タグ:イ・ドンウク ( 6 ) タグの人気記事

f0147413_23114666.jpg出演:イ・ドンウク、ソン・ジヒョ、イム・スロン、ソン・ジョンホ

2013年、KBS、全20話。
韓国時代劇の面白さを知らしめた『宮廷女官 チャングムの誓い』。そのチャングムが仕えた王・中宗の時代を舞台に、欲望渦巻く宮廷の陰謀劇と、これに巻き込まれた1人の医官の物語をスリリングに描いたドラマが『天命』だ。物語のキーパーソンは、中宗の3番目の后、文定王后。『チャングム』では聡明な女性として描かれていた王后(=中殿)だが、本作では“実は権力欲が深い悪女だった”という史実に基づき、ストーリーを展開。歴史書にもある文定王后の“皇太子暗殺説”にスポットを当て、彼女が2番目の后の子である皇太子イ・ホの命をあの手この手で狙う様はハラハラもの。王位をめぐる派閥闘争に加え、本作では主人公を“一介の”医官ウォンにし、陰謀の濡れ衣を着せられた彼がイ・ホとともに陰謀を暴いていく展開が面白く、宮廷時代劇の世界に広がりを持たせている点に注目だ。何より、“やられたら、やり返す”王后VS皇太子の頭脳戦、医学の知識をもとにした推理劇など、緻密で痛快な陰謀劇は、一度見始めたら止まらなくなる。


<感想>

もうずっとこのパターンですが、またお借りしたDVDで見ましたが、見るまでまったく知りませんでした。(笑)
でも史劇の時代が朝鮮王朝時代の中宗の時代ということで、馴染みもあったし、全20話という長さも長すぎずに見やすかったです。主人公を宮廷の王様とか世子とかにせず、医官にしたのも私には良かったです。
ただ公式サイトには医官と世子が王妃の陰謀を暴いていく的なことが書いてあって、おおそれは何だかすごく面白そうだなと思ったのだけど、実際は世子が一緒になって陰謀を暴くのは最初の方だけで、中盤からは何もできずにいた印象だったし(お陰でイライラした…笑)主人公の医官も、私が抱いた最初のイメージだと宮廷で世子と手を携えて、あえて言えばホームズとワトソン的な(笑)そういう関係を想像したのに、積極的に陰謀を暴いたかというと、この医官がもともとキーポイントのせいか、謎解きをしたという印象はあまりないです。
頑張ったのは、最初すごーく嫌な奴として登場した義禁府のイ都事で、まあそれが仕事なんですけど(義禁府の都事だから…笑)途中から真実を暴こうとすごく頑張ったし、主人公イ・ドンウク演じる医官の妹を好きになったりして、その二人の様子がとっても可愛らしくて、イ都事のほうが好きだったかも。(笑)
最後の最後は、ちょいとハッキリしないみたいな、ハッキリしてるんだろうけど、そういう場面が出てこないので、これで終わるの?って感じもしないでもないですが、全体的には面白いドラマでした。KBSやMBCの大河のような長い史劇と違って、中心になる事件が解決して終わるという、色んな話に発展していかない単純さが見やすい原因だと思います。史劇が好きな方には、わりとお勧めかもしれないです。ちなみにイ・ドンウク演じる主人公の娘がすごい好演で存在感を示していて可愛いです。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_231272.jpg出演:イ・ドンウク、キム・ヒョンジュ、チェ・チョロ、イ・ハニ、キム・ドンウク

