさせたにもかかわらず、無惨な成績をつきつけられたのだ。しかし興味深いのは、初回の放送以降、ネットを中心にこのドラマに対する口コミが広がり始めたという事実だった。「久しぶりに良いモノが出てきた」という世間の評価の中で、第2話の視聴率はなんと5%も上昇した12.7%を記録した。同時間帯1位の快挙だった。第11話の視聴率は20%を超え、人物間の葛藤がピークに達した第16話では、最高視聴率24.1%を記録した。第1話の視聴率に比べ、なんと3倍近く視聴率が上昇したのだ。最終的にこのドラマは、全国平均視聴率18.8%、首都圏平均視聴率20.7%という偉業を達成し、華やかに幕を下ろした。
二人の弁護士と、出会った人の心の中が読める特殊な能力を持つ青年が主人公で、法廷サスペンス、ファンタジー、そしてラブロマンスと、さまざまな要素がつまった韓国の大ヒットドラマ。


<感想>

放送が決定するまでも紆余曲折だったらしいドラマが、1話を終えてからネットで口コミで広がって、2話以降一気に視聴率があがり、そのまま最終回まで独走だったとか。まったく知らずに見ましたが、本当に面白かったです。途中の感想はカテゴリ「君の声が聞こえる」で語っていますが、あまり内容には触れていないので、私の途中の盛り上がりを参考にしたいという方がいるようであれば(笑)そちらをご覧ください。
「シークレット・ガーデン」でも目はつけた青年でしたが、ここまでスタイルのいい子だとは、その時には気づきませんでしたよ。今回の役はカッコいいというよりは、可愛い感じがしました。いや、もちろん彼の役を見てカッコいいと思った人もたくさんいるでしょうけれど、やはりイ・ボヨンさん相手でしたので、可愛いという風に見えましたね。でも何も知らなかったので、ユン・サンヒョンさんも出ていたし、しかもすごくいい人の役だったし、当然最初はどうであれ、途中からユン・サンヒョンさんとの恋愛模様になるんだろうな、と思っていたので、終盤まで彼が引っ張っていたから驚きました。思いきりますね~、脚本家さん。(笑)最終的にどうなったかは、もし知らずにこれからドラマを観るという方のために、書かないでおきます。(もう余所で読んでるかもしれないけど…笑)
このドラマは、説明のほうにも書いてあるけど、法廷サスペンスと、心の声が聞こえるというファンタジックな設定と、そしてラブラインの3本柱で出来ていて、それが非常に上手に組み合わさっていたと思います。比重がどれかに偏り過ぎていると、視聴者もその部分だけが好きな人に限定されたかもしれません。それがうまく比重がとれていたから、多くの人の関心を生んだ結果の高視聴率だったんじゃないかな。
主演はイ・ボヨンさんだと思ってずっと見ていたんですが、最後の方でイ・ジョンソクくんの視点でナレーションが入ったりしていたので、あ、主役はこの子なんだ、と思いました。それもなかなか冒険でしたね。イ・ボヨンさん、ユン・サンヒョンさんを相手に、でも彼はものすごく熱演だったと思うし、高評価に値する演技だったと思いました。また見た目がね~、本当素晴らしい。(笑)きっとかなりブレイクしたんだろうな~。「ドリームハイ」のキム・スヒョンくんくらいブレイクしていたら面白いですが、まだそこまではいってないのかな?日本での大ブレイクは、やはりNHKで扱うドラマに出ることかもしれませんね。(笑)横道に逸れましたが、とにかく、とにかーく、面白いドラマでした。今年の私のランキングに入るでしょう。お勧めのドラマです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
いきなり、すごい進んじゃいました。(笑)明日には見終えることでしょう。ふふふ。
それだけ止められないってことなんですよ~。あ~面白い。

5~15話は長いですが、あっという間でした。
なんか何があったか、次へ次へと進んで見たせいか、ちょいと曖昧な感じもしないでもないんですが(笑)謎解きドラマではなく、犯人と被害者との攻防なので、実にクリアであんまり頭を使わないですむんですよね。

f0147413_22495995.jpg曖昧な中、やはりこの場面は押さえておかないとじゃないかしら。(笑)いや、こういうのって、世の年上女性にとっての胸キュンポイントでしょ?(笑)年下美青年が後ろからギュッてして顔をうずめる・・・・(笑)年下でも美青年でなければ勘弁してくれの場面でしょうけど(その逆もまた、あり)スハ役のイ・ジョンソクくん、可愛いですからねぇ~。(^_^;);;

ちょうど彼を見ると、「宮」で出てきたチュ・ジフンくんを思い出します。
私は「宮」でジフンくんに胸キュンしてガーッてハマッたわけですが、今のところジョンソクくんには、そこまでハマっているとは言えません。とても可愛くて、この役めっちゃいいわ、って思うけど、あの時ほどのトキメキはないのですよ。でも、とっても可愛い!それは間違いない。イ・ボヨンさんが面白すぎる役なので(もちろん心の傷はあるのですが)彼女と年下男子というのはとっても意外な感じですけど、最後まで二人がハッピーでありますように、と、残すところ3話の段階で願っている次第。急転直下、ユン・サンヒョンさんと・・・なんて最後もないとは言えない感じがするので、最後まで気になりそう。なんたってユン・サンヒョンさんですから、彼はヒロインの相手役をしてきた方ですから、振られる役って、まあそのジョンソクくんと共演した「シークレット・ガーデン」の時とか、思いつくのは少ないほうですよね。それだけに油断なららないな、と。いい人の役だし。

