タグ:イ・チョニ ( 5 ) タグの人気記事

f0147413_22384677.jpg出演:ペ・ドゥナ、ソ・ジソク、イ・チョニ、ソ・イヒョン

2010年、MBC、全50話。
『恋愛マニュアル~まだ結婚したい女』『僕の妻はスーパーウーマン』の演出家、キム・ミンシクと『家門の栄光』『完璧な恋人に出会う方法』『星をとって』の脚本家、チョン・ジウが贈るシンデレラ・ラブストーリー。
キャストは、ペ・ドゥナ:「威風堂々な彼女」「サムデイ」「空気人形」「リンダリンダリンダ」、ソ・ジソク:「19歳の純情」「愛の選択~産婦人科の女医」、イ・チョニ:「ロードナンバーワン」「大王世宗」、ソ・イヒョン「宝石ビビンバ」「風の国」。遅咲きの歌姫が恋と夢のステージで輝く、人生逆転シンデレラ・ラブストーリー!


感想

「家門の栄光」の脚本家チョン・ジウさんの書いたドラマということと、「19才の純情」で全くタイプじゃなかったのに好きになってしまったソ・ジソクさん(笑)、そしてそのほかのメインキャストも好きな方が多いということで、DVDで一気に観ることにしたため、TVでは観ていませんでした。先に観た方の感想などを、ネタばれしないよう注意して読んでいたら(笑)後半が今ひとつ・・・という方がけっこういらしたドラマのようだったので、それを覚悟して見始めたわけです。序盤、中盤、順調です。それもソ・ジソクさん演じるガンソクというキャラが非常に私好みの、男はつらくても黙って耐える的な(笑)カッコいい~キャラだったというのが大きいです。
問題の終盤、なるほど復讐が始まって、それでもペ・ドゥナさんが気付く前はまだ良かったけど、気づいてからは地獄絵のような、にっちもさっちもいかない(死語)八方ふさがりの(特にガンソクにとっては)辛い状況が展開していって、これも多分、ガンソクがカッコよくなければ(見た目の話じゃなくて、キャラクターが男前なんです)ペ・ドゥナさんの迫真の復讐の鬼演技に、ひょっとして嫌気がさしていたかもしれません~。でもひとえにガンソクがグロリア(ペ・ドゥナ)を理解し、支え続け、愛し続けるところで、彼女の正当性がかろうじて保てているように思えた感じです。いや実際正当なんだけど、すごく激しい憎悪だから、観ていてメゲるんですよねぇ。
まあ宿敵のイ・ジョンウォンさん演じるジソク(名前がややこしい)と、その父ジュノが悪役を一手に引き受けてくれて、それもグロリアが嫌にならない重要な要素でしたね。本当の悪役はこっちなんだぞ~、って思える。
ストーリーはよく出来ていると思うし、キャラクターも単純ではなく、よく作られたキャラだと思うし、最終回のジソクとジンジュには、ちょっとホロッとさせられたし、面白かったです。やはりみなさん同様、復讐シーンの連続は、ちょっとメゲましたが、総体的には面白かった。ガンソク演じたソ・ジソクさん、素敵でしたっ!!(*^_^*)

■途中の感想などはカテゴリ「グロリア」で語っていま~す。

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆
[PR]
f0147413_22455895.jpgずっと放ってましたけど、順調に観ていっています。マメじゃないのよね~(笑)まあホームドラマなので、長いからミニシリーズと比べて展開が遅いということもあるかも。まだ語りたくて、語りたくて仕方がない、みたいなところまでは行っていないからなんでしょうね。でも面白く観ていますよ~003.gif

最初の記事(カテゴリ「グロリア」を参照)ではそんなに書いてなかったけど、私はノーマルにジンジン(ペ・ドゥナ)とガンソク(ソ・ジソク)のカップルを楽しみに観ています。そこがまだ、カップルとは言えないような、お互いに意識し始めたくらいの状態なので、5分の2まで観ましたけど、これからってところでしょう~。