2009年、KBS、全16話。
シングルマザーだが正義感にあふれ前向きな女性ウノと、金と女に目がない“俗弁護士”テジョ。
相性最悪の二人が力を合わせて巨大ファーム(弁護士事務所)に立ち向かううちに、いつしか芽生える信頼関係を描いたラブロマンス&人間ドラマ。
注目すべきは米国ドラマの撮影法で撮った本格的法廷ドラマが韓国に初登場したこと。裁判シーンは判事、検事、弁護士、原告、被告、陪審員そして聴衆を同時に撮影するために6台ものカメラを配備。さらに中継車を導入し撮影シーンを現場で同時にモニタリングする方式ですすめるなど、実は手の込んだ制作作業が裏側では行われていた。
主演は「甘い人生」「マイガール」「拝啓、ご両親様」などで人気を博したイ・ドンウクと、「花より男子」「インスンは綺麗だ」などのキム・ヒョンジュ。


感想

先にブロともさんが何人か見終わっていて、どこでも評判が良かったので安心して見始めました。
本当は見ようと決めた途端、BSで放送することが分かり、どうしようか迷ったんですが、見た方のご意見で、法廷での案件が何回かに続いて解決していく方式だと聞いて、週に一回ペースのTVだと集中力が途切れてしまうかもしれない、と思い、TVは観ないでDVDで観ることにしました。
途中、カテゴリ「パートナー」で記事にもあげているんですが、見てみると、このドラマが非常~~に緻密に脚本が作られていて、無駄な場面が殆どないと感じてきて、その時にDVDのノーカットで観て良かった、と思いました。本当によく出来たドラマでした。感動で涙した場面も何回もあるし、心温まる場面もあるし、笑える場面もあって、でも全体的に真面目に(内容がというか、作り手の姿勢が)作られたドラマだ、という印象です。見ごたえがあって、とっても面白かったわ~。キャストも皆さん演技派が登場されていて、キャスト的にも文句なし、です。
ただ一つだけ言うとすれば、心踊るナムジャキャラが私にとってはいないドラマだったので(笑)すご~く面白かったですが、ドキドキ胸きゅん、という気分にはならなかったです。(笑)
しかし、それを越える面白さのあるドラマでした。こういう真面目に作ったドラマ、好きでした。


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
いや~、本当にこのドラマは、よく出来た面白いドラマですね。
脚本のち密さとか、演出のうまさとか、配役の面白さとか、とにかくスキがないというか。

それだけに、BSでどこをカットしてるのか・・・と微妙な気持ちですよ。
あれだけ無駄のない脚本の、いったいどこをカットしちゃってるんだろう~?って。

私は普段BSもけっこう見るので、カット版にはそれほどアレルギーはないほうですが、このドラマに関しては、カットはないほうが断然イイと言いきれます。

敢えてカットしてもいいところを無理やり考えるとすれば、コプリのハリムこと、キム・ドンウクくんとか、事務長の関連部分とかになるのかな~。でも事務長の関わった事件は、意外に人間味溢れる結末に落ち着いたので、ドラマに温かさを与える良いエピソードなんですけどねぇ~・・・
それに、残り2話なんだけど、キム・ドンウクくんもちょっと関わってきそうなので、それまでのエピソードを丸々カットだと、なんかいきなり終盤関わってくるキャラみたいになりそうな予感も…。

出来れば、レンタルしてでも、ノーカットをお勧めしたいドラマです。(*^_^*)

あ!そうそう、チェ・チョロssiのキャラも、実に似合っていて、いいんですよ~。
「僕の妻はスーパーウーマン」でも良い役でしたが、こっちは悪い男の悲しさとか、大人の男の子供な部分とかが魅力で、それでいて仕事では頭の良い弁護士なので、チョロssiがお好きな方にはぜひ見ることをお勧めしたいです♪
[PR]
f0147413_0342418.jpgいや~、面白いっ!!
最初の事件の公判シーンでは、花男のク・ヘソンちゃんのパパ(違ったっけ?笑)の熱演シーンに、思わず涙、涙…。関係ないけど、被告の方はチソンssiに似ていた…(笑)