最後の方になってきて、残虐な犯人と思っていた人が、いや残虐であることは間違いないのだけど、そうなることになった切っ掛けとか理由とかが明かされていくようです。そうですよね、だって、一番最初の回が、この犯人がジョンソクくん演じるスハのお父さんを殺すシーンで、その理由はずっと語られていなかったんですから。最初のころは気にしていたんだけど、次から次へと色々起きるので、途中で忘れていました。(笑)なので、それが明かされるらしいと分かって、ああそうだった!という気持ちです。スッキリさせてくれそうですね。最後まですっごく楽しみです。
[PR]
f0147413_23445157.jpgこれはWOWOWで放送されていたそうで、それを録画してくれた方からお借りしました。実は先に1話だけ見た会社の人が、面白そうだよ~と教えてくれたので、貸してくれたのは別の方なんですが、すごく楽しみにしていました。

そしたら、いきなり1話から鷲掴み。(笑)めっちゃ面白いです~。
キャストからいって、当然イ・ボヨンさんの相手はユン・サンヒョンさんかと思ったんですが、どうやら年下男子が頑張るらしいので、それをちょいと無理があると感じるか、胸きゅん!と感じるか(笑)そのへんも楽しみです。

とはいえ、話の真ん中はラブラインではなく、子供時代に起きた事件で、それから10年後、その事件に関することでまた事件が起きたり色々あるみたいです。主演のイ・ボヨンさんと、それとユン・サンヒョンさんが弁護士なので、子供時代の事件が裁かれるのは法廷になるのかもしれません。いや、ただの予想ですが。(笑)

ちょっとコミカルな面もありつつ、事件についてはドキドキさせられたり、とにかく面白い。
イ・ボヨンさんを守る!と言うイ・ジョンソクくん、可愛いですね。「シークレット・ガーデン」で、最後の方に出てきた歌手だったか、ゲイっぽい子(笑)として出てきてましたが、あの時も可愛い役でした。
しかし今回はベテラン、イ・ボヨンさんの相手役(多分)として堂々と存在感を放っています。

続きもとっても楽しみです。
[PR]
f0147413_239971.jpg出演:チ・ヒョヌ、イ・ボヨン、ナムグン・ミン、イ・シヨン

2010年、KBS、全20話。
『セレブ』の座は、努力次第で手に入る?!男だってシンデレラを夢見る!
今は貧乏だけれど、生き別れた財閥の父を見つければ一躍セレブになれると信じて疑わないソクボン(チ・ヒョヌ)。財閥の後継者に相応しい言動やマナーや知識を日々猛勉強しながら、父を探すために世界中のセレブが集まる「オソンホテル」でベルボーイとして働いている。
「天下無敵イ・ピョンガン」のチ・ヒョヌ、「ある素敵な日」のナムグン・ミンらが出演し、韓国で同時間帯視聴率1位を8話連続獲得!その人気ぶりとファンからの熱い要望により、16話の予定が20話に延長された大人気ラブコメディ。


感想

BSフジで日本語吹き替え放送だったこのドラマ。韓国では16話予定が20話に伸びたんですね。
う~~~~~ん・・・(笑)やはり吹き替えが問題だったのでは・・・。(笑)このドラマ、かなりコメディ色が強くて、吹き替えもアニメのように、わざとコメディチックに吹き替えしているんですよ。ただ声優さんが吹き替えてるのとは違って、そのキャラになりきって演技してる感じの吹き替えなので、すごくセリフとかオーバーなんです。そこが面白いと捉えるか、否か・・・。
でもストーリーも、まあKBSらしいといえばKBSらしいですけど、恋愛部分を薄く、ちょっと変わった視点でストーリーを展開させているので、恋愛は味付けのひとつ、みたいな感じなんです。
そこが、恋愛ドラマスキーの私としては物足りない部分でもありました。
ドラマの焦点はチ・ヒョヌくん演じるソクボンの実父は誰?というなぞ解きっぽいところに当たっているんだけど、観ていると、それが二転三転して、ぶっちゃけ、途中でどうでも良くなっちゃって。
でもラストのほうで、結局誰なの?その二転三転したカラクリは?と少し興味を注がれたので、結局は16~20に伸びた部分が、やはり無駄だったのでは?と思ったりなんかして・・・(^_^;)
終盤以外は、いつ止めてもいいと思うほど、乗れなかったですが、最後のほうで少しストーリーに引きこまれて面白かったので、かろうじて評価の星が増えた感じです。(笑)
期待したナムグン・ミンさんですが、最後近くまでかなりの卑劣な役柄でした。(笑)そこも「ある素敵な日」で彼を好きだった私にはマイナス。(笑)ラストのほうは、けっこう美味しい役だったのかも、とは思いましたが。(^_^;)イ・シヨンちゃんのおバカキャラも可愛かったです。(笑)
字幕でご覧になる方は、もう少し良い感想を持たれるかもしれませんね~(^_^;)

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]