もうひと組のカップルとも言える、ドンア(イ・チョニ)とユンソ(ソ・イヒョン)カップルに感情移入してる場合は、まさに今、絶頂の苦しみを味わっていることでしょう。(笑)ていうか、ホームドラマベースのドラマなので、きっとこのカップルも幸せになれるんじゃないかな、と予想してるわけですが、どうにもこうにも、今の現状では、どうやったらこの二人が幸せになれるんだい?と想像も出来ない。先は破滅しかないんじゃ・・・と。(笑)でもきっと、何かがどうにかなって、状況が好転するんでしょうねぇ~。いったいどうなるのか、見守りたいところです。

それに比べれば、まだ自覚しあってもいないとはいえ、私が応援してるメインカップルは、まだ障害が少ないほうなのでは?と一見思うのだけど、まあネタばれになるけれども、親の敵の関係者になるわけだもんね。姉のこともあるし。それを思えば、こっちもモメるんでしょうねぇ~。そりゃそうだ。(笑)

だけどガンソクが魅力的でねぇ~~~。ちょっと屈折してるのに、ジンジンの前ではけっこう可愛いんだもの。ガンソクが楽しみで観ているといっても過言ではありませ~ん。(*^_^*)

ストーリーは、過去にあった出来事とかが、だんだん少しずつ明るみに出てきていて、あ~~大変なことになるんだなぁ~~と。ガンソク兄は、最初出てきた時には、こんなにキーパーソンになる人だとは思ってもいなくてビックリという感じです。ジンジュの過去と関係があったのが分かったのも、ほんの最近観た数話だし。

ちなみに上の画像はストーリーとは全然関係なくて(笑)ただ検索してたら、可愛らしいなぁと思ったので。

グロリアの各話ごとのあらすじは、こちら。
http://www.kntv.co.jp/gloria/story00.html
[PR]
f0147413_22431847.jpgなんだか乗れなかった「オー!マイレディ」に続いて「ミス・リプリー」で更に乗れなくて(笑)気分を変えたくなりまして、あたためていたDVD「グロリア」を見始めました。まったく唐突ですけど、でも今、BSで放送してるんですよね。再放送?週一回?そんな感じでしたかね?DVDで観るつもりでいたのでTVはノーチェックだったんですが。

で、3話まで観て、いきなりカテゴリを作ったってことは、気に入ったということなんですよ~(笑)
すっかり忘れていたんですが、このドラマ、私の大好きな「家門の栄光」の脚本家の方が描いたドラマなんでしたね。3話まで観て、なるほどな~と。ヒロインのペ・ドゥナさんがちょっとギャンギャンとうるさいんですが(笑)登場人物の描き方がうまいんでしょうかね~。端役であるはずの、クラブの社長さんですら、魅力的に見える。(笑)もちろん子役も可愛いし、「家門~」に出演のメンバーや「大王世宗」のメンバーも多いんですが(笑)それらも魅力的です。

f0147413_2362596.jpg人間関係の描き方も、ソ・ジソクさんと、その母役のナ・ヨンヒさんとの関係も、一緒にいるだけでなんだか切なくなってくる雰囲気が画面からあふれる感じ、といったら大げさかしら。(笑)でもそんな感じなんです~。

そして同じく、一緒にいるだけで切なさを感じるのが、イ・チョニさんとソ・イヒョンさん。

もちろんカップルはソ・ジソクさんとペ・ドゥナさんがメインなんでしょう。第一印象で、意外に合うな、って感じ。ソ・ジソクさんは「19歳の純情」のあと久しぶりに観たんですが、まったくタイプじゃなかったのに、19歳を観終わるころには好きになっていたので、今回ももちろん脚本も魅力だったんですが、ソ・ジソクさん出演ということもポイント高かったです。(*^_^*)そして、ガンソク役、いいわ~~。めっちゃ似合う・・・。

ペ・ドゥナさんも好きな女優さんだということは、このブログでも何度か書いているんですけど、彼女はアンニュイな役のときと、こうした明るい役のときと演じ分けられてすごいな~と単純に思うんですけど、このドラマの出だしでは、元気良すぎてちょっとうるさい。(笑)イ・チョニさんもそうなんだけど(笑)二人とももうちょっと抑えてくれると助かるのだが、回が進むと少しはテンションさげてくれるかなぁ~と期待中・・・(笑)