ドンウクssiですが、やはり基本、顔が私の好みと対極系なので、どうしてもすんなりと「いいわ~」とはならないのですが、キャラクターは非常にいいですね!大声では言えませんが(?)好みのタイプの方が演じていたら、コロッとまいっていたかも。(笑)これから、もっと魅力的になっていきそうな感じの役です~vv(*^_^*)

ヒロインのキム・ヒョンジュさんも、明るくていいvv
二人のロマンスはあるのかしらvv
あるとしたらなかなか年代的にも、大人の恋愛って感じで、それもいいですねvv

「インスン~」とは違って(笑)スイスイと進めそうです。
[PR]
ようやく複数在庫を入手しまして、まずはTV放送中の「パートナー」を見始めました!
まだ2話までで、いきなりハマりそうな予感とか、そういうのは特になかったですが、普通にドラマとして面白そうです。私はどちらかというとイ・ドンウクssiは得意なほうではないのですが(濃い系の顔はだいたい美形でも苦手です/笑)なかなか魅力的なキャラの予感がしますvv

主演は「インスン~」に引き続きキム・ヒョンジュさん。同じく魅力的なキャラの予感がします。
あと「パスタ」のイ・ハニさんも、パスタに引き続きいい女っぷりを見せてくれそうです。

そうそう、「コヒプリ」のハリムことキム・ドンウクくんもチェックです。(*^_^*)

f0147413_0432846.jpg

[PR]
f0147413_0511818.jpg出演:イ・ダヘ、イ・ドンウク、イ・ジュンギ、パク・シヨン

「快傑春香」のスタッフが作ったラブコメディ。笑えて切なくて心温まるドラマです。
何かで一発当てることしか知らない父親を持ったユリンは、幼い頃から借金取りなどに追われて、アジア中を転々とする生活を送りつつ、その父の影響を受けてウソを上手についてお金を儲けるのが得意な女の子。
そんな彼女と、財閥の跡継ぎで冷徹で理性的なビジネスマンのゴンチャンが出会い、彼は事情があって彼女のウソが必要になり、偽の従姉妹として一緒に暮らすことに・・・
ラブコメの王道、偶然一緒に暮らすことになるが、反発しあいながらも、いつか2人は惹かれ合ってゆき…そのウソから始まった出会いが、今度は障害となる焦れったい恋の物語。イ・ダヘの明るいキャラクターが、とても可愛い。
また、「快傑春香」と同じスタッフが作っているサプライズ場面あり。(笑)
「春香」が面白かった人には、これもお勧め♪



感想

春香の次に、これを見ました。見始めてすぐ、こっちのほうが好きかも?って思いました。主人公のユリン(イ・ダヘ)に癖がなく、見てても受け入れやすいんです。
個人的にはゴンチャンは、役柄として少し平凡。春香のモンリョンのほうが魅力的かな、という感じ。とにかく、イ・ダヘ演ずるユリンが面白くて可愛い。ヒットしたドラマだということなので、要因は彼女かな、という感じもしました。
でも実は、途中からいつもふざけていたユリンが、ゴンチャンとの恋に胸を痛め、傷ついたり悲しんだりがあっての、2人の思いが通じるわけなのですが、イ・ダヘがそれまで、あまりにあっけらかんと明るいキャラのため、ゴンチャンへの恋する気持ちが、私には今ひとつ感情的に伝わって来にくかったのが正直な感想です。
彼女から、恋する女の子の色香が、あまり感じられなかったと思ったのは私だけ?
だからキスシーンも、なんだか見ちゃいけないものを見てしまった感が…(笑)
その点、チュニャンは彼を思う気持ちは痛いほど伝わってきて、チュニャンのキャラは好きじゃなかったのに、マイガールを見て、チュニャンを見直した私なのでした;

ただ、ドラマとして、切なくて笑えて良いラブコメでした。
また、このスタッフのお得意、脇キャラが良い味を今回も出していました〜
「春香」を見た人には、すごい嬉しいサプライズがありますよ♪


満足度(☆6つが満点) ☆☆☆
[PR]