そのイ・チョニさんの役も、うるさいとはいえ、すごくね~~イイんですよ~~これが。(*^_^*)
私の中では、イ・チョニさんといえば「大王世宗」なんですが(笑)これまた今回は全然違う役で、「あなた、笑って」のときの役に近いかな?でもそれより更に柄が悪い感じですけども(笑)でも魅力的なんですよね~~

やっぱりドラマは、まずはキャラクターだなぁ~~~。キャラクター次第で、どんな平凡な展開でも魅力的に見えたりすることもあると思うし。いえ、このドラマは平凡な展開では全然ないんですけどね。けっこう個性的。

それと、芸能事務所が出てきたり歌手役がいたりと、音楽と縁の深いドラマで、タイトル曲の「グロリア」もどっかで聞いたな~、耳馴染みが良いな~と思ったけど、やっぱり昔の洋楽でしたね。若い方は分からないと思いますけど(笑)最初にナ・ヨンヒさんが歌った曲(確かABBA…)も、どちらも古い洋楽ですね。懐かしいわ。

このドラマ、視聴された方の感想を、ネタばれを避けながら(笑)チェックしたら、おおむね良好ですね。ただ途中からいまいち、という声もちらほら。「家門の栄光」ほど、みなさん大絶賛ではないらしいとわかりました。(笑)そのへんを頭に入れつつ、今後も続きを楽しみたいと思いま~す♪
[PR]
f0147413_22483625.jpg出演:チョン・ギョンホ、イ・ミンジョン、イ・チョニ、イ・ギュハン

2009年、SBS、全45話。
わがままに育った良家のお嬢様が、父親のビジネスのために財閥の御曹司と結婚。だがその日、父親の会社が倒産し、結婚も破談となって、家族で運転手の家に居候することに…。育ちも性格もまったく違う両家のドタバタぶりと、一緒に暮らす若者たちの恋愛模様を描き、韓国で常に高視聴率を記録した、ホームドラマ&ラブコメディ。
主演は、『美しいあなた』のチョン・ギョンホと、韓国版『花より男子』で一躍大ブレイクしたイ・ミンジョン。 大ヒット作『ラスト・スキャンダル』の演出家&脚本家だったイ・テゴンとムン・ヒジョンが再びコンビを組んだことも話題です。


感想

まず、ドラマで流れる音楽が、どれもすごく良かった~。タイトル曲も、ちょっと面白いファンキーな感じが好きだったし、ラブラインのシーンで流れるバラードもとても素敵。OSTが人気あるというのもわかる気がします。
そしてドラマです。最初はけっこうドタバタコメディな感じだし、ヒロインのイ・ミンジョンさん演じるジョンインも我がままお嬢様っていう感じで、あまり好感度がよろしくない感じから始まるので、けっこう観た人の評判が良いドラマだったから、これのどのへんがいいの~?っていう感じだったんですよね~。それでもまあ、明るい話なので、そんなに負担なく観れるから(これがドロドロのホームドラマだったら、観るのをやめていたかも…笑)続けて観ていったんですけれど、観ていくにつれて、ジョンインはすぐ良い子になるし可愛いし、どうってことなく思っていた主演の家族たちが、どんどん加速度を増して魅力を発揮していくんです。途中からは、この家族たちが本当に大好きで、そう、あの「ソル薬局~」を観ているときみたいに、家族全員が愛おしい存在になっていくんです。終盤は泣ける展開が続くんですが、決して暗くて観るのが憂鬱になるようなことはなく、ずっと観ていて心が温かくなるドラマでした。ホームドラマは、こうでなくては!たいへん面白かったです。お勧めです♪

満足度(☆6つが満点) ☆☆☆☆☆
[PR]
「あなた、笑って」のカテゴリを今まで作っていなかった自分にビックリ。
まあ、ハマッたのは途中からでしたからね~~。すごく、すごくいいドラマですvv
私の好きな、ホームドラマベースで恋愛も描きつつ、家族愛も描いている、ドロドロでもなくイライラでもない、上質なホームドラマです~。

そして今までのホームドラマではなかった(私の中で、ですが)ことが、使われている音楽がいいってことです。歌詞とかは分からないけど(調べてない…笑)キャッチーなタイトル曲や、スローなバラードともに、いい曲が流れているのが印象的。

■タイトル曲



■バラード


[PR]